復讐

    12 :スカッとする修羅場まとめ 2015/11/28(土) 15:24:49 ID:kBhFeqQ90.net
    フェイクありだけど、仕事も落ち着いてきたから書き逃げ。

    父は8○3で、いけないお薬やらにドップリはまっちゃって売人兼テイスター?って奴をやってた。
    要は売り物を少しだけ自分に使うこと。ラリっては訳のわからんことを言いながら母や俺を意識が無くなるまで殴るような毎日だった。
    そんで、復讐を決意。当時の俺は高校2年生。

    児相と婦相に逃げる計画と同時に、父の部屋からありとあらゆる重要そうな物(名前や連絡先が大量にある名簿。多分取引先)をスクールバッグに詰め込んで足取りの覚束ない足取りの母の手を引いて最寄の警察署へ。
    支離滅裂な説明ながらも助けてくれと訴えてたら、顔中青アザの母と服を捲り上げた俺の傷(カッター等で薄く切られたやつ)を見せたら冗談じゃなく10名以上の警官に囲まれて取調室?っぽい所に案内された。
    そこで持ってきていた証拠っぽいものを出したら、母も一通の封筒を警察に差し出してた。その中身が使用済みのポンプ。

    その後、2時間程度で婦相と児相の人が来て、離れ離れで暮らすことになった。
    もちろん父は俺と母の提出したものが決定打で逮捕。未だに服役中。
    就職した際、過去の精算だと思って喪服着て面会に行って、父の顔を無言で20分睨み続けた。
    初めのうちは「待っとけよ、出たらわかってんな?」と言われたが、俺が何も言わず見つめ続けるのがよっぽど不気味だったのか、泣きながらやめろと叫ばれ面会中止。
    父は毎晩叫んだり、何かに怯えるようにして部屋の隅に座り込んでいるらしいと聞いたのが最後。

    俺は今、嫁さんと慎ましく暮らしてる。
    母もどこかで元気にやってるらしい。

    747 :スカッとする修羅場まとめ 2015/08/15(土) 13:01:17 ID:1OP
    真夏に長文書き殴り

    私は子供の頃から年の近い兄に虐められ続けていた。
    怪我をするほどの暴力やモラハラセク八ラ。暴君だった。
    大学に入る頃には暴力は止んだけど、セク八ラモラハラは続いた。
    だから物凄く仲の悪い兄妹だった。

    両親は、その場では兄をとがめはしたけれど、
    暫くするとその事実(兄の暴君ぶり)を忘れた。
    バイアスって言うのかな、「お兄ちゃんはそんなことしない」。
    私に対してもそういうところがあったし、
    兄妹で大きな差別をされていた訳でもないけど、
    結果として兄=加害者 私=被害者となってしまった以上、
    それらを無かった事にするのは、私には差別に感じた。

    時が経って私も兄も社会人になり家を出て疎遠になった。
    そして兄が結婚する事になり、式の事などで家族で話し合い。
    その際に非常に些細なことで私と兄が言い合いになった。
    きっかけは、兄が「漫画は実は編集者が描いている」と
    言った事。私は出版業なので、それはありえないと言った。
    別に真面目に話していた訳じゃなくて、戯れ言として。
    すると兄が「お前みたいな精神異常者には理解出来ないのが社会。
    あ、もう喋んないでくれます?あなた気持ち悪いんでー。」
    ポカンとしてしまった。父が嗜めると、兄は
    「俺は会社でもバカにやつには言うよ?会議中でも。
    あなた気持ち悪いですぅ、口開かないで下さいねって。
    視野に入るのも気持ち悪過ぎるんで消えてくれます?ってねw」
    手をシッシッとする仕草をして、ドヤ顔で言い放った。
    びっくりして、上司とかクライアントがいる会社の会議で
    そんなこと言うの?ほんとに?と聞いたらキレられた。
    お前みたいな精神異常者が家族だと知られたくないんで
    結婚式には出て欲しくないと言われた。
    お嫁さんがどんな人かは知らないけど、身内が欠席してるのは
    不味いだろうと言ったけど、私は欠席で式は強行された。
    兄は、私をいない者として扱おうとしたが親戚に聞かれてバレ、
    「嫉妬でむくれてドタキャンした」と嘘をついたそうだ。
    まあそんなものが通るはずも無かったが、両親は笑いながら
    「もう、あの子はいつまでもお兄ちゃんっこで」と言っていたそう。
    周りは私と兄の仲を知っているので、察したようだ。
    そんな感じで、兄夫婦は親戚から遠巻きにされるようになった。
    お嫁さん側がどう思ったかは知らない。

    335 :スカッとする修羅場まとめ 2010/09/14(火) 16:05:31 O
    流れ豚切。

    うちの室内犬(ダルメシアン)を臭い臭い臭いとうるさいトメ。
    トメが来るときは外に出してるのに、わざわざ犬に近寄って鼻をつまんで「うわっ、くさっ」とかやる。

    ムカついたからトメの旅行中、ネズミのタヒ骸をタンスの中、押し入れの中、洗い場の下の棚に放置してやった。
    実家のネズミ取りに小さいのが5匹もひっかかってたから。

    暑さでものすごい臭いになったらしく、トメ、帰宅するなり「部屋のどこかにタヒ体がある!!」と電話してきた。

    知らね。

    166 :スカッとする修羅場まとめ 2015/09/26(土) 06:50:58 ID:Duy
    叔父の現在進行形の復讐
    20年以上前叔母が不倫をしたらしい、直後に妊娠、叔母と叔母両親の懇願で再構築開始、ただ叔母は不倫相手と切れずに年に数回会っていたらしい
    最近叔父の両親(私の祖父母)が病気で相次いで亡くなり49日が過ぎた後、叔父が叔母・従妹に対し不倫やその後の密会・さらに従妹が不倫相手の種で生まれたことを暴露したらしい
    叔父がこの時期に全部ぶちまけたのは、事情を全く知らなかった両親(私の祖父母)が亡くなってもう我慢する必要がなくなったかららしい
    らしいばかりで申し訳ないが、従妹や叔母が半泣きでうちの両親や私に報告(&叔父への執成し依頼)してきた内容だから
    叔母と叔母両親は「なんで今更、しかも従妹にまで喋るなんて!」と憤慨したが、発覚後の密会が全部把握されてるのを知って黙った
    従妹も「私のお父さんは叔父だけ!」って言ってたが叔父は「一度も娘だと思ったことはない!あの男と叔母の血を引くだけで虫唾が走る存在!」「何も知らないで孫と称する生き物を可愛がる両親が不憫で我慢してただけ」と切り捨てた

    125 :スカッとする修羅場まとめ 2016/12/30(金) 10:28:26 p.net
    黒い過去とは違うけど学生の頃に散々虐められた同級生の女の兄と結婚した
    義妹はブラコンだったからわざとアプローチして結婚までしてやった
    付き合ってるときは嫌がらせが凄かったし姑にも目の敵にされた
    でも地道に味方につけて今は義妹が実家を出て行く形になった
    最近は義妹とわずかだけど仲良くなってきたように思うけど
    油断できないから常に一歩引いた関係を保ってます

    29 :スカッとする修羅場まとめ 2015/12/24(木) 07:37:32 ID:Np3kGNO10.net
    20年前に男と蒸発した母親が臓器よこせと言ってきたので復讐した。

    長いうえに恨みつらみを書き連ねています。

    気分を害される方もいらっしゃると思うので不快に感じる方はスルーしてください。
    文才はありません。説明不足な点や読みにくいと感じる点があったら流してください。

    母親が蒸発したとき、私は小学5年生だった。以来私と兄は父が再婚するまで父子家庭で育った。
    母親は蒸発する際に、置手紙一枚で私たち家族を捨てていったが有り金は持って行った。


    私の兄はもう亡くなったけど2コ上で、生まれつき心臓に爆弾を抱えていて母親が持ち逃げしたお金の中にはこの兄の手術にあてるべく貯めていたものも含まれていた。
    母親の親はクソ。母親が失踪した際に父や残された私たち兄妹にあらぬ罵倒を浴びせてくれたうえに、手術しなければ20まで生きられないと告知されていた兄に面と向かって「金食い虫の役立たず」と罵った外道。


    母が蒸発して生活が一変した。

    もともと父は高額な手術費用の捻出に日勤の正社員勤めが終わった後、夜勤でドカタをしていた。
    母親も正社員で働いていたけれど、蒸発した後に残業と称して毎日帰りが遅かったのは不倫していたからだとわかった。

    蒸発する前に、母親は会社を独立する資金と父をだまし連帯保証人にして借金をした。
    不倫していたとは知らず、専門職に就いていた母は口癖のように「独立して軌道に乗れば父に掛け持ちなんてさせなくて済む。このままじゃ身体を壊す」的なことを繰り返していたから、不倫相手と暮らすための資金を調達させられるとは父も考えていなかった。


    貯金ゼロで借金を背負い、兄の手術費用まで工面することになった父は身を粉にして働いた。手術費用は父が親戚中に土下座して借りてきたものの借りたお金には返済がついて回る。

    家にはいつもお金がなかった。

    355 :スカッとする修羅場まとめ 2015/01/21(水) 20:55:17 ID:FFWDoiwg0.net
    見なかったことにしても事実は変わらなかった

    K子とは小学校からの同級生で家族ぐるみのつきあいがあった
    中学生の頃にはいつの間にか交際
    勘違いしてたわけではなくて告白のシーンがないまま一線を超えたコース
    大学二年の時にK子が妊娠して俺は勿論大喜びさ
    両家親は休学などもさせなければならないため
    避妊失敗について俺とK子をこっぴどく叱りもしたが
    次第に孫はよ生まれんかなムードで円満結婚へ向け準備
    そんな中K子は上の空や乾いた笑いが増えていった
    付き合い長い分妙だなと気づいてはいた
    そのタイミングのそれが暗示する内容に恐れをなして口に出せなかった

    妊娠判明から二ヶ月程して学生寮にいられなくなるので二人して新居へ移った
    その頃からやたらサークルの先輩であまり話さない院生のT司さんが新居に遊びに来たいというようになり何度か招待した
    出産予定日まであと一月という頃
    サークル会長のM実さんに話があると呼び出された
    待ち合わせのカラオケボックスの大部屋には
    サークルの大半のメンバーや俺と仲良い連中が揃っていた
    「痛々しくてみてらんないから言うけど
     あんたこのまま結婚してたって幸せなんか絶対なれないよ」
    からはじまってT司とK子が関係してる事を主張する
    「そんなわけあるか余計なお世話なんだよ!」
    今思えば怒鳴るってことは聞きたくないってことだった

    生まれた子供は子供はK子似の男の子
    K子は出産後から人が変わったかのように俺との接触を露骨に避けた
    出産したら男から子供へ大事な対象が移るというやつだと言い聞かせていた
    やたらと一旦家に帰ってサークルに子供を連れてきてT司に触れさせるところも見ていた
    気づきたくないなんて逃げを打っていたのは大間違いだった
    M実を始めとした一同は手遅れになる前にと何度も時間を作っては諭そうとしてくれていた

    337 :スカッとする修羅場まとめ 2015/12/24(木) 13:51:37 ID:Mn8
    先日従姉の結婚式に行ってきたんだけど、プランナー♀が俺の知人だったので
    式の前にちょっと声をかけたら、なんだかすごく元気がなかった
    式の準備で疲れてるのかと思ったけど、二次会中に荷物を取りに車に戻ったときに
    駐車場の隅で泣いてる彼女を発見

    話を聞いてみたら
    ・もともと新郎とプランナーは学生時代から交際していた←俺は知らなかった
    ・就職してすれ違いが続くうちに新郎が浮気して、新婦(従姉)と二股をかけられていた
    ・新婦から「私は婚約者だ、別れてくれないと訴える」とプランナーに連絡がきて二股発覚
    ・反論しようとしたが、あちらはすでに結納も済ませていて、こちらが浮気相手扱い
    ・泣く泣く別れたが、未練たらしく迫ってくる新郎を拒み切れず、1度だけ関係を持った
    ・それを新婦に「訴える」と脅され、慰謝料を払うか、自分たちの式を担当するかを選ぶよう迫られた
    ・慰謝料が払えなかったので、新郎新婦の式のプランナーになって、何とか無事に式を終わらせたけど
     やっぱり悔しくて悲しくて、隠れて泣いていた←俺が発見したのはココ
    ・ちなみにその事情を式場側は知らず、ただ「新郎とプランナーが学生時代の同窓生で、そのつながりで
     式場を選んだ」としか思っていない

    幸せな二人の姿を見せつけるだけでなく、それに至る経過もすべて見せる・携わらせるというのが
    新婦の復讐だったんだろうね
    プランナーを擁護しようにも、結納しているのをわかっていて寝ちゃってるからね
    もちろん一番悪いのは新郎なんだけど、従姉超怖いと思った

    901 :スカッとする修羅場まとめ 2012/08/30(木) 09:55:32 0
    兄嫁の母親が倒れたので、兄夫婦が実家の家族会議に出席した際、
    兄が「嫁が介護に通うことも認められないし、金銭的援助出来ない」と宣言してきたらしい。
    どうしても看たいなら、離婚届に判を押してから、とも。
    相当責められたらしいけど
    「自分はされた事をしただけ」「そういう覚悟は嫁にも義母にもあったはず」
    で押し切ったって。

    私の母が寝たきりになった時に、兄嫁が吐いたセリフと同じことを言っただけ。
    人の生きタヒにに便乗した復讐も褒められたもんじゃないけど
    兄嫁も兄嫁母も人として尊敬できないので、兄GJ!

    283 :スカッとする修羅場まとめ 2012/07/20(金) 02:00:40 ID:k2mJw7H10
    10代の頃、いじめを受け、精神を病み、ひきこもりになった。

    家をでることもできない状態だったけど
    祖父が入院したと聞き、がんばって新幹線に乗って病室にお見舞いに行った。
    しかし祖父は「おまえは一族の恥だ」とののしり、私だけ病室に入れてくれなかった。
    同居していた孫はかわいいようで、結婚式には豪華な派手婚をさせていた。
    私が結婚したときにはお祝いの手紙ひとつなかった。

    あれから10年。

    派手婚した従姉妹は、数年で離婚。
    唯一離婚してない従姉妹も子宝に恵まれず。

    高収入エリートに見初められ、結婚した私だけ子供を産んだ。
    祖父は唯一の跡取りに会いたがっていると聞いたけど、一生会わせないし、継がせない。

    このページのトップヘ