いじめ

    228 :スカッとする修羅場まとめ 2014/11/24(月) 08:02:15 ID:xIV
    フェイクあり
    昔中学生の頃イジメにあってた
    小学生の頃は明るいお調子者だったんだけど、中学ではそれがたたって目をつけられてね
    デブだったしいじりやすかったってのもあったのかも知れない
    いじりがイジメにエスカレートするのはすぐだった、二学期くらいでイジメになった
    んでイジメしてる同級生Aがおなじ部活で、部活の先輩BCまでイジメに乗っかって
    2年生の時は一部後輩までイジメに参入した
    最初は暴力で、だんだん精神にくるような陰湿なイジメに変わっていった
    女子マネの前でネ果に剥かれてオなニーさせられそうにもなった
    まあやり方知らんかったから最終的にはネ果放置で終わったけどね
    ちなみにその女子マネもイジメる側ね
    後で知ったけど女子マネがAに、俺が気に食わないって言ったことがイジメのきっかけだったってさ
    毎日俯いて帰ってたんだけど、親とかには言えなかったから、家では明るく振る舞った

    昼飯はAは他のとつるんでどっか行くんで、俺は一人で教室から出て食べてた
    ある時お弁当開けようとするとビチョビチョになっててさ
    異臭もするのよ
    もう開ける前からわかったけど、ションベン漬けにされてた
    なんかね、よく分からん感情が渦巻いてね
    何考えてたか覚えてない
    そのまま弁当箱に蓋してしまって、教室に帰った
    Aが他のと一緒にダベってたんで、近寄って、他の奴の態度で気付いて振り向いたところを、
    弁当箱を顔面に打ち下ろした
    アルミ製の大きめの箱だったんだけど、うまく角から頬骨に当ってくれてさ
    まあそっからもよくは覚えてない、とりあえず弁当箱でガッツンガツン顔面強打
    止めにはいった他の奴二人にも一発ずつガッツン
    こいつらもイジメに参加してたから同罪なんだけど、即戦意喪失してた
    誰かが「先生ーっ!」って呼びに行ってたけど、担任は屑だったからすぐには来ない
    今までもそうだったしね

    担任は来たけど睨んだら逃げて体育教師呼びに行った
    体育教師に止められた時はグチャグチャな顔面にションベンまみれの飯を突っ込んでたわ
    俺、グエー!グエー!(食え!食え!)って叫んでたらしい

    499 :スカッとする修羅場まとめ 2016/02/22(月) 00:52:52 ID:a3c
    長いわりにあまり黒くないかも
    前の職場で酷いいじめにあっていた
    主犯はAっていう主婦
    私は営業事務でAは派遣だったんだけど、正社員になれなかった腹いせを私で晴らしているようだった
    職場ハブはどうでもよかったけど、重要書類を捨てられたりと業務に支障の出る嫌がらせもありノイローゼ寸前だった
    派遣には秘密だが、私は同じ課の派遣社員のPC履歴を見る権限がある
    ある日、Aが会社のPCでツイッターをしている履歴があった
    アカウント情報も残っていたので自宅で開くと、「キラキラ輝く兼業主婦 年収1000万」みたいな嘘ばかりの反吐が出るアカウントだった
    ネットのAはたくさんのフォロワーに囲まれ憧れられる存在だった
    そこで私は「田中文子」みたいな全くの偽名アカウントを作成、Aにリプライを送った
    「こんにちはA(本名)さん」
    「Aさんの職場の○○はいい会社ですね」
    「Aさんの派遣会社△△にいきました」
    「Aさんの夫のアルバイト先のコンビニに行きました」
    などなど
    二日でブロックされたけど、同じ名前で別アカウントを作って、私が知りえるAの情報を吐き出しまくった
    Aの動揺ぶりは面白かった
    職場でイライラしながら画面をにらみ、手下をくだらないことで怒鳴り散らすAを見ているのは面白かった
    一週間ほどでツイッターを消してしまったのでがっかりしたが、AのPC履歴を見たら2ちゃんの家庭板に書き込みをしていた
    終業後にAのPCを起動したらクッキーが残っていて、コテを付けて相談スレで相談をしていた
    なんと自分が男で妻に浮気をされているという創作だった
    こいつアホか~!とゲラゲラ笑いながらツイッターの時と同じ名前のコテで同じような内容のことを書きこんだ
    Aの憔悴っぷりは本当に面白かった
    もうめぼしい履歴は無かったので、とどめにAの子が通う保育園に「田中文子ですけど、A子ちゃんのことでお話があるとAさんにお伝えいただけますか?」と公衆電話から電話した
    ついでに会社で「Aさん、田中文子って人からお電話です」と電話もかかっていない受話器を渡してみた
    Aは一気に老け込み精神を病んで退職した
    同じようにAの取り巻き達も会社から追い出した
    そのあとすぐに結婚し会社も辞めたけど、派遣の人数は半分以下になったのに効率よく業務が回るようになっていた
    皆幸せになったから黒くないかも


    466 :スカッとする修羅場まとめ 2019/05/17(金) 18:42:47 ID:af4.pl.do
    会社でうつになって求職してる人たちはみんな仕事ができないポンコツばかり
    無断遅刻も多い
    それをやんわり注意すると
    「健康のために朝ランニングしてるんです。シャワーを浴びて髪を乾かすとこの時間になるんですよ、分かります?」
    などと悪びれもせずぬかす
    改善策や代替案を出すわけでもなく常に人の粗探しや不平不満、愚痴ばかりで
    しつこいから配慮して配置換えしてもまたそこの人間関係や仕事内容に文句を言う
    「仕事の量が多い。いじめだ。パワハラだ」と言うから少ない部署に異動させたのに
    「やることがない。いじめだ。パワハラだ」と大騒ぎして「うつが悪化した」と休職する
    休職中、その人の仕事は放置されるわけではなく誰かが代わりにやってくれてるのに
    復帰後しても謝罪や感謝の言葉が一切ない

    うつで休職を繰り返してる人が4~5人いるけど全員そう
    本人は“うつ”のつもりなんだろうけど、絶対に違うと思うわ

    937 :スカッとする修羅場まとめ 2012/09/11(火) 14:49:45 ID:RoqYcBW4
    小学校の頃(小二)、気が弱かったので、同性.である女の子からいじめにあっていた。
    持ち物を壊される、隠される、盗られる。
    そして愛用のランドセルが、2階から投げ落とされた。
    中に入っていた、筆箱が壊れたし、ランドセルにも傷がついたので、
    さすがに先生に言いつけたら
    「あなたが悪いから落とされたんでしょ?」
    「勝手に落とされた? 皆、そんなことしてな言ってるけど」
    「夢でもみてたんでしょ」「勘違いでしょ」
    「貴方が窓際に置いて、勝手に落としたんじゃないの?」
    と、相手にしてもらえなかった。
    担任は、いじめをするくらい元気な子が好きで、私みたいに教室の片隅で
    本を読んでいるような人が大嫌いだったのです。
    「あなたは、真面目すぎる。嘘を吐くくらいの子の方が、可愛げがある」

    真実が先生に否定されて、パニック。
    先生に相談しても助けてもらえないんだ! 
    という第1衝撃。

    こらえかねて、母親に言ったら
    「小学校なんかいかなくても卒業できるし。いかなくていい」
    えっ、小学校って行かなくても卒業できるの!? という第2衝撃w

    というわけで、本当に1週間以上学校を休んだ。
    覚えてないけど、最終的には、校長と担任が頭を下げにきたらしい。

    88 :スカッとする修羅場まとめ 2019/09/18(水) 14:40:01 ID:LzqMqTyl.net
    >>83
    好き嫌いがあるのは仕方ないとしても保護者の個人情報とかベラベラ喋るのはヤバイな
    あと、好き嫌いあっても表に出さないで平等に接してくれればいいけど…

    小3のうちの娘、昨日ランドセルの表面を傷だらけにして帰ってきた
    友人2人にガリガリ削られたりしたらしい
    学校に報告しようとしたけど、友人と気まずくなるから言わないで!と娘が嫌がる
    でも弁償させたい…

    531 :スカッとする修羅場まとめ 2011/07/10(日) 15:25:18 ID:usj2Y9Fr
    スーッとはしないかもだけど、母の話

    うち母子家庭で、オカンが遅くまで仕事してたから昔小学校終わってから託児所?みたいなとこに預けられてたんだ。
    あたしが2年の時、そのホームの一学年上の女の子Aから目の敵にされていた。
    もう殴る蹴る当たり前。背中に鉛筆刺されたりした。
    Aからのいじめは結構長い間続いてたんだけど、それが急にピタっと止んだんだ。
    いじめるどころか面倒みてくれたり遊んでくれたり、もう別人みたい。
    丸くなったっていうのかな、Aは今までいろんな子と才柔めてたけどそれもなくなった。
    あたしもすっかり今までのこと忘れて、ほぼ毎日一緒に遊んでた。

    470 :スカッとする修羅場まとめ 2011/08/16(火) 12:35:59 0
    話が盛り上がっているのに、割入ってすみません。
    お盆休みで似た話を
    >>354で読んだので、昔の修羅場ってことで聞いて下さい。
    自分は恥かきっ子で母親が四十過ぎてからの子です。
    兄が一人いて十五離れています。この兄が長く一人っ子の跡取り息子で
    大事にされ何でも独り占めの性.格でした。(故人なので過去形です。)
    年が離れて生まれた末っ子の自分が皆に可愛がれるのが、気に食わなくて
    陰でそうとういじめられまいした。
    親が病気で相次いで亡くなった時自分は小学生でした。兄は結婚して
    所帯をもってました。子供もいました。財産を管理するからとの名目で
    兄の家に引き取られましたが、地獄でした。食べるものは兄家族の残飯。
    親に買って貰った服が小さくなっても、そのまま夏でも冬でも同じ服。
    部屋は庭に建てたプレハブで、冬は寒く夏は暑く暖房器具も扇風機一つ無し。
    風呂は外の水道を浴びるだけ。学校では、汚い格好で給食にがっつくので
    嫌がられてのけものでした。
    がりがりにやせて、目玉がぎょろぎょろするようになった小六の時の担任が
    気づいてくれ施設に収容されました。

    施設はいじめもありましたが、食べるものもあり寝るところもあり暖かく涼しく
    過ごせ風呂にも入れて天国でした。
    その後兄は保護責任者遺棄で刑事責任を問われて、前科が付き勤め先も退職になり
    家を売り離婚してどこかに行ったようです。

    自分が成人して働いていた時に、行政から兄の面倒をみるようにと連絡がありましたが
    きっぱり断りました。今年になって亡くなったと知らせがあったので遺骨を
    引き取り納骨をこのお盆に済ませてきました。

    509 :スカッとする修羅場まとめ 2012/09/15(土) 01:19:18 ID:0gz1hgym
    自分の嫌いな人間を、周囲にも嫌わせようとするAに引いてる
    Aが大っ嫌いだというBさんは、私には悪い人には見えない。むしろ明るくてクラスの中心にいて素敵な人だと思う
    でもAにはBさんがいい加減でだらしない最低の人間に見えるらしく、あいつが嫌われてないのはおかしい!皆騙されてる!仲間外れにするべき!って主張してる
    結局癇癪持ちで面倒臭いAに気を遣うしかなく、みんなBさんにあまり話しかけなくなってしまった
    Bさんは周りがよそよそしくなったのに気付いて落ち込んでるみたいで、申し訳なくなる…

    61 :スカッとする修羅場まとめ 2011/05/03(火) 08:51:31 O
    トン切りスマソ


    2ヶ月に一度の義実家詣。
    トメはねちねち嫌味を言うけど、あまり気にしてはなかった。
    「昔はこうだった、ああだった」と言われても
    「私日本史が不得意で~勉強になるな~」とか
    「世界ふしぎ発見みたいですね~」とか
    “大昔はそうだったのね!”というスタンスで受け取っていた。
    「三年子なきは~」と言われたときも
    「昭和初期はそうだったんですか?ひどーい」で終了。
    でもトメめげない。
    なんでもかんでも語尾に「嫁の努め」を言うようになった。
    なので“大昔は~”スタンスは効かないのかと思い、
    “トメさんったら今時”スタンスにシフト変更した。
    「嫁の努め」と言われたらすぐに
    「なるほど!韻踏んでるんですね!」
    「よめ!のつとめ!しゅうとめ!のいじめ!yo!yo!」
    と返しておいた。トメ黙った。

    247 :スカッとする修羅場まとめ 2017/02/25(土) 06:37:48 ID:VFx

    兄の行いが原因で仕事を辞める羽目になったのが修羅場だった

    私の兄は小学校高学年ぐらいから徐々にグレ始め、中二になる頃には完全に不良やヤンキーと呼ばれる人間になっていた
    学校の内外でケンカは日常茶飯事だったし、家では喫煙は当たり前、外でもカツアゲや万引きチャリパクなど色んな悪さをしていたらしい

    でも私や弟には少し怖い所はあっても、よくお菓子やゲームを買ってくれたり、ファミレスなんかに連れてってくれたり、
    共働きで放置気味の両親に代わって私達の面倒をよく見てくれた優しい兄だった

    また、兄の友達もよくウチに遊びに来て、タバコなんかをプカプカ更かしたり夜まで騒いだりしていたが、
    私や弟が兄の部屋に遊びに行くと、私達が知らない事を色々と教えてくれたり、一緒にゲームをしたり
    ビデオで映画を観たり、時には深夜に一緒に外に遊びに出かけたりしてくれて、皆優しく面倒を見てくれて、
    年上の友達、若しくはお兄さんお姉さんみたいな人達だった

    このページのトップヘ