衝撃的

    696 :スカッとする修羅場まとめ 2016/01/30(土) 01:28:12 ID:Z8a
    お気に入りのまとめサイトに惣菜の話があったので便乗

    私の友人A子は、誰もが羨む大手企業に新卒で採用され
    正社員で花形部署で働いていた
    日本で5本の指に入るくらいのトップ企業で、 ボーナスもたっぷり
    入社一年目から長期の休みは海外旅行に行って
    ブランド物を買いまくって楽しいでいたし
    ネイルサロン通いも、お稽古ごとも充実していた
    そんなA子がパン作りにハマった
    そして独身のまま32歳になり、なんと脱サラ
    地元の駅前の一等地のビルの1階のテナントにパンやをオープンさせた

    女の子らしく「将来カフェを開きたい」と漠然とした夢があったらしく
    アラサーでパン作りにハマったので急遽パン屋さんに変更
    製菓学校でパンを専攻したわけでもなく
    どこかのパン屋で修業しわけでもなく
    大手企業に実家から10年通勤し
    無駄に貯金だけあったので無謀な挑戦だった

    オープン初日にお店に行ったけど、なんか微妙だった
    お店のインテリアは可愛いんだけど「素人がお店やりました」感がぬぐえない
    そして雨が降ってきたのに傘立てがなく
    私が慌ててフランフランで買ってきてプレゼントしたほど
    そして驚いたのが、A子、大量の小麦粉やバターを近くのスーパーで買ってた
    普通こだわって選んで業者から購入するでしょうに

    パンは普通だった
    マズくはないけど、別に美味しくないし
    パン作りが趣味の主婦の人と変わらないレベル
    しかし家賃や人件費がかかるので、パンはぼったくり値
    あまりにお客が来ないので、徐々に値段を下げたけど
    コンビニ以下レベルのパンをコンビニ価格の2~3倍で売ってたので
    お店はいつも閑古鳥が鳴いていた

    919 :スカッとする修羅場まとめ 2013/01/23(水) 15:06:16 0
    私の実家は父が中小企業のリーマンで兄を都会の大学にやるのがやっとで
    私と妹は実家から専門学校に通い全額奨学金で学費をまかない資格を取って
    就職後に返済したくらいのわりと貧乏な家です。
    母は体が弱くて家で内職をしてました。そんな兄の実家を兄嫁は馬鹿にしまくって
    ました。兄嫁の父親は都会で大企業の部長まで行った人で裕福な生活をしている
    ようで兄嫁は有名大学にも親がかりで卒業して贅沢に暮らしていた人です。

    結婚が決まって私達姉妹に会った時「貧しいって大変ね。あなた達も負の連鎖っていうの?
    学費も出せない親で大変ね。お宅とはお付き合いしたくにないわぁ。」とまで言われていた。
    そんなある日結婚前に自分達に両親の老後の面倒をみさせるなら兄とは結婚しません。
    たまには孫の顔を見たいなら「今後一切お付き合いはしません。老後に頼るようなことは
    一切しません。」って念書に実印を押すように両親に強要してきた。法律的には
    なんら効力もないらしいが、それで気が済むのならと両親は実印を押した。
    兄は兄嫁実家の養子になった。両親は結婚式に出てお祝いを渡し、式の費用も負担したが
    新婚旅行のお土産どころか帰国したとの挨拶にも来なかった。
    たぶん兄は嫁実家と同居している。これはいいなりの兄も悪いので、両親も兄はいないもの
    として扱うしかないと言っていた。

    352 :スカッとする修羅場まとめ 2013/08/24(土) 22:45:43 ID:X3NGgCCh
    無事に解決したので投下。

    ※初めて遭遇したのでおかしい所がありかもしれませんがご了承ください。

    最近、引っ越しが済んだのですが、まだまだ荷解きが出来てなかったのに
    新居到着の当日、隣の泥奥が挨拶しに来た(昼間)、後で纏めて伺おうと思っていたので

    挨拶だけして、お帰り願おうと思っていたのに、開幕マシンガントーク。
    数十分間くらい「私は顔が効く」「仲良くしておいて損ないわよ」と好き勝手に話すわ話す

    泥奥の携帯が鳴り「長居してごめんねぇ、またあとでね☆ミ」と退散。
    数時間かけ疲れながら荷解きしてると旦那の商売道具と本が無い・・・

    急いで旦那に電話をして報告、物が物なので警察にも電話。
    警察が先に到着したので無くなった物を教えて、引っ越しの作業員にももう一度、来てもらい
    無くなった物の確認をしていた、やはり本と商売道具が無い。

    579 :スカッとする修羅場まとめ 2017/03/02(木) 03:54:57 ID:4oB
    しょぼいけど
    今は上品ぶってるけど中学高校の時マムシを捕まえてお小遣いにしていたこと
    実家がド田舎で裏がマムシがよく出る山があって、毎日宿題を速攻で終わらせた後マムシを捕まえに行っていた
    実際に捕まえられるのは10日に1匹とかだけど、これをマムシ酒を造っている近所のじいさんに1匹2000円で売りつけてた
    それで稼いだお金を貯めて国家資格を取って憧れの東京に出て夫と出会った
    東京に出てから毎日がとても楽しいけど、たまにテレビでヘビとか見ると捕まえたくなって体がうずく
    また一度でいいからマムシと戦いたいなって思ってることも秘密

    28 :スカッとする修羅場まとめ 2019/01/04(金) 09:45:37 ID:9vdXJQvQ.net
    段差があるところで足を滑らせて思いっきり後ろに倒れてしまった
    おそらく近くを歩いていた人が「大丈夫ですか!?」と駆け寄ってくる気配が分かったので
    「大丈夫です」と答えて起き上がったら病院だった
    気を失って救急車で運ばれたらしい
    でも自分の脳内では「大丈夫ですか!?」「大丈夫です」が完全に繋がった数秒の出来事だったので
    アホだけど「え?何で?瞬間移動した!?」とかなり修羅場だった

    170 :スカッとする修羅場まとめ 2013/10/07(月) 18:05:47 ID:eOMVx6Pi
    今から15年ほど前で私が小学生の頃の話。
    ある休日のお昼過ぎ、父から父の祖母(私の曾祖母)が入院している病院にお見舞いに行くが一緒に行くか?
    と誘われた。
    当時その頃では珍しく100歳を超えていた曾祖母は、数ヶ月前から病院に入院しており、
    病院は家の近くでもあった病院によく通っていた。特に、父は田舎の長男で曾祖母家とは別居状態だったが、
    看病はほぼ母が引き受けていた。
    その日の前日も確か母は病院へ洗濯物とりに行ったばかりだったので、誘いを断った。私も母が行かないならと、
    その日はお見舞いに行かなかった。

    結局父は一人で病院に行くことになり車で家を出た。

    それから少し経って、公衆電話から電話が鳴り、父が交通事故に遭ったとのことだった。

    幸い父は軽傷で済み、自分で公衆電話から電話をかけてきたのだが、母は慌てて事故現場(近所)へ走って行った。
    私は家で待ってなさいと言われ後から聞いた話だが、父は既に青信号の状態だった交差点を直進中、
    右からたまたま女性.の脇見運転信号無視と左からたまたま男性.の脇見運転信号無視の車の板挟みに遭ったと言うことだった。
    そんなに小さくも大きくもない交差点だが、普通に信号もあり横断歩道もあるような交差点で偶然両サイドから
    信号無視の車が突っ込んでくるなんてあり得ないと警察も父の信号無視を疑ったようだが、幸い目撃者が証言してくれたり
    当事者も信号無視を認めたため父は悪くないと言うことになった。
    買って数年しか経っていない車が全壊してしまったが、私の固定座席であった助手席の後ろが一番ぐちゃぐちゃだったこともあり、
    あの時一緒に病院へ行かなくて良かったと母はほっとしたようだった。

    事故処理等でくたくたになった両親が家帰って来たのは夕方だった。
    事故云々で曾祖母のお見舞いには結局行けず、疲れたね~夜ご飯は食べにでも行こうか、お見舞いはまぁまた明日にでも・・・
    とほっと一息ついたのもつかの間。


    今度は病院からの電話。


    つづく

    534 :スカッとする修羅場まとめ 2017/02/04(土) 19:45:58 ID:Ek3
    愛しているのは主人だけなこと
    子供らのことは正直どうでもいい
    学校卒業して主人と結婚して翌年には娘を出産
    我が子だからというよりは好きな人の子供だからと育てた
    親子だけど相性.が最悪だったので、夫方の親戚が娘を溺愛しているのをいいことに義母に娘を預けて働いた
    数年して主人がもう一人子供が欲しいと言うので息子を作った
    娘の時よりは育てやすかったけれど、やはり我が子だからというよりは好きな人の子供だからと育てた

    面倒ごとを起こされると嫌なので躾はきっちりした
    底辺に行かれると困るので勉強をさせた
    将来毒親と糾弾され復讐されるのが怖かったから虐待になりそうなことは避けた
    具合が悪そうならすぐ病院に連れていき、凹んでいたら悩みを聞いた

    結果、子供たちは立派に成長してくれた
    娘が結婚式で「どんな時も冷静に導いてくれた母がいてくれたから」と手紙を読んでくれた
    嬉しいというより、その評価が意外すぎてびっくりした
    確かに育てはしたけれど、そこに愛情なんか無かったんだけどな

    今でも愛しているのは主人だけ
    子供といえども好きですらなかったとかは墓場まで持っていく秘密

    17 :スカッとする修羅場まとめ 2019/01/01(火) 21:25:14 ID:Jwd
    暮れの大掃除してて、裏庭の手が付けられないぐらい繁殖したミントを
    思い切って一気に除草することしたのね。
    ブチブチ抜いたあと、掘り返して根っこをできる限り抜いて、その後除草剤撒いて・・・の予定で。
    多分それでもまた出てくるんだろうと思うけど、あまりに酷いことになってたから。
    で、掘り返してたら骨がゴロゴロ出てきた。
    人骨じゃないのは大きさで分かったけど、頭骨もしっかり出てきた。しかも3体分。
    友人に生物の先生やってる人がいるので、写メ送ったら「たぶん猫」ってレスポンスが。
    うち、5年ほど前に中古で買った戸建なんだ。
    前の持ち主が飼ってた猫がタヒぬ度に裏庭に埋めてたのかな。
    出てきた時は無茶苦茶ビックリしたし怖かったし、正直ちょっとちびったけど
    昔から言われてる“動物のタヒ体を庭に埋めると不幸になる”みたいな迷信は信じてないし
    タヒんだ猫ちゃんには何の罪もないので、ブランケットに包んで埋めなおした。
    場所が分かるように墓石代わりの石も置いた。
    家を買った時から裏庭はミントが繁殖してたけど、もしかしたらこれを隠したかったのかな。
    猫のことは何とも思わないけど、飼い主にはちょっとムカついた。
    でもよくよく考えたら、埋めなおしたりせずにどこかで供養してもらった方が良かったのかも。

    295 :スカッとする修羅場まとめ 2016/04/21(木) 08:58:46 ID:sSa
    未だに思い出すとクスッとなるけど、そのあと涙が出そうになること。

    元義母からある日突然電話があった。
    「私ちゃん!怖いの!お願い!すぐ来て!怖いのおおおおおお!」
    お久しぶり的な挨拶も何もなく、電話が繋がるなりそう叫ばれた。
    元義母、というのはその前年に夫が急タヒしたから。(以下、義母と書きます)
    あんなに元気だったのに交通事故でアッと言う間だった。
    本当にアッと言う間。
    ちょうど100日法要を終えたばかりの頃で、
    私もまだ気持ちの整理が付いていなかった。
    でも日常はどんどん日を重ねて行くし、娘の受験もあるし
    今後の生活を考えて行かなきゃいけないしで
    いつまでも泣いていられない。
    義母は同じ市内に住んでて、関係は割と良かったけど
    その頃はじっくり話をする時間もなく、あっても法要の打ち合わせぐらい。
    それが突然そんな電話がかかってきたから
    何事だ!?と思って娘と共に元義実家に行った。
    ちなみに義母は一人暮らしだった。
    行ってみたら、義母が1枚の手紙を差し出した。
    タヒんだはずの息子から手紙が届いた。
    誰かのイタズラなのか幽霊なのか、怖くて読めないと。
    宛名の字は間違いなく夫の字。
    義母に代わって恐る恐る中を確認した。
    それはタイムカプセル郵便と言うものだった。
    私はそんなものがあると知らなかったが
    手紙の冒頭に書かれていた説明によると
    当時夫は東京出張の折に同僚に海ほたるに連れて行って貰ったらしい。
    そう言えばそんな話を聞いたのを思い出した。
    その海ほたるに“タイムカプセルポスト”と言うものがあり
    一年後に大切な人に届けてくれるシステムだと言う。
    その後には母親の体調を心配する優しい言葉が続いていた。
    簡単に事情を説明して、その後は自分で読んでくださいと渡したら
    涙をポロポロこぼしながら読んでいて、私も娘も貰い泣き。
    解決して自宅に戻ると私と娘にも届いていた。
    再び泣いた。
    時々その事を思い出すんだが、義母の怯えた電話のインパクトが強すぎて
    クスッとなってしまうw
    今、その義母と娘と3人で暮らしている。

    14 :スカッとする修羅場まとめ 2018/12/31(月) 09:31:54 ID:6Xd
    3年ぐらい前のことだけど、遠方に嫁いで行った友人のお宅に10年ぐらいぶりに会いに行き
    旦那さんが単身赴任中なので一泊させてもらった。
    それまでの10年、電話やLINEとかではずっと会話してて
    お互いにしょっちゅう、太ったー太ったーって言ってたけど
    会ってみたら友人本当にかなり太ってて、結婚当時より20㌔ぐらい増量したそうだ。
    結婚前もお互いにぽっちゃり体型で、私も子供産んでからは特に太って
    結婚前より5㌔ぐらい太ってたんだけど、20㌔ってのはちょっとビックリした。
    ちなみに彼女も子供がひとりいる。
    一泊した翌朝、朝ごはんにトースト食べようとして、3種類のジャムとバターを出してくれた中から
    セルフでイチゴジャム塗ってたら、友人はバターを両面に塗って片面にはバターの上からジャムを塗ってた。
    ビックリして言葉が出なかったけど、増量の理由が垣間見えた気がした。
    自宅に戻ってからその光景が目に焼き付いて、反面教師とでも言うのか
    自分の食生活のことがすごく気になりだしてトーストに塗るバターの量を減らした。おやつも土日だけにした。
    友人とのLINEでは、その後何となく“太った”は禁句になり、お互いに何かギクシャクしてそのまま自然消滅。
    友人には申し訳ないけど、今はあの時会いに行って良かったと思ってる。
    おかげで意識が変わって標準体型になれた。

    このページのトップヘ