修羅場

    724 :スカッとする修羅場まとめ 2014/10/13(月) 10:11:21 ID:elp5wbeOz
    二重生活を送っていた友達を疎遠にした話。

    A子は私の小・中学の同級生で、実家から
    少し離れた土地に進学した私と偶然再会、交流が復活した。
    A子にはB男という当時でいうバリバリのギャル男とつきあっており
    紹介されたときも半同棲状態であると聞かされていた。

    ある日、私と同じバイト先のC美が、たまたまA子のことを知ってることが発覚。
    しかし私の知っているA子とC美の話すA子はなんか違う。
    というか全くの別人!?というくらい違う。

    私の知ってるA子
    ・・・親と折り合いが良くなく親戚のいるこの土地でフリーター生活中
    C美の知ってるA子
    ・・・A子の地元に遊びに来ていたD太という男性.と昨年できちゃった結婚、
    D太の地元に引っ越し出産済み。子育て中の主婦

    なんだか気持ち悪くてモヤモヤして、結局C美が知り合いを当たって調べてくれた。
    (その土地での知り合いは私よりC美の方が圧倒的に多かったから)

    結論からいうと、私もC美もどちらも正解だった。

    A子はD太に「ママ友のE子の旦那が育児に協力してくれなくて、
    このままだとノイローゼになりそうって泣いてる。心配だから時々様子を見に行きたい」
    と言って子供連れての外泊を願い出て、
    ママ友のE子には「(A子の)旦那が育児に協力してくれない、
    このままだとノイローゼになりそう」
    と言って自分の子供を預け、B男と密会。時には泊まりがけで世話もさせていた。

    B男とはどこで知り合ったのか、「自分はフリーター。親からそろそろ自立したい。
    バイト代がたまるまででいいから同棲したい」と言っていて、B男もそれを信じていた。

    259 :スカッとする修羅場まとめ 2013/06/25(火) 18:13:53 ID:CxMWKjbY
    整形で盛り上がってるところおじゃまします。
    修羅場に遭遇した何年か前の話をひとつ

    夕飯も終わってダラダラしていたら
    中校生の子供が腹痛と嘔吐と下痢で具合が悪いと言い出した。
    出るもんが出れば大丈夫だろうと様子をみていたが、
    良くなりそうもないので総合病院の救急外来を受診。

    他の患者が居なかったので直ぐ診てもらえ、
    取りあえず点滴一本で様子をみてダメだったら入院ねと
    診察室の隅のベッドで点滴を始めた。
    しばらくすると痛みも落ち着いたらしく子供は寝てしまった。
    おっ、これなら入院しないで帰れるかなと思った矢先、救急車が入ってきた。
    静まり返った部屋が急に慌しくなり緊張が走る。

    患者は40歳代の男性.で、車の中で女性.と話をしている最中、急に様子がおかしくなったそう。
    意識不明のうえ失禁、呼びかけに応答無しなのに何故か体を動かしているとか。
    付き添いの女性.が泣きながら訴えてる中、医者は冷静に対処してた。
    カーテン一枚なので、顔は見えないけど良く聞こえる。

    このあたりで子供の点滴が終わり、看護師さんを呼ぶも
    「点滴かえますねー」
    あれ? 
    そうよね、あっちは大変だし、こっちはもう一本いっとくかーの流れなのかな。

    更にカーテン越しに会話が聞こえてくる。
    「失礼ですけどご家族の方ですか?」
    「あの、会社の同僚です、、、、」 
    あれやこれや話が続く。

    473 :スカッとする修羅場まとめ 2013/06/25(火) 18:17:27 ID:vbR827CJ
    実家に帰って来たことで思い出した幼少期の頃のちょっとした修羅場体験。

    片田舎の一軒家、当時はまだ築3年か4年程度の比較的新しい家で狭いながらもちょっとした庭と車二台分の駐車スペースがあった。

    その日は平日だったんだけど、どうしてもプールの授業が嫌で仮病を使って小学校を休んだ。

    ゲームなどにも飽きてウトウトしだした頃、外からなにかガヤガヤ聞こえ始めたことに気づいた。
    何事かとベランダから駐車スペースを覗くと、両親が出かけていて車が置いてない駐車スペースにブルーシートが広げられていてご近所の老人たちが結構な数集まって誰かの話を聞いていた。

    そんな話は聞いていないうえ異様な空気を感じ取って怖くなりベランダにしゃがみこんで様子を伺った。

    40代くらいのおっさんが、自分の祖父を含めた老人たちにフリップを使い癌やらの病気についてクイズを織り交ぜた講演の様なものをしていた。
    要所要所でクイズに正解した人や良い事を言った人にバンバン色んな粗品を配っていた。

    その光景があまりにも異質で、恐怖で半泣きになりながらもどうしていいかわからず、近所に住む叔母に電話で助けを求めた。


    直ぐに叔母が駆けつけてくれ、主催のおっさんにボケた祖父(その場を治める為の文言で十数年経った今でも凄い元気)が勝手に許可したことだから家主が帰ってくる前に撤収してくれとおっさんを追い返してくれた。

    その後連絡を受けた母が帰宅。しどろもどろながらもなんとか状況説明。
    祖父の証言等も合わせて悪徳商法だろうということで一応警察に一言通達。

    幸い何かの契約をしたり購入させられたりした人は居らず、我が家にはおっさんが撒き餌として使っていた結構な量の粗品が残されていった。

    近所の老人を救ったことで褒められたが、同時に仮病の使用でこってり糸交られた。

    こういう詐欺まがいの業者?ってどこにも居たんだろうか?現代では手口が更に巧妙化してそう。

    うちは多分比較的新しくスペースがあったのとどう確認したかは不明だが祖父しかイない所を狙われたっぽい。

    948 :スカッとする修羅場まとめ 2013/12/12(木) 02:51:02 ID:YndrIav3
    受験ネタを。
    中学受験の前夜の晩御飯に母がトンカツを初めて作ってくれた。
    それが油でぎとぎとで更に生焼け。元々揚げ物が苦手だったけど頑張って食べてすぐ寝た。
    翌朝吐くわ下痢止まらないわで修羅場だった。
    学校に着いたら塾の講師が激励に来てて肛門が今にも大決壊しそうなのに長々と話をされて気が気じゃなかった。
    お昼休みの昼食中に教室で盛大に吐いて保健室送りになった。
    落ちたら家から追い出すって親に言われてたから、本当に修羅場だった。受験は受かったけど合わなくていじめにあって不登校になったら毎朝学校に行けと殴られ続けたのも修羅場だった。
    受験生の皆さん、カツには注意してね。すぐ寝ないようにね。

    978 :スカッとする修羅場まとめ 2013/12/12(木) 13:46:53 ID:Ke0HMNMH
    朝起きたら家のネコと知らないヘビが部屋の中でタヒ闘を繰り広げていた。
    ヘビはキライだけど寝ていた私をヘビから守ってくれていた家のネコを置いて逃げる事なんて出来るわけない私も戦う。
    マンガ本投げた→家のネコに命中。なんかの雑誌投げた→家のネコに命中。お菓子の箱投げた→家のネコに命中。眼鏡ケース投げるのやめてカレンダー外して丸めて叩く→家のネコに命中。
    ここで家のネコがキレて私をバリバリと引っ掻き私は転倒、家のネコはヘビとの戦いに戻り勝利を勝ち取る。
    それからしばらく家のネコは私の相手を一切してくれませんでした。

    64 :スカッとする修羅場まとめ 2013/06/25(火) 18:10:38 ID:wFQM/DGR!
    アメリカ出張からの帰りの飛行機。エコノミーで窓際(ガキ)真ん中(私)通路側(父親)の席順だった。
    この白人親子は見事なアメリカンデブ。
    小学校高学年ぐらいの子供も80キロぐらいありそうで親父は130キロぐらい。
    ギンギンに冷房効いてる機内でハアハア言ってるのがうるさい上に、贅肉が俺の席まで攻めて来ている。
    その上、オレを間に挟んで、ずーっとしゃべりっぱなしで超うるさい。
    窓の下に何か見える度に「ダディ!○○だよ」と一々報告する。その上オーバーアクションで、時々ガキの手が俺に当たる。
    更に親父が子供に10分間隔ぐらいでジュースやお菓子を与え、それが俺の上を通過する。
    やっぱり、あのデブを維持しようとしたら、努力して食い続けないといけないんだな。
    うざいことこの上ないので「席を代わるか?」って聞いたら「いや、このままでOKだよ」と抜かしやがる。
    「私がOKじゃないから代わって」って言って通路側に移った。
    そしたら父親と子供がギャレーに食い物や飲み物を取りにいったりトイレに行ったりで入れ替わり立ち替わり20分に一回は席を立つ。
    そりゃ、あれだけコーラがぶ飲みしてりゃトイレ近いわな。
    「そんなに頻繁に立つんだったら窓際と代わってくれ」って言ったら、子供が「窓際が良い!代わりたくない!」と半泣きで拒否。
    アテンダントに頼んでも満席で代わりの席はない。
    気晴らしにi-Padで漫画読んでたらガキが絡んでくる。
    親父を乗り越えて覗き込んでくる。
    それだけならまだしも日本語の吹き出しを英語に翻訳しろとぬかしやがる。
    親父に「子供をコントールしろ」って怒ったら、やっと収まる。
    やっとデブ親子が寝たと思ったら、まわりから失笑が漏れるぐらいの親父の大いびき。
    起きたらコーラと御菓子でボリボリ、ゲフッ。
    おかげで成田まで一睡も出来ず。
    日程の急な変更でキャンセル待ちのチケット取ったのが大失敗だった。
    修羅場ってほどじゃないけど。

    528 :スカッとする修羅場まとめ 2014/06/02(月) 21:00:49 ID:7CZBN7Swo
    修羅場ってほどでもないかもしれんが

    中学の時、お調子者の男の子が授業中に
    「火事だあああ!!」って叫びだしたのよ
    普段からふざけたことばっか言ってるから
    クラスメイトも先生もいつものごとくスルー
    平常通り授業が行われる中、校内放送が流れた

    「火事です、火事です。校内に残っている生徒及び教員は、
    直ちに○○階段から非難してください」

    先生も「今日は火災訓練あったかな~抜き打ちか~」
    なんて言いながら、とりあえずみんなで校庭に避難した
    そこで気づいた
    給食室がめちゃめちゃ燃えてた
    火を見てパニックになる生徒が数名出たけど、殆どの
    生徒は実感がないようでただただ燃えてく給食室と
    ホースで水巻いてる先生、消防隊の方々を見てたわ

    続きます

    779 :スカッとする修羅場まとめ 2015/03/19(木) 02:16:47 .net
    新婦の親戚として出席した結婚式
    ぶっちゃけ新婦の顔をその日に始めて見るくらいに遠い親戚だったんだけど
    新郎側が大量に親族を呼ぶから数合わせて呼ばれたっぽい

    結婚式に出席した経験があまりないけど参加人数以外は至って普通の式
    流石にテーブルが多くて料理が来るのが遅かったけどそれは仕方が無い

    そんな中で急に会場にどよめきが起こったので声がするほうを見てみると
    ホテルの従業員が血まみれになって顔やクビをめちゃくちゃにかきむしってる
    一心不乱にガリガリ自分を引っかきまくって遠めに見ても皮膚が裂けてるのが分かった

    他の従業員に会場の外に連れ出されたがその後の会場の雰囲気は最悪だった
    その最悪の雰囲気の中新郎親族の中に従業員と知り合いだというおっさんがいた
    曰く
    「以前俺の部下だったから面倒をみてやっていた」
    「あまりに仕事が出来なくて自分から辞めていったが相変わらずのようだ」
    周りの人たちはその言葉になっとくして
    そんなダメな奴を雇ってるホテルを訴えようみたいな話になっていた

    後日、親戚経由で聞いた話によるとホテルを訴えることはせず
    問題の従業員をクビにして式の費用もその人が負担ということで話がついたらしい

    776 :スカッとする修羅場まとめ 2013/04/10(水) 22:49:36 ID:dbWKBMJu
    ワンコで思い出したので

    子供の頃、実家で紀州犬を飼っていた。
    猟犬で怪我をして狩ができなくなったので杀殳すのも可哀そうと親父がもらってきた。
    怪我が治る頃には家族にも慣れ、俺と弟が床屋に行ったら檻から脱走、床屋まで匂いをたどって追跡
    床屋の入り口前で伏せて待っている忠犬ぶりだった。(ちなみに大変驚いた)

    お盆になって親戚が帰ってきた。従妹の兄Aはよくできた奴なんだけど、弟Bが今で言うDQN
    Bが犬を撫でようとしたが、犬はウーウー唸っているので止めた
    しかし、制止を振り切りBが犬に近寄ったら、いきなりガブリ
    さすが元猟犬、噛んで首をふりながら獲物の体勢を崩し、あっという間にBは血だらけ
    泣き叫ぶAとBと俺 この時が子供心に修羅場
    親父が飛んできて犬を引き離したが、Bは左耳がちぎれかかっていた
    結局30針近く縫って、犬に噛まれる為に帰省したBはバカという事で話はついた

    その後、成人したBは多額の借金するわ、子持ちバツイチと勝手に結婚するわ、強カン事件を起こすわで、
    Aが修羅場 おまけにAB両親が離婚 AB父が事故でタヒぬとか大変だったらしい
    葬式とか全ての処理を終えた後、AはBに住所を知らせずに引っ越したそうな

    553 :スカッとする修羅場まとめ 2018/11/26(月) 17:46:18 ID:Ajugnxky.net
    我が子のことを「他人が産んだ子」と言われた
    夫が言うには
    甥や姪は自分と血の繋がった姉から生まれた
    いとこ達も自分と血の繋がった叔母から生まれた
    だけど、コイツらは他人のお前が産んだ子じゃないか!と吐かれたこの時が人生で1番混乱した
    托卵を疑われたわけではなかった
    本当に夫はそう思って生活していたそうだ
    だから他人の女とそいつが産んだ子をどうして養わなきゃならないんだと本気で怒鳴って怒ってきた
    重ねて聞いたが私の浮気を疑ってはいなかった
    子供は夫と瓜二つの顔で疑いようもないし、夫も我が子だというのは理解していた
    けど、どうしても他人の女が...ってとこが耐えられないと言ってた
    そういや夫の村は身内結婚が多くて村中ほとんどが血縁者だから、他人を迎えたこと自体 嫌々だったのかもしれない
    新婚時に2人の荷物を整理していたら夫か私のか分からない手紙があって、開いてみたら「A子が好きだった」と書いてあり
    夫の書いたものだと分かったけど、A子なんてよくある名前だから
    夫の従姉妹のA子だとは気づかなかったわ
    まぁそんなこんなで「じゃあ身内と結婚しなよ」と言って別れた話でした

    このページのトップヘ