感動話・いい話・ほのぼの

    819 :スカッとする修羅場まとめ 2018/01/10(水) 11:35:01 ID:mIudm9Tw0.net
    今日は朝から冷えると思ったら雪降ってたよ
    めったに降らない地域なのに
    雪が降ると思い出すから書く

    嫁との出会いは俺が大学二年の頃の年末
    粉雪が降る夜だった
    バイトの帰り道、ふらふら歩く嫁を発見
    夜中に、しかも粉雪とはいえ雪が降ってる中傘もささずに、しかもコートとかもなんもなし
    最初情けないけど幽霊かと思って本気でビビったし、できる限り見ないようにスルーして通りすぎようとした
    けどよくよく見たら顔中あざだらけで、しかも口も切れてる
    ちゃんと足があること確認したうえで、心配になって声をかけた
    不審な出で立ちじゃなきゃお近づきになりたいと思うくらい可愛かったっていう下心があったのは否定しない
    嫁は立ち止まりはしたけど、こっちを見つめるだけで返事しないし、今だから言うけど声をかけたことちょっと後悔した
    とりあえず怪我してるんだし救急車呼ぶなり警察なりって言ったとこで嫁過剰反応してそれだけはって懇願してきたんだよ
    それでなんともないのでってどっか行こうとする嫁に、カツ丼作れますか?って聞いたのがきっかけ
    その次の日大事な試験で、ゲン担ぎにはカツ丼だろって思うけど作れないから作ってって頼んだ
    24時間スーパーはあっても外食するようなとこは車で行かなきゃいけないような田舎だったから、我ながら上手い言い訳だったと思う
    とにかくそのまま一人にしたらタヒぬんじゃないかって思って、でも次の日ニュースになんかなったら後味悪過ぎるって必タヒだった
    それ以来うちは記念日にはカツ丼が出てくる
    嫁のカツ丼を食べ続けて10数年になるが安定の美味さ
    歳とってもきちんと食べきれるように健康でいたいと思うっていう年末年始の思い出話

    133 :スカッとする修羅場まとめ 2019/09/17(火) 00:34:51 ID:g7o
    ふっと思い出した。

    今から20年以上前、当時高3の私は見た目かなりのギャルだった。
    大の安室ファンだったので、細眉にルーズソックス、ミニスカート。
    でも高校終わったら遊び歩くわけでもなく、バイト先へ直行する日々だった。
    母1人子1人で貧しかったし、バイト終わったら夜中まで勉強して
    いつか成功しようと思ってた。

    18になったら運転免許取るためにバイト代貯めて、教習所の入学申し込みしたんだけど
    入学申し込みした日に、母親が入院したと連絡があった。

    その日から数ヶ月、寝る間も無い生活が続いた。
    朝から学校→教習所→病院→バイト→勉強の日々、
    母親の看病や家事もあるためヘトヘトに疲れて勉強したまま眠ってしまう日もしばしば。

    ある日、教習所の送迎バスに乗ったら私1人だった。
    教習所のバスは教官が運転してる。
    疲れてバスの中で眠ってしまった私に
    「昨日も夜遊びしてたのか?」と嫌味を言う50歳くらいの教官。
    嫌味なオッサンだと思ってたら、その日の教習はその教官が担当になった。
    教習中も「高校生か?眠そうにして。夜遊びもほどほどにしないとな」って言われたので
    カチンときて、夜遊びではない毎日大変なんだと話してしまった。
    教習が終わった後
    「こっちに来なさい」と関係者しか入れない社員食堂へ連れて行かれた。
    「その様子じゃ食事すらしてないんだろ」と天ぷら定食をご馳走してくれた。
    社員食堂の定食だから味なんて大したことないはずなのに、今でも忘れられないくらいに美味しかった。
    それから指名したわけでもないのに毎回教習はその教官にあたった。
    教習が終わったら食堂、食堂が休みの日には、教官の奥さんが作ってくれたおかずを渡してくれた。
    いつも「うちにも高3の息子おるけど、こんな茶髪を連れてきたら追い出すわー」って笑ってた。

    教習所卒業の日に「ありがとう」ってお礼言って、そこから会ってない。
    引っ越しもしたし、当たり前だけど。
    この前、20数年ぶりに教習所の近くを通ったら随分と変わってて
    「あの教官も70歳くらいかな?元気でお孫さんたちに囲まれて幸せだったらいいな」って
    思った。

    あれだけ世話になったのに何もお返ししてなかったな。
    せめて連絡先聞けばよかった。
    頭悪そうなギャルが頑張って「お前には無理だ」って言われてた国家資格取ったこと、
    母親は今も元気なこと、あの日の天ぷら定食が忘れられないくらいに美味しかったことを
    お礼と一緒に伝えたい。

    6 :スカッとする修羅場まとめ 2018/08/15(水) 21:33:11 ID:lTe
    義父がガンで亡くなりそう。
    もう治療も出来ない(手術、放射線、抗がん剤全てやった)から義実家に帰ってきたんだけど義母さん一人で
    介護は大変だから実子+自分の三人で介護することに。
    (自分は娘の旦那)
    義兄の嫁さんや姪たちも居るんだけど嫁に義母が
    「こう言ったら悪いんだけど旦那君が一番役にたつわ」
    と言ってくれたそうだ。

    自分の実家はないし(両親とも鬼籍)盆暮れ正月義実家に行ってご飯作って皿洗って掃除してって
    やって来たこと認められたんだって感慨深い。
    独身の頃家事なんか全然やらなかったのに。
    義実家には大変恩があるので正直自分が看とりたい。

    701 :スカッとする修羅場まとめ 2019/08/28(水) 23:59:25 ID:Pq.2t.L1
    昔の思い出を書き捨てる。

    私が小5の頃、全校生徒合わせても200人ほどの小学校に、金管バンドができた。
    私はピアノも習ったことがないし楽譜も読めないし吹奏楽部は毎回昼休みに集まって練習、発表前は放課後も練習と聞いて、
    参加者(楽器を扱える小4以上)の募集がかかった際は応募する気が一切無かった。
    だけどクラスの女子は私を除いて全員ピアノを習っていたし、私の友達3人が応募すると言っていて、私が応募しないと言ったら、
    「じゃあキミちゃんとはもう遊べないね!だってバンドやらないんでしょ!バイバイ!」と言われた。
    しかもクラスの他の女子12人もみんな応募すると言っていて、応募しなければイジメにも繋がりかねないと思った。
    募集締め切りの日、応募者は音楽室に集まるんだけど、友達からは「ピアノもした事無い癖になんできたの」と冷たく言われた。
    そのうえ応募者による人気の楽器の取り合いがはじまり、私はコルネットかトロンボーンに興味があったけど、
    「楽譜読めない子が上手く吹けるわけ無いんだから人気の楽器に来ないで」と言われて、
    誰にも見向きもされなかったユーフォニュームを押し付けられた。他の楽器がいいといえば「楽譜読めないくせに」と言われた。
    音出ししてみると、ユーフォの音は太くて重くて存在感があって、ユーフォの役割はよくわからなかったけど楽しかった。
    そうして流されるままに始まった金管バンドだけど、私をバカにした友達は目的の楽器になれなかったことで不貞腐れたり、
    高価な楽器を大切にしない態度や不真面目な練習態度を指導者の教頭先生に叱られたりして、楽譜を渡される前に辞めてしまった。
    友達じゃなかった人や他の学年も、練習が面倒だとか思っていたのと違うからと、あっという間にやめていった人が多かった。
    残ったのは真面目にバンドをしたいと思った半数ほどで、私はその子たちに混じって卒業まで真面目に取り組んでいた。
    年間2曲しか練習しないけど、楽譜が読めない分私は曲を覚えてから音を出せるように練習する方法しかできなくて、
    練習時間の短い小学生の頃は練習効率も悪くて、正直言ってかなり下手だったと思う。

    中学校は吹奏楽部の強豪校として有名なところだった。
    私は部活紹介で聴いた演奏に圧倒されて、特にユーフォのソロがある曲で男性.の先輩が前に出て立奏している姿に感動した。
    入部届提出期間に吹奏楽部の顧問のところへソロ演奏の話を質問へ行ったところ、
    ソロの部分は一番腕のいい人に担当してもらって見せ場を盛り上げるのだと教えられた。
    「私も入部して頑張ればチャンスはありますか」と聞いたら、もちろんあると言ってもらえた。
    それからは勉強と両立しながら、とっても頑張って練習した。
    家がマンションだったので自宅練習ができない分、土日にご近所さんの敷地の山の中で練習させてもらったりしていた。
    たった一人のユーフォの3年の人が不真面目だったこともあって、2年生の春には顧問に「あなたの演奏が一番安定してる」と言ってもらえた。
    そしてコンクールのユーフォのソロ奏者を決めるとき、部長も先輩も同級生ですら4人の中から私を推薦してくれた。
    他のソロパートは推薦で決めていたのに、ユーフォだけは顧問が独断で決めて、それが部活サボり常連の先輩だった。
    先輩は一度も合わせの練習に来ていなかったから、そのときまだ通しで吹いたこともなくて、明らかに練習量が足りなかった。
    顧問は「選ばれたんだから真面目に練習しなさい、せめてソロの部分だけでもいいから」と言っていた。
    誰より怒ってくれたのは部長と真面目に練習して部活をまとめてくれてた先輩たちだった。
    私も人選に納得できなくて職員室でまで訪ねに行ったら、先に部長たちが職員室の隣の応接室で顧問に詰め寄っている声が聞こえてきた。
    顧問は応接室のすぐ外に私がいたことに気づかずこう言った。
    「やっぱり華やかさも大会では大切になってくるし、それには人にどう見られるかも戦略として先生は考えなきゃいけない。
    あの子は体が一番小さいし、それに、ほら」と、何かを小声で言ったけど、扉を隔ていた私には聞こえなかった。
    だけど先輩がすぐに「キミちゃんのやけどは関係ない!」と言ったことで、何を言われたのかを理解した。

    349 :スカッとする修羅場まとめ 2007/09/16(日) 13:13:43 ID:BOzjdjOv
    以前カラスを飼っていた。
    父親が傷ついていたカラスを拾って来てそのまま飼う事に。
    エサはドックフードを水でふやかせたものを与えていたんだけど、
    お客さんの周りをグルグル回ってかまってアピールしたり
    母親に甘えて口をあんぐり開けて「ンカァ~♪」とエサをねだったり。
    可愛いんだすごく。
    普段は家の泊まり木に止まってたりするんだけど、
    カラスが外に出掛けたときは父が両手を振るとどこからともなくサーッと一直線に
    飛んで来て父の肩に止まるんだよ。

    最後はカラス仲間が迎えに来て自然に帰っていったけど。
    カラスってこんなに人に慣れるんだと衝撃だった。

    45 :スカッとする修羅場まとめ 2018/01/18(木) 11:51:46 ID:4f8
    昨晩、車に置き忘れた荷物を取りに外へ出た所、「ニャー」と上から猫の声がする
    見上げると屋根の上に飼い猫がこちらを覗いてた
    「なにしてんの?」と声かけるも、ひたすらニャーニャー鳴くだけ
    「遊んでんの?でも寒いから荷物とったら戻るよ」と荷物を取りに動くと
    私の後を追うようにして屋根の際から追いかけてくる
    私が右に動けば右に、左に動けば左に…
    その間もずっと鳴き続けているのだが、元々そんなに鳴く猫ではないので
    なんかおかしいなと思ったのだが、ひょっとして屋根に上がって下りられなくなったのでは…と思い直した
    屋根の下辺りに、それなりに大きいな石があるので、それに上ってどうにか手が届くか届かないかだったので
    近寄ってきた猫に「○○(猫の名前)こっちゃこい!」と声をかけ、足を出してきたら捕まえようと思った
    そうしたら猫のヤツ、遊んでると思ったのか、私の手を猫パンチしてくる
    「お前ッ!何してんだッ!こっちこいッッ!」と怒るが、猫はますます調子に乗り(?)
    あっちへ行ったりこっちへ行ったりしながら猫パンチを繰り出してくる
    5分ほどそれを続けたが、荷物を取りに行くちょっとの間と思って薄着だったので、いい加減寒くなり
    「お前もう知らないからな」と手を伸ばすのを諦めた途端に、遊び終わったと思ったのか
    屋根から側の木の枝に飛び乗って普通に下りてきた…
    猫ーーーーーーーッ!!!w

    545 :スカッとする修羅場まとめ 2012/05/09(水) 22:32:56
    義妹と結婚した俺が通りますよw

    俺には2つ下の弟が居て、俺より先に結婚した。
    当時、俺25、弟23、義妹20、田舎者同士で出来婚ではなかったが結婚式の時は身重だった。
    俺は都会に出ていてなんとなく互いに結婚を意識している同じ年の彼女がいた。

    その3年後、弟が他界した時は義妹は2人目がお腹の中にいたので、
    俺の両親と義妹の両親でどうするか話し合ったが義妹の強い希望で産む事が決まった。
    そのまま義妹は実家に戻り出産、俺の両親も有形無形のサポートをしてたようだ。

    一方、俺はその3年後に彼女の浮気が発覚し問い詰めた結果あっさり振られる事になった。

    傷心のため引っ越ししようと思い、いっそのこと結婚資金だった貯金を頭金にして
    マンションの購入企画しそれを両親に相談しようと実家に帰ると姪2人と義妹が居た。

    で、両親とも俺と義妹に結婚を勧める、勧める、猛烈に勧める。
    義妹も俺も困惑してしまったが、上の姪も一緒になって煽る。
    その場では俺が強く否定して終わりになった。

    で、ちょっと言葉が強すぎたと思ったので後で義妹に謝りの電話を入れた。
    そこで義妹曰く、義妹の実家を家業を継ぐ事になる男と妹が今度結婚するので
    義妹が出ていくとおさまりが良いねと言われている。

    それで普段から仲良くしている俺両親に自立のための再就職先が無いかと相談したら、
    ちょうど女に逃げられた俺の所に永久就職すればいいと勧められた。
    なのでどうせ俺に断られると思ったので俺が良ければと答えた。
    2つもコブが付いてる中古女が図々しくしちゃって済みませんでした。

    気まずくなったので義妹ちゃんはまだ若いし、
    可愛いから俺より良い人見つかるよ、と当たり障りのない事を言うと。

    1 :スカッとする修羅場まとめ 2019/07/26(金) 07:37:44 ID:V1Vcv/6U0FOX.net
    ワイがとっても大切に育てたブルーベリー😊

    576 :スカッとする修羅場まとめ 2013/12/04(水) 01:51:48 0
    しょぼいけど。大阪へ転勤になって車で新しい家に行く時の話
    初めての町&下町のごちゃごちゃした道で助手席の嫁が地図を読み、
    俺が運転してた。因みにオンボロだからナビはない。
    目的地は近くなんだが曲がる角がわからない。
    かなりゆっくりした速度で運転してたら遮断機で足止めされた。

    で、ふとバックミラーを見たら後ろにはいかにもなデコトラが。
    そしてそこに乗っているパンチパーマで色付き眼鏡の
    オッチャンがバタンッと勢いよくドアを開けて降りて
    肩で風切り一歩一歩こちらの車に近づいてくる。
    あ、やべえ杀殳られる。と瞬間的に悟った。
    ヤバイ。後部座席にはよだれ垂らして寝てる可愛い我が子が!
    助手席には愛しの嫁が!守らねば!っつーか平身低頭謝らねばっ!
    と、頭ん中でパニックになってたら睨み効かされつつ
    ウインドウをコンコンッと叩かれた。

    覚悟を決めるしかないとウインドウをさげた次の瞬間
    『自分どこいきたいん?まよっとるんやろ?』
    …怒られなかった。
    「あ、えっとここなんですが」
    と、地図を指差すと、事細かに場所を
    教えてくれた。
    「ここはじめてか?わかりずらいやろ~!
    ほなきぃつけてや」
    と言ってトラックに戻っていった。
    人は見かけによらんと感動したけど
    トラックからこっちに向かってくるのを見たときは
    脳内妄想修羅場だった。あと嫁と自分も心臓ばくばくで
    結局オッチャンの説明覚えてなくその後長いこと迷ったのもプチ修羅場。
    大阪離れるから記念カキコ

    901 :スカッとする修羅場まとめ 2013/12/10(火) 12:55:01 0
    流れを切って申し訳ない
    私の最大の修羅場は小学校時代

    当時、我が家は銭湯だった
    銭湯で倒れるお年寄りは少なくないので、万が一の時の対応は教えられていた
    小一の下校中、突然お爺さんが目の前で倒れて、親に教えられたこと(救急車を呼ぶ、大人を呼ぶ、意識を確認する、声をかけ続ける)をして助けたことがあった
    それが地元の新聞にも取り上げられて、消防から感謝状も貰い
    お爺さんを助けた時に近くにいた上級生に妬まれネタにされ、いつもからもわれた
    一番キツかったのは、怪我をした人を連れて来られて、無駄にグロいのを見せられることだった

    小三になる頃には、みんなそんなことを忘れて平和だったが、
    早朝に銭湯側からゴミ出しの手伝いを一人でしてたらボヤ発見
    銭湯では油?を使ってお湯を沸かしてたから火事は他人事じゃなくて、対応は親に教えられてた
    すぐに内線で親を呼び、近所に大声で声かけ、出てきた人に店の常備の消火器を渡し、あとは大人達に任せた
    それも話題を呼び、前と同じようにからかわれた
    この時はクラスメイトにむしろ私の側にいると不幸になる的な言われようで、一時期友達がすごく減って辛かった

    続きます

    このページのトップヘ