アレルギー

    • カテゴリ:
    127 :スカッとする修羅場まとめ 2014/07/31(木) 13:31:10 0.net
    朝の忙しい時間にわざわざ電話を掛けてきたトメ
    「最近高校生の子がお友達杀殳しちゃった事件あったでしょ。
    孫子ちゃん貴方に似て気が強いから真似して給食に毒入れたりしないか心配で」だって
    恐らく先日法事で会った時いつもの調子で影でこっそり嫁&婿いびりに励んでいたらうちの娘に見つかり
    「おばあちゃん友達いないでしょ」って図星言われたのを根にもって電話してきたんだと思う
    咄嗟に「お義母さんじゃあるまいしそんな事する訳ないじゃないですか」と返してしまった
    蕎麦アレルギーの義弟嫁の食事に蕎麦粉混ぜて義弟夫婦に絶縁された奴に言われたくないわ

    608 :スカッとする修羅場まとめ 2012/09/10(月) 08:41:03 0
    そういえば良トメだと思っていたけど旦那の浮気で離婚した
    良トメなので最後に御挨拶を、と思ったのが失敗だった

    強く引きとめられて夕食をごちそうになる事にしたが、重度のソバアレルギーの自分に
    ソバの入ったサラダを出しやがった(サラダスパみたいな感じ)

    騙されるかクソボケ
    孫を定期的に連れて行く予定だったが二度と連れて行かない事にした
    嫁がタヒんだら孫を引き取れると思ったんだろうな
    あれほど人の杀殳意を明確に感じた事はなかった
    実際に杀殳意に向き合うと結構怖いよ

    918 :スカッとする修羅場まとめ 2019/03/01(金) 19:14:30 ID:fps.lj.3c
    義実家に同居してた
    私は鶏肉が大好き
    父が昔貧しくて鶏肉しか食べられなかったとかで
    幼い頃は家で鶏肉を食べさせてもらえず、たまに外食で食べる親子丼や唐揚げが楽しみすぎて
    大人になってからは月一で食べるケンタッキーが生きがいだった

    そんな私の生きがいを奪ったのが、夫や私になんの相談もなく里帰り出産の名目で出戻ってきた義姉
    鶏肉にアレルギーがあるからと、鶏ガラはもちろん、コンソメも中華スープも捨てられた
    更に私が嫁入りのときに持ってきた羽毛布団まで勝手に捨てられた
    数万した母からのプレゼントだったのに、義姉の咳が止まらなくなるからだって
    義姉が来てから、鶏肉は一切禁止になった
    私が家事をするのに義姉の分もやらされるから
    それが理由で近所のアヒル公園に野生のアヒルを見に行くのも禁止された
    家庭菜園のお野菜とかあげてたからすっかり懐いてくれてれたのに

    10ヶ月我慢した
    出産も無事終わり、義姉も退院して、やっと鳥解禁になるかと思った
    それなのに義姉は出産しても一向に家に帰ろうとしなかった
    それどころか上げ膳据え膳のまま、「このまま離婚して実家にいようかなーw」なんて言い始めた
    冗談かと思っていたけど、1年たっても義姉は家に帰らない
    義母も初孫が可愛くて帰そうとしない
    しかも義姉夫の両親から「いつになったら孫に会わせてくれるんだ」という電話攻撃を私に押し付けた
    私より先に夫が怒り爆発させて、私を連れてケンタッキーの食べ放題に連れて行ってくれた
    2人で思う存分ケンタッキーを食べた
    その帰り、夫に新居に連れて行かれた
    義姉が出産しても帰らないのを見て、すぐに行動してたらしい
    家に物件情報とか置いといて義両親に見つかるとうるさいから
    ずっと職場に資料をおいて推し進めてたらしい
    「同居そのものが義母の希望によって実現したもので、私や夫にはメリットがない
    義姉の里帰り出産には腹が立ったが、新しい命に罪はないし
    義姉にとって実家なんだから仕方ないと我慢してた
    こなことなら最初から同居しなければよかった」と夫から謝られた
    その後家に帰ったら、義姉と義母に散々に詰られた
    義姉が食べられないものを隠れてコソコソ自分だけ食べるのは卑怯な人間のすることだと
    夫のいないときにずっと貶され続けた
    義姉は夫にも何か言ってたけど、夫は鼻で笑っただけだった

    9 :スカッとする修羅場まとめ 2014/09/10(水) 12:38:10 ID:9l6L/Mjy.net
    俺の親友はひどいアレルギー持ちでアナフィラキシーを起こした時に使う薬を鞄に入れて持ち歩いてた
    親友からは「アナフィラキシー起こすと血圧急激に下がって目が見えなくなるから、自分じゃ薬が打てないんだ」と言われてて、薬の練習用キットで俺も使えるようにしてた
    大学のサークルでも普段いるメンバーにアレルギーのことと薬のことは話してた

    ある日サークル室に行くと、親友が机に突っ伏して寝てた
    あれ?こいつこんなだらしない格好で寝るやつだっけ?と思って一緒に部屋にいたA子に「こいついつから寝てんの?」と聞いてみた
    そしたら「何かおやつ食べたら寝だしたよー」と
    おやつ?
    嫌な予感がして何食べたか聞いてみたら、A子が鞄からごそごそとクッキーを取り出した
    「これ、私の手作り持ってきたんだけど食べる?」
    「それ、落花生入ってないよな?」
    「入ってないよ」
    「他何使った」
    「何って、普通のクッキーと同じだよ?なんかその言い方失礼じゃない?」
    「それだけ?」
    「なんで?」
    「原料解っててこいつのアレルゲン入ってないの確認して食わせたんだよな?」
    「・・・クッキーのもと使ったから間違えて入れたりもしない!変なものなんか使ってない!」
    「親友になんて説明した?」
    「一つ一つ手作りでアレルゲン取り除いたクッキーだって」
    「はぁぁぁぁ!?できあいの粉使ってんのにねーよ!」
    喋りながら親友の体譲ったりしたが、やはり寝てるんじゃなくて意識がなかった
    薬とってくる間に救急車呼んどけと言ったら、俺がロッカーに荷物とりに行く間にA子バックレてた・・・

    意識取り戻した親友に聞いたら「普通のクッキーと同じっていうから、薄力粉と砂糖と牛乳とバターだけ?って確認して、うんって答えたから食べた」
    A子、できあいの粉だと説明してなかった

    51 :スカッとする修羅場まとめ 2015/07/09(木) 08:49:18 0.net
    うちの子が小さかった時、夫婦で相談して消化の未熟な間(だいたい身長100センチ越えまで)は刺身、蕎麦、生卵を食べさせないよう制限にした
    別に幼児にわざわざ食べさせなくても困らない食品ばっかりだったので、暮らすのに特に支障はない
    (旦那が蕎麦大好きなので、蕎麦は外食、と決めただけ)

    だのに、義兄嫁から親の自己満に付き合わされる子供が可哀想だの、
    ほらほらうちの子(義兄子、半年下)食べてるでしょ?お刺身おいしいよ~みたいな押し付けがあったので食事を一緒にしないようにした
    冷たいとかこまごま文句は言われたが全スルー
    幸い3歳の血液検査で大きなアレルゲンは見つからず徐々に解禁してって小1での今は刺身蕎麦もガンガン食べてる
    義兄嫁からはほれ見ろとか、過保護とかモンペとかいろいろ言われたけど、結果オーライなので全スルー

    問題はその少し後に義兄子がアレルギーで入院騒ぎになった、いきなり発症したらしい
    退院後も食事に制限がかかるようになってしまった
    そうすると、うちの子らが健康体なのを狡い狡い言うんだよね・・・
    うちが制限してたのを自分たちだけ対策してずるい、て感じで言う
    子がアレルギーで目の前が真っ暗になっちゃう気持ちはわかるが落ち着いて欲しい
    あと、うちの子に義兄子が可哀想だから卵食べるなとか干渉してくるな!

    932 :スカッとする修羅場まとめ 2018/07/10(火) 11:33:57 0.net
    義弟嫁の愚痴投下させて

    少し前の話
    朝7時すぎくらいかな
    義弟嫁の実家の親が事故を起こして救急車で運ばれたらしくて
    義弟嫁から子供(二人)を預って欲しい、と連絡があった
    緊急時なので仕方ないと引き受けたら
    「今すぐ迎えにきて」といわれた
    いや、ウチ、旦那が車で通勤してるから車ないよ、といれると
    「じゃあ、タクシーつかってください」といわれた
    タクシーつかったら、ウチの子連れて行けないし(ウチも二人)
    そっちから車で送って欲しい、というと
    「そっちに寄ってる時間が無い。今から家を出るから。鍵は子供にあけてもらってください」と連絡がきて
    以後、LINEいれてもスルー。
    いくら緊急時でも上は5才、下3才を放り出してでかけるか?と思いつつ
    仕方なくお向かいのお婆ちゃんに子供二人をお願いして、タクシーで迎えにいった

    二人家につれて帰ってきたのは良いんだけど
    話を聞いたら、朝ごはんも食べてないという
    何を食べる?と聞くと、上の子が「下はアレルギーがあるから・・」と言われた
    そういえば、アレルギーの話は確かに聞いていたけど、何アレルギーなのか詳しくわからないので
    再度義弟嫁に連絡したら「上に聞いて」で終了
    いや、上の子も把握してないよ、と連絡入れてもスルー
    病院で忙しいんだろうな・・と思って義弟に連絡いれたんだけど
    義弟も仕事中なのか返事来ず。
    迂闊に何も食べさせられないので、仕方なく二人に水分だけとらせて義母に確認したんだけど
    義母もうろ覚え。
    義弟嫁に事情を「すぐに連絡ほしい」って言ったんだけど、既読はついたのにスルー。
    しばらくして「こっちの状況考えてください(怒)」って返事だけがきた。
    いや、こっちの状況も考えてよ。

    107 :スカッとする修羅場まとめ 2018/04/02(月) 11:13:18 ID:XN6u+Dwd.net
    一昨日、私がトイレに行ってる数分の隙に息子のアレルギーを知ってるくせに食べさせて急いで病院に。
    かなり酷いので絶対食べさせないで、と夫と私で何度も念押ししてきちんと説明もしたのに。
    すっとぼけやがって、夫は車のタイヤ換えに行ってて実家にいなかったし義父は2階にいたからあんたしかいないんだよ
    「ごめんね、でもアレルギーは食べた方が治るっていうし」とかぐだぐだ言いやがったのでブチ切れて絶縁宣言して来た
    夫は「絶縁までしなくても」と言っていたけど、「息子がしんでもいいの?あの人はまた同じことするよ。アレルギーに対する考え方がおかしい。」と言ったら納得した
    他にも今までいろんなことされて早く絶縁したくて仕方なかったから気持ちは晴れ晴れ。
    息子には食べた後1日ずっと泣きっぱなしで可哀想なことしてしまって申し訳なかったけど、とりあえず落ち着いたから良かった。もう二度とあんな人に会いに行かないからね

    165 :スカッとする修羅場まとめ 2018/02/26(月) 10:09:08 ID:kVJsdRpm.net
    この間6ヶ月児抱えて皮膚科行った時。
    待合室は、座れない人がいる位混雑してるのにエアコンがガンガン効いてて、体感28℃とかそれくらい。小学生は半袖Tシャツ1枚で待ってた。
    元々暑いかもなーとは思ってて、半袖ボディに長袖Tシャツ、半ズボン着せて行ったんだけど6ヶ月児を座らせることもできないから、ずっと抱っこしてたら結局汗だくに。
    診察室入ってから、医者に「うわ、汗かいて可哀想に。風邪引いちゃうよ!着せすぎじゃないの!?だから皮膚炎起こすんだよ!」って言われてスレタイ。
    待合室暑かったって言ったんだけど、だったら脱がせとけばいいって鼻で笑われた。
    真冬に半袖ボディ1枚で待たないといけない病院って何かすごくないか。
    その後、よだれかぶれしてる間は大豆とかのアレルギーチェックしない方がいいか訊いたら、医者が血液検査と勘違いして「よだれかぶれだって言ってるじゃないか、アトピーじゃないから血は取らない!」ってカンカンになってて更にスレタイ。

    411 :スカッとする修羅場まとめ 2010/09/14(火) 21:20:16 0
    DQ返しになるかなぁ?スレチかも。
    過去に私をイビリすぎて、現在私のみトメとは没交渉。…だけど、それでも何とかイビってやろうと
    色々やらかしてくれる。
    私のメアドをどこかで晒すとか、電話番号を変えた次の日に公衆電話からイタズラ(たぶんトメ本人)
    とか、どこかにスパイがいるみたいでなかなかスッパリ切れない。
    昨日このスレで饅頭怖いネタを見て思いついて、こいつがスパイじゃないかと思う人何人かに
    「この前○○食べたら急に湿疹が出た、大人になってからのアレルギーって治らないんだっけ~?
    ショック~」みたいなことを言ってみた。○○はカニとか卵とか全員別のものにして。
    今日、早くも旦那宛にトメから荷物が来て、中身はアレルゲン食材。
    仕事早いなトメw
    スパイは義弟嫁でした。私がイビられてりゃ自分は大丈夫とでも思ったのかな。

    33 :スカッとする修羅場まとめ 2017/07/19(水) 14:29:40 ID:aSDzPZEU.net
    娘は乳アレルギー
    と言ってもきつくはなく、バターくらいなら大丈夫な程度
    某有名アイスクリーム屋で「娘ちゃんは乳食べると痒くなるからソルベにしようね」と話していると
    「うちはアレルギーのある方にお売りできるものはありません。そちらも乳は入ってませんがお客様にはお売りできません」と
    会話を耳にした店員から言われてしまった
    言ってることもわかるし店員として客を思った当たり前の判断なのかもしれないけど
    親の判断で買ってあげようと決め、娘もアイスクリーム屋さんにワクワクで店に入ったのに「売れない」と言われ
    悲しいやらムカムカするやら娘が可哀想やらで複雑な気持ち

    このページのトップヘ