お見舞い

    170 :スカッとする修羅場まとめ 2013/10/07(月) 18:05:47 ID:eOMVx6Pi
    今から15年ほど前で私が小学生の頃の話。
    ある休日のお昼過ぎ、父から父の祖母(私の曾祖母)が入院している病院にお見舞いに行くが一緒に行くか?
    と誘われた。
    当時その頃では珍しく100歳を超えていた曾祖母は、数ヶ月前から病院に入院しており、
    病院は家の近くでもあった病院によく通っていた。特に、父は田舎の長男で曾祖母家とは別居状態だったが、
    看病はほぼ母が引き受けていた。
    その日の前日も確か母は病院へ洗濯物とりに行ったばかりだったので、誘いを断った。私も母が行かないならと、
    その日はお見舞いに行かなかった。

    結局父は一人で病院に行くことになり車で家を出た。

    それから少し経って、公衆電話から電話が鳴り、父が交通事故に遭ったとのことだった。

    幸い父は軽傷で済み、自分で公衆電話から電話をかけてきたのだが、母は慌てて事故現場(近所)へ走って行った。
    私は家で待ってなさいと言われ後から聞いた話だが、父は既に青信号の状態だった交差点を直進中、
    右からたまたま女性.の脇見運転信号無視と左からたまたま男性.の脇見運転信号無視の車の板挟みに遭ったと言うことだった。
    そんなに小さくも大きくもない交差点だが、普通に信号もあり横断歩道もあるような交差点で偶然両サイドから
    信号無視の車が突っ込んでくるなんてあり得ないと警察も父の信号無視を疑ったようだが、幸い目撃者が証言してくれたり
    当事者も信号無視を認めたため父は悪くないと言うことになった。
    買って数年しか経っていない車が全壊してしまったが、私の固定座席であった助手席の後ろが一番ぐちゃぐちゃだったこともあり、
    あの時一緒に病院へ行かなくて良かったと母はほっとしたようだった。

    事故処理等でくたくたになった両親が家帰って来たのは夕方だった。
    事故云々で曾祖母のお見舞いには結局行けず、疲れたね~夜ご飯は食べにでも行こうか、お見舞いはまぁまた明日にでも・・・
    とほっと一息ついたのもつかの間。


    今度は病院からの電話。


    つづく

    663 :スカッとする修羅場まとめ 2008/12/01(月) 15:22:51 0
    DQN返しというか自爆というか。
    自分は結婚3年目です。
    結婚直後は、近距離に住むトメ(ウトは他界)は凄くいい人だし、私の事を大事にしてくれるし、
    凄く幸せだなあって思っていました。
    同じく、近距離で一人暮らしのコトメも、最初は
    「仲良くしようね!」
    って言ってくれて、とても幸せでした。

    半年ぐらい後に妊娠しました。
    ですが、私の体調不良で直ぐに流産。
    トメが駆けつけてくれて、泣きじゃくる私の手を一生懸命握ってくれました。
    夫が駆けつけた時は、遠慮してくれて
    「少し外の空気吸ってくるわ。」
    と、退室してくれるぐらい気を使ってくれる人です。

    ですが、この時からコトメの本性.が現れました。
    次の日に、コトメとトメが二人でお見舞いに来てくれたんですが、コトメがいきなり
    「あんた、謝りなさいよお母さんに!」
    と、私の頭を押さえつけて、グイグイと下に押し込むんです。
    トメが慌てて
    「何をするのあんたっ!やめなさい!」
    と止めてくれましたが、コトメが言うには
    「お母さんの楽しみにしていた孫を流産したお前が悪い!
    だから土下座して、許しを請わなきゃいけない!」
    と、鬼のような形相で言い出したのです。
    私もトメも、何時も仲良くしてくれたコトメの変わり身にビックリです。
    実の母親のトメもビックリしてたので、私のビックリは物凄かったです。

    その後、トメが何とか怒鳴り散らしているコトメを連れて、出て行ってくれました。
    退院後は、普通のコトメに戻っていたので、忘れたフリをして普通に付き合っていました。

    30 :スカッとする修羅場まとめ 2014/09/21(日) 14:01:37 ID:sxEQGNcxR
    A・・・余命残り僅かの26歳男性.
    B・・・Aの友人。同じく26歳男性.
    C・・・Aの想い人。25歳女性.

    Aはとある難病にかかってしまい、一年も生きられるかわからない状態になった。Aはイケメンな上に人望が厚く、やさしい。
    AやCはもちろん、会社の同僚や上司もたくさんお見舞いにきた。

    AはずーっとCが好きだったが、究極のヘタレだった為に告白できずにいた。余命が宣告された時点では誰も知らなかった。
    ある日、Cが仕事関係で海外に行かなければならなくなり、滅多にお見舞いにこれない状態になった。もう自分が永くないのと、なかなか会えなくなった悲しさから気持ちだけでも伝えようと手紙を書いた。
    当時、Aが入院していた病院は手紙を出してくれる事はしなかった為、Bに頼んだのだが・・・

    461 :スカッとする修羅場まとめ 2010/03/12(金) 19:21:43 0
    豚切り。

    義父母はそれほど悪いひとたちではないのだが孫フィーバーだけは
    抑えられないタチらしい。
    一人目が生まれたときに産院に来て3時間も居座っていき、その後ずっと
    体調が悪かった。

    今回は長居してもらいたくなかったので今回のお見舞いに来ると
    わかってた日は前もってグリーンファンデを唇まで塗って
    真っ青な顔を演出・・・と思ったが
    病室に来るなり「あらぁ嫁子さん、顔色もよさそうでよかった」
    とトメ。色盲か?結局今回も6時間近く居座っていった。

    仕事後旦那も洗濯物とりにやってきて私の顔色の青さを見て絶句。
    自分では気づかなかったふりして
    「ええ~そう?お義母さん顔色いいって言ってたよ。
    え?6時間いて帰っていったよ」
    と言ったら烈火のごとく怒りくるい、電話かけてシメまくっていた。

    体調が戻るまで出入り禁止にしてくれるそうなので、しばらく具合が
    悪いままでいようと思う。

    このページのトップヘ