両親

    747 :スカッとする修羅場まとめ 2009/08/23(日) 09:03:35 ID:wjScfVf+0
    小さな子どもに持病があると、親の因果だと執拗に言っていたうちの両親。
    特に子どもがめがねをかけていると、
    「かわいそう」
    を連発していた。それが執拗に。


    だが、息子が生まれると。息子は乳児の頃からアトピー。
    おまけに、3歳児検診で遠視が見つかり、めがね生活。

    育児に口出されたり、何度も金の無心をされたことで、今は親と距離をおいている。

    息子は、小学生の今ではアトピーはほとんど分からないし、視力も発達してめがねをかけなくてもすんでいる。
    これは成長したからだとは思うが、親と距離をおいたからではないかと思うこともある。

    334 :スカッとする修羅場まとめ 2009/07/24(金) 02:11:48 ID:WKKRVojKO
    昔から意地悪だった実母。今や史上最強の性.格ブス。口から出る言葉は、愚痴悪口不平不満ヒステリー。
    おかげで成人して家を出るまでこっちが精神不安定だったわ。父親にも、庇うどころか殴る蹴るされた。
    妹は小さいときから胡麻擂りで、両親や先生に取り入るのが特技だった。
    現在、父親の会社が倒産して、母親は貧乏暮らし。父親はそんな性.格ブスの母親に責められ不幸な毎日。
    妹はマニュアル通り公務員と結婚したのに、散財する旦那でその日暮らしで荒んだ生活、尚且つ貧乏な実家に昔通り寄生。
    不幸な子供時代を送った私は稼ぎのいい穏やかな年下旦那と結婚し、裕福な生活。
    正直、昔を思い出すと助けたい気持ちが消える。
    父親以外の二人の性.格は昔のままだから。
    相変わらず意地悪母&損得計算妹。
    私美人じゃないけど、シンデレラを地で行く様な一家。

    155 :スカッとする修羅場まとめ 2018/04/27(金) 06:54:27 ID:3Bv/tdGu.net
    俺の両親は元ホストと元キャバ嬢
    俺は父親20、母親18の時に産まれた
    俺が産まれてからも2人とも水商売を続けてた
    そんな仕事だからか客との事で喧嘩になって俺が1歳になる前に離婚、親権は話し合いの結果祖父母が子育てに積極的な父親になった
    母親は俺に興味無いのか数回しか会った事がない
    そんな俺も23で結婚して25で子供が産まれた
    その時に、なんとなく10年くらい会ってなかった母親に嫁と子供を見せに行ったんだよ
    母親も嫁も喜んでくれて嬉しかった
    俺の話ばっかだったから、母さんは今どうなの?って聞いたら…
    嫁いる人と付き合ってて不倫なんだと
    彼氏とその嫁は不倫がバレてずっと別居、彼氏と暮らしてると
    仕事してなくて養ってもらってるってさ
    しまいにはその男との子供3回降ろしてるんだよねーってさ…それ息子夫婦に言うか普通!?
    見た目も20代の女みたいな髪型にメイクに服装だし、中身も年相応とは言いがたい
    この人に育てられなくて心底良かったと思った
    もう二度と嫁子供に会わせない

    641 :スカッとする修羅場まとめ 2008/11/11(火) 17:46:03 0
    叩かれ覚悟で投下する。

    私が子供を出産した後で、子宮に異常が見つかり摘出した時に
    「嫁子さん、もう女として終わったわねー」と嬉しそうに笑いながらほざきやがったコトメ。
    ウトメに殴られ、私の旦那に「人間として終わってるなお前!」と
    言われても決して謝らなかったクソコトメが
    なんと子宮がんになっていたことが分かり、この度手術。

    ウトメ巻き込んで、婚約間際の彼氏に嘘をついて、
    入院手術することもがんだって事もひた隠しにしていたようで
    なんと彼氏さんが両親を連れて私のところまで探り入れに来た。
    「私の口からはとても…」と返答。
    どう言うことかと詰め寄る彼氏とその両親に
    涙ぐみながらコトメが入院している病院教えてやった。

    コトメ、彼氏とお別れしたそうだ。
    あちらのご両親に病気や手術の事を隠していたのをとても責められたらしい。
    ここの板で良く見かける孫、跡取り至上主義の両親だったみたい。
    ウトメと旦那には泣きながら「どうしてもと詰め寄られて話してしまった、
    余計なことをしてごめんなさい…!」
    …と、泣きながら謝ったらお咎め無し。

    結婚出産を経験する前にコトメ曰く「女として終わりを迎えた」
    コトメが、これからどう生きていくのかnrnrヲチさせてもらう。

    泣いていた時、本当は笑い出しそうだったのを堪えて
    昔実家で飼っていた猫が息を引き取ったときの事を思い出して
    泣いていたのは私だけの秘密だ。
    コトメにはこれっぽっちも同情していない。

    513 :スカッとする修羅場まとめ 2014/06/02(月) 00:33:00 ID:C0zj199Nm
    修羅場というか、DQN返し。
    小学生の時に親が共働きになり、
    親代わりに父方のお祖母ちゃんが来てくれてご飯をつくってくれていた。
    お祖母ちゃんの手料理は超ウマメシだった。
    給食がまずく思えるくらいの美味しさ。
    美味しくて美味しくて、ガツガツ食べて、たらふく食べて、
    満面の笑みでお代わりする私にお祖母ちゃんは気をよくして多目につくってくれていた。
    最初の頃は純和風か子供の好きそうなメニューのどっちかだったが、
    多彩なメニューが出てくるようになって更にモリモリ食べた。
    親に中々会えない孫が不憫だったのと、
    「美味しい美味しい」と喜ぶ孫が可愛かったんだと思う。
    今思い返すと本当に愛されてたなぁと。


    お祖母ちゃんに可愛がられた私は一年経たずにムッチムチの愛されボディになりました。

        悲しい, 意気消沈した, うつ病, 悲しみ, 若いです, 人, ストレス

    206 :スカッとする修羅場まとめ 2018/03/13(火) 01:00:36 ID:j+htFKnr.net
    父親の再婚相手が、母の元親友と知った時とその後。
    その元親友は離婚に悩む母に背中を押した張本人。
    その上調べてみたら、子供の年齢がまだ婚姻関係にある時期とモロに被って居る。
    何故わかったかというと、
    「実はあなたの元旦那と再婚したんだけど、友達も居ないし旦那の愚痴が溜まってるから聞いて欲しい」
    と、父の携帯から連絡先盗んで、本人が母に連絡してきた。
    父は「そういうことだからよろしく!」と一言。
    断れない性.格の母は親身に愚痴を聞き、私に八つ当たり。
    その流れがあんまりにも理不尽なので、母の元親友に、これ以上うちの家庭の平穏を壊すな、二度と掛けてくるなという内容で怒鳴った。
    結果、両親と母の元親友、三者が敵に回った。
    登場人物全員が狂ってて、今となっては関心する。

    352 :スカッとする修羅場まとめ 2015/09/20(日) 03:12:37 ID:2LI
    中学の頃、当時本当に嫌なみっともないいじめに合ってて、先生も知らんふりで誰も助けてくれなかった
    田舎で町内唯一の中学だから転校も出来ない、父が町役場務めだったから転勤も引っ越しも出来ない
    両親には学校でのことなんて恥ずかしくて情けなくてとても言えなかった
    どこにも逃げ場がないんだと極限まで思い詰めて、もう我慢出来ないタヒのうと思った
    台所のテーブルに遺書(迷惑をかけてすみません、探さないで下さい的なテンプレ)を置いて、家にあった太めのロープ持って自転車で一時間くらいかけて山道の入り組んだ所に行ったんだわ
    特にそこがよかったとかじゃなくて、とにかく親に見つからないよう遠くでって思って
    適当な太い木にロープかけて見よう見まねで輪っか作って首をはめようとして、そしたら走馬灯じゃないけどそれまでの人生とか一気に思い出して
    もうダメだここでタヒのうって気持ちと、何で何も悪いことしてない私ばっかりタヒななきゃいけないんだって気持ちでグチャグチャになって
    輪っかに首を通しかけたまましゃくりあげて泣いてる所を、たまたま通りがかった軽トラの農家のおじさんに見つかってしまった
    おじさんがロープ切ってくれて、自転車を軽トラの荷台に積んで「家どこか!乗せていく!」って乗せてくれた
    車中でおじさんに色々聞かれた記憶はあるけど正直何話したかはあんまり覚えてない、泣きすぎてワケわからなくなってたし
    自分では誰も来ないところを見つけたと思ってたけど、でも普通に農道の側だったんだね
    おじさんには今も本当に申し訳無く思ってる

    引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1351084339/



    508 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2012/11/23(金) 19:33:58.78 0
    旦那のバカ妹。
    割りと綺麗な顔立ちで、スタイルもいいのに
    あまりのだらしなさで、結婚には凄く縁遠い。
    普段は離れて暮らしてるからいいんだけど
    バカコトメがやりおった。




    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1529484552/
    8 :スカッとする修羅場まとめ 2018/06/22(金) 06:13:56 ID:dQZ
    年齢を重ねても、いつまでも小学生気分な人のために書く

    学生時代、男女共にひどいことをしつこく何回も言われた
    その内容は
    「両親がいないくせに」
    「今育ててるのは本当の親じゃないんだろ?」
    「アパート暮らしの貧乏人ww」
    「上靴擦り切れてるwwそんなのも買い替えてもらえないのか」
    ええ、全部事実です
    両親はお互いに不倫→両者再婚→育児放棄、で未婚の伯母が引き取る

    いじめてた人たちは今の言葉で言うマウントを取るという感覚
    ちなみに私の素性.をが学校中に言いふらしたのは親友だと思っていた同級生
    私がお笑い芸人スタンスでそこそこ人気があったからおそらく妬み行為


    …と、まあここまではそこまで珍しくない話なんだけど
    驚いたのは、20歳のとき、30歳のとき、34歳のとき、
    そのいじめていた同級生の男が「本当はあの頃大好きだったごめん」
    「好きなときに呼び出していいよ、車でどこでも連れていく」
    「同窓会抜けて2人で話したい」(←これはただやりたいだけだと思うw)
    などと言ってきたこと
    同窓会では3人から同じことを言われて電話番号を書いたメモを渡された
    場の雰囲気読んで受け取ったけど帰宅して速攻捨てた

    どうしていじめた相手に好かれると思うの??
    鬱寸前まで追い込んでから俺が救ってやるとかって糞シナリオ?
    私はずっと嫌われる人間なんだと思って過ごしてきた
    それでも好かれるために、特殊職業の知識や技術を蓄積して
    仕事で認めてもらってほんの少しだけ自尊心ができた

    家庭環境をさんざんバカにしてきた人なんかとタヒんでも仲良くしたくない
    人を傷つけて嫌われるようなことばかりしてたきたのに
    好かれたいって頭おかしいわ
    好かれたかったら好かれるような人間になればいい
    私は「一緒にいたい人」「一緒に働きたい人」とと思われたくて頑張った
    結婚した旦那にもこの話をして、お互いに優しく接するようにしている
    嫌われるのは簡単だけど、信頼されるとか好かれるって努力がいるんだよ

    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1450190939/
         悲しい, 意気消沈した, うつ病, 悲しみ, 若いです, 人, ストレス

    139 :スカッとする修羅場まとめ 2015/12/19(土) 06:31:00 ID:OtP
    私が2歳の頃に父の不倫が原因で両親が離婚し、それ以降一切父とは会っていない。

    父方祖母が私を不憫に思っていたらしく、遺言状に私宛の相続を記してくれた。
    祖母が亡くなってから銀行の貸金庫から遺言状が出てきたそうで、家族の誰もが貸金庫の存在すら
    知らなかったために父方一家びっくり。
    祖父母は戦後に地元(九州)で事業を興した人で、今は父兄が継いでいる。
    個人名義でもそこそこ財産があったので、きっと期待していたんだと思う。
    慌てて弁護士をよこして相続放棄するように迫ってきたけど、母に慰謝料も払わず、養育費も払わず
    母子そろって着の身着のまま同然で追い出した父に遠慮する必要なんてないので、ありがたく相続するよと答えた。
    私はその時東京で会社を興したばかりで資金繰りに苦慮していた時期だったし、唯一気がかりだった母も地元を離れていて
    「私のことは気にするな」と言ってくれたので遠慮なく頂くことにした。

    祖母が遺言状に添えるように手紙を残してくれて、その中に
    「子世帯のことだからと、離婚もその後のことも口を挟まずにいたけど、やはり後悔しかない。
    今までの(孫)ちゃんへの養育費とお詫びだと思って受け取ってほしい。
    生きているうちには会えないかもしれないが、私がタヒんだあとにこの手紙を読んで許してくれるなら
    一度だけお墓参りしてほしい」
    なんて書いてあって思わず泣いた。これで相続放棄したら祖母が可哀想だ。

    祖母の遺言状は祖父にすら内緒で作成されたものだけど、昔の部下を証人に立てて公正役場で作ったもので、
    さらに祖父や父・父兄への遺留分にも考慮してあったものだから、法的に何の問題もない。
    裁判してもそれ以上は望めないのはわかっていたくせに、嫌がらせみたいに裁判を起こされた。
    もちろんこっちが勝ったんだけど、判決の後に父の後妻がわざわざ東京まで来た。
    深夜に会社(兼・私の自宅)の前をうろついていたところを、深夜業務のために出勤してきた従業員に声をかけられて、
    びっくりしたのか転んで骨折したので救急車呼んだ。
    そしたらその従業員に襲われたなんて言い出すから、警察に出入口と駐車場の監視カメラの映像提出したよ。
    もちろん父妻が勝手に転んだのが証明された。

    翌日父が慌ててすっ飛んできて、警察署で両親離婚後初の親子の再会w
    「ご無沙汰してますが娘の○○です。嫌なところで会いましたねぇ」なんて相棒の右京さんみたいな口調で言ってしまったw
    記憶にあった父はわりと男前だったんだけど、実際に会ってみたらなんてことないしょぼくれたおっさんでがっかりした。
    父妻は厳重注意で解放されて、父と九州に帰っていった。

    その後も小さな嫌がらせはあったんだけど、証拠もあるしいい加減に訴えるよ、と会社の顧問弁護士から
    父兄の会社宛に文書送ったらぴたっと止まった。
    父は父兄会社の役員、父妻は従業員だったし、会社の管理を問えるような状況がそろってたので会社宛にしてみた。


    決算関係の書類作りながら、息抜きに当時の思い出を書いてみた。
    おばあちゃんのおかげで今年も無事に年を越せそうです。おばあちゃんありがとう。来年またお墓参り行くよ。

    このページのトップヘ