ハローキティ, 猫, 子猫, ペット, 動物, かわいい, ネコ, 家畜化された

    207 :スカッとする修羅場まとめ 2017/10/27(金) 21:21:36 ID:kgF00TGS.net
    友人の話

    私の友人はほんわかした雰囲気でちょっと抜けている
    大の猫好きで自称猫科動物

    その旦那さんはしっかりした方ではあるのだけど、情にほだされやすく彼氏時代は成り行きで浮気紛いの事をしたりワンナイトに至ったりとしていたそう
    でも友人は泣いたり怒ったりをあまりせずむしろネタにして旦那さんをからかったりお酒の席でちょこちょこ話す程度
    浮気一回猫一匹という謎ルールで結局二匹の猫がいる(本当はパブやらキャバク●を含めたらもう少しいるらしいけどあまり多頭飼いにしてもストレスになるからやめたとのこと)

    799 :スカッとする修羅場まとめ 2013/06/12(水) 19:31:31 ID:ihS8Q1Qo
    友達に妊娠報告したら「誰の子?」と言われた
    旦那の子に決まってるだろう…そのまま伝えたら「あの元彼の子かと思った!」
    その人が言ってる元彼=旦那の前に付き合った男。かなり前の話だし、最低な奴だったので嫌いになって別れた
    それを知ってるはずなのに、何故か私が元彼に今だに執着してるはずだと言われた
    最低な元彼と浮気して子作りするわけがないだろ!!誰の子?って失礼過ぎるし冗談でも言われたくないのに
    真剣に疑う眼差しだったから怒りがこみ上げた
    「あまり旦那さんの話しないから仲悪いのかな?離婚でもするのかなと思って…」とも言われた
    いい年して「今日も旦那サマとらぶらぶっ★」とか頻繁にメールする方が稀だろ
    「失礼すぎるよね」と率直に言い、それから無視してる
    メールが来てるけど読まないで消してる

           怒った男, ポイント, 指, インド, 怒って, 男性, 手, 怒り, 非難

    79 :スカッとする修羅場まとめ 2015/01/09(金) 01:12:12 ID:???
    入ってやっと1ヶ月半経った。
    運輸関係だから他の店の道案内教えなきゃいけないのもわかるけど、3ヶ所も土地勘のないところをどう説明すんのよ?!
    自分が散々虐められて教育されたからって、それをこっちにまでやらないでほしい。
    これ教えたよね?一回で覚えろって言われても覚えることがありすぎて追い付かないし繁忙期に入ったせいでうろ覚えだわ!
    オドオドすんなって言われてもわかんねーのに自信持てるか!(゚ Д゚)

           少年, 探している, フェンス, チェーンリンク, 若いです, 子, 男性

    765 :スカッとする修羅場まとめ 2018/09/22(土) 14:38:45 ID:c+NNU183.net
    小学生の頃、近所で起こった修羅場。
    学校帰りに友達と歩いていたら時報でもないのにサイレンが鳴った
    何かと思ったら近所で火事、学年が一つ上の子の家から火が出ていた
    後に知った話ではそこの母親が育児ノイローゼで3歳の男女双子のうち女児の方をサツ害し火をつけたらしい
    男児の方は間一髪のところで私達の一つ上の子(お兄ちゃん)が助け出して無事だったそうだ
    お兄ちゃんは親戚のところに身を寄せ小学校卒業までは地元にいたような気がするがその後どうなったかはわからない
    最近その事をふと思いだしたので、ググってみたけれどあれだけの事件なのにネット上に転がっていないし当時も全国ニュースとかになっていなかったのは恐らく母親の頭が完全にアッチに行ってて基地外無罪で病院送りとかだったのかなと思う

           心配している女の子, 女性, 待っています, 座っている, 思考, 心配

    44 :スカッとする修羅場まとめ 2014/05/15(木) 09:39:46 ID:VGLqmJqaY
    流れ切る上にプチプチ修羅場だけどごめん。

    十数年前、高校入試の1ヶ月前に盲腸になって、薬で散らしたら半月後に再発して入院する事になった時が修羅場。

    前提として
    当時住んでた学区内の中学は、スポーツ推進校に指定されてて、私は運動部に所属してた。
    中2から顧問が30代男性.温厚から20代男性.激怖に替わってめちゃくちゃ厳しくなった。
    一例だけど、練習試合中ミスしたらパイプ椅子をコートに投げ入れられる。
    真夏の締め切った体育館で上下長袖ジャージにマスク着用、水分補給NG。(某盆地県だから、真夏の暑さは半端ない)
    練習でミスるとビンタ当たり前。顔面にボール投げつけられた事も数知れず。
    1人のミスでも連帯責任で、レギュラーから補欠まで全員同じようにされた。
    顧問の顔見るだけで怯え、酷いときは過呼吸起こすようになり、部活どころか学校も不登校気味になった。
    中3になって部活引退してからは学校行けるようになったけど、それまでの欠席が多すぎて高校入試の推薦はもちろん貰えなかった。
    一般入試で公立単願(私立併願は親からNG出された) 成績的には余裕で受かるところだったけど、一応受験生として油断はしなかった。

    高校入試を1ヵ月後に控えたある日、学校から帰ってきてしばらくすると、胃がキリキリと痛み出した。
    とても夕飯食べられる状況じゃなかったから、胃薬飲んで布団に入ったんだけど、ちっとも痛みが治まらない。
    それどころかだんだん痛みが増しながら移動してる感じで、明け方にはついに右の下腹部が痛くなり、脂汗かくような状況になった。
    朝イチで病院に連れて行かれ、診察してもらった結果は急性.虫垂炎。
    切るか薬で散らすか聞かれ、入試を控えてるということでその時は薬で散らしてもらった。(それでも確か3日ぐらい入院した)

    それから半月後、薬で散らしたはずがあっさり再発。
    もう切る選択肢しかなくて、即入院(5日間)&手術。お腹開いてみて先生ビックリ、カンガルーのポケットのように癒着してたらしく
    1回目の時に薬で散らさず切っておいたほうが良かったと術後に言われた。
    また、変に癒着してたから入院が長引くかもしれないと言われ、入試行けなかったらどうしようで修羅場。

    結局5日で退院できて、入試にも間に合い、ちゃんと合格したから良かったけど、一歩間違ったら盲腸で人生詰むとこだった・・・

    27 :スカッとする修羅場まとめ 2014/12/23(火) 12:26:32 ID:S50J3wSP0.net
    この前、近くのかかりつけの内科に風邪で行ったら前に座ってたのが同級生だった。
    同郷だと言ってもかなり離れた町なので偶然近くにいたとして今まで会わなかったのは
    最近越してきたか、わざわざ遠くのこの病院に通ってるのか…そんなに有名な病院でもないし。
    とにかく名前聞いて確信したが、もうなんて言ったらいいのかわからないくらい老けてた。
    でも顔はまさしく…の顔。一体何があったんだ。これまでの人生に。
    でも私と幼なじみを小学生の間中虐め倒した顔が醜くなってるのは見てて楽しいもんだ。
    幼なじみの親友はずっと前に亡くなったが報告したいぐらいだった。
    カーテン越しの診察の声が丸聞こえの病院だからなんとなく分かったがあちこちガタガタ
    っぽいよ。あの人。これはまさしく因果応報、てやつ?て思いながら後ろで見てた。
    今からずっと苦しむんだね。白髪だらけで10歳以上は老けてたよ。
    小学生の時の震えてた自分にこれで少しは気が晴れたかな、て聞いてたわ。

          心配している女の子, 女性, 待っています, 座っている, 思考, 心配

    168 :スカッとする修羅場まとめ 2008/10/23(木) 16:45:58 0
    昨日の事なんだけど。
    夜にトイレの排水がつまって、慌てて夫にスッポンでつまってるものを処理してもらった。
    出てきたのは、パン。
    私、パンを中学の調理実習以来手作りで焼くのが趣味で、
    毎日朝の分を焼いておいて置くんだけど、それがなくなっている・・・。
    ビックリして、子供(小学5年生)を呼び出して
    「お前がやったの?そうじゃないの?」
    って聞いてみたら、子供は「こんな馬鹿な事僕するわけねーじゃん!」と否定。
    まあ、そりゃ5年生にもなってそうだよなって考えていたら、夫が
    「おい、犯人捕まえたぞ!」
    って言って、しょんぼりしてる同居トメを連れてきた。
    まあ、私の焼くパンが嫌いだったんだって!
    パンは好きだけど、私が焼いて、みんながおいしいって言うのが気に入らなかったんだって!
    先日来客があって、振舞ったんだけど、みんなして誉めてたのが嫌だったんだって!
    もうねー、ガキかアホかと。
    「だってだって!皆して嫁子を誉めて!
    私の料理誰一人誉めてくれたことないじゃないのっ!」
    って泣き出しちゃったけど、しらねーよ・・・だって、同居後1回も料理作ってないじゃん。
    「嫁子に任せておけば、らくちーん!」とか言ってさ。
    もう、パンドロドロで、なんか異臭を放っていたし、
    情けなくなって、その場で屁垂れ込んでしまいましたよ。

    22 :スカッとする修羅場まとめ 2012/03/22(木) 15:22:59 ID:aLt5XrXX
    私と母は大の猫好き。母実家が幼少期からネズミ避けに猫を飼いつづけていて、
    母実家によく遊びに行っていた私もその影響で猫好き。
    しかし当時私たちと同居していた父方の祖父母は猫嫌い(農家で昔は牛や犬や他の獣も飼っていたが)。
    一つの敷地(庭)に住居が二つという造りなんだけど(祖父母が住む母屋と私たちが住むはなれ)
    「住居が違うから飼ってもいいじゃないか」と頼んでも
    「猫なんてきたならしいもの飼うな」「猫飼ったら捨てに行く」とジジババ猛反対。
    で、母は嫁いで20年近く我慢してきたが、その後ほぼ強引に仔猫を飼うことに。
    当然ジジババ文句たらたら。
    「猫なんて触りもせん」「こっち(母屋)に入らないようにしてくれ」とごちゃごちゃ言ってた。

    で、ある日私が帰宅すると、はなれから祖母がそそくさと出てきた。
    はなれに出入りして何してんだ、嫌いな猫もいるのに…と不思議に思ってた。
    猫にいたずらしてるんじゃ、とも思ったが特に怯えている様子や異変もなかったので気にしなかった。
    そしたらある日、祖母が「猫、だいぶ重くなったのぅムフフ」と嬉しそうに言ってきた。
    ちょっと待て、 抱 い と る や な い か 。
    おい、ばーさん、「触りもしない」って言ったの誰だよ、おい、マジで。
    その後仔猫も大きくなってきたので庭に出しているとジジババが構いに来たり、
    母屋に連れて行ってコタツの味を覚えさせたり、
    じーさんが「ええもんやろか^^」とビスケットを差し出していたり、
    なんだかんだ可愛がって猫もジジババにめちゃなついてた。
    母屋に入り浸る猫を連れて帰ろうとしたら「もうちょっとここにいさせときよー(´・ω・`)」とまで言い出す始末。

    あれだけ悪態ついてたのに掌返しで猫にベッタリしてずうずうしいわい(´・ω・`)

         女性, ブロンド, 肖像画, 女の子, 色, ドレス, 髪, 官能的な, 人

    360 :スカッとする修羅場まとめ 2017/12/09(土) 20:23:30 ID:6nfE5h4v.net
    高校の同級生たちのみに墓場まで持っていく秘密。

    皆より、なんと11歳も年上だったということ。

    理由は長くなるから省くが、私は26歳で高校1年生になった。入学式、周りはほぼ15歳の中、26歳がはまぎれた。

    先生が配慮してこのことは言わなかったし、
    おまえも絶対言うな!おまえはここでは15歳ってことだからな!と強く言われたから、(仲間はずれ的いじめが起きたらまずいとでも思ったのだろう) 全然バレなかった。

    見た目が若いからではなく、年齢不詳系デブスなため、こんなデブ女子高生いるいる的で、(当時体重87キロ)意外にもバレなかった。


    卒業時は皆18歳。私だけ29歳。

    そのままズルズルとどんどんいえず、

    あれから22年…。 うちらもとうとう40かよー!と話す高校時の同級生らだけには、
    未だに私だけが51歳だなんて言えてない。

    年重ねていくたび、ただ単に老けっぷりが進行しているだけととられるから、さらにバレなくなる。

    40にもなって、うちら仲良し4人組みんな見事に独身ー!彼氏なしー!と4人で笑ってたけど、
    いや、私だけ51歳独身…。みんなは40なんてまだまだ若くてチャンスあるわい!と心の中でひそかに思う。

    3~4年に1回くらいのたまにしか会わないし、もう言うつもりはないわ。

    どうでもいいけど、ちなみにコギャル世代です。51歳で、ちょべりばのコギャル世代だよー!小さなデカ目にならないプリクラ世代だよー!

    普通は40歳くらいがコギャル世代なんだけど。

          サマー フィールド, 女性, 女の子, 日没, ミステリー, 夏, フィールド

    515 :スカッとする修羅場まとめ 2008/10/25(土) 22:54:18 0
    「今年からはそっちで食べられるまでにしてね」と、
    途中まで処理したけど面倒になったと思われる銀杏の実を、
    我が家の庭先に置いてったウトメ。
    車で30分の距離の義実家は、
    雑草が生えるのがイヤ、でもコンクリだと杀殳風景だからイヤ、
    との理由で庭も玄関アプローチも駐車場も砂利敷きなんだが、
    その砂利の上に万遍なくばらまいてきた。
    久しぶりの土日休みの旦那と外食中、
    携帯じゃんじゃか鳴ってるようだが、
    マナーですもの、着信消してるから屁でもない。

    このページのトップヘ