スカッとする修羅場まとめ

2chの生活板全般、カテゴリ雑談板のスレをまとめたサイトです。 鬼女、キチママ、修羅場、復讐、DQN返し、衝撃系スレがメインです。

    ワロタ

    146 :スカッとする修羅場まとめ 2018/01/12(金) 18:36:33 ID:???
    婆ね自治会に入ってないの
    強い意思を持って断固入りません!って訳じゃなくて
    引っ越して出産して育児に終われて復職して~
    ってやってたら時間ないしいいやって思っちゃって
    手続きしてなかっただけなの
    そしたら今日よ!
    ・自治会に入ってない人は災害時に避難所に入れてあげません。
    ・備蓄食材も、自治体への配給も分けてあげません。
    ・でも、お前の家は太陽光発電がついてるので自治会会員に優先的に電気使わせます。って誓約書持ってこい
    ・今謝れば許してやる
    ・年取りの言うことは聞くべき
    っていう内容の手紙がポストに入ってたの
    今後は強い意思を持って断固入りませんと決意を固めたわ
    自治会長は同級生の父親だし
    「おっちゃん!ナニコレ!?」って文句言ってきたわ
    会長は「ナニコレwwwwちょwwww備蓄食材はともかく支援物資の配給分けないとかwwww違法じゃない??誰か調べて怒っとくよwwww」
    って馬廘うけだったわ

    685 :スカッとする修羅場まとめ 2012/02/16(木) 09:18:47 ID:0RIPpzJkO
    エセ不思議ちゃんこじらせてCoccoとかそういう病んでる系に憧れてた時期があって
    路上で気持ち悪い絵や詞を披露したり
    土砂降りのなか傘も持たず白いワンピ着てネ果足で外に出て
    踊ったり悲しみに暮れてる感じを体全体で表現したり
    黒いワンピを着て「私の中の泥の部分が~」とか言って苦悩にのたうちまわる様を体現したりしてた。
    思い出すだけでタヒにたくなる。

    231 :スカッとする修羅場まとめ 2013/06/10(月) 12:52:24 ID:ZH3ivPOG
    昨日、友人数人とボーリングしに行ったんだが、私の幼馴染のA子が来ていなかった。
    その時は、用事があったのかな?くらいにしか思っていなかったんだが、その後ファミレスで夕飯食べてる時に元々誘っていなかったということが分かった。
    仲良かったのにどうして誘わなかったんだろうと思って、そのまま尋ねたらみんなが半ギレ気味にA子について語り始めた。
    友人たち曰く、A子と遊ぶといつも何かを奢れとか言われたり、自分の方が高いものを食べたくせに「ご飯代は割り勘ね」とか言い出すらしい。
    私は一度もそんなことを言われたことがない(と思っていた)ので物凄く驚いて「全然知らなかった……今度A子にあった時にそれとなく注意しとくね」と言っておいた。
    すると、その場にいたほぼ全員が「あんたいっつもたかられてたじゃん!」と総ツッコミ。
    私は意味がわからなくて「私はそんなこと一度も言われたことないよ」と言ったら、みんな次々に中学時代や高校時代に私がA子にされたことを言い出した。
    私が昼ごはんに購買でパンを買いに行くと必ずついていき「私あれ食べたいから買って!一口ちょうだい!」と言っていたとか。
    学校帰りにマックに行くと自分はバーガー単品しか頼ずに私のポテトをつまんでた、とかそんな感じのことばかりだった。

    長くなったのでわけます。

    587 :スカッとする修羅場まとめ 2005/04/04(月) 15:09:22 ID:DGLAaN8I
    消防の頃、転校先の学校で悪ガキグループにいじめられた。原因は私の東京弁。
    キモチワルイとか気取ってんじゃねーよ!とか。理不尽だけど消防とはそんなモンだ。
    で、どんどん無口で暗くなる私。

    新しい学期になって学級委員長を決める時期になった。
    そもそも学級委員長というのは、そのクラスの一番勉強できる子とか
    リーダーシップのある子とかが、本人もまんざらでもない気持ちでなるのがデフォだ。
    ところがその悪ガキグループの画策(私に投票する様にクラス全員に根回し)で、
    私が学級委員長になってしまった。いじめられた事も初めてだったけど、前の学校では
    万年図書委員か保健委員だった私にすれば恐怖以外の何物でもナイ出来事。人生最初の大試練ですよ。
    余談だけど、私のせいで副委員長になってしまったクラス1の秀才クン・万年学級委員長の彼にとっては
    もしかして人生最初の挫折だったかもしれんなぁと、今になって思う。

    505 :スカッとする修羅場まとめ 2017/05/18(木) 10:41:44 ID:btG8Zagw.net
    高校生の頃に電車のホームの自販機でジュースを買って取り出そうとしたときに奪い去った若い男が、回送中の特急電車に逃げ込み車庫に運ばれていったことがあった。

    810 :スカッとする修羅場まとめ 2016/08/03(水) 10:55:30 ID:SR2
    今日のトメ

    「おかあさん!!(私)プリン食べよう!!プリン産直でプリン買ってきたよ!!美味しそうだったから孫ちゃんたちにも食べさせたくていっぱい買ってきたよ!!」といそいそとまな板と包丁を出す。
    産直でプリン?
    確かに手作りのお菓子を売ってるところもあるからなぁ、と思いつつwktkして横から見ていた。
    ...緑だぞ?丸いぞ?んん?
    「ばあちゃん、それメロンwww」
    膝から崩れ落ちて爆笑トメさん。
    何事かとウトさんと子どもたちが台所に来るも、酸欠になるほど笑っているので「はぁ?」と言われる始末。

    490 :スカッとする修羅場まとめ 2021/04/25(日) 11:04:44 ID:2m.od.L1
    うわ、貼り付け失敗。
    こっちが先

    ----
    同僚A子はエビが嫌いだそうで、絶対にエビを食べない。
    居酒屋で点心類が出てきた時は、必ず店員に
    「これ、エビが入ってますか?」
    と確認してたし、カルビーのかっぱえびせんさえ食べない。
    カニは食べてたから、アレルギーではなさそうだ。

    656 :スカッとする修羅場まとめ 2007/08/31(金) 02:34:37 ID:sawLtfzj

    177 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/08/28(火) 01:48:53 ID:???
    投下。

    極悪姉但しとても器用。両親経営の雑貨店勤務。
    一見優しそうで華奢なので、周囲に極悪だと知る人は少ない。
    姫系ワンピが自作だと知ったクレクレA(友人の友人)が、テンプレ通り
    「余った布でいいから」「暇なときにちゃちゃっと」「練習台になってあげる」「友達じゃん」
    と、言い出したそうだ。
    先日、親の使いで店に行ったら、再び買い物もしないのにAが居座っているところでした。
    以降、極悪姉のクレクレ撃退中継です。

    A「ね、いいでしょ?」
    極悪姉「うーん、もっとかわいくお願いしてほしいかも」
    A「じゃあ~(小首をかしげ手をお祈り組みにして)お願い♪」

    297 :スカッとする修羅場まとめ 2007/03/17(土) 17:26:12
    今日休日出勤なんだが、嫁がオカンに呼び出されたらしい。
    オカンから「嫁が失礼をして恥かいた!」っつー怒りのメールが着てた。
    興奮して打ったのか所々暗号みたいな文面で訳が分からんから
    休憩中、嫁に確認してみた。
    「緊急だと言うんで赤ちゃん連れて行ってみたらお母さんの友達が
    勢揃いしてた。
    ひとしきり赤ちゃんの相手で盛り上がってから、皆の前で
    授㲗するよう強請された。腹が立ったので、お母さん達に先に
    胸をはだけて欲しいとお願いした。お母さんは怒って友達たちは
    笑ってた。後悔はしていない」
    こういう事らしいw
    想像すると笑いが止まらん俺ガイルw

    343 :スカッとする修羅場まとめ 2008/07/06(日) 12:41:54 ID:DRKo75oJ
    高校・大学と常にトップの成績で、リーダーシップもあり生徒会長とかクラブの部長とかをこなしていた彼。
    就職して一ヶ月で「あの会社じゃ俺の力が発揮できない」とか言って辞めた。
    それから特に就職活動はおろかバイトするわけでもなくニート生活。
    ま、彼ならいずれ大丈夫だろうと思っていた。
    私が就職して半年ほどたち、目標の貯金も貯まったので、親元から独立して一人暮らしを始めようとしたら、彼は何故か引越しの指図をいろいろしてきた。
    電気ガス水道の手配のチェック表を作成してきたり、家具は地震対策で向きがどうとか、引越し業者の値段比較とか…こんなところでリーダーシップ発揮しなくてもよいのに。
    全部自分でやりたかったので、そう伝えたら「俺の生活にも関わる事でしょ?」って、もしや一緒に住む気なのか??と驚いて見つめたら、
    さすがリーダー、そんな私の気配を察知したのか、「ほら、すぐ俺も一人暮らし始めるし、そん時はついでに一緒に住んだりするのも考えてもいいし」とか、『俺は転がり込もうなんて思ってないよ』的な言い訳を始めた。
    冷めた。

    このページのトップヘ