スカッとした話

    27 :スカッとする修羅場まとめ 2014/12/23(火) 12:26:32 ID:S50J3wSP0.net
    この前、近くのかかりつけの内科に風邪で行ったら前に座ってたのが同級生だった。
    同郷だと言ってもかなり離れた町なので偶然近くにいたとして今まで会わなかったのは
    最近越してきたか、わざわざ遠くのこの病院に通ってるのか…そんなに有名な病院でもないし。
    とにかく名前聞いて確信したが、もうなんて言ったらいいのかわからないくらい老けてた。
    でも顔はまさしく…の顔。一体何があったんだ。これまでの人生に。
    でも私と幼なじみを小学生の間中虐め倒した顔が醜くなってるのは見てて楽しいもんだ。
    幼なじみの親友はずっと前に亡くなったが報告したいぐらいだった。
    カーテン越しの診察の声が丸聞こえの病院だからなんとなく分かったがあちこちガタガタ
    っぽいよ。あの人。これはまさしく因果応報、てやつ?て思いながら後ろで見てた。
    今からずっと苦しむんだね。白髪だらけで10歳以上は老けてたよ。
    小学生の時の震えてた自分にこれで少しは気が晴れたかな、て聞いてたわ。

    543 :スカッとする修羅場まとめ 2016/12/01(木) 09:40:24 ID:sO8
    元トメがスレタイ

    離婚して4年、また息子と結婚しろだとw
    息子(元旦那)に金をむしられまくって底でもついたかとゲスパー
    「結婚ならもうしてるし!ウケるぅー」と言って絶句されてる間にガチャ切りしたけどさ
    着拒じゃなくて元トメの番号削除してたから知らん番号だけど誰だ?で出ちゃったらこれだよ
    元トメ電から12時間経過記念に投下

    経済的にも身体的にもDVする、バリバリの宇宙人レベルのモラハラ、多額の借金、多分浮気もしてた(一度問い詰めたら殴られた)
    「お前は俺以外の男と暮らせるわけがない」
    「出て行きたいのはお前の我が儘、だから子供は置いていけ(育児協力の実績はほぼゼロ)」
    「出ていくなら結婚してから買ったお前の衣類もすべて置いて出て行け」
    こんな男とまた一緒に暮らせとかありえんよ嫌だよorz
    元トメはこんな息子を世に放つだけあってこれまたおバカな糞

    離婚する前は元トメも元旦那も同居同居と騒いでた
    「ママンは仕事辞めて嫁はボクチンの借金返済のためにフルタイムで働いていいよ☆」
    何に使ったかもわからん借金の為に働く理由なんかあるもんかと、ここでやっとデモデモダッテのエネミーを卒業できた

    親権も取ってやっと離婚できたけど、私がこんな男を選んだばっかりに親にも子供にも迷惑かけてしまったんだと1年は立ち直れなかった
    恥ずかしながら子供の成長と時間に解決してもらった感じ
    離婚して2年が過ぎた頃、元奥さんの浪費と男癖に悩まされて離婚した経験がある今の旦那と出会った
    初デートから子供を連れてった
    付き合って7ヶ月で再婚、今まで一度もケンカをしたことがなく本当に穏やかに暮らせてる
    元トメと接触を絶つ為にも番号を解約するべきかもしれないけど、元トメ一人の為に
    解約⇒新規契約⇒友達や学校関係者などに連絡先変わったお知らせする時間を使いたくないから解約はしない予定

                怒り, 戦い, 男性, 男, オフィス, パンチ, レイジ, シルエット

    202 :スカッとする修羅場まとめ 2011/08/18(木) 13:15:26 ID:LGj9yYPo
    昔バンドしてた頃にドラムがいなくて募集して応募してきたドラマーの人がすごかった。
    初顔合わせで見た目が金髪で長髪、身長は180超えてるしライダース着てるしとにかくいかつい。
    ドラムも上手くて音合せ終わってからミーティングして話がおもしろい人だったので
    解散してからもその人と2人で道端でダベってた。
    すると酔っ払ったヤンキーみたいなのが目の前に座ってきて
    「おい、兄ちゃん、喧嘩しようか?」
    って言ってきた。ドラマーの人は手でシッシッってやって無視すると俺が標的に。
    「なあ、俺がこいつに勝ったらお前がやれよ?」
    と言ってヤンキーに胸ぐら捕まれて立たされそうになったところで
    ドラマーの人がヤンキーの髪の毛掴んでノドの横あたりをおもいきりパンチ。
    「うー・・・・ぐぅぅ・・・・・ふぅうう・・・・・」とのたうちまわるヤンキー。
    すると遠くから見ていたと思われるヤンキーの仲間が3人来て
    「何やっとんじゃお前らゴルァアア!!!!!」
    と囲まれる。するといつのまに抜き取ったのかのたうちまわってるヤンキーの財布を
    あさってるドラマー。免許証を抜き取り
    「●●区○○町ね。よし、覚えた。で?どうするの?お前ら?
    今日俺のこと杀殳す覚悟あるんか?俺はお前らにちょっとでも、鼻血ひとつでも
    出さされたらこいつの家家庭訪問してお前らの住所も聞き出して徹底的に追い込むけど。」
    呆然と見てるだけの俺。「あ・・・?」とすごむもあきらかにビビってるヤンキー。
    するとドラマーが相手のリーダーっぽいやつに近づきものすごい怖い顔で
    「お ま え は お れ と 喧嘩 す ん の か?」
    「・・・って聞いてるんじゃ!!!」
    と怒鳴った。相手は「いや・・・その・・・」と完全にビビってた。
    最後はみんな謝ってきたので「よし、許す」といってにこやかになった。
    その人とは同じバンドにはならなかったけどたまに個人的に遊んだりしてたがいろいろとすごい人だった。

    651 :スカッとする修羅場まとめ 2009/08/13(木) 20:28:54 ID:qOTbGYoC
    女子高生だった頃、痴/漢に集中狙いされてる友達がいた。
    泣きながら登校して来たのをみて、クラス全員がヒートアップ。

    次の日3グループに分かれてその子がいつも乗る電車に乗車。
    痴/漢がスカートに手を入れた所で同じ車両グループが包囲。合図で前後の車両グループが移動。

           手, 妊娠中, 女性, 中心部, 愛

    31 :スカッとする修羅場まとめ 2011/08/13(土) 15:17:58 ID:ayQ6tAu2
    妊娠中にカバンを引ったくられた。
    そしたら、いっしょにいた義妹が私が叫ぶより早く、猛ダッシュして犯人を取っ捕まえ、バシバシ殴りながら
    「てめー、うちの大事な兄嫁突き飛ばして、覚悟できてんだろうな!?あぁっ!?お腹にいんのは、うちの初孫であたしの初姪だぞゴルァ!!タヒね!タヒんで謝れ!腹切って詫びろ!」とまあ、責める責める。
    義妹は警察がくるのと同時にガクガク震えて泣き出したww

    返り討ちにあったりしなくて本当によかったし、普段はおっとりした義妹が、私と子のために我を忘れるほど怒ってくれたかと思うと、今でも胸が熱くなる。

    774 :スカッとする修羅場まとめ 2009/08/16(日) 10:51:57 ID:LOvypM3V
    GJネタではないが取れたての小ネタを
    フェイクを入れてあるので適当に脳内補完してくれ

    ゴミ収集日の前日、可燃ゴミを出す近所のアパート住民がいた。
    班長をやっている俺は「勘違いしてるのかな?」と思い、袋にマジックで「○○さん、収集日は明日ですよ」と書き、玄関のノブに引っ掻けて置いた…が、何故か昨日の早朝騒いでいた。(どうやら帰省していた模様)
    見に行くと野良猫ゴミ袋を破かれたらしく玄関前に生ゴミが散乱している。
    騒ぎに駆けつけた近所の人に愚痴ってたが「ゴミの日に出さないのが悪い!」やら「いつも前日に出してたのはアンタの家か!」と言われてた。
    DQNは『家じゃねぇよ!』と否定してたが、我が家のガレージカメラに袋を持って歩いていく姿が度々映っており常習犯なのがバレる。
    町内会で話し合った結果、自主的にDQNが集積場の掃除を申し出て不問になりました。

          男, 男性, 怒って, 顔, 式, 怒った男, 大人, 若いです, 人, 白人

    388 :スカッとする修羅場まとめ 2009/12/19(土) 11:51:09 ID:u0B03VqY
    小さい話で申し訳ないですが。
    変質者が女の子にポ□リしているのを目撃したので、思わず自転車を投げつけてしまった。
    そこは普段から放置自転車がたくさんあったので、立ち上がろうとするおっさんに向かってまた投げた。
    おっさん立ち上がろうとする→また投げる、を繰り返しながら通報。警察が到着した頃にはえらいことになっていた。
    女の子は無事だったので、良かったです。

           女の子, メイク, ロシア語, モデル, 美容, プロ, 肖像画, 人々

    978 :スカッとする修羅場まとめ 2009/09/11(金) 14:14:20 ID:VrCf3+Y8
    雨の日のコンビニで、ちょっと買い物してる間に傘をパクられた。
    ムカついたので骨の折れた、いらない傘の内側に「私はカサ泥棒です♥」って
    布を垂れ幕のように仕込んで(傘開いたら出てくるようにして)
    コンビニの傘立てにセットし、フードコートでコーヒー飲みながら暇を潰してみた。
    1時間で2人釣れた。
    ニコニコしながら傘を返して貰いに行くと両者とも「ふざけんな!!」とキレてきたので、
    「人の物を勝手に持っていくのはふざけてないのか?あ?」と凄んで見せたら
    なんか喚きながら走って消えてった。
    最初に盗んでった犯人への仕返しはできなかったんで不完全燃焼だけど
    気晴らしにはなった。

    引用元:changi.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1263165038/
          ウェディング ドレス, 花嫁, 結婚式, エレガント, ホワイト, 女性

    913 :スカッとする修羅場まとめ 2010/02/16(火) 00:35:36 ID:3FQyh8oX
    従姉妹Aの披露宴の出来事。
    中学時代の同級生だそうで、30才過ぎたしって事で踏み切ったらしい。
    新婦側の控え室に新郎の母が挨拶に見えたのだが
    かねてから噂には聞いていたけれどかなりの毒舌トークを繰り広げて
    控え室はだんだん静まって行った。
    新郎母は私(赤ん坊連れ)と従姉妹B(妊婦)の元へもやって来て
    「まぁ~おめでたなの?こちらは赤ちゃん連れて、いいわねぇ~。
     ウチは子供できるのかしらねぇ~まったく息子が三十路女なんか連れてくるから
     いつ孫の顔が見られるのかしらぁぁ」
    シーンとなったのに気付かないのかわざとなのかケラケラ笑っているその新郎母に
    従姉妹B(顔が整ってて華奢でいつも笑顔で凄く可愛い。しかし口が悪い。だがそこがいい)が
    「そうですよねぇ。新郎さんには三十路どころか四十路越した未婚のお姉さんがまだ
     お二人もいらっしゃるんですものね。まぁ~ご予定はまだですか?さぞかしご心配ですよねぇぇ」
    とニコニコ言い放った。
    新郎母が凍り付く様に固まったのでさらに
    「私ちゃん、今のうちに私子ちゃんのオムツ変えとこう。気持ち悪いよね~~。
     空気も変えよう。叔父ちゃん達窓開けてーー。
     では後ほど式場で~」
    とニコニコしながら私を隣室に、新郎母を部屋の出口へ促した。

    2年ほど前の話だが、新郎母の執拗な孫生め攻撃と嫁側親族の悪口に新郎さんが愛想尽かしたらしく
    ついに先月絶縁宣言して夫婦で遠くへ引っ越したと報告が来たので思い出した。
    他人から見たらほんとつまらない話だけど
    Bの切り返しに私はスーッとしたので書き逃げ。

         喫煙, たばこ, 男, 男性, タバコ, ニコチン, 健康, 喫煙者, 習慣

    541 :スカッとする修羅場まとめ 2009/12/24(木) 15:40:39 ID:9+TsXmob
    ちょっと聞いてくれ

    昼頃に私鉄駅のホームで電車を待ってたんだ
    小さい子供連れとかおばあちゃんとか仲良さそうに話してた
    そこに営業っぽいリーマンがやって来て煙草を吸い始めた
    私鉄って全面禁煙じゃん?
    周りも何なのこいつって顔して俺も非常識だなって思った
    でもそいつDQNっぽい雰囲気でチキンな俺は注意できず周りもそんな雰囲気
    「ママーけむいよー」と幼女が小声で言ってるのを聞いて頭に血が上ってさ
    でも何とかしたいとチキンなりに考えていたら電車到着
    リーマンはおもむろに火のついた煙草を足下に転がした
    そして電車のドアが開く

    その瞬間、勝手に身体が動いてリーマンの鞄(口が全開だった)へ
    まだ火のついている煙草を入れていた
    「おおお、おぶ落とし物れすよ!!!!11」と(盛大に噛んだorz)
    リーマン、俺が煙草を鞄に入れた瞬間をばっちり見てすんごい混乱してて
    「え???あ???えっ!!???」って言ってるうちにドアが閉まり出す

    閉まっていくドアの向こうで、リーマンが鞄の中身を床にひっくり返して
    車内の人もリーマンの行動にビビッてる様子だった
    電車はリーマン以外次の電車待ちだったようで、電車に乗らずホームに残ってた
    周りの人達は笑いが堪えられない様子だった
    幼女からは「お兄ちゃんかっこよかった!将来はお兄ちゃんのお嫁さんに(ry」
    とは言われなかったが母親が幼女に「ここで煙草は駄目なんだよ」と言っていいて
    幼女が「けむりいっぱいなの駄目だよね!」と言っていたのだけが救い

    今まで21年ずっとチキンで生きてきた中でこんなことしたの初めてだ
    自分的には幼女に褒められた気がしているので武勇伝だと思ったんだが
    思い返すとDQN返しだったかもしれないどうしよう…

    このページのトップヘ