スカッとする修羅場まとめ

2chの生活板全般、カテゴリ雑談板のスレをまとめたサイトです。 鬼女、キチママ、修羅場、復讐、DQN返し、衝撃系スレがメインです。

    感動話・いい話・ほのぼの

    911 :スカッとする修羅場まとめ 2014/12/18(木) 12:55:57 ID:???
    昨年、同居している義母が老人会で知り合った3つ年上のじじいと付き合っていた。
    義父は夫が中学生の頃に亡くなってて、ずっとひとりだったから
    最後の恋かしらね~と微笑ましく応援していたんだが、
    ある日を境にぱったりじじいの話を聞かなくなり、義母も元気がなかったので
    別れたのかな~と思って、その事に触れないようにしていた。

    先日、長年飼っていた秋田犬の大五郎(仮名w)が老衰で天に召されたのだが
    大五郎の犬小屋を片づけていたら、中に敷いていた毛布の下から
    100万円の入った封筒が出て来た。
    ガジガジ噛んだあとが一杯あったけど、どうにか中身は無事。

    それを家族に見せたら義母が泣き崩れた。
    昨年、あのじじいから借金の申し込みがあったらしい。
    義母はすぐに用意できるまとまったお金はそれぐらいしかないと言って
    銀行から100万円を下ろしてきたが、どこかで落としたのか紛失した。
    警察に届けようと思ったけど、息子(夫)にバレたら怒られると思って届けなかったらしい。
    で、そのことをじじいに話して用意できなかったことを謝ったら
    「この程度も用意できないばばあだと思わなかった」
    「もっと金持ってると思ったのにアテが外れた」
    「いままで出した茶代を返せ」
    と、罵倒しまくられて、突き飛ばされたらしい。
    それで初めて騙されてたと気づいたんだって。

    きっと大五郎は「あの男はやめとき」と100万円を隠して
    私を守ってくれたのよ~と泣き崩れた義母を見てて
    何歳になってもこういう話はあるんだなぁ・・・と妙に凹んだ。

    99 :スカッとする修羅場まとめ 2018/03/27(火) 02:00:14 ID:l+9XCgoS0.net
    前の会社の帰りの電車
    優先座席の妊婦さんの隣が空いていたのでIN。
    暫くした駅で乗ってきた酔っ払い、座る場所が無くて妊婦さんの前で吊皮を持ち、
    半分寝てる感じでフラフラしてた。
    (あぶねーなー、これあぶないよこれー)
    と思いつつも、ちょい貧血で体調悪い俺の頭は回らないから、
    「吊革からずりおちないように…」と祈りをこめて様子見してたが
    電車の揺れにあわせてガクンとそのおっさんの体が下がったのを見て
    「あー危ないこれ危ない!妊婦さんあー!」
    ってパニクっておっさんを前からハグして、体を回して自分が座ってた席に着席させる。
    そこまでして「ファー!妊婦さんの横に酔っ払いだめだわ!」と思って、対面の席の人に
    妊婦さんと席交換してください、と土下座(貧血気味で立ってられなかった)。
    頼みをきいてくれて、妊婦さんと席交換。
    それを見て
    「ああ、良かった」
    「俺はこれだけの為に、生まれてきた価値があった」
    と安堵するも、貧血気味でさらに動いたせいでそろそろ自分の貧血がやばい。
    何人かが大丈夫ですか?みたいなことを言ってくれていた気がするが、
    「ここで倒れたら遅延して迷惑かけてしまう」
    と自分の中にはそれしかなく、膝ついてた体を引きづって、次の駅で降車。
    きちんと降車できたかすら定かでないくらいで気を失った。
    目が覚めたら病院のベッド。本当にただの貧血だったので、点滴打って帰ったってことがある。
    体調不良が改善してから、電車でのこと思い出して、多分、俺変人と思われてるわ。
    通勤に使う路線変えたほうがいいかと羞恥心で気が狂いそうだった。

    191 :スカッとする修羅場まとめ 2007/03/24(土) 20:32:30 ID:NdqtNmqX
    軽度発達障碍の息子が4月から小学生になる。
    じっくりと話し合った結果、障碍児学級からのスタートになり、
    他の子に迷惑を掛けずに済む反面、健常児の友達が少なくなるなぁと
    複雑な思いをしていたのだけど、息子と同じクラスの男の子が
    「○○君も同じ小学校だよね?」と聞いてきた。咄嗟に
    「ごめんね~、迷惑掛けるかもしれないけど…」と返事したら
    「良かった!んじゃ、さよならしなくてすむね!」と返された。

    君のささやかな一言で、我が家が救われた気分です。
    思わず涙ぐんだ卒園式の午後でした。

    421 :スカッとする修羅場まとめ 2013/10/15(火) 20:30:27
    スポーツ用品店でテニスラケットを見ていたらいきなりラケットでぶん毆られた
    痛みをこらえながら毆ったやつを見るとけっこう可愛い女の二人組のうち1人がラケットを両手で持ったまま何やら慌てている
    どうやら素振りしててたまたまそれが俺にあたったらしい
    毆った方が立ちすくんでいるともう一人の女が「バカ!何やってんのよすぐ謝んなさい!!」って怒りだした
    ちょっと泣きながら謝ってくるラケット女、一緒に謝るもう一人の女。
    別に俺は痛かっただけで怪我まではしてなかったので、すぐに許してやった
    別れ際にお詫びの品(?)としてコアラのマーチをラケット女にもらった。
    明らかに開封されてて食いかけなんだが、もうこの場をすみやかに去りたかったので受け取って帰った
    痛みが引いて冷静になった俺は天然って恐ろしいわと思った
    あと、コアラのマーチはよくよく考えたら可愛い女の子の食いかけのお菓子とか貴重なので大事に味わった

    508 :スカッとする修羅場まとめ 2012/03/08(木) 19:05:25 0
    出戻り糞コトメが汚部屋に子供×2を放置したり、ところ構わず託児しており、
    良ウトメが引き取って育てていた
    ウトに病気が見つかり、うちで引き取る感じになった
    うちの子とかなり仲が良かったので、ウトが全快してもうちで育てていた
    時々コトメが顔を出して、毒を振りまいていた
    コトメコ1が結婚することになり、コトメが結婚式に出ると言い出した

    コトメコ1「コトメおばさんは、呼ぶつもり無いですよ」
    コトメ「わたしはあんたの親よ」
    コトメコ2「え?そうなの?」
    コトメコ1「違うだろ、DNA鑑定しても親子だと認定される可能忄生無いだろ」
    コトメ「わたしが産んだのよ」

    こんな感じでコトメが騒いでいたが、コトメコ1に「実際にDNA鑑定やってみるか?」と言われ、逃げてった

    あとで聞いたら「コトメおばさん、DNA鑑定がなんだか知らないと思ったんだよね」とのこと

    530 :スカッとする修羅場まとめ 2016/04/02(土) 12:51:01 ID:9WP
    皆の衝撃話に比べたらささやかなんだけど、自分が「ありがとう」「ごめんなさい」が全然言えない人間だって知ったとき。

    結婚2年目の嫁が思いつめた顔で、
    「あのね、話があるの。
     喧嘩したいわけじゃないから冷静に聞いて欲しい」
    と言う。聞けば、
    「あなたは、日常の中での『ありがとう』や『ごめんなさい』が全然足りない。
     小さなことでも絶対に必要なことだよ。
     例えば、あなたに頼まれて私が冷蔵庫からビールを取ってきたら、本来あなたは『ありがとう』って言うの。
     私は『どういたしまして』って言うの。
     あなたが私にぶつかっちゃったりしたら、あなたは『ごめん』って言って、私は『大丈夫だよ』って言うの。
     私たちにはそのやり取りが無いんだよ…」
    そう言われた。
    その時は全然そんなふうには思ってなかったから、
    「いや、言ってるだろ!」と言ったら、
    「喧嘩したいわけじゃないんだってば」と困ったように言われた。
    嫁が言うには、俺はありがとう・ごめんなさいの他にも、嫁のありがとうやごめんなさいに対する返答も疎かすぎるらしい。
    「私があなたのしてくれた事にありがとうって言ったら、せめて『うん』ぐらい返して欲しいよ。
     私がありがとうって言ってもあなたは無言だから、いつも少しだけ悲しいんだよ。
     毎回少し悲しい」
    と言われた。
    返してるつもりだった。
    口からでていなかったのか。とその時知った。

    次の日から、本来「ありがとう」「ごめんなさい」を言うタイミングで、嫁が「今だよー!ありがとうのタイミング!ほらっ」と笑顔で突っ込んでくるようになった。
    嫁が「あ、ごめん」と言った時につい無言でいると、覗き込んで「ねえってば、ごめんね?」と改めて言ってくるので、
    「おっ、おお、大丈夫だよ」みたいな感じで返すようになった。
    こうやって言われて初めて、俺は全然足りなかったんだと知った。
    しばらく経った今も、まだ習慣レベルで口から出るところまで行けていなくて、
    さすがにもう嫁の突っ込みはいらないが、
    頭の中で(あ、今ごめんのタイミングだ!言わなきゃ!)「ごめん!」ていう感じなので一拍置く感じになってしまっている。
    でも嫁は毎回すごく嬉しそうで、「結婚生活の唯一のモヤモヤがなくなった!もっと早く言えばよかったな~」だそうだ。
    悪いことをしてたな。
    ちなみに、「旦那 謝らない」でググったら、以前の俺のような旦那を持つ奥様方の愚痴や悩み相談がワンサカ出てきた。
    離婚に発展しそうな人までいた。
    嫁も悩んでる一人だったんだな。
    まだ下手くそだけどこれからちゃんと伝えていかなきゃ。

    965 :スカッとする修羅場まとめ 2013/10/01(火) 11:08:12 ID:UhJ8Yvdn
    ガンダムと捨てると言う記事に凄く敏感な私…かなり最近あった修羅場だけど。
    上記の記事ほどじゃないけど私の旦那もガンダムが好きでプラモデルを良く組み立てる。
    別に嫌じゃないし私も好きな作品とかあるから一緒にDⅤDみたりしてたよ。
    でも最近になってとんでもない事をしてしまった。
    最近旦那が組み立てたνガンダムの新しい方のマスターグレードを間違って捨ててしまった。
    旦那は組み立てた後箱に興味がなくなるので捨てて大丈夫かなとそのまま義母の畑の近くのゴミを燃やすドラム缶で焼いて処分した
    だけど組み立てた中身が入ってたらしい。
    帰ってきたら旦那がスーッと青ざめた表情になって
    「あれ組み立てるの凄い難しいんだよ…はぁ…」
    と落ち込んでしまい、私も一気に青ざめた。
    なので専業主婦で時間があるのを利用してお詫びに同じ物を買って組み立てることに。
    もう眩暈がしそうだった。今のプラモデルって骨からつくるの!?みたいなもう細かい部品の多さに、よく旦那も組み立てられたなぁと思った。
    でも旦那に隠れ隠れ組み立てて4日立ってやっと完成。
    旦那に何度も何度も謝ってるせいか「もう謝んな」と叱られてしまったが
    完成したνガンダムを渡した時生気の無い表情が一気にパーッと明るくなってよかった。

    今回組み立てて思ったのがプラモの組み立てって凄く辛いと思った。
    人のものを間違って捨てた事の罰だと思ってる。

    先週のお話でしたorz

    678 :スカッとする修羅場まとめ 2011/11/09(水) 03:40:37 ID:nugkZFjX
    大学時代の男友達が結婚するというので、結婚式に行った。
    それで知ったんだが、
    相手は、新郎(友人)が大学生の時に家庭医教師をしてた中学生で
    新婦の方が新郎に惚れて、高校生になったときに告白。
    その後順調に付き合い、新婦が大学を卒業して結婚となったそうな。
    新郎は大学院卒で、今は大学に勤めてるエリート。

    新郎の友人達はわりと、もてない人間ばかりなので
    こんな羨ましい話がマジにあるのかとみんなで衝撃を受けた。

    私は喪女なので、新郎も新婦も両方羨ましすぎて鬱。

    210 :スカッとする修羅場まとめ 2014/02/21(金) 17:17:00 .net
    嫁との出会いは大学。
    進学校と呼ばれている高校だったが受験に失敗して二浪してやっと某医学部に入学。でも入った大学では周りが殆ど現役生。くだらないプライドみたいのが邪魔してあまり溶け込めずに。
    そんな時に知り合ったのが今の嫁。嫁も有名な女子校出身で同じく二浪という似た境遇だった。数少ない二浪同士ということで色々と気が合ったりして急激に仲が良くなった。
    でも嫁は俺と違って現役とかの奴らとも遜色無く接していて、そんな姿を見て自分はなんて器の小さい男だったのだろうと気付けた。
    それからは俺も積極的に現浪関係なく自分の二浪をネタとかにしながら友達もかなり増えてかなり大学生活を送れた。
    やはり女医になろうお方であるから気がしっかりしていて付き合う時の告白とプロポーズも嫁からだった。

    んで卒業後研修前に結婚してその後子供が出来て先日息子の浪人が決まった笑

    307 :スカッとする修羅場まとめ 2011/01/09(日) 03:40:57
    五年前のある日、ある病院から火災発生の通報を受けた。
    湿度が低い日だったせいか現場に着いてみると既に燃え広がっていた。
    救助のため中に入ると一階はまだ何とか形を保っていたので
    そこを同僚に任せて先輩と二人で階段を上った。

    二階は見渡す限り火の海になっており、煙が廊下を覆っていた。
    先輩は西病棟を、俺は東病棟の病室を回り要救助者を探した。
    出火場所は二階のようでフラッシュオーバーの可能忄生も考えられたので
    時間との戦いだった。

    東病棟を回っていくと一番奥の病室にだけ女忄生が一人いた。
    声をかけたが気を失っていて反応がなく危険な状態だったため、
    急いで抱きかかえて救助した。

    数日後、俺は不意にあの女忄生がどうしているのかが気になり、
    病院に連絡をとってお見舞いに行くことにした。
    看護師に連れられて病室へ行くと彼女はベッドの上で会釈した。
    改めて会ってみるととても可愛らしい人だった。
    「お体は大丈夫ですか?」と聞いたが彼女は首を傾げるだけだった。

    看護師が少し困ったような顔をしながら紙に何かを書いて渡すと
    彼女は笑顔になって、「ありがとうございました。大丈夫です!」
    と書いて俺に見せた。
    彼女はろうあ者だった。

    しばらく二人きりで筆談し、趣味のことや小さいころのことなど
    色々なことを話した。
    耳が聞こえないということを感じさせないくらい前向きな人で
    本当に楽しいひと時を過ごすことができた。
    彼女は「もしよかったらまた来てくださいますか?」
    と少し心配そうに聞いてきたので「では、またお邪魔します。」
    と答えて病室を後にした。

    彼女と話すために手話を勉強し始めたり、好物のお菓子を持っていったり…
    そんな関係が続いて二ヶ月ほど経った非番の日。
    俺はやっとどうしようもなく彼女に惹かれていることに気づいた。
    彼女のことを考えない時がない。
    俺はこの気持ちを告白することを決意した。

    このページのトップヘ