2019年05月

    841 :スカッとする修羅場まとめ 2018/12/07(金) 00:26:10 ID:QHUZU4ZH.net
    ニートですが眠すぎに困ってます
    だいたい23時前後に睡眠薬で眠り、朝5時頃に一旦目が覚め
    家族と会話もしますがほとんど覚えていません
    そしてまた7時前後に耐えられない眠気で眠り、夕飯時に起こされ
    なんとか起きて少しだけ食事をします
    夜はだんだんと元気が出てくるのでテレビを見たり家族と会話をして
    家族が眠る23時前後にまた眠くなるのですが
    この時は睡眠薬がないと入眠障/害できません(しかし眠過ぎて頭痛がしたりする)

    上記の時間はだいたいなので毎日全く同じではありませんが
    どちらにせよ寝すぎて困ってます
    眠剤を処方してくれている医師は「それだけストレスに晒されているので身体が求めるだけ寝なさい」
    というのですがこれではやりたい事も出来ず困ってます
    民間療法でもいいので「寝すぎ」に対策できる方法をご存知の方いませんか?

    29 :スカッとする修羅場まとめ 2015/12/24(木) 07:37:32 ID:Np3kGNO10.net
    20年前に男と蒸発した母親が臓器よこせと言ってきたので復讐した。

    長いうえに恨みつらみを書き連ねています。

    気分を害される方もいらっしゃると思うので不快に感じる方はスルーしてください。
    文才はありません。説明不足な点や読みにくいと感じる点があったら流してください。

    母親が蒸発したとき、私は小学5年生だった。以来私と兄は父が再婚するまで父子家庭で育った。
    母親は蒸発する際に、置手紙一枚で私たち家族を捨てていったが有り金は持って行った。


    私の兄はもう亡くなったけど2コ上で、生まれつき心臓に爆弾を抱えていて母親が持ち逃げしたお金の中にはこの兄の手術にあてるべく貯めていたものも含まれていた。
    母親の親はクソ。母親が失踪した際に父や残された私たち兄妹にあらぬ罵倒を浴びせてくれたうえに、手術しなければ20まで生きられないと告知されていた兄に面と向かって「金食い虫の役立たず」と罵った外道。


    母が蒸発して生活が一変した。

    もともと父は高額な手術費用の捻出に日勤の正社員勤めが終わった後、夜勤でドカタをしていた。
    母親も正社員で働いていたけれど、蒸発した後に残業と称して毎日帰りが遅かったのは不倫していたからだとわかった。

    蒸発する前に、母親は会社を独立する資金と父をだまし連帯保証人にして借金をした。
    不倫していたとは知らず、専門職に就いていた母は口癖のように「独立して軌道に乗れば父に掛け持ちなんてさせなくて済む。このままじゃ身体を壊す」的なことを繰り返していたから、不倫相手と暮らすための資金を調達させられるとは父も考えていなかった。


    貯金ゼロで借金を背負い、兄の手術費用まで工面することになった父は身を粉にして働いた。手術費用は父が親戚中に土下座して借りてきたものの借りたお金には返済がついて回る。

    家にはいつもお金がなかった。

    133 :スカッとする修羅場まとめ 2015/04/03(金) 18:42:55 ID:hvHVuUpn.net
    数年間、毎日のように彼氏の愚痴とか具合悪い報告とかリスカ画像とか
    メンヘラ全開のネガティブメールを大量に送りつけてきていた元友人

    ある日私の言ったことが自分の望み通りの返事じゃなくて気に食わなかったらしく、
    当時普及し始めた某SNSで、誰とは言わないが知っている人が見れば
    私だとわかる内容で悪口大量に垂れ流し

    私も今まで話聞いてたのが馬鹿らしくなったけど
    最後の助け舟として「もう少しこちらの話も聞いて・・・」とお願いしてみるも
    案の定、斜め上の苦しい言い訳と自己正当化が返ってきた

    今まで散々振り回されてきたし、この先も変わらないんだろうなと思って連絡するのをやめた
    言い訳と自己正当化が返ってきても、やっぱりな・・・としか思えなかった自分が悲しかった

    あれから数年。今でも逆恨みして色んな所で私の悪口言ってるらしいがもう知らん
    奴の中では私が完全に悪者になってるみたいだけど、共通の友人はほとんどが私に同情的だしね

    ことあるごとに悪口言われ続けてて嫌な思いもしているけど、このカキコを最後に吹っ切ります

    187 :スカッとする修羅場まとめ 2015/10/17(土) 20:51:29 ID:Hli
    初めてで文才ないし、自己満足

    中学のときにバスケ部に入った。
    その年は部員が少なくて私ともう一人しか一年が入らなかった。
    その子はHちゃんて言ってミニバス経験者でいつもうちだけ置いてけぼりだった。
    だけどHちゃんと先輩達は優しくしてくれてバスケは大好きだったし練習は辛かったけどそれで少しでもうまくなれるなら下手でも構わなかった。
    中2になって先輩の引退試合のあとに転校生が入ってきた。
    Mちゃんていう名前で、男子の目を気にして露/出を激しくしたり声を変えたりするようなB***h臭い子だった。
    先輩が引退したあとHちゃんとMちゃんがつるみだした。
    ただでさえ辛い練習なのに2対1で悪口言われたりした。
    練習試合の日うちが一試合スリーポイントシュートを3本決め顧問にすごく褒められたことがあった。
    そしたら
    「何も出来ないくせにいきがって、お前いなきゃ一年が試合でれるのに」って言われてもういいやってなった。
    先輩にも顧問にも止められたし理由聞かれたけど友達だと思ってた人に裏切られたなんて言えなかった。
    部活をやめて一番最初にしたことはクラブチームを探した。
    勉強してバスケが強くレベルが高い高校に入った。
    だれにも悪口を言われない部活が楽しくてスタメンにもなれた。
    去年同窓会に行った。
    あの二人はいなかった。
    Hちゃんは中学で遊びすぎて高校に行けず、Mちゃんは妊娠した上男に逃げられ、親にも見捨てられ働いてもいなかったらしい。
    聞いたはなしだからよくわかんない。
    今はあの時止めてくれた顧問みたいな人になりたいと先生を目指している。
    辛かったけどHちゃん、あなたのことはやめたあとも仲良くしたいと思ってた。本気で信頼しあっていたあの頃に戻りたいと思った。

    17 :スカッとする修羅場まとめ 2018/10/20(土) 11:41:30 ID:vtcvHOMn.net
    修羅場スレかと思ったけど、個人的には神経が分からんかったという修羅場未満な話
    ザックリ書くと、弟嫁の不倫現場を私が目撃→逃れられないだろうと悟って弟に自白して離婚才柔めなんだけど、
    問題なのは、私は弟嫁の不倫現場を見た覚えがないということ
    恥ずかしながら、私は人の顔を覚えるのがものすごい苦手で、身内だろうと仕事の同僚だろうと、顔と名前を覚えるのすら苦労するレベル
    弟嫁の言う、何処で何しているところを見られたというところの、何処でというのは覚えているが、弟嫁とすれ違っただとか見たとかは恐らくあったんだと思う
    だけど、私が弟嫁の顔全く覚えてなかったんだよね
    会ったのは結婚時の顔合わせと結婚式当日くらいで、顔を突き合わせて会話なんてしたことなかった
    弟が、これこれこういうわけで弟嫁はこう言っているが事実か?と確認の電話をよこしてきたが、
    弟嫁の顔覚えていないから、弟嫁を見た覚えがないって言ったら、スピーカーホンにしていたのか、
    私の言った事が聞こえたみたいで、物凄い叫び声が聞こえてびっくりした
    慌てて後でかけ直すって事で切れたけど、人間ってあんな声出せるんだとビックリした
    で、昨日正式に慰謝料やらなんやらの取り決めが成されて、今日の午後に離婚届を提出しに行くらしい
    何が神経分からんって、もう元になる弟嫁が私のせいで離婚になったと言っていること
    しらねーよ!不倫するやつのせいで離婚になったに決まっとろーがいね!

    212 :スカッとする修羅場まとめ 2015/12/22(火) 01:13:21 ID:ZEn
    昨日、朝ぎりぎりに起きて、ゴミ捨て当番だったので急いで車で行きながらゴミを捨てた。
    もうすでにかなり積み上がっていたので、ちょっと網から漏れた。
    それでも2/3ぐらいは網にかかってるから大丈夫だと車に戻ろうとしたら、ゴミ捨て場前のお家から
    70はオーバーしてるご婦人が登場して私を見るなり「ゴミを捨てるならちゃんと網をかけなさいよ!!」と
    激おこプンプン丸。
    「すいません」と謝りつつゴミをぎゅーと奥に詰めて何とか網内詰め込んだけれど 私が車に乗り込んでからも
    ギャーギャー何かをわめいていて凄くこわかった。
    確かにゴミを奥まで置かなかった私が悪いのかもしれないけれど、そんなに私が悪いのか。
    一応謝ったし、整理もしたのに・…

    別のスレでも別案件で愚痴ってるけれど、ここでちょっと吐き出したかった。荒らしではないです。

    最近ID維持したまま他のスレで書き込むと叩かれる傾向にあるみたいだけれどどうしてこうなったんだろうね。

    別の人の書き込みロムっててふと思った。

    667 :スカッとする修羅場まとめ 2015/08/18(火) 08:24:48 .net
    ヒス嫁って痴呆症だよな。
    自分がやったこと覚えてなくて他人のせいにしてヒスる。
    過去の記憶はどんどん作りかえられ、数年経つと事実と全く異なってヒスる。

    ここまで頭おかしいと、病気だと思うしかない。
    最近はかわいそうなやつだと思う事にしてる

    532 :スカッとする修羅場まとめ 2017/04/09(日) 01:01:23 ID:UBD
    ちょっともやもやしたのでお話聞いて欲しくて書き込みます。
    空気読めずすみません
    初めて利用するので色々間違いあるかと思いますが失礼します

    小学生の頃に母に買ってもらった新しい服を着たその帰り道、普段喋らない子とたまたま一緒になって雑談しながら歩いていました。すると、その子の友達の子が寄ってきました。
    私とその子は仲良くもなく、同じクラスでもないんですが、派手というか明るいというか、お洒落でスクールカースト上位の子で顔を知ってました。
    一言二言言葉を交わすと、そこ子に「その服私の被っているから着るのやめて」と言われました。
    私は陰キャラだったので言い返せず、ショックで、その服も着れなくなって、以後10年ぐらいその記憶が未だあるんです。
    で、高校まで同じでも関わることなく、何となく見かけては「あー」って記憶が蘇って微妙な気持ちなってました。
    今日、Twitterを眺めていたらおそらくその子らしきこのアカを見つけて、自己紹介のとこに「愛と礼儀」とか書いてるんですね。
    とても性.格いい子みたいな感じでした。
    「嘘つけ!」って思ったんですね。
    いやいや、たぶん、知らないだけで、実はいい子だったんだ。お洒落好きだからオンリーワンが良かっただけなんだ、と今までもそう思ってはいたんですけど……
    何となく子供の頃に「理不尽な嫌な子」って思ったイメージが付きまとって好きになれず、むしろ性.格悪いなーって、その記憶抜きにしても何でか思ってたんですね……記憶補正だと思いますが。
    嫌な記憶を思い出しては「どっかで転べばいいのに」と嫌なことを考えて、こんな小さないつまでも覚えてる自分って……みたいな負のスパイラルに陥ってまし。
    とりあえず吐き出したかッたので書き込んでみました。
    あー、もう嫌な記憶すべてとサヨナラしたい……

    357 :スカッとする修羅場まとめ 2018/03/02(金) 08:33:41 ID:4Sq4WN3q.net
    それで思い出した
    付き合いたての彼氏と、ずっと行ってみたいと話してたちょっといいレストランに行った
    普段と違うちゃんとした服やアクセサリーで、周りのお客さんも静かに楽しそうにしてて、そんな雰囲気で料理来るの待ってた
    そうしたら目の下にムズムズ違和感があって、右目下から左目の下へ広がるムズムズ
    「えっ、何?」と思ったけどバタバタ慌てるのもみっともないから、さりげなくトイレに立とうかと思ってたら彼氏が「右の髪の毛から蟻が出てきて顔面横切って左に帰っていったよ」と
    さすがに頭ぶんぶん振って、落ちてきた蟻を捕まえて小走りで外へ出て逃がすはめになった
    蟻が顔に歩いてる女なんていやだよね…と落ち込んだわ

    497 :スカッとする修羅場まとめ 2016/05/06(金) 20:44:53 ID:aqFM4YOL.net
    彼女は会社の同期で可愛くて頭も良く俺にはもったいないような娘でベタボレだった
    いつプロポーズするかを考えていた頃に地元の親友といえる友人が上京してきたので紹介した
    しかし彼女の態度が悪い。普段は人当たりがいいのに友人が何を言ってもカンジの悪い
    返事しかしない。あとで友人が「そりゃカレシの友達紹介されても困るよな。ゴメンな」
    と謝ってくる始末だった
    理由を聞いても「とにかく嫌!生理的に気持ち悪い!」と話にならない。「あの人と付き合い
    続けるなら結婚とか絶対に無理!」とまで云いたい放題。え?こいつ人の交友関係に
    口を出すような女だったの?ってかこれって「私と友達のどっちが大事なの!?」ってヤツ?
    とサーッと冷めた

    別れたあと俺は地元の支店に転勤になり俺も彼女も別の人間と結婚した。子供も出来て
    彼女が遠い思い出になった頃、友人が逮捕された
    女児のトイレ盗撮で・・・
    それを知った嫁の第一声が「やっぱり!」だった辺り理不尽冷めだったのかもしれん・・・
    ちなみにウチの娘の水着写真がお宝フォルダに入っていたそうなので元友人だ

    このページのトップヘ