226 :スカッとする修羅場まとめ 2014/06/20(金) 22:15:08 ID:3rxPDZKWG
    自分の人生が結構な修羅場。
    長いです。

    幼児期の私は所謂放置子だった。
    三歳で近所の公園に一人で遊びに行ってた記憶がある。
    小学生になり、一時友達は出来たが段々と虐められるようになる。
    小さい頃には虐められる原因が解らなかった。
    大人になって幼少期の自分を振り返ると、距離感が掴めてないKY児童だったと判明した。
    虐めに暴力は無かったが地味に精神を削られ続け、立派なコミュ障に成り下がる。
    そんなもんで仕事もルーティンワークな仕事にしか着けず、中卒で就職し底辺な暮らしをしていた。
    成人した翌月、母親から保険証持って着いてこいと凄まれる。
    借金の申し込みと解った私は「毎月給料の半額家に入れてるのに何でそんなお金ないん?いくら親子でもお金の事に関しては譲れない。」と頑なに断る。
    結果「親が困ってる時に助けない子供は要らん」と家から追い出される。
    半月は仕事を通じて巡り会った数少ない友達のお宅にお世話になりながら住み込みの仕事を探す。
    地域を選ばず何処でも飛べる派遣社員になった。
    居住が西日本から東日本に移った。
    居候させてくれた友達には暫く働いてお金を貯めたのちに改めてお礼と言う名目で回ってないお寿司屋さんでご馳走をした。

    派遣になってからは無我夢中に働いた。
    コミュ障があるので自分を表現するのは下手だったが、幸いな事に仕事仲間には恵まれていた。
    そこで知り合った同僚から、趣味のゲームに誘われた。
    所謂オンラインゲームと言う奴。
    あまりゲームに触れた事がなかった私でも、同僚のリードがあり溶け込んでいけた。
    自分を反映させたそのキャラクターには支援系の職業をやらせてスキル回しやらを必タヒに覚えた。
    ゲームの世界で、誰かから必要とされる気持ちを貰ってPC前で一人で泣く事もあった。
    そんな世界で知り合った人達と飲み会をする機会があった。
    自分が参加して良いのか解らなかったから黙っていたけど「貴女も参加するよね?ってかおいでよ!」と言われて嬉しくて参加表明した。
    そこで色んな年代の人達とワイワイ楽しく飲みながら、少しずつ自分らしさを見つけて行った。

    ある日、その世界の一人の男性.から告白をされた。
    飲み会であった時から気になっていたと言われた。
    告白されるのも始めてで返事に困っていると「急がなくていいよ。」と言われ、暫く返事を保留にしていた。

    少しずつ距離を狭めていって、正式にお付き合い開始。

    706 :スカッとする修羅場まとめ 2016/05/22(日) 11:22:20 ID:vj7xJVPn0.net
    異父姉妹の姉の婚約指輪を海に投げたこと。

    13離れた姉は、毎日毎日私の容姿を貶した。悲しくて泣いても「肉の塊から水出てるw」とか言ってね。
    まあ親もクズ。
    小学校五年生だった私に婚約指輪を見せて
    「あなたは一生もらえる事もないし男から愛される事もないから見せてあげる~」
    何回も何回もこのセリフを言われた。
    この後結納という名の食事会があった。その時に着るブラウスを朝になって「やっぱりこっちにする!あんたアイロンかけなさい!」と顔に向かってブラウスを投げてきた。
    言われた通りアイロンをかけたがそこは小学生、思うようにかけられず、それを見て姉にひっぱたかれた。
    食事会は姉はぶりっ子し、私を可愛い妹だと紹介した。
    この時にカチっと頭の中で音がしたのを覚えてる。

    その夜和室の金庫が目に付いた。横に鍵が落ちてた。バカスwダイヤルの番号は知っていた。
    何気に開けてみると茶封筒や少しの現金、その上に姉の婚約指輪があった。
    金庫の横の押入れにあった軍手を手にはめて、ケースの中の指輪を取り出してそのまま自室に戻りカバンに入れた。翌朝軍手はダストボックス(千葉にあったごみ捨て場)に投げ入れた。

    879 :スカッとする修羅場まとめ 2016/05/29(日) 23:08:16 ID:T14XkrqTO.net
    職場に依怙贔屓の激しい上司がいた
    私は贔屓されていたので昇進テストの傾向とか、ちょっとしたテストなら全問の答えとか教えてもらっていた
    面接試験なんて雑談だけして終了
    しかし依怙贔屓の激しさに冷遇されている人たちが意義を唱え始めた
    特に給与に影響するテストに対して疑問視する声が大きくなって
    上司のテストの採点への疑問を本社に訴え、今までのテストをやり直しさせようと言い出した
    マズイと思った私は店のバックヤードの防犯ビデオをこっそり抜き取った
    うちのバックヤードは内側からカギがかかる
    上司は私の同僚と不倫していて、しかも職場ではバレバレの有名カップルだった
    これも上司が嫌われている原因のひとつだったのだけど
    よくバックヤードで二人きりで「会議」していたので、この会議の様子をプリントアウト
    流石にエ□いシーンはなかったが、膝の上に乗せてキスとかは余裕だった
    これを本社に発射
    二人はこっぴどく叱られたらしい
    この騒動で過去のテストがどうこうは吹き飛んでしまった
    二人の存在が腫れ物状態で、誰も触れることが出来なくなった
    これでしばらく安心…と思ったある日
    事務室に職場に本社の人が来ていてピリピリしたすごい空気になっていた
    そして二人は二度と出社して来なかった
    お互いの配偶者にバレて追い詰められた二人は職場の仮眠室で燃え盛り、従業員に現場を押さえられた
    二人は即日消えた
    あまりにアッサリと消えたと言うか、最初からいなかったかのような扱いだった
    なので退職したのかクビになったのか、その後の始末も二人の家庭の事も全く知らない
    ちょっと騒動になって依怙贔屓のことがうやむやになればいいって程度の考えだったけど
    思わぬ大事になってしまった
    その後1年ほどで私は寿退社
    新しい上司は過去の私の依怙贔屓で盛りまくった成績を見て、真面目で優秀な社員と判断
    ギリギリ冬のボーナスを貰ってから辞められるように調整してくれた
    また気が向けばパートタイマーで戻ってきてねとも言われた
    以上、そろそろ遊ぶ金欲しさにパートで働こうかと思っている私の黒い過去

    412 :スカッとする修羅場まとめ 2011/04/24(日) 04:21:07 ID:7GW7wH1L
    空気が悪いので小さな武勇伝をひとつ

    何年か前、夕方、バイト明けの帰り道のこと。
    地元民の裏道的な、車の通れない路地レベルの細道の割りに、人通りの多い道を歩いてた。
    道行く人の大半は買い物袋を下げた主婦で、学校帰りの中高生がちらほら。

    ふと先を見ると、道を塞ぐ様に人だかりがある。
    近寄って見れば、小道を挟んで左に爺さんが4、5人、右に爺さんが1人。
    団体vs1人で何やら口汚く罵り合っていた。
    何があったか知らないが、どうやら話し合いのレベルはとうにぶっちぎったものの、
    年齢が年齢だけに殴り合いに発展するでもなく、頃すぞコラやってみろやオラなどとただただ罵り合うばかり。

    297 :スカッとする修羅場まとめ 2016/04/07(木) 15:28:34 ID:4n1vbupD0.net
    旦那とは現実から逃げる為に結婚したこと
    昔は発達障/害や療育なんて認知されていなかったから、空気の読めないクソ野郎ってことで
    幼稚園の頃から人に嫌われていた
    発達障/害なのにそうだと分かっていないものだから、対処法なんて全然知らず、とにかく周りと違う自分が
    どう振る舞えば良いのか、考えても混乱するばかりだった
    家族には愛されていたが、祖母と母はよくある嫁と姑ってやつで、祖母にネチネチ嫌味を言われる母は
    いつもピリピリしていてあんまり安心できない家庭環境だった
    おかげさまで自己肯定感が非常に低いプライドばかり高い人間のクズに成長した
    なんとか大学は出たものの、立派な社会人とやらにはなれず、最初に就職した会社はブラックで
    デブだのお前は障/害者だろだの(これは後に本当だと分かったんだけど)市ねだの言われ続け
    挙げ句の果てに一ヶ月でクビになった
    余談だけど今、その会社は存在していない。どうやら潰れたようだ
    その後は契約社員で働いたけど人間関係は相変わらず上手くいかなかった
    メンヘラになって二十代を潰した
    クソみたいなニートになった
    回復してフリーターになったところで、私は徹底的に外で生きられないのだと悟った
    自分ひとりの力で生きていく事ができないんだ。今は親のすねをかじっているけど親はいつまでも
    生きているもんじゃないし、こんなクソったれを守ってくれているこの人達をこれ以上苦しめたくない
    だけど普通に生きる事ができない。かといって生きるのをやめる勇気もない
    誰かに守って貰わなきゃ生きられない
    そこでマッチング系サイトや婚活パーティーに参加しまくった
    そこで出会った旦那と結婚した
    今は専業主婦ではないけれど、パートで働く程度でなんとかなってる
    本当に贅沢しないのなら専業主婦でもどうにか生活できるくらい
    だからすごく気楽
    でもこんな事を表で言えば、まーんだの、お前みたいな女がいるから女性.の社会的地位が云々と激怒されるから
    絶対に言えないし、もちろん旦那にも黙っている
    そして誰も信じてくれないだろうけど、私は旦那を愛している
    血の繋がらない他人に生まれて初めて愛された
    この人がしんだら私もしのうと思ってる。これも誰にも言ってないけど

    70 :スカッとする修羅場まとめ 2011/04/12(火) 00:20:34 ID:W0T0RnfH
    もう十数年前の話。
    会社の先輩二人と飲みに行ったんだが、この人達酒癖が物凄く悪かった。
    散々絡まれて苛々しながらも、なんとか堪え切りお開きとなった。
    んで三人とも社員寮なんで一緒のバスに乗って帰ったんだが、周り気にせずを奇声をあげたり笑ったりやりたい放題。
    俺は必タヒに止めに入るも、後輩なのに生意気だとか言われ殴られる。
    それでもなんとか我慢してたんだが、この酔っ払い共ついには前の席の女性.にまでちっょかいを出し始めた。
    ここで流石に我慢しきれなくなった俺は運転手さんに、「すいませんがバス止めてもらえませんか!」と叫んだ。
    そしてバスが止まると先輩二人の襟首をつかんで、「酔って人に迷惑かける奴が一番嫌いなんじゃ!」と言い外に放り出してやった。
    その後、車内の人に謝罪して俺も降りようとしたら乗客のおじいさんが、「あんたは降りんでええよ」と言ってくれたのでそのままバス乗ったら、なぜか乗客の皆さんから拍手を貰った。
    降りるまで顔真っ赤だったに違いないw

    907 :スカッとする修羅場まとめ 2017/09/15(金) 17:54:51 ID:mNa
    私の妻が「何かの病気」なんだろうけど、そうなら「どう対処して良いか」が分からん
    子が生まれる前の妻に戻って欲しいわ、マジで

    妻とは合コンで出会って、意気投合して同棲期間無しで結婚、今は賃貸で暮らしている
    私と妻の実家は隣県なので、高速バスを使えば朝出たら当日の昼前に到着可能
    甘え上手で私を上手くその気にさせるのが憎く可愛いところだったが、数年後に子が出来てから我が出て来て悩みの種

    妻は子が出来ると退職、共働きもあって外食・店屋物から徐々に移行はしていた
    妻も色んな本を読んで料理下手だが、甲斐甲斐しく世間受けの妻を演じてくれていた
    しかし、子が小学生になると、それが一気に豹変
    料理は冷凍・店屋物と手作りではなくなり、子の通学にギリ間に合うように朝作る、夕方のみに
    つまり、朝は空腹(途中のコンビニで軽食買い)、昼は社食(仕出し)、晩は冷凍・店屋物が定番で体調優れず
    子守も帰宅したら私任せ、自身は翌4時近くまでスマホ・フリータイム
    掃除・洗濯は雑だけとやってくれているのが幸い、キレようかとするとそれを察して甘え上手発動して、毎回鎮圧させられる
    宿直日は、実家に自ら進んで帰るように(時に、妻の実家からパパの送迎有)
    昇格試験対策すると最初は理解してくれるが、3日目からは「そんなことしても意味ない」等と家庭優先しやがれと暴れるようになる
    お陰様で昇任は著しく遅れていて、中途さんと間もなく立場逆転して鬱になる
    休日や帰宅から寝るまでの、子が喜ぶ姿がなければ、心がすり減ってどうにかなりそうだわ

    因みに、妻(長女)の実家は3姉妹で、箱入り娘でわがままにしちゃったことは両親が認めている
    次女や三女は確りした人で、妻と対立している(そう短期間で帰ってくるなよ、夫を泣かすなよ、妻なんだろ? とストレート発言している)
    祖母も「嫁いだんだから、そんなしょっちゅう帰ってくるな」と指導が毎回あって対立気味
    両親も「料理下手なら上手になりなさいよ。もう、仕方ないわね」状態

    最近、離婚の相談を妻の実家を訪れた時に切り出してみたら、
    両親や祖母が「私たちはあんな奴にも良い夫が出来て安心しているんです。可笑しいなら通院とか厳しく指導したりしますから」
    姉妹は「よくやって行けるよね。炊事洗濯も怪しいし、料理下手でもちょっと学べば美味い味噌汁作れるのに出来ない姉貴なのに。我慢しなくて良いよ」

    ……地雷と結婚したが、親となった今は監督責任を全うしようか、それも揺らいでいます 心身がもつだろうか不安だ

    394 :スカッとする修羅場まとめ 2016/04/25(月) 09:58:39 ID:mMub4MFcO.net
    小学校から高校までブス過ぎてイジメられていて、登校すると男子が一斉に
    うぼああああああ!ブスに空気が汚染されたぁあぁぁぁぁ!酸素酸素ー!
    とのたうち回って叫んでいた
    それから月日は流れて三十路のオバサンになった頃
    天気の良い日に道を歩いていたら前方から「うぼぉぉぉぉおおおおぉぉぉ」と絶叫が
    見ると自転車立ち漕ぎしながら叫んでいる元同級生がこちらに向かってきていた
    そいつは私の目の前ギリギリまで突進してきてからわざとらしく大袈裟に避けて
    「うわぁぁぁああああ目が腐ったあああああ!ぎょぅあああああ!グキョッ!」と奇声を上げて消えた
    振り返ると本当に路上から消失していた
    角を曲がった所で自転車ごと小川に転落していた
    覗くと靴の裏がバタバタしていて狭い小川(つか溝)に逆さに落ちていた
    私はたださりげなく近くを通った風を装いながら立ち去った
    残念ながら付近の住民が通報してすぐに救助されたが
    既に側溝に溜まった水で溺タヒしていた
    通報したのは付近の団地の奥さんで、かつスピーカーだったらしく
    「なんかねー、変な奇声あげながら自転車乗ってる変質者がいてねー
    あと通りすがりの女性.を轢くふりして怒鳴り付けてたのよー
    キティ外だったのよねー頭おかしかったのよー」と盛大に広めてくれた
    その為か遺族も市を訴えることなくひっそりと引っ越して行った
    ただ小川の上にはすぐに鉄板が敷かれて安全対策がとられた
    正直タヒんでせいせいしたー(大爆笑)
    見杀殳しにしたけど自責の念なんて爪の先ほどもないわー
    私がちょっと頑張って引っ張り上げれば助かったかも知れないけど
    今もあのバタバタしていた靴の裏を思い出してはメシウメー

    310 :スカッとする修羅場まとめ 2016/07/08(金) 22:00:12 ID:3mM4ptcf0.net
    20歳の時にの上司が、10年経った今でも
    私の人生全ての指針になっていること。
    今の旦那はその上司に雰囲気と名前が似ているから好きになったこと。

    その上司とは色恋沙汰になったことないけど
    家庭がクズだった私にまともな家庭と生きていく為の技術を教えてくれた。
    一人暮らしの私の家に来て、毎日ご飯を一緒に食べにきたけど
    年の離れた兄みたいで、あんな幸せでポカポカした時間はなかった。
    普通にテレビ見て二つ布団を引いてお休みって寝た。
    血は繋がってないけど、家庭を無条件で教えてくれた人だった。

    私が今家庭を築いて普通のお母さんが出来ているのは
    あのポカポカした時間があったからこそだと思ってる。
    旦那は私の事を家庭的だと思っているけど、その人と出会う前は
    荒れて酷い生活をしていたし、ご飯もまともに作れなかった。

    今でも辛いときに思い出すのは、旦那じゃなくその人だと言うこと。
    きっと浮気や不倫より深い気持ちで好きなんだろうなと思う。

    もう会えないけど、どこかで会っていつかお礼と
    渡せなかった結婚祝いをきちんと渡したいと思ってる事。
    タヒぬときに思うのはきっと家族じゃなくて、その人と過ごしたポカポカした時間だと思う。

    こう書くと黒くもないし、過去でもないけと書き捨て。
    どっかで吐き出したかったんだ。

    712 :スカッとする修羅場まとめ 2016/08/01(月) 00:08:37 ID:5aZp4KmB0.net
    十年前、姉が二十歳の誕生日の翌日に首吊り自杀殳したこと
    遺書は「自杀殳。生きるのめんどい。ほんとにそれだけだから気にしないでね!今までサンキュー。一応身辺整理はしといたよ。でも全部は流石に無理だったからゴメンけど後片付けヨロ!」だった。ほんとにこれが全文だった。軽すぎるわ

    こんな遺書残されたら「ざっけんな!」としか出てこず。嘆くことも怒ることも出来ず。残るのはずーっと気持ち悪いモヤモヤだけ
    警察の人もこんな遺書初めて見たって引き気味だった。恐らくこんな理由で自杀殳する訳ないって、我が家の健全性.を疑ったのだと思う。
    両親曰く虐待も疑われたようだし

    昔から無気力の塊みたいな人で、小学校に上がったあたりから「だるーい。何もしたくなーい。小学校行かない!」な人だったし、高学年になったあたりからちょくちょく
    「タヒんだ人はいいなー。何もしなくていいから」
    「子どもとしての義務は二十歳で果たせるから(?)二十歳になったらタヒぬね」と宣言していた
    どれだけ両親や私が、姉が楽しんで不安なく生きることが出来るよう手を尽くしても「いじめとか親が悪いとかそういうことじゃないんだよ。ただ面倒くさいんだよ」と効果なし
    ずっと言い続けていたとは言え、さすがに誕生日の翌日に実行するなんて夢にも思わなかった

    姉の人生って何だったんだろうか
    姉妹仲は普通に良かったし、こんなことがあっても結局大好きな姉だし、タヒんでほしくなかった。けど、本当に理解できない人だったと思う
    そんなに生きたくないくらい、私達家族や姉の周りの人々は姉にとって酷い人だったのだろうか
    それとも本当にただ生きること自体が苦痛で仕方ない人だったのだろうか。未だにわからない

    このことがトラウマで、子供を作りたくないから小梨希望の夫と結婚したけど、夫には子供嫌いが理由と言っている
    子供に産んだことすら否定された上に、私達にとっては理解出来ない理由で自杀殳された両親を見てきたから、もし子供に自杀殳されたらと思うと怖くて怖くて堪らない
    流石にこんなこと誰にも言えないわ
    両親と私だけが墓場に持ってく秘密だ

    このページのトップヘ