人物, 女の子, 飲み物, 萌え, アニメ, かわいい, 女性, アジアの

    428 :スカッとする修羅場まとめ 2008/10/25(土) 03:49:13 0
    豚義理ごめん
    いつも嫌味満載で私と二人のときだけブツブツブツブツしつこく言い続けるトメ。
    同居丸1年の今トメのブツブツが聞こえてきたら心のスイッチを切れるようになった。
    でも先週末から体調崩して4日入院して帰ってきたらうまくスイッチ切れなくてモロに聞かされた。
    なんか別のスイッチが入った感じで
    「あのさー、同じこといつもブツブツブツブツ繰り返してるけど、馬鹿なの?」
    って思いっきり冷たく言ってしまった。
    文句を言い返さない愚痴聞き要員だと信じ切ってた(らしい)トメは、口半開きのまま固まった。
    「せめて病み上がりくらい気ぃ使える頭があったらよかったのにね」と今度は笑顔で続けた。
    嫌味以外は特に悪さしないし、体調の良くない良ウトが気の毒で、スルースキルを身につけてやってきたけど、
    ゲームオーバー。
    只今さくっと別居準備中。

    326 :スカッとする修羅場まとめ 2014/07/31(木) 19:08:17 ID:???
    農家に嫁いだ従姉Aの話。

    Aの家も祖父の代まで兼業農家だったので、色々大変さを知ってるA両親は結婚に反対。4年くらい才柔める。
    しかし、意図的に子供を作って結婚のはこびへ。将来への貯蓄、ということで、指輪の類いは無し(Aの提案)。
    結婚式の新郎主賓が、○区の組長さんで、「新郎君が、この部落(集落だったかも)に若いお嫁さんを連れてきてくれて~」
    というスピーチに新婦親族驚愕。
    新郎母の顔が、始終能面か、新婦を睨んでるかのどっちか。語りぐさになるくらいの般若の形相。

    入籍後、実母に問題があることを分かっていたのか、別居を提案するA夫と周囲の友人・親戚。
    しかし、実家のように、大家族で過ごすことを希望するAは、自ら同居を志願。(姑とのいざこざなどを、A両親は子供たちに一切見せなかった)
    同居後、Aの料理は食べない、しかし自分は料理しない、義理両親と襖一枚だけ隔てた部屋での子づくり強要等、嫁いびりスタート。A、パニック障/害に。
    A夫、職を転々とし、親戚付き合いもAに任せっきり。

    どう考えてもAが自分で選んだ人生に思えるんだけど、後から結婚したいとこたちを見ては、羨ましいを100回位ずつ言う。
    特に私はAと同じ長男の嫁の立場なので、200回くらい言われる。
    農家なんて休みがない。サラリーマンの旦那羨ましい。結婚指輪、婚約指輪あって羨ましい。
    お姑さんと仲良さそうで羨ましい、別居羨ましい。子供男女どちらでいいって言ってくれて羨ましい。婦人会なくて羨ましい…などなど。

    全部一度は誰かの「待った」が入ってるし、その気があれば回避できたこと。自分で決めたことでしょ。本当に神経分からん。

          ネギ, 野菜, 庭, 秋, 収穫       119 :スカッとする修羅場まとめ 2018/03/11(日) 23:04:23 ID:dTZ5IoYF.net
    ネギをレジで切ってもらえること

    地元じゃ買い物は100%車だったんでネギのことなんか気にしたことなかった
    一人暮らしを始めて自転車で買い物するようになったらネギの厄介さに打ちのめされた
    自転車の前かごに斜めに入れても倒れてくる、振動で飛んでいく
    下り坂で視界から消え、転がっていくネギに「あああああ」となったことも数知れず
    買い物にリュックを持っていっても頭だけ出してネギを背負う間抜けなこと
    「カモだ。私は今まごうことなくカモだ。カモネギだ」なんて思いながら
    家路までネギを背負って帰る恥ずかしさに耐えてた

    そしたらさ、いつも行かないスーパーで「ネギお切りしましょうか?」って言われたのよ
    よくわかんないまま「はい」って言ったらレジの下から果物ナイフ取り出して半分に切ってくれた
    ( ゚Д゚)リアルでこんな顔になったわ
    後日違うスーパーでも「あの、ネギ半分に切ってもえますか?」ってレジで言ったら
    やっぱり同じように果物ナイフを出して切ってくれたの

    私のカモネギ生活なんだったの?
    一人暮らし始めて3年だよ
    3年もローリング・ザ・ネギやら、カモネギやってたのにこの仕打ちだよ
    嬉しくて今日もネギ買ってきちゃった

           うつ病, 悲しみ, 男, 気の毒です, Utęsknienie

    485 :スカッとする修羅場まとめ 2013/05/03(金) 18:15:43
    懺悔的な気持ちのものでも、こちらに書いていいだろうか…。
    ちょっと長文になりそうなんだが。

           美容室, 女性, 肖像画, 顔, 髪, 女らしさ, 目, セクシーです

    128 :スカッとする修羅場まとめ 2018/03/12(月) 00:00:01 ID:OD2EEqJK.net
    友人Aと居る時はどんな争いも必ず収束する。
    店員に文句を言ってたクレーマーがAを見るなり大人しくなったり、繁華街で喧嘩していたチンピラ同士がバツが悪そうに拳を下ろしたり。
    Aは普通の顔して立っているだけなのになんで争いが収まるのかいつも不思議だった。

    そんなAはダメンズとばっかり付き合ってる。彼女と唯一縁がないダメンズはDV男。正確には付き合ってた時もあるんだけど、何故か殴られてない。
    そのDV男は地元では有名な奴で、どんな美人な子と付き合っても手を上げていた。(彼女は地元の子ではないので、そのことは知らず)
    付き合っていた事実を知った時、彼女はDV避けのフェロモンでも出てるんだろうかと仲間内で騒然となった。

    そしてAは現在隕石ハンターと名乗って世界を飛び回っている。それが1番の衝撃だった。

    550 :スカッとする修羅場まとめ 2017/01/24(火) 01:40:25 0.net
    25歳の頃、繁華顔を普通に歩いていて転んだ
    「アイタタ」と思って目を開けたら病院のベッドで寝ていた
    気づいたら身体が動かないし声も出ない
    私はパニクってしまったが、どこかで「転んで気絶して病院」と思ってはいた
    看護師がきて「あ!」と一言だけ言って部屋を駆け足で去っていった
    5分もしないうちに医者や他の看護師も3人ほど駆けつけてきた
    医者の話だと私は2年意識がなく遷延性.意識障/害と診断され
    この病院に移されたそうです。そこは私が住むところから車で5時間かかるところでした

    私は転んで後頭部を打ち気絶
    脳内出血で手術をしたが意識戻らず
    3ヶ月目で遷延性.意識障/害と診断され親戚(両親は鬼籍)に延命処置か安楽タヒか選択したら
    みんなが諦めて安楽タヒを選択したら妹だけが猛反対し延命処置になった
    これを聞いた時が自分の中の修羅場だった

    そして2年間妹が婚約者との縁談を断り私の介護をし続けていた
    妹は会社を辞めこの病院の食堂と清掃婦として働いていた
    慰謝からはなしを聞いて妹が駆けつけてきて手を握って「よかった!よかった!」と
    何度も囁いていた
    それからリハビリ受けて半年で退院
    生活に多少師匠はあるが一人で生活できるレベルにはなっていた
    私は妹の元婚約者のところに謝罪しに行った
    元婚約者は「元気になって良かったです」と言うと
    そのあと信じられない事を言った
    「もう一度妹さんにプロポーズします。妹さんを僕に下さい」と
    婚約者はずっと妹を待っていた。影でも妹にわからないように助けていた

    私は即答で「もちろんだ!妹をよろしくお願いします」と返した
    気づいたら号泣していた

    そして先月妹が式を挙げた
    妹は世界一綺麗な花嫁になった

           怒った男, ポイント, 指, インド, 怒って, 男性, 手, 怒り, 非難

    361 :スカッとする修羅場まとめ 2011/08/22(月) 19:41:22 ID:SQh+2g5y
    列にならんでたら腕のひじが後ろの人によくあたる
    みるとおばさんがすげえ近くにつめてた
    一度睨んでやっても知らん顔して変わらず
    あまりにぶつかるから思いっきり怒鳴ってやった。
    「近すぎだろ距離考えろよ!」
    おばさん「なによ」みたいなこといって列から離れてった。
    気持ち悪いおばさんを撃退した武勇伝。

    60 :スカッとする修羅場まとめ 2018/09/16(日) 19:15:06 ID:FKoEWUZX0.net
    同じような時期にお互い転職してた
    タイミング的にボーナスは貰えない時期での転職だから、つまんないねって話してた
    私は会社がボーナスは出せないけど寸志をくれた
    その事を話したら、いい会社だねって言ってくれて、彼氏が焼き肉食べさせてと言うので、焼き肉をご馳走する事になった
    元々寸志貰った時に彼氏と美味しい物を食べたいと思ってたから良かった
    この前、彼氏が営業成績が良くて金一封貰ったらしくて、私が焼き肉食べに行きたいって言ったら、それでスーツ買うから無理、何で俺が頑張って貰ったのに奢らなきゃならないの?と言われた
    私はいい事があったら彼氏と分け合いたいけど、彼氏はそうじゃないんだろうと思ったら悲しくなったし、価値観の違いなんだろうと思って、別れようと思った

           うつ病, 男, 怒り, 悲しみ, 神経質, 頭の, ボディ, 外, スタジオ

    61 :スカッとする修羅場まとめ 2018/09/07(金) 20:51:46 ID:Mjk
    24の時に同い年の女と一度目の結婚。
    2年経っても嫁が妊娠しなくて、ふたりで病院に行ったら俺に原因があった。
    高度不妊治療を受けるか否かで話し合ったが、医者が言うにはそれでも難しいらしい。
    嫁は「子供は授かりもの。無いものねだりに時間とお金を掛けるより
    ふたりで生きて行けばいいじゃない」って言ってくれて涙が出るほど感動した。
    が、30になる少し前に「好きな人がいる。やっぱり子供が欲しい。リミットもあるし。離婚してください」と言ってきた。
    そう言われるまで、嫁に男がいたなんて想像もしなかった。
    子供が欲しいからと言われたら俺にはどうしようもなく、受け入れるしかなかった。
    それから1年経って、姉から女性.を紹介された。
    彼女も俺と同じで、不妊が理由で離婚されたらしい。
    傷のなめあいって言われたら確かにそうかも知れんが、お互い気が楽だった。
    趣味(トレッキングと写真)が同じだったことや、物事の価値観が合うことや
    なにより一緒にいると心が落ち着き、穏やかな気持ちになれる。
    3ヶ月ほどの交際で結婚を決めてプロポーズ。OK貰って結婚した。
    そして再婚2年目に、元嫁と共通の友人だった人から
    元嫁からメモを預かってると言ってきた。
    その友人は常識をわきまえた人で、俺の連絡先を元嫁にしつこく聞かれたが
    知ってても教えなかったらしい。助かった。
    連絡したいことがあるのならメモを渡すぐらいはするって言ったら
    元嫁の携帯番号を書いたメモを渡され、電話くれって伝言を託ったらしい。
    今頃連絡してくる理由は何だろうと考えると
    ネットに毒されてるのかもしれんが嫌な予感しかない。
    今嫁に相談したら一緒に会いに行くと言うので、それもいいかもと思い
    ふたりで指定の喫茶店に行った。
    嫁を見て急にオドオドし始めて「恋人?」って聞かれたので
    「いや、嫁さん」って紹介し、嫁も軽く会釈を。
    「で、何の用事?」って聞いたが、話がとっ散らかって
    なに言ってるのかちょっと分からなかった。
    「違ってたらごめん。もしかしてより戻そうとか思ってた?」って聞いたら
    泣き出してそのまま店出て行った。
    男と上手くいかなかったのか、何があったのか分からないけど
    まぁそんなところだったんだろうと思う。

           うつ病, 悲しみ, 男, 気の毒です, Utęsknienie

    253 :スカッとする修羅場まとめ 2017/11/08(水) 23:03:41 ID:dsHlU9yn.net
    中学ん時(多分中三)の話だ

    当時の友人から同じクラスの小柄で可愛い女子Aの上履きを棄てるように頼まれた
    部活終了後にAさんが帰るまで待ち、即行で流れるように手際よく上履きを鞄に隠した
    俺とAさんは違う部活だったがどの部活も17時終了だったので特に待たなかった
    その時の俺は誰かをイジメ慣れてる訳じゃなかったが万引き癖があったからキョドったりしなかった

    帰り道は、違う道を通ってその上履きを川に棄てた
    深く幅広い川だったから見つかるはずがないことも悟っていた

    次の日、当然ながら帰りのHRでAさんの上履きが紛失した話が出てAさんが泣いていた
    その直後に知った事だがAさんはイジメられていた事を知ることになる
    当時の友人はAさんをイジメているメンバーの一人だったみたいだ

    当時の俺は馬鹿だったがイジメに加担するような人間じゃないと認識されていたせいか特に何もなかった
    そして俺は自分のイメージを守るため、当時の友人を守るため、これ以上才柔めて親に知られたくなかったために知らないと嘘をついた

    俺よりAさんの方が圧倒的に頭が良かったので俺とは違う高校に進学してその先は知らない
    惚れた女子ではなかったが泣くほど嫌な思いをさせた事に対して未だに後悔が消えない
    そして実行する前に気づけなかった自分が憎い


    出来るなら墓場まで持って行きたい
    勿論許してもらえるなんて思ってないから誰にも話せない

    このページのトップヘ