スカッとする修羅場まとめ

2chの生活板全般、カテゴリ雑談板のスレをまとめたサイトです。 鬼女、キチママ、修羅場、復讐、DQN返し、衝撃系スレがメインです。

    雑談・雑学

    468 :スカッとする修羅場まとめ 2016/06/23(木) 05:17:52 ID:knO
    某まとめサイトで
    従兄がロシア美人と結婚したキッカケが迷子の道案内だった
    みたいな記事を読んで、ドラマみたいな話だと思っていた。先日、駅で待ち合わせをしていると前方にインドとかあっち方面っぽい見た目の男忄生2人組がスマホ片手にあちこち指差しながら首を捻っていた。
    道に迷っているのかな?とは思ったが、どうせ言葉通じないだろうな・・・と声をかけられずにいた。すると1人の青年がそんな2人を見付け「どうしたの?道に迷った?」と日本語で声をかけた。
    青年に何やら話しかける男忄生、聞こえてくる言葉は少なくとも日本語ではなかった。どうするのかと思い横目で観察していると青年は「ここ行きたいの?あー、うぉんちゅーごーでぃすぷれいす?」と発音なんて知ったこっちゃねぇとでも言わんばかりの片言な英語で答えた。
    男忄生が笑顔で首を縦に振ると青年は「おっけーおっけー。れっつごー、かもんかもん」と先導し始めた。青年に付いていく男忄生2人。
    数分後、友人が待ち合わせ場所に到着し良い物を見たと言ったので話を聞いたら彼らの事だった。
    友人が見たのは、青年が男忄生2人をシティホテルに案内した所で男忄生は感謝の意を伝えるのに握手&ハグ。青年は「おう、気にすんなって。んじゃ、はぶあないすでー!」と手を振りそのまま立ち去ったそう。
    友人は「俺なんか日本人相手でも案内なんて出来ないのに、あの人すげぇわ」と軽く感動していた。
    例の記事の従兄がどんな人なのかは分からないが、この件の青年のように困っている人に自然と手を差し伸べられるような人なんだろうな。ああいう人が運命とかそういうものを引き寄せるんだろうな。と考えさせられた。
    ちょいと早起きし過ぎたので書き込んでみた。

    365 :スカッとする修羅場まとめ 2017/07/30(日) 23:32:17 ID:+2ZzRXwK.net
    ラーメン食いに行った時の話。

    何となくラーメンが食いたくなって近場にあった寂れたラーメン屋さんに入った。
    外も内装も薄汚れてて老舗感がハンパじゃなくて「こういう店が意外と美味しい」の典型みたいな店。
    とりあえずオススメの醤油ラーメンを頼んで待つ事数分。店主兼店員なオバチャンに出されたラーメンは見た目普通のラーメン。味も普通のラーメン…これは普通だなーと思いながらラーメン啜ってると隣のオッサンが食べてた餃子が異様に美味そうに見えたので追加注文する事に。
    注文すべく厨房にいるオバチャンを覗いて声をかけてみると…
    「オバチャーン」
    「は~い!」
    額には滝のように流れる汗、振り返った反動で飛び散る汗、今まさに千切りにされているキャベツに添加される汗…
    「あっ…お会計…お願いします…」
    「は~い、ちょっと待っててね~」
    そしてキャベツに向き直った反動でさらに添加される汗…
    会計を済ますと俺は直ぐさま店を出て歩いてしばらく先のコンビニで水を買い口をゆすいだ…

    厨房は決して覗いてはいけない…俺は一つの心理を見つけた…

    そしてあの唐揚げ定食を頼んだ人の冥福を祈るしか出来ない…

    253 :スカッとする修羅場まとめ 2017/12/17(日) 15:08:43 ID:cWAc0Cgc.net
    彼氏のIQが高すぎた。

    どのテストを何回かやっても、彼はIQ150-160。
    学生時代は、県内有数の進学校の偏差値を余裕でクリア。別な高校に進んだけどそこでは進学コースの生徒を差し置いて、常に成績はトップクラス。
    今は、クイズ番組で宇治原が解くような問題を簡単にクリア。けど、「ローマにある史跡で一番歴史が古いものは?」みたいな、知識を要する問題は壊滅。
    あとサマーウォーズみたいに数式が解けるわけでもない、けど成績は良い。

    IQが高いからって勉強は完璧、っていう訳でもないんだなぁと感じた。

    そんな私のIQは75-95

    844 :スカッとする修羅場まとめ 2019/02/08(金) 20:51:28 ID:4cGQKKu/.net
    クジラ爆弾

    たまに鯨が浜に打ち上げられるが、あれには近づかないほうが良い
    日が経つにつれ、まるで風船のように膨らんでくる
    そして、パンパンに膨れ上がった時に
    なんの前触れもなくいきなり爆発する
    威力は窓ガラスが割れるほどで、爆発の見た目はインパクトはあるが、大きな怪我をするようなことはない
    実は、恐ろしいのは爆発の威力ではない
    爆発した時に拡散する強烈な悪臭がとてつもなく恐怖
    この悪臭を直接食らうと、あまりの臭さに悶絶して吐いてしまうぐらい
    下手したら気絶をしてしまう
    風呂で、ボティーソープでよーく洗っても
    その強烈な悪臭を拭い去ることはできず、一週間ほどその強烈な匂いが残るとか…
    場合によってスカンクの屁攻撃をしのぐ悪臭だっていうから本当に恐ろしい

    また、爆発した時に飛び散るバクテリアやウィルスもとても危険で
    口から体内に侵入を許してしまうと、謎の病気や不可解なタヒに方をする可能忄生がある

    319 :スカッとする修羅場まとめ 2021/11/12(金) 16:48:10 ID:vnbDⅤ4eS.net
    「意志の力」で出来ることなんて大してない。
    たとえば煙草やめた人はたいていある日あっさりやめている。

    658 :スカッとする修羅場まとめ 2018/09/15(土) 17:56:43 ID:gQIkEmsE.net
    先月の台風の時に7年以上通ってる美容院のドタキャンをしてしまった
    何とか今日行ってみたら施術内容はいいけど態度が微妙
    まあ忙しそうだしドタキャンしちゃったしそれは仕方ないと思うけど、次回予約は出来ないって言われてモヤモヤ
    お店からしたら当たり前の対応だけど、その日に確認の電話も無かったんだよね…そんな厳しい処置するなら電話の1本もくれればいいのに
    通ってた年数も長いし担当美容師が店舗移動してもそちらに着いてわざわざ遠くへ通ってたから余計モヤモヤ
    お店変えようっと

    1 :スカッとする修羅場まとめ 2020/05/15(金) 01:14:13
    なぜ部落に朝鮮人も多いかわかるか?

    684 :スカッとする修羅場まとめ 2021/01/12(火) 12:07:52 ID:0l.gr.L1
    むすめいるし、わざわざ人にはいわないけどさ、
    女子はさ、大学やらカネのあるおっさんと遊んでる暇があったら、早々に結婚して育児でもやるといい。
    はっきり言って大学なんぞ行く必要はない。
    高校も微妙だろう。
    さっさと結婚。
    そして3人ぐらい産んでやれ。
    結果的に人生のリターンは高くなる。
    若い女を消費する仕組は社会に溢れてて、俺はコレは反対。
    不妊症やら病気やらは知らん。
    さっさと治療するか若い時男遊びしし過ぎた事を悔いてバツイチ子持ちのおじいちゃんと結婚して子育て学べば?
    女はさっさと母親になった方が幸せになれます。

    76 :スカッとする修羅場まとめ 2020/12/07(月) 00:00:37 ID:Wt.fy.L1
    仕事の繁忙期に加えコロナで職場がギスギスしていて、精神的にやられてしまい、
    疲れて仕方ないのに眠れないという悪循環に悩まされてた。
    土曜日、スマホの修理の手続きのためショップに向かうべく電車乗り込んだんだけど、席に座った途端ストンと眠りに落ちた。
    普段なら寝ても30分もすれば目を覚ますのに、なぜか電車の中だと熟睡。
    目を冷ました頃には往復して、始発駅である自宅最寄り駅に戻ってきてた。
    そういえば学生のころも受験のストレスで家では眠れなかったのに、
    通学の電車では熟睡してしまい終点で車掌さんに起こされるってことがよくあった。
    電車の謎の魔力。なぜ電車はこんなにもぐっすり眠れるのか。
    「電車内で好きなだけ寝てもいい権利」みたいなのが売ってたら眠るためだけに買ってしまうかもしれない。

    ちなみに株主優待券で全線乗り放題なので無賃乗車はしてません。

    28 :スカッとする修羅場まとめ 2020/12/11(金) 22:27:48 ID:KG.rr.L1
    ペット屋に行ったら当然ペットの餌が売っていたんだが
    パット見てペット用と分かるものと分かりにくいものがあるね。
    説明をちゃんと読めば分かるけど
    売り場から言って人間が食べるものだとは誤認はしないだろうけど
    買って帰って家で人間の食べ物と紛れたら分かりにくいな。
    ペットに興味ない家族が一緒に住んでいたりもするでしょ。
    こち亀で両津がカブトムシ用のぜりーを誤って食べてしまうみたいな場面があったけどあれって本当にありうるんじゃないかと思った。
    犬とか猫とかの絵を分かりやすいところに大きく書いてくれたら分かるのにな。

    このページのトップヘ