友人

    173 :スカッとする修羅場まとめ 2014/10/13(月) 02:19:18 ID:w6W5uI2V.net
    吐き出させてください
    中学時代からの友人とfoしようと思う
    私と友人共にアラサー女で田舎の出身、就職や進学でなく都会に住みたいとの理由で22の時に友人が上京。
    それでも1~2ヶ月に1度は私が会いに行ってた
    友人が彼氏と同棲だったためわたしは一人でホテルに止まっていた

    優しい良い子だったのだが、片親で貧乏な家庭だったことが大変なコンプレックスだった
    私自身も裕福ではなく普通の家庭だが18で車を持つのが当たり前の田舎で二人とも二十歳まで原付しか買えず、そんな所に彼女は強い仲間意識を感じていたように思う

    彼女が目の敵にしていたのが努力もせず親に仕送りを貰い遊び呆けている大学生だったのだが
    わたしの兄弟の事もそう思っていたようで
    「弟はどこに就職したの?そんな会社聞いたことないよ大学まで出してもらったのに親不孝お金の無駄だったね」
    などと失礼なことを溢すときもあったが、大学に行けなかった彼女のコンプレックスの現れだろうと思いそこまで腹はたたなかった。

    無知で世間知らずの子でだったがそのぶん純粋で素直で可愛らしい性.格で、
    総理大臣の名前や年金の支払い方やクレジットカードの仕組みなどなんにも知らなかったけど、
    私にねぇねぇこれってどういう意味?って聞いてきて教えてあげると嬉しそうにありがとうって言う彼女の素直さや無邪気さが好きだった。

    686 :スカッとする修羅場まとめ 2010/08/19(木) 00:33:49 ID:YpDTPWGi
    犯罪レベルな話。
    フェイクありですが、もやもやしたので投下させてください。

    友人がセコママな話。
    友人はとある飲食店のパートをしている。
    勤続年数が長いので店長も頭が上がらないぐらいらしい。
    そんなママと系列店へ食事へ行った時、会計時に15%off優待券を提示。
    会計後に何気なく「従業員へのサービス?」と聞くと
    「まさかw職場のレジからパクってきたの~♪本当はスタンプカード貯まった人への特典なんだけどね!」
    こっちはもうドン引きですた。
    ママ曰く、スタンプカードはMAX貯まって50万円相当利用の額。カードの有効期限は1年だそう。
    「賄い毎日食べてるから大丈夫!」と言っていたが、年間50万円分の賄いを食べているのか…。
    怖くて聞けなかった。
    ちなみに賄いと言えど、半額程度は支払うらしい。これは他の従業員さんから聞いた。

    9 :スカッとする修羅場まとめ 2018/06/28(木) 15:56:07 ID:N0Y
    大親友だと未だに思ってる友達に
    「私ちゃんは可愛いから、結婚式に呼びたくないから、呼ばないね、でも大親友だからご祝儀はちょうだいね
    あ、私ちゃんの結婚式には、私ちゃんと私ちゃんの彼氏さん美男美女カップルで、ムカつくから呼んでもらっても行かないし、ムカつくから別れろ!って思ってる!ご祝儀もあげないから」
    って今日、言われたでござるwww
    これって向こうから絶交宣言なのかな?www
    理由があれだし、ショックだけど、なんか草生えて来た

    43 :スカッとする修羅場まとめ 2010/08/05(木) 17:18:52 ID:hU13ZK5T
    以前、うちにも来た。クーラー貧乏。
    久しぶりに会った、昔昔の友人が(偶然同じ街に住んでた)子供を連れて
    お昼時にいきなり訪ねてきた。
    でも私が冷房嫌いなので、うち、クーラー入れてないんだよね。
    (夫の帰宅に合わせて入れ、夫が出勤したら切る)
    短パン、Tシャツで内輪で仰ぎながら「暑いね~」って玄関で出迎えたら、
    「え゛!クーラー入れてないの???????」ってびっくりしてた。
    本当はあまり人を家に上げたくなかったので、直ぐ傍の公民館に冷房の効いた
    学習室があるよって教えたら、さっさと帰った。
    この学習室は近くの高校生が放課後集まって勉強しているので、あの親子が
    受け入れられたかは知らない。
    近くにショッピングセンターや市民プールもあるから、多分冷房だけじゃなく
    お昼ご飯もあてにしてたんだろうな。

    696 :スカッとする修羅場まとめ 2016/01/30(土) 01:28:12 ID:Z8a
    お気に入りのまとめサイトに惣菜の話があったので便乗

    私の友人A子は、誰もが羨む大手企業に新卒で採用され
    正社員で花形部署で働いていた
    日本で5本の指に入るくらいのトップ企業で、 ボーナスもたっぷり
    入社一年目から長期の休みは海外旅行に行って
    ブランド物を買いまくって楽しいでいたし
    ネイルサロン通いも、お稽古ごとも充実していた
    そんなA子がパン作りにハマった
    そして独身のまま32歳になり、なんと脱サラ
    地元の駅前の一等地のビルの1階のテナントにパンやをオープンさせた

    女の子らしく「将来カフェを開きたい」と漠然とした夢があったらしく
    アラサーでパン作りにハマったので急遽パン屋さんに変更
    製菓学校でパンを専攻したわけでもなく
    どこかのパン屋で修業しわけでもなく
    大手企業に実家から10年通勤し
    無駄に貯金だけあったので無謀な挑戦だった

    オープン初日にお店に行ったけど、なんか微妙だった
    お店のインテリアは可愛いんだけど「素人がお店やりました」感がぬぐえない
    そして雨が降ってきたのに傘立てがなく
    私が慌ててフランフランで買ってきてプレゼントしたほど
    そして驚いたのが、A子、大量の小麦粉やバターを近くのスーパーで買ってた
    普通こだわって選んで業者から購入するでしょうに

    パンは普通だった
    マズくはないけど、別に美味しくないし
    パン作りが趣味の主婦の人と変わらないレベル
    しかし家賃や人件費がかかるので、パンはぼったくり値
    あまりにお客が来ないので、徐々に値段を下げたけど
    コンビニ以下レベルのパンをコンビニ価格の2~3倍で売ってたので
    お店はいつも閑古鳥が鳴いていた

    99 :スカッとする修羅場まとめ 2017/10/09(月) 20:39:22 ID:42t
    誕生日にどこか飯食いに行こうと言われて行った事ないおしゃれなカフェに行きたいって頼んだ、いつも私が行き先決めてたから店は彼氏に決めて欲しい、それだけで物は要らないって要望した。彼氏は了承してくれた、嬉しかった。

    当日おめかしして待ち合わせの駅に着いて徒歩で行けると言うのでウキウキで歩いて行った、彼氏が自慢気にここだよ!って言ったのはコ●ダだった。

    コ●ダでいかにネット駆使してこの店を見つけ出したかを教えてくれた、口コミがーとかここのシロノワールがーとか。
    正直行ったことあるとは言えなくて、不慣れなのに一生懸命探してくれたんだなーと思って、可愛く思えて初めて来た感を演出してシロノワールに感激した。

    夜は私と彼の共通の友達がパーティを開いてくれるとの事で2人で参加した。
    プレゼントは何あげたんだよー!コンチクショウ!みたいなやり取りがあった後、私が行った事のないカフェをリクエストした事
    、自分ネットを駆使して(略、を友達に自慢気に説明した後、これだから都会の女は手がかかる!でもそこがいい!とか言ってて、みんな硬直してた。
    私は彼氏の後ろで「お願い察してニコニコ」してた。

    一部は察してくれて「よよ良かったじゃん!」的な反応してくれたけど、テレパシーが届かなかった1人が「コメダ?え??コメダ??あのコメダ???え??誕生日に???」発言して一瞬で空気が変わった。

    端折るけど結果振られた。
    これだから都会の女はって振られた。
    行った事あると正直に言うべきだったのか、後からでも嬉しかったのは事実だった言っても後の祭りだった。

    61 :スカッとする修羅場まとめ 2010/08/06(金) 09:13:12 ID:YAeLjR+L
    >>43みたいな応対をされたことがある。
    12~3年ほど前、仕事で営業先から直帰言われた時に、
    その街にいた昔の親友を手みやげにのお菓子買って尋ねてみたんだ。
    で、尋ねたときにあからさまに嫌な顔。
    あ~なんか悪いタイミングだったかなと思ってたら
    なぜか玄関外に彼女が出てきて
    「何の用?寒いんなら(2月だったかな?)その辺の喫茶店あるし
    ご飯もそっちで食べなさいよね、うちに集りに来ないでよ!」
    そんな言い方したことない子だったんでびっくりして
    「いやいやいや、久しぶりにこっちへ来たからあんたの顔見に来ただけ。
    迷惑ならもう来ないよ、これみんなで食べてね」と
    お菓子渡したらきょとんとしてたのでそのまま帰った。

    後日、彼女が半泣きで謝罪しにきた時に聞いた話では、
    彼女の子が行ってた幼稚園のママの間では
    人の家に上がり込んで暖房や冷房の節約したり、昼食や夕食を集るママが
    すごい数いたそうで(クラスの半分がそうだったとか)
    大人しかった彼女はターゲットになってたらしい。
    「突然尋ねてくれた嬉しさよりも「また集られる!」の意識が先行して
    あんな言い方になった、(私)ちゃんがそんなことするはずなかったのに」
    と、こっちが恐縮するくらい泣きながら頭下げてたよ。
    結局あちらの旦那さんと話し合うようにいった結果、彼女は軽いノイローゼになってたみたい。
    今は引っ越して別の穏やかな街で、元の彼女に戻ることができたけど
    タカリって怖いね、人の人格まで変えるんだから。

    726 :スカッとする修羅場まとめ 2013/09/11(水) 16:30:13 ID:OFQv3bK7
    やっと踏ん切りがついたので、厄落としに投下させてください。


    私は人生で引っ越しを一度しかしたことがなく
    結婚して子供が産まれてから、引っ越しといっても実家から車で5分。
    なので友達関係も今までと変わらずでした。

    新居(といってもアパート)に引っ越した祝いにと、友達6人程で自宅でお食事会をする事に…。
    (その日旦那は出張中、息子は義実家にお泊まりに)
    まず小学校から友達だったAと私が合流して買い出しに。
    その日は金曜日だったのですが、翌週の月曜に払わなくてはいけない支払いがあり私の財布には食費と別に折りたたんで5万円が入っていました。

    679 :スカッとする修羅場まとめ 2016/04/28(木) 06:48:26 ID:Fir
    社会人って難しいなと思ったけど、とりあえず親友と距離を置く事になった。
    親友Aは、気の強いお姉さんタイプ。
    グループを取りまとめるリーダーみたいな子だった。

    Aは大学卒業後イベント会社に就職し、私は定職に就かずフリーターしていた。
    と言うのも、私は小さな頃からバレエ、音楽、ミュージカルをやっていて、学生の頃から既に人前に立つ仕事をフリーで受けていた。
    司会や歌や踊りや、その他普通の接客など、仕事はまあまあコンスタントに入って来ていた。
    ある時Aから「イベントの手伝いをして欲しい」と声が掛かった。
    とあるイベントでヒラヒラの衣装を着て、お客様の呼び込みをしたりチラシ配りをしながら
    お客様とコミュニケーションする内容だった。
    依頼をOKし当日会場に行くと、Aの上司から「せっかく来てもらったけど、帰ってもらって良いよ」と言われた。
    何故かと言うとアルバイトの話を聞いた上司の娘とその友達が「可愛い衣装を着るバイトやりたい!」と、その仕事に就く事になったからとのこと。
    ヒラヒラの衣装を着てはしゃいでいる娘達を見て、上司は目尻を下げてニコニコしていた。
    どう見てもイベントには慣れておらず、友達同士はしゃいでいるだけでお客様はおざなりだ。
    だいたい当日に「帰って良い」と言われる事自体が初めてだし、あまりの屈辱感でAに怒りをぶつけて帰った。

    Aからは後日電話も有り「本当にごめん。今回かかった交通費は支払いします。また今度いいアルバイトがあったら絶対に声を掛けるから」と言って来た。

    そして更に後日「イベントで呼び込みや接客のお仕事があるから、是非きてくれない?」と言われ
    その時にはAとは喧嘩別れするつもりもなかったので引き受けた。
    そのイベントはAの会社の、前回とは別の上司と組んで接客をする内容だった。
    が、今回の上司もクズで、お客様には聞こえないよう耳元で
    「君、かわいいね。実は俺、芸能事務所と繋がりが有るんだ。
     俺自身も昔よくテレビに出てたんだ。○○っていうフォークグループ、知らない?あれ、俺。
     今度、俺の知ってる芸能事務所に紹介してあげるから、一緒に東京に行こう。
     ホテルも全部俺が手配してあげる。ディズニーランドにも連れてってあげる。
     でも親には内緒にするんだよ。親は心配して絶対反対するからさ」と、囁いて来る。
    上司の接近は出来るだけ避け、お客様の接客を一生懸命にしたが、
    お客様が減って来た最後の方では囁いた時に唇が耳に触れてゾクッとした。(不快ですっ)

    なんなんだよ、このイベント会社。

    イベント終了後、私はAに今回の出来事を伝え
    「Aの会社はおかしい」と怒りをぶつけた。
    いつもは気が強くて、何か言われても言い返すAが悲しそうに「ごめん」とだけ言って黙り込んだ。
    Aに「こんな会社、続けるつもり?」と言ったが
    Aは責任感が強く、入ったばかりの会社をすぐに辞めてしまうのは、いけない事だと言う意識が強いらしい。
    そして、いかにAが気が強くても、会社の上司に逆らえないことで
    今まで自信満々で大きく見えたAが、急に小さな人間に見えた。

    私はAに「今後はAの会社の仕事は一切引き受けない。連絡も要らない」と伝えた。
    社会人になって会社という組織に属すると、正義だけが通るとは限らないけど
    だったら私には就職は絶対無理だと改めて思った。

    14 :スカッとする修羅場まとめ 2018/12/31(月) 09:31:54 ID:6Xd
    3年ぐらい前のことだけど、遠方に嫁いで行った友人のお宅に10年ぐらいぶりに会いに行き
    旦那さんが単身赴任中なので一泊させてもらった。
    それまでの10年、電話やLINEとかではずっと会話してて
    お互いにしょっちゅう、太ったー太ったーって言ってたけど
    会ってみたら友人本当にかなり太ってて、結婚当時より20㌔ぐらい増量したそうだ。
    結婚前もお互いにぽっちゃり体型で、私も子供産んでからは特に太って
    結婚前より5㌔ぐらい太ってたんだけど、20㌔ってのはちょっとビックリした。
    ちなみに彼女も子供がひとりいる。
    一泊した翌朝、朝ごはんにトースト食べようとして、3種類のジャムとバターを出してくれた中から
    セルフでイチゴジャム塗ってたら、友人はバターを両面に塗って片面にはバターの上からジャムを塗ってた。
    ビックリして言葉が出なかったけど、増量の理由が垣間見えた気がした。
    自宅に戻ってからその光景が目に焼き付いて、反面教師とでも言うのか
    自分の食生活のことがすごく気になりだしてトーストに塗るバターの量を減らした。おやつも土日だけにした。
    友人とのLINEでは、その後何となく“太った”は禁句になり、お互いに何かギクシャクしてそのまま自然消滅。
    友人には申し訳ないけど、今はあの時会いに行って良かったと思ってる。
    おかげで意識が変わって標準体型になれた。

    このページのトップヘ