ゾッとした

           山の道, 雪が降る, 雪, 冬, すべての地形, 自然, 車, 旅行

    837 :スカッとする修羅場まとめ 2018/09/29(土) 10:06:09 ID:hTqqHdG8.net
    数年前、先輩と豪州のブリスベンへ一か月間の出張。
    (先輩はつるっぱげ、ひげが濃い、ずんぐりむっくり。鹿児島産)
    仕事が一段落してよもやま話。「墓を建てた、200万」と先輩が誇る。
    墓石の宣伝をみると50万くらいなのに200万とはぼられたでは、と聞いたら否定。
    実際に大きくて立派だと強調。そして オカ板住人でない先輩は語った。
    (父親の葬式関連で起きた事。)
    ・葬式に参列する親戚を迎えに行ったら、同じ道を何回も回って家に着けない。
    ・正座していた妹が天井付近まで飛び上がる。(空中浮遊)
    ・妹が玄関へ行って亡父の靴を履き、杖を持ち、かすれた野太い声でしゃべった。
    ・葬儀場で体が重くなり気を失った。
    ・夢に亡父の霊が出た。
    以上により、鎮魂の意味で大きな墓を建て直した。(先祖から小さな墓もあった)
    ハゲが馬鹿は墓石屋や葬儀屋にぼられるんだな、と思った。
    先輩の言う不思議な出来事は、どれもしょぼい思い込み。はやぶさが隕石探査成功する時代に
    そのくだらない話を聞いて、こいつは精神が病んでいると思い距離を置いた。

    で、先日、義母の葬式があった。(駅前の葬儀場)
    仕事の為に、通夜の参列者を見送って夜中に帰宅した。カーナビで運転するのだが
    あちこちで道路工事をしていて、標識の通り回っていると元の道に戻る。
    ふざけやがって、そう言えば、ハゲ先輩が語ったなかなか家にたどり着けないに似てきたな、と
    思ったら大雨、ワイパーをフルで動かしても前が見えない、
    徐行運転しながらカーナビに従って慎重に走った。どこを走っているからナビでしか分からない
    朦朧とした意識で、山中を走っている、橋を渡っている、と間抜けた事を思っていた。
    で、豪雨が止んだら嫁の実家(義母の家)に大通りにいた。
    「義母が助手席に乗り、帰宅した」と思った途端に背中に寒気が走った、ハゲ先輩と同じじゃないか
    大きな墓を建てよう、、とバカげた思いは無かった。親族の不幸と仕事の疲れから来る偶然が義母宅前だった。
    オカ板のクソどもは百害あって一利なし、四ネバ良いのに

         女性, 赤ちゃん, 母, 妊娠中, 結婚指輪, 母性, 菊, 親であること, 胚

    619 :スカッとする修羅場まとめ 2017/04/19(水) 23:38:56 ID:IDLrM5eG.net
    どうしても1番好きな人との子供が欲しくて、彼と同じ血液型の似たような外見の人を探し回って結婚した。昔から欲しいものを我慢出来ないタイプだったし、自暴自棄なのも手伝って成功した。

    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1494881715/
         女の子, 悲しい, 絶望的です, 孤独な, 悲しみ, 思いやりのある, 子

    241 :スカッとする修羅場まとめ 2018/08/25(土) 17:19:43 ID:yU6zQp2y.net
    10年ほど前の話だけど、小6の頃のプチ修羅場。
    夕方頃に自転車で家まで帰ろうとしたら、車がゆっくり止まり助手席の窓を開けて男から道を聞かれた。
    男の身なりは色あせた紫のTシャツに目つきの悪い若い人だった。
    男は隣町のビデオ店の道を聞いて私は「知らないです」と話せば、男が「いや、知ってるよね?」と…
    私は「本当に知らないです」と話したら、何度も「いや、知ってるよね?」と…
    正直、何度も知らないと言っても聞き入れてくれずにどうしたらいいのか分からずバカな私は呆然としていた。
    すると男は今まで丁寧な口調から豹変して荒々しく「知らなくてもいいから、早く車に乗って!!!」と怒鳴りだした。
    私はその豹変に怖くなり「知りません!」と何度も連呼して車の向きとは反対の自分の家まで自転車で必タヒに逃げた。
    帰るまで何度も何度も連呼しながら叫び逃げては、内心 車に乗っても自電車どうするんだよ!帰りどうするんだよ!怖い!とか妙にパニックになった。
    親に相談しても取り合ってくれず、祖母が「子供に道を聞くなんておかしい」と話していたがたいして問題視してくれなかった事にもプチ修羅場。

    その数週間後、マンションのビラに隣の隣町で1つ下の女の子が失踪した。
    当時は家出と騒がれたが、夕方頃に友達と遊びに行くと出て行ったきり帰ってこなくなったらしい。
    それからずっと未解決の事件として未だに県警でも捜索をしている。
    大人になって思ったけど、自転車が置ける状態の場所だったら自分が被害にあっていたのでは?とゾッとしている。
    知らない人についていかないなんて当たり前で、自分の身にまさかって出来事で具体的案でもないから現実にまさかって思っていました。

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/live/1478011854/
                   発動機, 移動, キャリー, リフト, 徒歩, パッケージ, トランスポート

    135 :スカッとする修羅場まとめ 2016/11/21(月) 13:14:32 0.net
    昔引っ越し屋で働いてたときのこと

    ストーカー被害にあっているという女性の引っ越しを依頼された
    その頃はストーカー犯罪が認識されだした頃でマニュアル等もなく、
    親御さんと会社とで入念な打ち合わせをして(本人は最後まで出てこなかった)決行
    ・スタッフは勤続1年以上の社員のみバイトは不可
    ・貴重品は事前に親御さんが持ち出し、荷物はすべてお任せパックで会社が梱包、運搬
    ・近所の人や知人を装って引っ越し先を聞かれても答えない
    ・大家にも不動産会社にも引越先は言わない
    ・東京→横浜に引越だが一度静岡支店に運び車庫に入れ、朝他のトラックが出るのに合わせて横浜に引き返す(場所はフェイク、ナンバーを見られた場合も想定して違うトラックに積み直し)
    ・社内でも直接関わるスタッフ以外には秘密、書類もすべて偽名(男名)で

    基本的には芸能人等の対応と一緒で、変な話普通の引っ越しの3~4倍くらいするしストーカーのせいで気の毒だなと思ってた

    仕事が終わって家の近所の飲み屋に行って飲んでたら中年男に話しかけられた
    出張で初めて来たけど良い店ですね!お勧めのお酒ありますか?とか言われて、
    これがお勧めだよって教えたらありがとうございます奢るんであなたもどうぞとか言ってその酒注文するの
    良い気分で飲んでたらガタイ良いですね!なんの仕事してるんですか?今日はどんな仕事したんですか?とか聞いてくるの

    引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1474201478/
    684 :[スカッとする修羅場まとめ] 2016/10/18(火) 11:34:07 ID:AdMtCTKS0.net
    母親が体験した話

    オカンは昔とある女子校に通っていた。
    ある日、友人と教室移動をしていたら、
    誰かとふっと擦れ違った気配がして(話に夢中でそっちを見ていなかったらしい)
    それと同時に妙に生臭い臭いがしたので振り返ったら
    違う制服の同じ歳くらいの女の子がこちらを振り向いてニヤッと笑っていた
    「あの子なに?」と指差した瞬間、その女の子が消えていた。
    冗談で「ここ、昔屋上から飛び降りた子がいたらしいよ」「その子の幽霊だったりして」と言う友人もいてビビったが
    その後何もなかった。
    もしかして、たまたま学校見学にきた違う学校の生徒(転校生とか?)だったのか・・と思っていたら
    学校のイベントで、○○女子校の歴史、のような映画を見せられた。
    その中で、女子高生が修学旅行(?)で行ったスキーの画像で
    何故か制服のまま全員がスキーしていたんだが(恐らくまだスキー服が一般化していなかった時代)
    その時の制服が、先日見た少女のものと同じ用に見えて背筋が凍ったらしい。

    その後何があったわけでもないが、それこそ何十年も前の生徒の霊が今もそこにいるって
    自分が親になった今思うと、怖いというかちょっと切ないわ。
    685 :[スカッとする修羅場まとめ] 2016/10/18(火) 12:13:25 ID:cfzaTvnD0.net
    >>683
    こういうリアルなのは怖い

    >>684
    大正時代にはスキーウェアが普通に存在してたんだが、お前の母親はいくつなんだ?
    686 :[スカッとする修羅場まとめ] 2016/10/18(火) 12:20:07 ID:AdMtCTKS0.net
    >>685
    わかりにくくてスマン

    うちのオカンは60代
    スキーウェア着ずにスキーしてたのはオカンが通う「学校の歴史」という映画の中の話
    その制服のままスキーをしている当時の女学生と同じ服を着ている女子生徒と擦れ違った、という話
    ちなみに、大正一桁からある女子校で
    祖母・母・本人と親子三代に渡って通う人なんかもいるような
    地元じゃ割りと有名な女子校

    このページのトップヘ