感動話・いい話・ほのぼの

    881 :スカッとする修羅場まとめ 2014/01/24(金) 13:11:50 ID:4qsKpMKy
    私はブスだ。
    子供の頃からその自覚があり、家族は「そんなことないよ~」とフォローする感じではなく「お前は顔がアレなんだから、他の所できちんとしなさい」という前向きなもの。
    少なくとも、私にとっては、両親の接し方はありがたかった。不細工なものは不細工なんだからしょうがない。
    芸人の光浦さんがテレビで売れ始めてた頃で、光浦さんを見て、なんか「顔が悪くたって人生やりようはある」と妙に納得したのを覚えてる。
    勉強は人並みに頑張ったし、「最悪、一人でも生きていけるように」と、母から家事・手芸の手ほどきも受けた。

    兄弟多かったせいか、幸いコミュ力は人並みにあったので、ぼっちにはならず、それなりに学校生活を満喫。
    友人にも恵まれ、いじられキャラではあったが、必要以上にブサイクをいじられることもなかった。
    大学3年で、こんな私でも、彼女にしたいという、同じゼミのA君が現れた。初カレ(笑)である。
    特に誰かに報告するでもなく、デートを重ねていたある日、ゼミの新年会で、「私子、彼氏いたことあるの?」と誰かが言った。

    A君に目配せしたら、ニコニコしてGOサイン出してきたので、「いるよ、A君」と答えると、
    ゼミで一番美人のB子さんが、ツボに嵌ったみたいでゲラゲラ笑い出した。
    周りの子が諌めると「だって、私子!?何で私子!?A君に貢いでんじゃないの!?絶対おかしいって!」
    男子が「やめろよ!」と叱るんだけど「じゃあさ、アンタ、私子とデートできる?連れ歩ける?手ぇ繋いだり、キスとかできんの?」というB子さんの言葉に沈黙。
    「ほらねー!」と上機嫌にB子さんが男子を指差した瞬間、A君が机バンして立ち上がった。

    453 :スカッとする修羅場まとめ 2016/07/07(木) 04:48:42 ID:qgM
    長文自分語り注意。
    どこに書いていいのかわからんからここに書くけど、もし該当のスレがあるならスマン。

    俺の両親はすごくあたたかい人達だった。
    正直裕福な家庭じゃなかったしどっちかって言うと貧乏だったけど、子供が決して不自由な思いをしないようにって幸せな生活を送らせてくれた。
    俺が15の時にまさかの弟が産まれて、18の時に俺と弟を残して両親二人共交通事故でタヒんでしまった。
    生命保険とかあったけど、残された物はそんなになくて途方に暮れた。どうしようどうしようって情けなく泣いたけど、まだ何もわかってない弟を見てるとこいつの為に頑張るしかないと思った。
    俺は元々高卒で働くことが決まってたから、親戚に助けてもらいながら弟を育てていくことに決めた。
    両親が俺にしてくれたようにって思って頑張ったけど、空回りしたり全然足りてねーなってことばっかで、親ってほんとすごかったんだなって思って、会いてーなーって思って、結構泣いた。
    でも弟はほんと可愛くて、こいつが居るから頑張れるっていうこの気持ちは親が俺に対して思ってくれてたのと同じ気持ちなんかなとか思ってまた泣いて、俺マジ泣いてばっかw

    ハタチくらいの時、俺に好きな人ができた。
    その子は俺の事情を知った上で一緒に居てくれたけど、やっぱ金ないし弟最優先にしちゃうからろくに彼氏らしいことしてやれないだろうし、
    弟が結構気を使ういい子だったから自分が邪魔な存在だとか思わせたくなくて、弟が独り立ちするまでは誰かと付き合うなんて無理だと思ってたから、付き合ってくださいとは言えなかった。あっちも言ってこなかった。
    休みには弟も一緒にスーパー行ったりテーマパーク行ったりとかして、弟には近所の姉ちゃんみたいな感じで接してくれた。

    そんなこんなで俺26、弟11。
    つまりその子もいい歳で、今更すぎるけどいい加減俺以外の男見つけたほうがいいよなって思うようになった。
    可愛くておもしろくて優しくてしっかりしてて、たまにムカつくこと言ってくるけどマジすげーいい女だし、幸せになるしかない女だし、普通に結婚して幸せになってほしいと思った。
    そんなこともっと早くからわかってたのに、付き合いはしないとかセーフな感じにしてずっと甘えてきた自分が最低だと思ったし、
    ほんのちょっとだけ弟のことうっとうしく思ったりしちまったのもすげーきつくて、お父さんおかあさーんとかなって。

    1 :スカッとする修羅場まとめ 2016/07/24(日) 20:15:19 ID:dZsrDE2X.net
    でもOK貰えた
    からかわれてんのか俺?
    アドバイスたのむ

    373 :スカッとする修羅場まとめ 2015/12/24(木) 16:35:49 ID:m7y
    ボーナスも出たことなのでカメラを買った
    といっても一眼とかの高いのでなく高性.能コンデジって言うのかな?
    型落ちで25000くらい、SDカードなど周辺機器も含めて計30000行かないくらい
    ちまちま試し撮りをしてるんだけど、とにかくすごい!
    プロの使うようなのでないけど綺麗に撮れる、ズームも自在、とにかく楽しい!!!
    撮ってるうちにやっぱり「ここもうちょっとズームできれば…」とか「綺麗に撮れれば」ってのが出てきて
    もっといいカメラがほしくなる
    これがカメラ沼か…

    ちなみに鳥が好きで鳥を撮るためにカメラを買ったんだけど、今の旬は白鳥
    数年前から餌やり禁止になったから川や池でなく餌の豊富な田んぼに群れでいる
    私の家の周りは田んぼだから取り放題
    今年は雪が少ないから食べ放題だよ!よかったね
    白鳥って優雅なイメージが強いかもしれないけど近くで見るとすごい筋骨隆々でごつい
    しかも意外と好戦的
    こっちもなるべく近付かないようにはしてるんだけどあっちは道路傍にも平気でいるので横を通ろうもんならすぐ威嚇
    時々路上占拠もしてるけどリラックスしてるのかなかなかどかない!
    それでも車は全くと言っていいほど走ってないから渋滞にはならない
    彼らがいるのは来年3月頃までだろうけど、それまで何枚撮れるかな

    194 :スカッとする修羅場まとめ 2017/02/16(木) 21:13:54 ID:yHg
    母親に、私はどんな子供だったかと聞いてみた。
    基本的に寝てるか本読んでるか、何か作ってるかで、
    泣かないし騒がないしで、手がかからなすぎる子供で
    それだけに、何かの病気じゃないかと心配で仕方がなかった
    全くお漏らしもしないから、病気じゃないかと何度も病院に行った
    発育が良いから病気じゃないかと心配だった
    ……と言われた。
    まだ結婚もしていない自分にはピンとこなかったんだけど、
    親という生き物は、手がかかる子でもかからない子でも心配で仕方ないんだな、
    苦労をかけて申し訳ないなと思った
    とっくに就職して仕送りしてる今でも何かと気にかけてもらって、もっと楽になってほしいと思うんだけど
    どうすれば楽になってもらえるのかわからない
    結婚して子供がいる姉のことも心配してるしなあ

    102 :スカッとする修羅場まとめ 2015/10/24(土) 15:07:15 ID:S/MX
    もうやだ、ごはんつくりたくない

    私は料理が人並み程度、旦那はそんじょそこらの料理屋よりもずっと上手
    結婚してから旦那に教わりながら色々と努力してきたけど
    旦那とはセンスというか勘がぜんぜん違う
    同じレシピでつくっても
    旦那が作ると絶妙に美味しくなり
    私が作ると平凡な味になる
    同じ豆と同じ水ででコーヒー淹れても旦那のはまろやかで旨い、私のは苦いっていうかエグい
    うちの親もこれは認めていて、旦那に煎茶を淹れてもらうのを楽しみに遊びに来るのを待ってる
    もう旦那の手はマジックハンドかなんかだと諦めている

    そんな私の平凡な味でも、旦那は文句を言わない
    いつも美味しいよと言って食べてくれるから嬉しいしありがたい

    問題は中2娘と小5息子
    娘は小さい頃から食が細く、外食や私のつくった食事だと0.6人前食べるのがやっと
    しかし、旦那の料理だとちゃんと1人前食べてくれる
    息子はなんでもバクバク食べるのだが、旦那の料理だと3人前ぐらい食べる
    旦那は「たまに食べるから美味しく感じてるだけだ」と慰めてくれるけどね

    377 :スカッとする修羅場まとめ 2017/10/16(月) 15:04:46 ID:rql
    兄がパチ〇コで勝ったとかで、兄家庭の分とは別に近江牛のステーキ肉をくれた
    グラム約1000円の肉を2枚!

    こんな高級牛肉を食べるのは初めてなので、オカンと2人で舞い上がったはいいが
    同時にどう焼いたらいいか分からないので、まずはネットで検索
    焼く30分くらい前から常温にしたり、焼く前に粒コショウをかけるといいなど…
    複数のサイトで見たが、大体似たようなものなので、焼き方をプリントアウト
    それをオカンに渡し、焼き方を確認

    同時に、ソースも調べたところ、大根があるので、大根おろしソースが作れそう
    なので、大根おろしソースでいこうとなった

    ほとんどというか記憶にある限り、今までに使ったことのない(家にある)ナイフとフォークを用意
    さらに、皿も温めた方がいいということで温めたまでは良かったが
    焼き始めてから、肝心の大根おろしソースをつくってなかったことに気づく
    でも、コショウだけでもいいらしいので、そのままでいこう…

    そして、肉をひっくり返したところで、強火で片面を焼いたら、弱火にしてしばらく焼くことを忘れていた
    肉はあまりひっくり返すのはよくないようだが、片側はじっくり焼いてない為、余計にもう一度ひっくり返す羽目に

    そうして焼き終えた近江牛、確かに柔らかったし美味い
    しかし、ソースがないためか、なんか物足りない
    物足りないため、エ○ラの焼肉のタレをかけてみが、これも、何か違う
    いつも食べてる肉だと美味く感じるのに…
    ブランド牛にエ○ラのタレが負けてるのか、そもそもかけない方が良かったのか…
    (ちなみにオカンはウスターソース)

    色々調べてみて(出来る範囲で)準備したはいいけど、慣れてない為かあまりうまくいかなかった
    せっかくの高級牛肉のポテンシャルを充分引き出せなかった

    今度、食べる時は、今回の反省を教訓にもっと美味しく食べるようにちゃんと用意しなければ
    …でも、こんな高級牛肉を次に食べることができるのはいつになるんだろう?

    125 :スカッとする修羅場まとめ 2017/10/10(火) 14:32:34 ID:lrG
    義父を5年間介護して最後は施設で看取ったんだけど
    義姉は海外を飛び回るような仕事をしてて実家には正月くらいしか戻らない人だったから
    介護はほとんど手伝ってもらえなかった
    でも介護費用を全額負担してくれたし
    自宅で看てた時もお金なら心配しなくていいからヘルパーでも家政婦でもじゃんじゃん雇ってねと言ってくれた
    たまにお見舞いに来た時は必ず私に「いつもお父さんがお世話になっています。ありがとう」ってきちんと頭を下げて
    介護費用とは別にびっくりするくらいの額のお金を「家計に入れないでね、お小遣いにして好きなことに使ってね」とこっそり渡してくれた
    義父のお葬式の時も親戚のいる前で手をついてあらためてお礼の言葉をくれた
    口の悪い親戚が「家に帰りたかっただろうに施設でタヒなせてかわいそう」と嫌味を言っていたから
    あえて言ってくれたのだと思う
    義父の遺産は「世話をした人や家業を継ぐ人がもらうのが当たり前」と言って放棄してくれて
    おかげで家や仕事場を処分しなくて済んだ
    葬儀やお墓の費用もほとんど出してくれた
    家業と並行しての介護は正直大変だったけど身近な親族がここまでしてくれたから
    気持ちの持ちようが全然違った
    義姉は今でもたまに遊びに来て子どもたちを可愛がってくれて
    私のつくる普通のごはんをうまいうまいと食べていく
    へそくりにしなよと相変わらず私にまでこっそりお小遣いをくれる
    ある世界で成功している人だけど
    成功したから太っ腹とかいうわけじゃなくてこういう人だから成功できたんだろうな

    899 :スカッとする修羅場まとめ 2013/03/07(木) 19:09:27
    私60、嫁43、娘20×1
    おっさんの話で申し訳ない。

    一昨日の深夜このスレを読んで、ここ数年、嫁と穏やかに話すことすら無かったかもしれないと青ざめました。
    これは実行に移さないとと思いました。
    昨日の夕方、仕事を終えて真っ直ぐ嫁の部屋に向かうと、嫁はテレビをボーっとみていました。
    部屋に現れた私をチラッと見た後、またテレビに目線を戻されてしまいましたが
    こんなことで詰まってはずっと言えないままだと意を決して、テレビの横にあるドアの前で立ったまま話しかけました。

    私「ただいま、お母さん」
    嫁「・・・・・・」
    私「そのままでいいから聞いてほしいんよ」
    嫁「・・・・・・んぁ?(テレビを見ているまま)」
    私「結婚する前、うちの家に滅茶苦茶言われても黙って我慢しとったね」
    私「結婚して大分経って、▲▲(娘)も大学生になって、大人になりよったけんどねえ」
    嫁「・・・・・・」
    私「私は○○ちゃんのこと愛しとるけん。これからもずっとよ。結婚してくれてありがとう」
    嫁「・・・・・・」
    私「愛しとるよ、○○」
    嫁「・・・・・・」

    20秒ほど?待っても反応が無く、不発かと思いかけた時でした。
    テレビを見ているままだった嫁の目から、つーっと涙が出てきて、ゆっくりとこちらに首が向きました。

    嫁「・・・・・・(無言で泣きながらこちらを見る嫁)」
    私「あ、あ、ごめんよお母さん、急でびっくりしたかな、ごめんね、ごめんね(パニック)」
    嫁「好きよ」
    私「・・・・・・・(びっくりしすぎて声が出ない)」
    嫁「お父さん・・・ごめんなさい、好きよ」

    そこまで聞いた後、号泣してしまって覚えていません。
    嫁の横にすがりついて、看護師さんが駆けつけるまで大声で泣いていたようです。
    聞いた話では、嫁が「好きよ、ごめんね」と繰り返しながら頭を撫でてくれていたそうです。

    嫁が脳卒中で倒れて7年、悪化の一途を辿ってきた中おおよそ4年ぶりに交わした会話でした。
    娘も大阪へ行き、情けなくも介護に勝手な限界を感じ始めていましたが、一番苦しんでるのは嫁だ、ともう一度気づくことが出来ました。
    私の親族に酷い中傷を浴びても微笑んで受け流し、一緒になってくれた嫁。
    このスレに私も嫁も救われました、愛する家族とこのスレに、ありがとう。

    8 :スカッとする修羅場まとめ 2018/02/07(水) 12:17:36 ID:fQ8
    >>1乙
    昼休憩の時間から語りたい
    うちの嫁は千里眼?みたいなものがあるんじゃないかと思う
    人に対するもの限定なんだけど、例をあげたら
    たまたま機会があったのでうちの会社に新しく来た新人くんを紹介した時は、嫁には少し挨拶して俺たちが話してるのを見てただけて家帰ってから「あの子はちょっとズルイところがある気がする。うわべの言葉だけ間にうけたらだめだよ」と言われた。
    結果その新人は大きなミスをして、嘘の言い訳を重ねてなにも手伝わずある日トンズラした。
    またある時は、新しく出てきたアイドルを見て「このこ絶対オタクだわー腐女子っぽい」とか、別の芸能人には「こんな明るいキャラで、それは嘘じゃないけど闇が深い。宗教に入れ込みそう。」とか。後々に事実になって世間に出てくるし。
    他にも色々あるけど、その力のせいかしらんけど人身掌握がうまくて物を売らせたり営業させたら成績がすごかった。
    今は子どもが小さいので専業してもらってるけど、あの人をじっと見るときの目に何が見えてるのか気になる。

    このページのトップヘ