スカッとする修羅場まとめ

2chの生活板全般、カテゴリ雑談板のスレをまとめたサイトです。 鬼女、キチママ、修羅場、復讐、DQN返し、衝撃系スレがメインです。

    ゾッとした話

    565 :スカッとする修羅場まとめ 2011/12/20(火) 03:50:30 ID:fi7XbRae
    小学生の頃海で溺れてタヒにかけたの思い出した
    多分水深10メートル位のとこでシュノーケルつけて泳いでた
    そういえばさっきまで一緒に泳いでた父親・浮き輪つけた妹が見当たらない
    周りでお兄さんお姉さんの集団が立ち泳ぎでビーチバレーしてる
    水中でそんな事考えてると、ふと自分が母親がいる海岸から見てどの位置にいるのかって事と
    あまりにも遠く深い所に来すぎてはいないか不安になり、顔をあげた
    波のせいか顔のあげ方がまずかったのかシュノーケルの中に海水が侵入
    慌ててゴボゴボジタバタしてたら海岸で拾って持って帰ろうとしてた大きな貝殻が
    スローで落ちていくのが見えて、息も限界だし嗚呼タヒぬんだなと悟った
    その瞬間ガバッと水中から体が出る感覚が突然訪れた(今考えると腕で腹からふたつ折りに持ち上げる感じ?)
    ぐったりしてて助けてくれた人の顔覚えてないし、親もその人にお礼をしようと探したが見つけられなかったらしい
    この場を借りてお礼が言いたい
    その節は助けてくれてありがとうございました

    熱中症の人の体験に比べれば衝撃度が低いかもしれないけど、自分比ではかなりの出来事だった

    448 :スカッとする修羅場まとめ 2016/03/02(水) 06:11:37 0.net
    小学生の夏休みに、家族で花火を見に出かけて
    家の近くに付いたら「この先、交通規制です」って警察に止められて
    父が「この先に家があるんですけど」と言うと通してくれた
    赤い光が点滅していて、火事か救急車か事件かだなって思った
    うちだったわ
    直線の道路沿いなのに、何故か運転を誤ったトラックがうちに突っ込んでた
    台所が全壊、居間が半壊だった
    事故が起きたのは夕方6時
    いつもなら母は台所、他の家族は風呂か居間に居る時間だった
    その日は花火会場の駐車場が混むので、少し早い5時過ぎに家を出ていた
    しかも、その花火大会は、本当は前日にあるはずのが雨で延期になって事故の日に代わっていた
    うちにとっても危機一髪の修羅場だったけど
    運転手さんも、家が無人で住居損壊だけで済んで危機一髪の修羅場だったはず

    893 :スカッとする修羅場まとめ 2015/11/07(土) 20:10:35 ID:tS9
    高校生の子供がまだ幼稚園に通う前の話なんだけど。
    当時の2ちゃんの育児板で、とある画像掲示板のURLが晒された。
    児童ポルノを投稿してる香具師がいる!
    皆で通報汁!みたいな内容。
    画像掲示板には本当に児童ポルノの画像が投稿されていて、
    スレにはどのように対処するか住人が議論され、
    児童ポルノの通報先や通報しますたのレスで溢れかえって祭りになってた。
    そうこうしてる内に画像掲示板に凸する住人が現れ、
    それに気付いた投稿主らしき人物による荒らし投稿でログは流れてしまった。
    何が黒い過去かと言えば、義憤にかられ、本当にインターネット110番に通報してしまったこと。
    県警の刑事2人が自宅を訪れ、事情聴取を受け、目の前で調書などが作成された。
    その時刑事さんに、日々沢山の通報があるけど通報者が管轄外に在住していると何も出来ないこと、
    この事件は管轄内の通報だったので画像を印刷し、連携のある産婦人科医師に確認をとった事など教えてもらった。
    なんか大事にしてしまったとガクブルしてしまった。
    結局児童ポルノを投稿した犯人が捕まったという連絡はなかった。

    228 :スカッとする修羅場まとめ 2018/07/14(土) 13:59:48 ID:ZbtVRVHa.net
    数年前の真冬、子供がインフルで寝込んでる夜の話
    家には子供と私の二人きりでテレビも消して静かに過ごしてた
    ふと焦げ臭さを感じて外を見たら斜め向かいの家から火が出てた

    現場は対角だし、うちのマンションとの間には広めの道路もある
    延焼はないだろうけど念のため煙が家に入らないようにエアコンと換気扇も切った
    そこで迷いが出てきた「やっぱりこれ避難した方が良いんじゃないか?」
    でも車は持ってないし夫は今日に限って帰りが遅いし実家は遠方
    かと言ってインフルの子を同級生の家に連れていけないし
    息するだけで苦しそうな病人を寒空の下に連れ歩く訳にもいかない
    そもそもチビな自分が体重30kgの子供を担いで4階から無事に階段を降りられるか?
    (マンションにエレベーターなし)

    結局あっという間に何台も消防車が来てボヤでおさまったけど
    火を見てから上のように考えを巡らせた間がまさにスレタイだった
    あの電線がパチパチと鳴る音を思い出すと今でも震える
    この酷暑で窓を閉め切ってクーラーかけてたらふと思い出したので書いてみた

    167 :スカッとする修羅場まとめ 2009/08/22(土) 08:51:50 ID:1x9jiRLJ
    785 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/08/21(金) 14:11:30 ID:vdox7jFg
    中学の時、隣のクラスにやたらでかい池沼がいた。
    普段からスカートめくったりやりたい放題で、担当してる先生は放置気味。
    腹が立ったのが、池沼のくせにヤンキーや怖い先生が来ると「僕いい子です」
    ってな感じに突然ほうきで掃除してるフリして、通り過ぎるとそのほうき
    振りかざして女子を追いかけまわしてたこと。
    ある日、部活で遅くなって、教室に宿題のプリント忘れて取りにいった。
    うす暗くなって、もう誰もいないだろうな、でも女子トイレ電気ついてるなと
    思って廊下を歩いてたら、中から突然その池沼が出てきて、肩を掴まれ、
    引きずりこまれそうになった。怖いけどあまりのことに声も出なかった。
    耳元で池沼に「脱げ~脱げよ~じぇんぶ~あゆかわ~」ってハアハアしながら
    言われて、我に返ってやっと「助けて!」って叫んだ。
    たまたま、野球部顧問怖がられてる先生が戸締り確認して歩いてて、気づいて
    くれて、「何やってんだ!」って言うと同時くらいに池沼引き剥がして
    そのままトイレの鏡に向かって投げ飛ばした。洗面台が壊れた。
    池沼担当の先生を呼んできて、野球部の先生が「何でちゃんと見てないんですか?
    普段からきちんと学校生活のルールを教えないから今回のようなことが起きるんだ」
    と言うと、担当の先生は「他の子と違いますからねえ、言ってわかるわけでもないし、
    かわいそうですよ。」とニヤニヤ。野球部の先生が切れて、「他の生徒と違うのなんて、
    見た目でわかるんだよ!やられた方は泣き寝入りですか!言ってわからないなら
    ぶっとばしてでもわからせて下さい!卒業したらだれも池沼君にルールなんて教えて
    やれないんですよ!放置するほうがかわいそうでしょうが!」と一喝。
    それから1ヶ月くらいして、池沼担当の先生は辞め、代わりに助けてくれた先生が
    野球部の顧問と並行して池沼の面倒見てた。池沼はおとなしくなり、
    部活の時は球拾いとかさせられてた。
    あの時、先生が気づいてくれてなかったらと思うとゾッとします。
    先生、ブタゴリラなんて呼んでてごめんなさい。

    141 :スカッとする修羅場まとめ 2009/08/21(金) 15:47:45 ID:RUPvPL2E
    今日40過ぎの会社の上司と一緒に外回りに出てたときの話。
    見た目は普通、というより、ちょっと学者っぽい感じの真面目そうな会社員である上司なのだが、
    中味は結構キツイ。いや、ある意味見た目通りなのかも知れんが。
    前置きが長くなりました。
    その上司と山手線に乗っているとき、時間帯にしては結構混んでた。
    で、ドアの前から動こうとしない、ちょっと太り気味のヲタっぽいヤツが居たんだ。
    2,3駅ほどそんな状態で、邪魔なヤツだなーと思ってたら、その次の駅で上司が吠えた。
    「てめー、動くことをケチるからブクブク太るんだよ!」
    「かんけーねーだろ」
    弱弱しくつぶやくデブ、しかし上司は二の矢を放つ。
    「その脂肪が脳みそに溜まってるから気遣いができなくなってんだよ、デブ!」

    スーッとしたけど、この先この上司を怒らせないようにとゾクッっともしました。

    64 :スカッとする修羅場まとめ 2017/06/29(木) 15:14:29 ID:TljkiQQs.net
    昔トラックドライバーをしてました
    ちょっと特殊なものを運んでいて
    替えが効かないブツ&納期がシビアなので
    納品で間違うとあちこちにとんでもない
    迷惑がかかる
    なので数量や種類のチェックは厳重にやってた

    ある日ほぼすべてのドライバーが招集され
    「これは全社あげての超重要な仕事なので
    絶対に間違うな」とお達しのあった仕事がきた

    自分はいつもより念入りにチェックして
    荷物を積み込み出発
    二時間ほど輸送して納品も終わり、ほっとして
    帰社していた

    434 :スカッとする修羅場まとめ 2013/06/25(火) 18:16:48 ID:5brfNaYS
    誰もいなさそうなのでこっそり投下。10年近く前のお話

    夜遅くまで働いてヘトヘトになりながら自宅に向かって歩いてたら、
    数メートル後ろからガサガサ何か引きずりながら歩く人の音がする。

    誰かにつけられるのは分かったけど疲れて妙にハイテンションで
    『どんな面してるのか見てやる!』と意気込み、自宅前で待機。
    ガサガサも自宅前の共有廊下までついてきた。
    共有廊下で待ち構えてると階段を上がってきた男(何故かもうガサガサしてない)
    と目が合ったので、「何か用でs・・」 と尋ねようとした瞬間
    こっちに走ってきてアッとゆう間に背中を取られ
    「騒ぐな。騒いだら頃すぞ」と囁かれた。
    この時何故か私は「やべー昨日風呂入ってないから臭いだろうな」と考えてた。

    そのままずるずる人気の居ないマンションの端っこまで引っ張られ
    パソツに手を突っ込まれるまで「どうやったらあきらめるか」を考えて出た言葉
    私「私、エイズなんです!!!」
    男「え?!」
    そこからピタッと手をとめて何故が夜空の下でお話し。
    男「本当の事を言ってくれてありがとう。」
    「実は昔、元カノに忄生病を隠されて移された事があるんだ」
    と謎の衝撃告白をうける。
    そして「俺にキスできるか?」と聞かれそれくらいならOKと答えたら
    男「その気持ちだけで十分だ、ありがとう」と言って、携帯メールを交換して
    帰って行った。

    とにかく助かったと安堵し、まず男を刺激しないように
    自宅に戻ってからも当たり障りのないようにメールのやり取りを続けた。
    でも翌日夜からメールが来なくなった。

    125 :スカッとする修羅場まとめ 2013/09/02(月) 06:17:22 ID:/ih2mu2Y
    本日深夜三時ごろ、フローリングをペタペタ歩く音で目が覚めた。
    その時は隣の部屋で寝てる長男か夫がトイレにでも起きたんだろうと思ってぼんやりしてた。
    (次男が三ヶ月で夜泣きがあるから寝室分けてます)
    でもトイレを使う音がしてこない。
    真っ暗のなか明かりもつけずリビングから居間をうろついてる様子。
    怖くなって息を杀殳してた。
    今日は涼しかったからクーラーつけてない。
    寝室のドアや窓は開いてる。
    その時、うろついてるヤツが居間の電気を一瞬付けてすぐ消した。
    一瞬で後姿しか見えなかったけど


    ネ果の男だった。
    リアルに鳥肌たったよ。

    81 :スカッとする修羅場まとめ 2004/11/24(水) 12:46:38 ID:8fAl2w+W
    いい流れのうちに他板で見つけたのコピペ↓

    421 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:04/11/22 17:59:54 ID:eva+hyNK
    最近多い児童誘拐。
    でも自分の住んでいる地域は比較的治安は良かった・・・はずだった。
    学校帰り(午後4時ごろ)買い物をして気楽に帰っていると見慣れないワゴン車から
    腕を出して小学生の女の子と話をしている若い男。
    (・・・・誘拐?まさか)みたいな感じで何気なく通り過ぎようとしたら
    「でも、お母さんに聞かないと」「大丈夫。僕電話するから」
    (・・・・・ん?親戚のお兄さんか何かかな)みたいに聞き見立ててると
    「何にも怖くないよ、お菓子も玩具もたくさんあるよ、お兄さん優しいよ」
    (あ・・・・・・?)

    で、普段はない勇気を振り絞ったわけですよ。

    私「あのう・・・」
    男・小学生「・・・・・?!」
    私「ねえ、この人知ってる人なの?」
    小学生「知らないよ、でも真紀子ちゃん(友達?)のお兄さんだって」
    私「・・・でも知らない人ならまず、お母さんに断った方がいいんじゃない?」
    小学生「そうなんだけどお兄さんが電話してくれるって」
    私「自分でいいな、その方がお兄さんとも楽しく遊べると思うよ」

    そして男の方を見ると、すっごい眉間に皺寄せて
    「うるせえ!ブス!」と怒鳴り、車を急発進。小学生唖然で泣き出す。
    その後、二人で警察行きました。

    このページのトップヘ