ゾッとした話

    125 :スカッとする修羅場まとめ 2016/08/24(水) 18:26:38 ID:WDzwJHP/0.net
    風イ谷でバイトしてた。
    いつもは明け方まで働いていたけど、その日は彼氏との記念日で深夜0時で上がることにしていた。
    23時55分ごろ、フリーの客に今からいけるかお店に聞かれた。
    本当なら0時までに入った仕事は受けるのがルールだったから少し悩んだけど、今日はもう帰らせてと頼んで帰宅した。
    翌日の夕方家でテレビを観ていたら、風イ谷嬢が杀殳されたニュースが流れて血の気が引いた。
    知っている顔の子だった。杀殳された時間、客についたと思われる時間、逆算すると、フリーでいけるかと聞かれ、私が断った客だった。
    私が断ったからその子がいくことになった。
    もし私があのときいつもどおりの勤務時間だったなら、私が杀殳されていたのか、あの子はタヒななかったのか。
    今では子供ももうけて平凡に暮らしているけれど、どうしようもなく胸が苦しくなるときがある。
    吐き出しごめんなさい。

    771 :スカッとする修羅場まとめ 2018/12/12(水) 10:56:01 ID:61kGzCNE.net
    つい先月の話。
    ちょっと汚い話なので、嫌な人はスルーで。

    今年に入ってから、急激に腎臓の状態が悪くなり、
    人工透析する事になった。
    透析導入の入院を決める外来の3週間くらい前から
    酷い便秘。何しても出ない。
    外来の日に先生に話しても、普通に薬くれるだけ。
    そのままの状態で翌週入院になったんだが、結局薬飲んでも出ず。
    入院2日目、初めての透析終了後、病室のトイレで踏ん張ったら、大きな塊が出た。
    良かったと思ったが、ちょっと嫌な予感がしたので、紙おむつ借りて履いて寝た。

    長くなりそうなので分けます。

    350 :スカッとする修羅場まとめ 2009/09/08(火) 17:18:36 ID:v8rLPHY80
    こないだ久しぶりに会った、20年来の幼馴染から聞いた話。

    幼馴染(A男)はある女子高で英語の教師をやっていた。
    Aはいつも、英語を教えるクラスの生徒に配るプリントを、校内のコピー機で刷っていたのだが
    担当クラスは1学年に4つあって、全員分刷るとけっこうな枚数になるそうだ。
    一気に4クラス分を刷ると、時間かかるわ紙無くなるわで色々と面倒なので、
    Aはクラス人数分ごとの数量指定で、授業前にいちいちコピーするようにしていたらしい。

    しかし、なぜかあるクラスだけ、数が違って出来上がるんだそうだ。
    32名分32枚刷ったのが、いつも33枚出来上がっているという。

    最初はAも、「ただ数を間違ったんだろう」と思って気にしなかったそうだが
    「いつも」となるとなんだかおかしい。他のクラスではそんなことないのに。
    Aは、教室に並ぶ机の一番前の席1列の生徒に「うしろに廻してね」と言ってプリントを配る。
    すると手元に必ず1枚あまるそうなのだ。
    前に、それを見た生徒に「先生、なんでいつも1枚あまるの?」と聞かれ
    「これは先生の分だから」と答えたそうなのだが、
    そんなつもりで刷っているわけじゃないのは自分がよく知っている。
    だいたい自分の分は既にきちんとファイルに入っているのだ。

    594 :スカッとする修羅場まとめ 2013/01/05(土) 01:46:50 0
    朝っぱらから嫌な話書くよ
    先月、親戚一同で集まって食事会したのよ
    長男の叔父さんちに年に数回集まってワイワイやるの
    まあ元々みんな都内だし特に物珍しさはないんだけどさ

    で、皆な荷物は二階の和室に置いて、一階のリビングで宴会してたのね
    夜九時くらいにお開きになって、私は両親と一緒に実家へ帰宅。
    翌日、私の分の実家鍵が無いのに気が付いた(私は実家住まい)。
    財布に入れてて、紐で結んであるから落ちない筈なんだけど無い。
    探したけど無い。親に話して、念の為に鍵を付け替える事になった。
    その矢先に、犯人が家に忍び込んだよ。
    犯人は叔父の三男嫁だった。私からしたら従兄弟の嫁。
    宴会で盛り上がってる間に「赤ちゃんのおむつ変えてきます」って
    二階に上がって、その時に私の鞄から盗んだらしい。
    うちは父母私全員働いてるから平日昼間は留守になる。
    それを知ってて入ったらしい。見つけたのは私の姉夫婦。
    偶々荷物を取りにきて、私の部屋を漁っていた三男嫁とバッタリ。
    三男嫁は私に頼まれたとか何とか言っていたらしいけど、
    怪しいと思った姉夫がすぐ私に電話してくれて、御用。
    ちゃんと警察を呼んだよ。
    怖いのは、
    鍵を盗んで私の部屋に入り込んだのは一度や二度ではなかった事。
    今迄何度かやってたらしい。
    私の家と叔父の家は近くて、私自身がとある用事で叔父家に行く事が
    月に二回くらいある。その場合は丸一日叔父家で作業。
    で、それは仕事絡みなので平日に行われる。その時を狙って
    三男嫁は叔父家にやってきて、鞄から私の財布を出し、鍵を抜き、
    私の家に入り私の部屋を漁って、また叔父の家に戻って鍵を戻す、と。
    全然気付かなかった。だって何も盗んでないんだよ。
    ただ、私の部屋を漁って、パソ付けたり(パス掛かってるけど)
    日記や手紙や服、化粧品を見て探って、アルバム見て、
    そうやって小一時間過ごしていたらしい。

    81 :スカッとする修羅場まとめ 2018/05/28(月) 15:51:34 ID:Fzlj0Be1.net
    昔、スナックでバイトしてた事があるんだけど
    前にそのスナックの厨房で働いていた人が客としてちょくちょく遊びにきていた
    夏に来た時、半ズボンの端から、ちらっと和彫りのご立派な刺青が見えていた
    ママさんは全然知らなかったらしい(ちなみに警察の裏にある健全なスナックw)
    私には優しい人だったし、深入りしなければいいやって思っていた

    後日その人が居酒屋を開いたので、お祝いに友達と遊びに行った
    友達が用事が出来て先に帰る事になって、私はちょっと残って飲んでたら
    ついつい終電を逃してしまった

    そしたら迫って来る店主
    やべぇって、本気で思った
    絶対に刺青見たら、引き返せなくなると思って、奥さんと子供産の事を必タヒでしゃべった
    子煩悩な人なので、しらけたのかそれ以上の事をして来なかったけど
    始発電車まで一睡も出来ずに(店主は横でグーグー寝てた)起きてた

    おっさんキラーで、こんな修羅場は1度じゃなく会社員時代でも3回あった
    その度に何とか逃げ出したけど、もしかしたらあの頃がモテ期だったのかもしれんと今は思う…
    イケメンからのモテ期は来なかったけどねw

    286 :スカッとする修羅場まとめ 2018/10/30(火) 11:37:10 ID:YCzhPlkj.net
    かなり昔のことだけど、車にカヌー積みっぱで保存してたんだが
    ある日朝5時集合の仕事に車で出かけて現場に入ったら、後輩が駆け寄ってきて屋根に猫が乗ってるといわれた
    みたらブルブル震えた首輪付きの猫が泣き叫んでいた
    朝早いしほとんど止まることなく東名から首都高に乗って結構飛ばしてたんだけど、血の気が引くほど青ざめた

    動かない猫を無理やり引きはがして車に監禁、水と食べ物をやりつつ仕事
    何とか連れて帰って開放した
    犬をひいた時よりもこの時の方がきつかったな

    648 :スカッとする修羅場まとめ 2018/12/02(日) 19:46:58 ID:flblrcHc.net
    この前近所で起こったプチ修羅場。
    信号待ちしてたら暴走してきた車が事故る、割と有りがちな現場に遭遇した。
    車は制御を失った状態で俺と2~3メートル離れた電柱に衝突してそのまま停止した。

    「あ~あ、やっちまったな~」と言う感じに口走りつつ運転手の様子を見たら
    自分に何が起こったか理解出来てない感じだったが大怪我とか無さそうだし
    交通の障/害にもなりそうに無い位置だった事と少しして運転手が携帯で
    何か話してた姿を見てそのまま立ち去ろうと思い歩いた直後にクラクションが鳴った。

    何事かと思って戻ったら車内に煙が出て運転手が出ようにもドアが開かない。
    急いで運転席の外から開けようとしたものの事故の衝撃で曲がったのか
    開かなかった。窓ガラスに蹴りを入れてもビクともせず周囲を見回しても
    石など転がってる様子も無く右往左往しつつも車の煙が徐々に酷くなっていった。

    運転手は必タヒの形相で車内から「助けてくれー!!」と連呼していた。
    ドアへの衝撃で配線が切れてたのかパワーウインドウも開かないらしい。

    車内に充満する煙で咳き込むようになった事からか
    クラクションでSOSを連打するようになった。(「・・・---・・・」と言う感じ)
    「ちょっと…これ、ヤバいんじゃね?」と感じて逃げようと思い、
    煙の無い風上方面、助手席側に回ったところでクラクションを
    鳴らしてた運転手が私の居る側に移動してきて再び「たーすけてくれー!」と
    手が壊れるんじゃないかと思うくらいに窓を盛大に叩きまくりつつ
    これまでに無い声で必タヒに叫びだした時、「もしかして…」と思い
    助手席のドアノブを引っ張ったら呆気なく開いたw

    運転手は軽傷、消火が早かったので車は火災と言うよりは小火のレベルだったが
    車そのものの傷が激しく素人が見ても全損レベル。
    今回は非常時こそ冷静に判断すべきと思った経験だった。

    9 :スカッとする修羅場まとめ 2014/09/10(水) 12:38:10 ID:9l6L/Mjy.net
    俺の親友はひどいアレルギー持ちでアナフィラキシーを起こした時に使う薬を鞄に入れて持ち歩いてた
    親友からは「アナフィラキシー起こすと血圧急激に下がって目が見えなくなるから、自分じゃ薬が打てないんだ」と言われてて、薬の練習用キットで俺も使えるようにしてた
    大学のサークルでも普段いるメンバーにアレルギーのことと薬のことは話してた

    ある日サークル室に行くと、親友が机に突っ伏して寝てた
    あれ?こいつこんなだらしない格好で寝るやつだっけ?と思って一緒に部屋にいたA子に「こいついつから寝てんの?」と聞いてみた
    そしたら「何かおやつ食べたら寝だしたよー」と
    おやつ?
    嫌な予感がして何食べたか聞いてみたら、A子が鞄からごそごそとクッキーを取り出した
    「これ、私の手作り持ってきたんだけど食べる?」
    「それ、落花生入ってないよな?」
    「入ってないよ」
    「他何使った」
    「何って、普通のクッキーと同じだよ?なんかその言い方失礼じゃない?」
    「それだけ?」
    「なんで?」
    「原料解っててこいつのアレルゲン入ってないの確認して食わせたんだよな?」
    「・・・クッキーのもと使ったから間違えて入れたりもしない!変なものなんか使ってない!」
    「親友になんて説明した?」
    「一つ一つ手作りでアレルゲン取り除いたクッキーだって」
    「はぁぁぁぁ!?できあいの粉使ってんのにねーよ!」
    喋りながら親友の体譲ったりしたが、やはり寝てるんじゃなくて意識がなかった
    薬とってくる間に救急車呼んどけと言ったら、俺がロッカーに荷物とりに行く間にA子バックレてた・・・

    意識取り戻した親友に聞いたら「普通のクッキーと同じっていうから、薄力粉と砂糖と牛乳とバターだけ?って確認して、うんって答えたから食べた」
    A子、できあいの粉だと説明してなかった

    920 :スカッとする修羅場まとめ 2013/06/27(木) 23:20:11 ID:DPhgl75w
    自分は小学校卒業と同時に引越し、他県で中学校入学となったのだが、その引っ越した場所が「DQNが超イケてる!」てな地域で
    入学した中学は学区の関係で、地域でも最下層な全校生徒の1/3がDQNというネタとしか思えない学校だった。
    入学式で、ヘソ丈の短ラン&象でも履けそうなラックズボン&「それはギャグでry」てな髪型という、漫画でしか見たことない風体のDQN共を見たのが第一の衝撃。
    が、その学園生活はもっと凄かった。

    ● 授業中デフォでDQNが喫煙。紫煙で教室が雲ってヤニ臭かった。
    ● DQNの仕業で定期的に非常ベル&スプリンクラーが作動するが、最早誰も反応しない。
    ● 教師はDQNにビビってスルー。ていうか定年間近の老教師がDQNに飛び蹴り食らって入院したりと無法状態。
    ● 生徒用の便所はDQNの支配する魔界なので、一般生徒は教師用の便所で用を足してた。
    ● 平日昼間に「××出て来い!」と対立する珍走団が校庭に乗り込んでくること数回。
    ● DQNの的にされるのが、容姿の良い奴とスポーツが出来る奴。理由は「目立つから」。あと金持ちの奴はDQNのATM状態。

    自分は小学校まで全校生徒が友達という、ド田舎村でのん気に暮らしてきたので
    その世紀末的ヴァイオレンス学園生活は、衝撃を通り越した悪夢でかなく、ひたすらDQN共に目を付けられないよう、息を杀殳して生活してた。
    それでもDQNの気まぐれで理由も無く凹られることが何十回もあった。
    そして中二の時、ATMの1人が自杀殳した。学年全員で葬式に出席したのだがDQN共は、そこでも暴れまくり花輪に放火。小火騒ぎになって消防車が来たりした。
    その騒ぎを見て「こいつ等人間の皮を着た鬼だ」と思った。

    562 :スカッとする修羅場まとめ 2019/11/20(水) 13:22:18 ID:HgG
    車通勤なのに、精神障/害者に徒歩でス㋣ーカーされてた。
    もう少しで自宅が特定されるところだったのを知った時が修羅場。

    ス㋣ーカーの仕方は、
    職場(複合施設)の駐車場で待ち伏せ→私が車に乗る→見えなくなるまで目で追いかける→見失う
    翌日、見失った地点で待ち伏せ→私の車が通る→見えなくなるまで目で追いかける→見失う
    翌日、見失った地点でry
    延々この繰り返し。
    こんなやり方で毎日張り込まれ、三十キロくらい離れている自宅の目前まで迫っていた。

    そう言われれば通勤中に作業服の男性.を見た気がするけど、田舎なので軽トラに乗ったおじさんとかいるし、近くに土木作業員の寮もあった。
    だから見かけてもまさか私のス㋣ーカーだなんて思いもしなかった。
    そのス㋣ーカーはス㋣ーカー中に事故に遭い、それでス㋣ーカー両親が職場に怒鳴りこんできて発覚した。
    けど私は当時退職済み&臨月で出産間近だったので、体に障らないよう全部会社と旦那がシャットアウトしてくれていた。

    つい最近、もういいだろうと思うから話すけど、と私が知らない間にス㋣ーカーと示談になっていたことを知った。
    ただただ驚いたあと、泣くほど怖くて震えた。
    ス㋣ーカーは、家を特定できたらそれはもう運命だから私と結婚できる!と思っていたらしい。押し入る算段もつけていたとか。
    押し入られていたら子供はどうなっていただろう。
    いい物件を見つけた!退院したら新しい家に引っ越そう!って言われて、急だな!とは思ってた。
    でも引っ越し先が本当にいい環境で、「子供が生まれて幸せ!家も新しくて幸せ!旦那ありがとう!」と感謝一杯頭の中お花畑だった。
    その時、実は君のス㋣ーカーが前の家の目前まで来てて逃げるために…とか言われたら、子供を害される恐怖で泣きわめいてたかもしれない。
    会社にもだけど本当旦那には感謝しかない。なので今日は旦那の好物を作ります。何もなくて本当によかった。

    このページのトップヘ