スカッとする修羅場まとめ

2chの生活板全般、カテゴリ雑談板のスレをまとめたサイトです。 鬼女、キチママ、修羅場、復讐、DQN返し、衝撃系スレがメインです。

    悲しい・切ない話


    147 :スカッとする修羅場まとめ 2019/05/11(土) 21:52:26 ID:XVONqikH.net
    お付き合いしている人が亡くなった
    形見に何か頂きたいとお母さんに連絡したら
    「マンション(賃貸、一人暮らし)早く引き払わなきゃいけないから業者に頼んで家財道具全部処分した」と言われた
    形見とかあげたくないからやんわりとお断りされたのかなと思っていたんだが
    本当に急いで全て処分してしまっていた事が最近分かり衝撃を受けた
    まさか本当に全て捨ててしまっていたなんて…
    お母さんから「落ち着いてきてよく考えたら全て処分してしまって後悔している
    動揺していたから慌ててしまった
    あなた、何か息子の肩身になるもの持ってない?」と連絡がきた
    彼が使い古したパワーストーンのブレスレットを貰った事があり
    それをリメイクして携帯ストラップにして殆ど使わずにしまっていたのがあったので
    それをあげたら「大切にする、ありがとうありがとう」と泣き崩れていた
    息子の急タヒに動揺して考えることもできなかったんだろう
    管理会社から「家賃発生するから~」と急かされたようで
    言われるがまま処分させられたことを聞いて胸が苦しくなった

    712 :スカッとする修羅場まとめ 2016/08/01(月) 00:08:37 ID:5aZp4KmB0.net
    十年前、姉が二十歳の誕生日の翌日に首吊り自杀殳したこと
    遺書は「自杀殳。生きるのめんどい。ほんとにそれだけだから気にしないでね!今までサンキュー。一応身辺整理はしといたよ。でも全部は流石に無理だったからゴメンけど後片付けヨロ!」だった。ほんとにこれが全文だった。軽すぎるわ

    こんな遺書残されたら「ざっけんな!」としか出てこず。嘆くことも怒ることも出来ず。残るのはずーっと気持ち悪いモヤモヤだけ
    警察の人もこんな遺書初めて見たって引き気味だった。恐らくこんな理由で自杀殳する訳ないって、我が家の健全性.を疑ったのだと思う。
    両親曰く虐待も疑われたようだし

    昔から無気力の塊みたいな人で、小学校に上がったあたりから「だるーい。何もしたくなーい。小学校行かない!」な人だったし、高学年になったあたりからちょくちょく
    「タヒんだ人はいいなー。何もしなくていいから」
    「子どもとしての義務は二十歳で果たせるから(?)二十歳になったらタヒぬね」と宣言していた
    どれだけ両親や私が、姉が楽しんで不安なく生きることが出来るよう手を尽くしても「いじめとか親が悪いとかそういうことじゃないんだよ。ただ面倒くさいんだよ」と効果なし
    ずっと言い続けていたとは言え、さすがに誕生日の翌日に実行するなんて夢にも思わなかった

    姉の人生って何だったんだろうか
    姉妹仲は普通に良かったし、こんなことがあっても結局大好きな姉だし、タヒんでほしくなかった。けど、本当に理解できない人だったと思う
    そんなに生きたくないくらい、私達家族や姉の周りの人々は姉にとって酷い人だったのだろうか
    それとも本当にただ生きること自体が苦痛で仕方ない人だったのだろうか。未だにわからない

    このことがトラウマで、子供を作りたくないから小梨希望の夫と結婚したけど、夫には子供嫌いが理由と言っている
    子供に産んだことすら否定された上に、私達にとっては理解出来ない理由で自杀殳された両親を見てきたから、もし子供に自杀殳されたらと思うと怖くて怖くて堪らない
    流石にこんなこと誰にも言えないわ
    両親と私だけが墓場に持ってく秘密だ

    266 :スカッとする修羅場まとめ 2017/08/30(水) 00:59:09 ID:mYm
    どうしたらいいのか分からないしどこに書いたらいいのか分からないのでここで吐き出させて

    今年の2月、弟が亡くなった
    弟と弟の彼女が乗っていたバイクが車と衝突
    後ろに乗っていた弟の彼女と車の運転手は幸いにも軽傷だった
    弟と弟彼女は仲良しでお互いの家もよく行き来していてもうすぐ婚約かなと思ってた
    その矢先の事故だった

    私と両親も大変だったけど彼女も大変だったと思う
    お通夜、葬儀のあたりはなんだかぼんやりしてよく覚えてないけど
    月命日に交差点に花を備えに行く時もいつも来てくれて私達を支えてくれた
    四十九日や初盆を終えてようやく私達も少しずつ弟のことを受け入れられるようになった
    彼女ちゃんはいい子だし早く立ち直ってくれるといいねとよく家族で話した

    この前、SNSで彼女の裏アカウントらしきものを見つけた
    鍵付きだったのでなんとなくインスタ用の別アカウントで申請したら許可されてフォロー
    間違いなく彼女のアカウントだった、スタンプで半分くらい隠してるけど顔写真がいっぱい載せてあった
    その中に「今日は××と付き合ってハーフイヤー記念日(ハートとキラキラの絵文字たくさん)」というのがあった
    その他にも彼氏とのラブラブっぷりが綴られていた
    弟じゃない彼氏
    弟が天国に行ってしまったのは2月、この彼氏とは半年記念日???
    は????? ってなった

    彼女は私達が辛いとき本当に頑張ってくれた
    彼女もいっぱい泣いていた
    でも事故の前日に××とツーショットの写真があった

    弟は普段自分が使っているフルフェイスのヘルメットを彼女にかぶせ
    自分はジェットヘルメットだった
    彼女が軽傷で済んだのはそれだけが原因ではないんだろうけど
    逆だったら良かったのに
    弟が助かれば良かったのに……
    なんで彼女がにこにこ笑っていて弟はこの世にいないんだろう

    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1419081989/




    791: 名無しさん@おーぷん 2015/01/22(木)10:44:25 ID:0p0
    文章が苦手なので作文みたいになってしまいました。すみません。
    ところどころフェイクいれてます。

    僕はいわゆる私生児として生まれました。
    母は父に家族がいて単身赴任者であることを知らずに付き合い
    僕を宿したあと結婚できない相手だと知った時にはもう堕ろせなかったそうです。
    当時それなりの修羅場があり、裁判もして認知と養育費を勝ち取ったのは
    僕が2歳になる頃だったそうです。







    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1494881715/
    213 :スカッとする修羅場まとめ 2018/06/19(火) 00:20:49 ID:XTpfI9hH.net
    子どもの頃の話。
    小1か小2の時、日曜日に両親と妹の幼稚園の運動会見に行った。
    トイレに行きたくなって1人でトイレへ行くことに。
    トイレは建物の中にあり、建物は上履きを履いて入る場所だったので、入口で靴を脱いで素足で入らなければいけなかった。
    トイレの床は素足でも大丈夫な素材を使っていて、清潔感もあった気がするが、記憶が定かではない。
    用を足して入口に行くと、小学校低学年だった私は焦った。
    自分の靴がない。
    親に買ってもらったばかりで、まだきれいなお気に入りの靴が見当たらない。
    焦ってたくさん並んでいる靴の中から必タヒに探していると、私が履いていたのと同じ靴で、汚れていてボロボロのやつを見つけた。
    しばらく考えて幼い私の頭でもわかった。
    すり替えられたのだと。

    靴履かないで外にでるわけにも行かず、私はその靴履いて両親のもとに戻った。
    両親に事情を説明すると、周りに人がたくさんいるのにすごく怒られた。
    私が名前書くのかっこ悪いから嫌と言って、買ったばかりの靴に名前を書かなかったからだと。
    その日は1日誰のかわからないボロボロの靴を履いて過ごした。
    マジ最悪な1日だった。
    家に帰ってからも両親ネチネチ怒られるし。
    その後、小学校卒業する頃までは、名前書ける私物は名前書いていた。
    何がプチ修羅場かって、小学校低学年にして、セコいドロに私物を盗られたこと。
    すり替えって言った方が正しいか。
    しかも、相手は私と同年代の子で、その親も共犯の可能性.があるってこと。
    トイレに行っていた5分前後で私物がボロボロの物にすり替えられてたというプチ修羅場。
    泣きたくなったよ。

    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1485523017/
    96 :スカッとする修羅場まとめ 2017/02/04(土) 19:18:20 ID:Mt6
    ある分譲宅地を購入して家を建てた。
    引越しを終えて一週間ぐらいした頃に、隣の奥さんから苦情があった。
    2階の娘がベランダに干した布団が目障りだから中に入れてくれって。
    ピンクの花柄のシーツを被せたまま干してたんだが、結構濃いピンクだったから目がチカチカするんだって。
    それから数日後に、今度は掃除機の音がうるさいから窓を閉めてかけろと言ってきた。
    「すぐに終わらせるので」と言って大急ぎでかけたけど、かけ終わるまでずっと「うるさーい!うるさーい!」って怒鳴られた。
    こりゃとんでもない土地を買っちまった・・・と悲しくなったものの、
    他の近所付き合いをしてるうちに、みなさんその奥さんとは何かしらトラブル(一方的にね)があったらしくて
    仲間がいると思うと気持ちが楽になって、あまり気にならなくなった。
    相変わらず掃除機をかける度に叫ばれたけど、イヤホンしてラジオを聴きながら知らん顔してた。
    3ヶ月ぐらい経った頃に、掃除中に何となくイヤホンを外してみたら静かだった。
    こっちがスルーを決め込んでるからやっと諦めたなと心の中で勝利宣言。
    その次に掃除機かけてる時も静かだった。
    が、静かなはずだった。その奥さん、心筋梗塞で亡くなってた。
    旦那さん、単身赴任中だって言ってのも実は嘘で、離婚して一人暮らしだったみたい。
    鬱陶しいお隣さんだと思ってたけど、たったひとりで誰に気付かれることもなく孤独に亡くなったのかと思うと
    さすがにちょっと可哀想な気がして、他の奥さん方も同じ気持ちだったようで町内会の有志で葬儀をだした。
    大きな声じゃ言えないが、3ヶ月ぐらいで解放してくれて有難うと言う思いも実はある。

    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1443191393/
            ワイマラナー, 子犬, 犬, é¼», 動物の肖像画  

    586 :スカッとする修羅場まとめ 2015/10/15(木) 15:54:40 ID:EGh
    うちの向かいは中型犬を飼っている。
    そろそろ1年くらい経つが、その間散歩してるのを見たのが飼い始めてすぐの
    たった2回のみ。

    どんな暑い日もただひたすら繋がれているだけ。
    ある日うちに来た友人が犬の激しい鳴き方(大きな小屋が揺れる勢いで暴れながら鳴く)を見て、
    あの犬、散歩連れてってもらってないんじゃない?あれは相当ストレスの溜まった鳴き方だよと言った。
    彼女に犬のこと話したことなかったからびっくりした。

    この間のすごく暑かった日、犬が隣接している家の柵を乗り越えてしまったらしい。
    私が仕事から帰ると、悲鳴のような鳴き方が聞こえるのでなんだろうと見たら、
    犬が柵に前足をかけて後ろ足で立ったままの状態。
    よく見ると、リードがおかしな具合にからまって前足を地面に下ろすと首が糸交まってしまうため動けなかったらしい。

    慌てて助けようとしたところに飼い主帰って来たけど、本当に可哀想。
    この先一生散歩も行けず、ただ繋がれてるだけなんて。

    何度も保健所?に通報しようと思ったけど、散歩云々の状況が分かるのはうちだけだからすぐバレる。
    いわゆるヤンキー一家だから関わるのが怖かったのと、
    すぐ逆切れするような人たちだから犬に八つ当たりしそうで出来なかった。

    けど、今回のことで決心ついた。明日通報します。
    無知ですみませんが、通報先は保健所ですか?それとも、別の機関でしょうか?


    7 :スカッとする修羅場まとめ 2019/02/04(月) 11:25:11 ID:F5C.zs.rc
    初めての妊娠5ヶ月でやっと安定期に入ったと思ったら子どもが心拍停止した。
    手術できる期間を過ぎてるから陣痛誘発剤で人工タヒ産をした。
    心身ともに地獄だった。

    1ヶ月ほど経って、病院から身体はもう問題ないと告げられ
    ずっと泣き暮らしてたけどそろそろ前向きに切り替えようと、約半年ぶりのお酒を夫と飲みに行った。
    せっかくなのでお酒の種類が豊富な有名居酒屋に行った。

    心機一転のために贅沢しようと思い切り、結構高価な日本酒の1合徳利を頼んだところで、
    ベビーカーに乗った赤ちゃんを連れた夫婦が来店し、よりによって隣のテーブルに座った。
    赤ちゃんの声が耳に入るだけでも憂鬱なのに、
    子どもが産まれたばかりだという店員と、出産の様子や新生児あるあるで盛り上がり始めた。
    父親の方がどうやら常連なのと、店内が空いてて暇なせいなのか店員はなかなか離れず、
    やっといなくなったと思ったらタブレット持って戻ってきて子どもの写真見せながら盛り上がっている。

    酒も食べ物も味がしなくなり、徳利も飲み切らないまま退店。
    ファミレスならともかく、居酒屋で隣に赤ちゃん連れが座る確率、店員が子ども産まれたばかりという確率、それぞれ高くはないと思う。
    ずっと悲しみに沈んでたけど前向きに切り替えようと
    やっと決心して行動したタイミングで、なぜこんな確率に当たってしまったのかと思うと、
    子どもを亡くしたのにまだ苦しみが足りないという啓示なのかと感じる。
    啓示なんて馬鹿馬鹿しいとは思うけど、子どもがタヒんでしまったのに幸せになるべきではないという思いにずっと取り憑かれていて、
    それでも心配して支えてくれる家族のために子どもを想いながらも楽しく生きようと決意したけど、
    出鼻を挫かれて、苦しみ悲しみ続けるべきだという強迫観念からまたしばらく逃れられそうにない。
    店員と夫婦は別に悪くないんだけど、モヤモヤがどうしようもなくてここで吐き出し。

    201 :スカッとする修羅場まとめ 2016/08/29(月) 03:19:38 ID:kMvW0xaU0.net
    犬を安楽タヒさせたこと

    18歳から飼っている犬だった
    ずっと一緒に暮らしてきて本当に可愛がっていたつもりだった
    犬が11歳を過ぎた頃に心臓を悪くしてお腹に水が溜まるようになった
    そこから14歳まで定期的にお腹の水を抜きに行ったり、
    薬を飲ませていた。
    月の診察代は四万くらいだった。
    正直ワープアだったから診察代はきつくて、
    バーのバイトも掛け持ちして診察代を稼いでいた。(昼の職場には内緒で)
    犬が15歳になった時の夏から、容体が悪くなって、
    ご飯も食べられない、歩けないになってしまって、
    何日か置きに点滴に行くようになった。
    夜も心配でつきっきりで、バイトにもいけなくなった。
    月の診察代は8万になった。乳がんの腫瘍があったけど、
    心臓が悪いので手術が出来なくて放置していた。
    その腫瘍がいよいよ悪くなってきていたようだった。
    ワープアだったからろくに貯金もなかった。
    自分の食費を切り詰めて、モヤシばかり食べていた。
    犬には、できるだけ体力をつけさせたくて、ゆがいたお肉やヤギミルクを与えていた。
    起き上がれないからオムツをしていた。
    昼休みは職場から家に戻って、オムツを替えたりしていた。
    ある日家に帰ったら、血を吐いていた。
    もうだめだと思った。
    自分の体力的にも、金銭的にも限界だった。私は2ヶ月で12キロも痩せていた。
    その日は職場を早退して、犬の病院に行って、もう限界ですと言ってしまった。
    犬も、体が痛くて、だきあげると泣いた。食べたがるけどすぐ吐いてしまっていた。
    夜泣きもひどくなっていた。寝不足だった。
    その日は、家に連れて帰って、お肉を食べた。
    犬も少しだけ食べれて、おとなしく寝てくれた。
    涙しか出なくて、ずっと犬の顔を見て泣いていた。
    次の日の診察が終わる頃に連れて行って、9/3に安楽タヒさせてしまった。
    最後の診察代は請求されなかった。あの時は、本当に苦しくて、いろんなことに余裕がなかった。
    その年が明けた頃、旦那と出会って結婚してびっくりするくらい生活は楽になった。
    幸せだなって感じると、犬のことを思い出してしまう。
    犬は、まわりには老衰って伝えてある。余裕がなくて安楽タヒさせてしまったなんて誰にも言えない。

    524 :スカッとする修羅場まとめ 2007/05/12(土) 09:41:36
    嫁「日本人ですか?」
    俺「どうしました?」

    学生時代、シアトルから日本に帰る際に、右往左往している
    嫁を発見。なにしてんだろ?と見ていると目が合って、話を聞くと、
    チケット記載のゲートに来たが、閉まってて入れないとの事。

    俺「チケット見せてもらえる?」 とりあえずカウンターに行き、
    正しいゲートを確認したところ、印字ミスが発覚し、再発行。
    新しいチケットを嫁に渡し、事の仔細を説明した。

    泣きそうな顔→笑顔になったところで、いろいろ話をしてくれた。
    今は、祖母と一緒に、オレゴンの叔母の所へ行く途中だということ。

    寒い日だったし、おばあさんも一緒だというから、俺は残った小銭で、
    紅茶を買い、ついでに「Seattle」と書いてある、帽子を買って、
    嫁に渡した。

    嫁はやっと堅い表情が取れて、帽子をかぶって笑ってた。

    嫁「一緒に写真とって下さい。」
    俺「いいですよ。」

    で、お互いの住所を交換して、俺は帰国した。
    しばらくしたら、手紙が送られてきて、あの時撮った、
    写真が入っていた。

    このページのトップヘ