トメ・ウト

    261 :スカッとする修羅場まとめ 2020/08/28(金) 11:40:19 ID:oo.9f.L3
    神経わからんって言ったらお気の毒なんだけど。
    ご近所のAご夫婦が、旦那さんの母親を引きとり同居することになった。
    父親が亡くなって、一人にさせとくのが不安だから引きとったらしい。
    ご夫婦四十代で、たぶんA旦那母は六十代半ばくらい。
    A旦那母さんはかなり遠方に住んでいた人で、方言も習慣もこっちとは全然違う。
    初対面の時、ちょうど日曜日で、早起きで午前に活動するのが好きなうちの夫(午後はお昼寝する)は菜園の草むしり、
    私は家の中で子供にごはん食べさせてた。
    A旦那母さんに「男に草むしりさせて、女がのんきにごはん!」って驚かれた。
    いや旦那の趣味の菜園だし、草むしりもその一環なんですけどね。
    その他にも「男衆が飲み会して、女はおさんどん。陰で残り物を食べるのが女のたしなみで、男に食べる姿を見せないのが誇り」とか
    「男尊女卑で有名な県みたいに思われてるけどそうじゃなく、女が尻に敷いてるのよオホホ~」みたいなことを
    こっちが聞いてもいないのに方言でまくしたてて帰っていった。
    うわ~A奥さん、あの義母さんと同居か、可哀想…と思った。
    A奥さんがノイローゼっぽくなったら愚痴だけでも聞いてあげようとか勝手に考えてた。
    でも予想は外れて、弱っていったのはA旦那母さんの方だった。
    自分がいくら「男はこう、女はこう」と言っても息子夫婦もみんな「はいはいそうだね」で笑顔でスルー。
    反論してくれば戦えるのにそれもなし。ただみんな笑顔で「そういうのもいいですね」「そうなんですか」でやんわりスルー。
    そしてだーれもA旦那母さんの言うとおりにしない。
    いくら言っても息子は嫁のために重い物を持つし、息子夫婦は一緒のテーブルでごはんを食べるし
    土日は夫婦だけでデートしたりするし、よその家もそう。
    スーパーに行けば仲良く買い物してる夫婦ばかりだし、何なら奥さんの方がズンズン歩いて旦那が付いていくとか普通に見るし
    とどめに息子夫婦の勧めで習い事に通ったら、そこでは自分のタヒんだ夫と同年代~年上のお爺さんまで女性.に優しくて
    怒鳴ったりかんしゃくを起こす男性.が全然いなくて、
    Aご夫婦はよかれと思って習い事に行かせたのに、A旦那母さんは鬱になってしまった。
    A奥さんが役所に相談して、福祉関係の人が今通ってA旦那母さんの話を聞いてあげてるらしい。
    A旦那母さん「ずっと女が尻に敷いてる、女のたしなみだと思ってやってきたけど、自分の人生は本当にこれでよかったんだろうか」
    「まわりの人がみんな自分より幸せそうで、旦那さんに大切にされていてつらい」
    ってずーっと愚痴ってるんだって。
    タヒんだA旦那さんの父親はけっこうなDV夫で、A旦那さんはそれがいやでさっさと家を出た人だから
    自分の母親に対してもちょっと突き放した感じらしい。
    A奥さんが「元気づけてあげたくて外に連れ出しても、幸せそうな夫婦を見るとさらに鬱ってしまうからどうにもできない」って困ってた。

    21 :スカッとする修羅場まとめ 2013/06/23(日) 03:55:46 0
    食事の際の食器の並べ方。

    私はご飯茶わんを左、汁椀を右に並べていたけど
    夫がいつもそれを逆にしてるのは気づいてた。
    そっちの方が食べやすいのかなと思って何も言わなかったけど
    トメが来た時にもそうやって出したら
    「嫁子さん、これは何?」と茶碗を指さして不機嫌そうに言われた。
    「・・・・ゆめぴりか(コメの品種)ですけど・・・・」
    と答えたら「そういうことじゃなくて!!!!このな・ら・べ・か・た!」。
    義実家では「お茶碗は右、汁椀は左」が常識だったらしく
    逆に配膳した私にダメ出しをしてきた。
    お決まりの「あなたのお母さんはどういう躾をしてきたのかしら!」までの合わせ技w

    説明するのも面倒なので「お好きにどうぞ」で流したけど
    その後、夫には何が正しいかをみっちり仕込んでおいた。
    うちでやる分にはいいけど、よそでやったら恥をかくのはあんたとトメだ!と言い含めた。
    トメはいまだに義実家では逆に出してきて
    「嫁子さんはちゃんと覚えたかしらね」
    と嫌味かましてくるけど、スルー。

    948 :スカッとする修羅場まとめ 2008/12/02(火) 16:44:43 0
    私や義兄嫁さん達のことを「息子を奪った売女」といって憚らず
    アポなし凸は当たり前、居留守を使えば引越しババァもかくあらんという勢いで喚き立てる
    本当に留守にしてたら窓を割って侵入しやがるクソトメ
    そんなある日「嫁子は年寄りを敬うという気持ちがないのか云々」と遠回し(?)に同居コール
    察してちゃん部分は無視して「その前に敬われる年寄りになってくださいよ」と返した
    すると一緒に居た旦那が「何て事をいうんだ嫁子!!」と激怒
    「そういう時は『寝言は寝て言え糞ババア』って言うもんだろうが!!」と怒る怒るwww
    いや…旦那よさすがにそこまでは言えんよ、まだwww
    旦那に怒鳴られても、文字通り蹴りだされても、懲りるという事を知らないからこうなるんだよ
    ウトさん(定年後同居予定、非常にいい人)捨てて、内縁関係になってたオッサンに捨てられたからって必タヒだな
    っていうか、いい加減に旦那、義兄(二人)、それぞれの配偶者&子供、元夫のウトさん、全員に嫌われてる自覚持てよ

    とりあえず金魚みたいに口をパクパクさせて帰っていったけど、早くウトさん定年になって(今年度一杯)
    3人で遠隔地に逃亡したいものだ(義兄達は逃亡済み)

    486 :スカッとする修羅場まとめ 2017/11/22(水) 02:40:33 0.net
    姑うざーーーーい!!!!
    人の部屋見てはでっかいため息ついて「掃除はいつするのかねぇ」
    「晩ご飯はいつから始めるの?また8時過ぎに食べさせるつもり?」
    「孫ちゃん最近嘘ついたりしてきたね。躾が悪いのよあれは」
    あーーうざっ!うざっ!!
    こっちか出ていけないのをいい事に好き放題
    もともと旦那の実家をリフォームしただけだから二世帯の作りじゃないし自分はシャキシャキ嫁だからっていちいち口出しうるさすぎ!

    842 :スカッとする修羅場まとめ 2008/12/02(火) 09:27:50 0
    プチな上に長文です。学歴ネタがお嫌いな方はスルーして下さい。

    義実家にトメ親類が集まるらしく「孫ちゃん(息子)を連れて来い」とトメ言われた。
    普段からお世話になっている方も来るというので義兄嫁と一緒に行ってみると、
    会って早々トメ&トメ姉妹達が義兄嫁の息子@2歳半をみて
    「まだおむつはずれてないの!」
    「この子どこかおかしいんじゃないの?恥ずかしいわねぇ」
    「大体紙おむつだからいけないのよ!昔は布だったから(ry」
    「私は1歳過ぎではずしたわよ」
    と口々に言い出した。
    日ごろから同居のトメにオムツオムツオムツオムツ言われて相当気にしてた義兄嫁が可哀想で
    「今は3歳くらいまでにはずすのが主流だから」と私が言うと
    「22歳になってようやく一人前になった嫁子(私)が口答えするなんて!」
    「そうよ、私達は15で働き始めたのにあんたはハタチ過ぎても親の脛かじってたくせに」
    「大体女が大学行ったって無駄なのよ。貧乏なくせに女を大学にやる嫁子の親も馬鹿よね」
    と今度は私にグチグチ言い出した。

    160 :スカッとする修羅場まとめ 2008/02/19(火) 11:18:17 0
    私がインフルエンザを発症したとき、
    運悪く大トメ(ウトメと同居していた)も寝込み
    重ねて不運なことにウトメの老人会の旅行にぶつかった。

    「嫁子ちゃん、ばあちゃん(大トメ)の看病お願いね」
    とのたまうトメ。
    「無理です。おばあちゃんにうつしたら大変だし
    第一、私動ける状態じゃありません」
    と断るけど「いいからいいから」で話にならない。
    夫に援護を頼むと
    「行ってやればいいじゃん。大分良くなってきたじゃん。
    お袋だって介護で疲れてるんだし、たまには楽させてやれよ。」

    私はそのまま倒れて救急車で運ばれ、
    事態を知った両親が激怒→退院後実家へ。
    その後、ウトメ夫が詫びを入れてきて和解しましたが、
    あれ以来完全に冷めてしまった。
    今は自己都合wで停戦中だけど、近いうちに離婚を切り出す予定。

    555 :スカッとする修羅場まとめ 2014/04/16(水) 20:23:11 ID:/ImdxexJ.net
    去年の今くらいに旦那と二人で健康診断を受けに行った、私はさて置き旦那は保健師にご主人はメタボだから健康指導を入れますね、私ドゾーでお願いすることにした。
    しばらくして保健師が自宅へ訪問、日頃の食生活や生活リズムを聞かれて乱れた食生活と生活リズムを素直にお話しして差し上げた。
    長すぎると言われたので一旦切ります。

    153 :スカッとする修羅場まとめ 2018/02/06(火) 22:09:23 0.net
    妻に先立たれた義父に、おかずを毎日運んでいたら、毎日のように遺産はやらんよ、と聞いてもいないことを言いつけられ、心が折れました。
    遺産なんて思いもよらなかったですし、最初は笑っていられたのですが、ある日これってモラハラじゃないか、と落涙してました。優しくしたかっただけなのになあ。

    405 :スカッとする修羅場まとめ 2013/09/30(月) 13:37:41 0
    豚切り及び長文失礼します。愚痴らせてください。

    うちのトメ、働き者だけど金コマで汚部屋製造者で無神経。
    しかも自覚があるらしく、身内にはとんでもなく無神経だが仕事仲間などに対しての外面は恐ろしく良い。
    今まではトメが無神経発言などで暴走→良ウトがストッパーとなって都度都度諌める→トメ暴走が止まる、の繰り返しで
    義実家は回っていた様子。しかし2年前ウトが亡くなり、最近だんだん暴走が酷くなってきた(義弟談)。

    今までも、ちょこちょこ無神経発言をされていたが「あの旦那(※)の親だし・・・悪気はないのは確定だな」と思って流してきた。
    でもしつこく言ってくるとか、あまりに失礼な時は釘を刺してきたつもり。まあ刺しても無神経だから効果ないんだけど。
    ※旦那も恐ろしく外面が良く、家では暴言ともいえる無神経発言連発&家事育児丸投げでゴロゴロして遊ぶだけだったが
      私が○ハゲになった&会社の人に注意されたのをきっかけに目覚め、今は話し合いをして良い方向に少しずつ矯正中。
     
    昨日は娘(2歳)がブドウ大好きなので、初めてブドウ狩りに行こうと計画。私がネットで近場をいろいろ調べた。
    前日の夜になって旦那が「明日母さん休みなんだって!一緒に誘おう!」と言ってきた。
    イヤな予感はしたものの、娘を溺愛してくれるのはありがたいので交通費以外の費用はこちらもちでお誘いすることに。

    案の定やってくれたよ・・・ブドウ園では貪り喰いながら(トメはヤセの大食い)「これで1000円取るなんていい商売ねー」と卑しい事を良い、
    食べきれないほど取ってきて、残ったブドウを「食べ残しちゃいけないんでしょ?」とこっそり持ち帰ろうとする。(←もちろんやめさせた)

    ほかにも無神経発言ザクザク。ほとんどは流したけど、ムカついたので「お義母さんそんな事いうなんてボケました?w」と1回毒を吐いた。
    ボケ発言にはビックリして黙ったけど、その後も無神経発言に「その物言いは失礼ですよ」と釘をさしてもトメは無視。

    471 :スカッとする修羅場まとめ 2008/12/08(月) 14:19:21 0
    いつもアポなしで突撃してきて、家にいるかどうかを窓にべったりはりついて確認するトメ。
    そのあとは窓を叩いて家に上げるように催促して、「帰ってほしい」というと
    「なーんーでー!?そんなに私をいじめて楽しい!?」
    とかをギャーギャー言ってうるさい。
    近所でも「あのうちには変な人がいる」と噂をたてられてきっつい。

    昨日旦那がひさしぶりに休みだったから、ギターでセッションして遊んでたら
    窓の方から「ギャー!」というトメの悲鳴が聞こえた。
    あわててギターを置いて旦那と窓を開けたら、
    しりもちをついて「あわわわ」してた。
    夫婦で馬ヘッドのマスクをしてたんだったんだけど、
    年代物で顔が崩れてちょっとゾンビっぽくなってるからすごく怖かったらしい。
    「嫁がやらせてるのね!この嫁にあった時からこうなるだろうと思ってました!
    そんな恐ろしいものをかぶって!別れなさい!」
    とトメが騒いでいたが、旦那の
    「いや、馬ヘッドは嫁に会う前からの俺の私物だし、くるって連絡あればちゃんと脱いで待ってたよ。
    というか、なんで玄関にいないで窓の方にいるの?
    そんなだから、うちには変質者がいるって噂されるんだよ!」
    と言われて、何か言い訳しながら逃げて行った。
    夜に「嫁のせいだ、嫁がすべて悪い、こうなると思ってた、息子を返せ」
    と電話がかかってきたけど、全部旦那に渡して撃退してもらった。

    トメは人形やきぐるみなんかが怖くて、遊園地にもいけない人だと聞いて、
    昨日も来るだろうと思って旦那に馬ヘッドマスクかぶせたのがDQN。
    今日は初めから馬ヘッドかぶって待ってるのに、この時間になってもトメが来ない。
    馬自体は結婚前から旦那が自主的に白馬かぶって「白馬の王子が迎えに来ました!」とかやってた。

    このページのトップヘ