恐怖

    833 :スカッとする修羅場まとめ 2016/02/21(日) 05:50:17 ID:cbvV2LL6.net
    修羅場といっても、事件や事故に巻き込まれたわけでもなく
    単なる精神的な修羅場です

    20年ほど前、中古の一軒家を購入
    住み始めて数日後、小学校低学年くらいの子が家に来て
    「ここ、僕ん家なんだけど」と言い出した
    最初は???でしたが、すぐに前の住人だろうなと思い
    今は、私たちが住んでいるから僕の家は違う所になったんだよみたいなことを言って帰した

    隣の奥さんに聞いてみたら、たぶんその通りで
    旦那さんがパチ〇コ中毒で借金して離婚してローンが返せなくなっての物件だった
    家の程度もよく住所も色々便利で値段もお買い得だったから購入したのだけど
    気分的に離婚理由もローンが返せなくなったのも自分たちのせいの気がして嫌な気分になった
    中古住宅物件というものは、こういった嫌な気持ちも付いてくるから安いんだなと思った

    これが私の中の第一の心の中の修羅場
    続きます

    863 :スカッとする修羅場まとめ 2013/06/25(火) 18:23:57 ID:+J7Wo7/P
    大昔の少年団のキャンプ。現地に着いてテントを張ったところで集合。リーダーの人曰く、
    「こんな場所しか取れなくてごめんな。」と。向かいの古い木造の建物は以前結核の療養所
    で、テントを張った所は亡くなった人の墓地の跡で所々凹んでいるのは埋葬した跡とのこと。
    夜になると上流の広場から人骨が発見されたとかで子どもは全員パニック。テントの下に
    南妙法蓮華経と書いた紙を敷いて眠る奴まで出てきた。

    後でわかったんだが木造の建物は営林署、テントを張った所の凹みは苗木を植えた跡だった。

    あの時のリーダー、お前らやり過ぎだ!

    858 :スカッとする修羅場まとめ 2013/06/25(火) 18:23:52 ID:TOdJ46+0
    真夜中にバイクで山を走りに行った時の一人プチ修羅場。大した話じゃなくてすまん。
    心霊スポットで有名な某山林を真夜中に一人でバイクで走ってた。民家があるところに出て、信号で止まっていた。
    ふと横を見ると3歳くらいの男の子が1人でネ果足で走っていて、自分の横を通り、曲がり角を曲がっていった。
    こんな夜中に一人であぶないなーと思い、信号が変わってその子の様子を見ようとして同じ曲がり角を曲がった。そしたら、そこはすぐに行き止まりで男の子の姿はなかった。
    全身に鳥肌がたって、即帰宅した。よくよく考えたらお盆真っ盛りだった。お盆の夜のバイクはもうやめます。

    108 :スカッとする修羅場まとめ 2016/08/23(火) 16:00:03 ID:0rfhssHN0.net
    友達とか知り合いとか嫌いな人とかの名前検索するのが大好きなこと
    今どこに勤めてるとか何してるとかどこに住んでるとか調べるのが楽しみ
    鍵アカウントならbotとか作って入り込む
    全然知らない人でも興味がわいたら調べまくる
    本人が個人情報バレないようにしててもその友達からバンバン情報が漏れてたりして面白い
    だから周辺もどんどん探りたくなる

    家の窓から撮った写真はアタリがついてれば住んでる場所すぐ見つかる
    あと賃貸だったら室内の写真からもわりと特定できる
    別の板で検証どんどんされて超濃厚にヲチされてる人物の物件も見つけた
    スレの人たちは誰も発見してないみたいだけど

    調べて目的までたどり着いたらすごく満足するだだそれだけ
    もちろん悪用したりはしない
    でもこんな趣味誰にも言えない

    702 :スカッとする修羅場まとめ 2016/02/12(金) 19:09:46 ID:qkJpci/g.net
    もうかなーり昔jkだった頃
    父の仕事の関係で古都から山の方の沿線に引っ越しをすることになった
    私は私学の高校だったので汽車(まだディーゼルだった→電化)に乗って、高校大学(一貫)まで通うことになった
    普段は通学に時間が掛かるので、学校が終わって直ぐ帰ってたんだけど、行事とかある時は暗くなって帰ることもありその時のこと・・・
    その沿線では有名?な足の不自由な気持ち悪い中年男(後に兄が893と聞いた)に帰りの汽車の中で絡まれたのが修羅場
    「遊ばへんか~??」みたいな事を言いながら隣の席に座られ顔の10cmぐらいまで接近されてもうパニック(もうブチューっとされるかと思って覚悟した)
    心のなかで(もう誰か助けてー!)ってなってる時に、30前ぐらい?のサラリーマン登場
    サ「嫌がってるんやから離れろや」
    男「あ゙~!誰にものいうとるねん!!」
    サ「離れろ言うとるやろ!」
    ここで途中の駅に停車の為減速
    男「降りろやこらぁ!」
    サ(分かったわい!みたいな感じ)
    停車プシュー→男がドアの前に移動したぐらいでサラリーマンが後ろからキック→男ホームに無様に転落→プシューっと扉閉まる
    その駅は観光地名の渓谷の周りに何もない駅で次の汽車が来るまでどうしようもない駅でした
    サラリーマンさんにお礼言うと、「あれ危ないから次からは同じ汽車に乗らないように気をつけてね」っぽい事を言われてから隣の車両に移って行かれました
    と言っても、そのご6年間同じ路線で通学していたので、何度か同じ男が汽車(途中からは電車になりましたが)で女性.に絡んでるのを目撃しました
    (もう私には来ないで!)と祈るだけで、何も出来なかった(ホントに怖かった)

    872 :スカッとする修羅場まとめ 2016/02/22(月) 15:31:37 ID:RIlwL1T6.net
    他の板やスレで何回か書いたことあるけど
    むかしマンションの内覧会で客を室内に上げて暫くしたら「お爺さんが和室に座っている」と
    苦情があり、自分と客が和室に確認しに行ったら既に消えていたこと
    自分は平気な顔して「ああ、すみません、掃除のお爺さんです」と
    鳥肌立った腕を隠してその場を繕ったけど
    その部屋は退院できない老人の親族が売りに出したものである。
    その部屋の鍵は変更済であり会社と自分しか鍵は持っていない事
    客の話した爺さんの外見が、退院できない老人と瓜二つであること
    十数階の部屋から忽然と消えたこと

    まだ、タヒんでないので事故物件じゃないけど
    マジに顔面蒼白で自分にとっては修羅場でした。

    282 :スカッとする修羅場まとめ 2015/04/15(水) 15:47:40 ID:Onz
    昼のショッピングモールの立体駐車場でのこと。
    2車線以上道幅はあるのに中央をよろよろと走行する茶色のタント。
    空いている駐車場を見つけては吟味するのに左右にふらふら。
    バック駐車するのに車の頭をつけるような動作をする。
    私はかなりゆっくり後ろを走っていたが、すぐ追いついた。
    追い越そうとして私が右に出ると、決められないのかまた道の中央へ。
    クラクション鳴らそうかと思ったほどだが、薄暗い中でこちらの車は黒だし気づいてないのかと思い我慢。

    店入口も通り過ぎ、違う入口に行きたかったのかなと思っていると、タントは入口から離れた場所の左側へバック駐車。
    意外にも1発で完了。
    私は少し違和感を感じて右に膨らみ避けるようにしながら通り過ぎようとした。
    すると、私の車の助手席に目がけて飛び出てきた。
    自分には当たらなかったけど、運転手がてんかん発作でも起きたのかと焦ってタントの運転手に目をやるとこちらを睨んでいた。
    顔の筋肉が全て緩んだ無表情で文句言いたげにジーっと見つめてくる。
    本当に気持ち悪くてゾッとした。
    ナチュラル可愛い系、蒼井ゆうと永作博美とほっぺに柳原を混ぜたような顔。
    そのギャップがまた狂気。

    追い越そうとしたことやライトをつけていたことが気に入らなかったのか。
    ハイビームもパッシングもしてないし、車間はとってたというか近寄りたくない。
    駐車場選別&バック駐車中に後ろで待たせた相手に手をあげたりお辞儀もないどころか、当たるふりして脅し、睨むなんて神経わからん。

    77 :スカッとする修羅場まとめ 2013/08/31(土) 09:56:00 ID:3w+1rcZy
    坊主頭のメガネ猿のような男に「お前が俺のことを好きなのは知ってる。俺のことをかぎまわっていることも、俺の彼女に危害を加えて自分が彼女の座につこうと画策していることも全部知ってるぞ」とボコられたこと。
    まだ高校1年だった私をメガネ猿本人と、その彼女の弟の男二人に、夜の路地裏で小突き回され、蹴られ、往復びんたや腹パンチをくらった。
    いきなりの事で、「好きではない。好きだったこともない」と何度言っても信じず、あふれ出た鼻血をみて、さらにエキサイトする二人に、このまま犯されたらどうしよう、杀殳されたらどうしようと考え続けた時間は地獄だった。
    それまで普通に生きていただけに、人にあんなに殴られたことも初めてだったし、好きじゃないことを信用させる言葉が出ない自分にも腹が立った。
    「これ以上、俺をかぎまわったら次はこの程度じゃ済ませない」と唾を吐きかけられ、2・30分後に解放された。
    今だったら警察に駆け込むとかいろいろ出来ただろうことも、その当時の自分には出来なかったし、そのことを人に話すのも恐ろしかった。
    後日、その男が「あれは俺の勘違いだった。俺をかぎまわっている奴は別にいた」と報告された。謝罪は無かった。
    狭い町なので、いずれどこかで会うかもしれない。
    その時には「私、あの件を忘れてないから。絶対に許さないから」となんの恐怖もなく言えるようになっていたいと思う。

    209 :スカッとする修羅場まとめ 2018/06/04(月) 23:10:04 ID:xWGwfTTb.net
    小さいロープウェイに乗っていたらとんでもない大きさのオオスズメバチが入ってきた
    阿鼻叫喚
    まだ小さい長男の肩に止まった→長男がこっちへ歩いてこようとしたとき最高にカオス
    払い除けることも出来ないし夫婦で泣いた

    何より上へ向かっていたので刺されたら救助まで時間かかるし、長男やさらに小さい次男が刺されたら命の危機
    というより、上部内倒し窓の5センチくらいの隙間から入ってくるとかどんな確率だよ

    幸いハチはガラスへ何度も体当たりしていてこちらへ向かってこなかった
    山頂へ着いたら転がるように出て係員へ伝えた、ロープウェイ止まったよ
    そして係員が言うには、まさかのオオスズメバチの女王蜂だった
    産卵期なので刺されなかったらしい、不幸中の幸いというか、地獄中の幸いだった

    もう一生ロープウェイ乗らない

    400 :スカッとする修羅場まとめ 2010/06/25(金) 01:46:40 ID:+k7vEbGV
    眠れないのでお焚きあげに。
    自分は学生ですが相手がママでした。

    バイトを終えて帰ろうとしたところ携帯をロッカールームに忘れたのを思い出して戻りました
    そしたら私の携帯を楽しそうに弄ってるAさんの姿が。
    「なにやってるんですか!」と奪い返すと、Aさんがとてもキラキラした目で
    「この携帯くれない?」
    「いや駄目です!私の携帯です!」
    「うちの子、この携帯きっとすごく好きだと思うの!ねえ頂戴!」
    「いやです、私の携帯なんです!私の携帯!私の携帯なんですー!!」
    携帯の奪い合いをしていたところバイトのリーダーさんが来て、私とAさんの話を聞くことになりました。
    Aさんは最初から「(私)さんの携帯はうちの子が好きそう。だから私にあげるべき」という論調なので
    リーダーさんもすぐに私を帰らせてくれました。
    普段はまともな人間に見えるAさんが突然そんなことを言い出して本当に怖かったです。
    なにより、30代の女性.の目をキラキラさせる表情はちょっとどうかと思いました。

    Aさんがバイトを辞めることになったのでお焚き上げに投下してみました。

    このページのトップヘ