事件

    151 :スカッとする修羅場まとめ 2015/05/05(火) 06:27:39 ID:JY4JcbFS.net
    小学校高学年の頃、友人と下校中前からきた男とすれちがった直後におもっきり引きずり倒されてマウントされ、殴られた。その時の事は恐怖しか覚えてないけど、どうも反撃はしていたようで持ってた傘を短く持ち直して殴り返してたらしい。
    直ぐに近くの大人が数人がかりで引き離して俺は病院に連れてかれた。修羅場だったのはこの事件、俺が悪いことにされたこと。
    俺を殴ってきた男は学校の近所にできた精神病院の患者だった。その日の午前中によくなったからと退院したその足でたまたま通りがかった俺をボコボコにしたわけだ
    ところが病院は男の精神状態はやや不安定だが何もなく暴行に及ぶなど考えにくく被害者に原因があるとの話を警察にしたらしい(ちなみに上記のことをうちの両親にも言って「お宅が原因だ」と抗議してきたらしい)
    俺は別に素行が悪いわけでもなければ何か言った覚えもなかったが、病室にきた警察からはきついお叱りをうける羽目になった。「差別をするような奴はろくな奴にならない、いずれ人杀殳しになる」とまで言われたよ
    親や学校の友達や先生が信じてくれたのが救いだったけど、一時は頭の中無茶苦茶になった記憶がある。

    もっとも、人杀殳しになったのは俺じゃなかったけどな。俺が退院するまえに男は俺と同じようにすれ違った女性.を殴り杀殳してその病院に再度入院となった。
    その病院は数年後脱走した患者が近くのスーパーの客を刺杀殳して自杀殳するという事件をおこしてる。それがそいつじゃないかという噂は流れたが実際の所はしらん

    ちなみに驚くべきことにその病院は未だに俺が通ってた小学校の近くに健在。そこの患者が何度も騒ぎをおこして付近住民から立ち退けと言われてるけど、
    「職員の交通の便をかんがみて移転はしません」で今も居座り続けている。

    433 :スカッとする修羅場まとめ 2016/01/23(土) 09:54:31 ID:gHoUV9QT.net
    朝礼中に刺された町工場の社長タヒ亡

    オヤジが引退して、息子が社長になったんだけど
    社長になるまで、職場にロクに来て無かったくせに
    傲慢な態度で威張りくさってた

    特に昔からいた50のオッサンが目の敵にされていて
    朝礼中に腕を組ながら皆の前でよく50のオッサンを説教してた


    バカ社長「昨日のミスは何でしたのか皆の前で説明!○○さん」

    「不注意でしたスミマセン」

    バカ社長「だからその不注意の原因を説明しろと言ってんの!まだ寝惚けてるのか?」
    (状況を説明)
    バカ社長「で、何でそうなった?」

    …こんな感じで、朝10分以上かかる時もあった
    皆の前で恥さらしはきついだろうし、屈辱だったはず

    ある日朝礼中についにオッサンがキレてナイフで刺した
    刺した後
    「警察呼んでくれ」
    と自分で言った…

    これは静岡県の○津市であった本当の事件
    ニュースにも新聞にも出た

    226 :スカッとする修羅場まとめ 2016/06/23(木) 22:17:16 ID:QEr
    特定バレ防ぐためフェイク有り

    自分が旦那の両親と兄弟を杀殳した犯人の姪と言うことを隠して結婚したこと。
    旦那は小学生の頃に修学旅行中に家に強盗に入られ両親と兄弟を杀殳されている。
    その犯人が叔母。
    私は旦那に出会ったときには両親も祖父母も他界していて叔母家も音信不通で叔母はタヒ刑囚で出てくることはないので天涯孤独で通して結婚した。
    最初に旦那から事情を聞いたときは似た話だと思っただけだったがあとで不安になり調べたら完全に叔母のやった事件だった。
    どうしても別れたくなかったから隠してうまく誘導して妊娠して結婚した。
    絶対に墓場まで持って行く。

    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1494881715/
         女の子, 悲しい, 絶望的です, 孤独な, 悲しみ, 思いやりのある, 子

    241 :スカッとする修羅場まとめ 2018/08/25(土) 17:19:43 ID:yU6zQp2y.net
    10年ほど前の話だけど、小6の頃のプチ修羅場。
    夕方頃に自転車で家まで帰ろうとしたら、車がゆっくり止まり助手席の窓を開けて男から道を聞かれた。
    男の身なりは色あせた紫のTシャツに目つきの悪い若い人だった。
    男は隣町のビデオ店の道を聞いて私は「知らないです」と話せば、男が「いや、知ってるよね?」と…
    私は「本当に知らないです」と話したら、何度も「いや、知ってるよね?」と…
    正直、何度も知らないと言っても聞き入れてくれずにどうしたらいいのか分からずバカな私は呆然としていた。
    すると男は今まで丁寧な口調から豹変して荒々しく「知らなくてもいいから、早く車に乗って!!!」と怒鳴りだした。
    私はその豹変に怖くなり「知りません!」と何度も連呼して車の向きとは反対の自分の家まで自転車で必タヒに逃げた。
    帰るまで何度も何度も連呼しながら叫び逃げては、内心 車に乗っても自電車どうするんだよ!帰りどうするんだよ!怖い!とか妙にパニックになった。
    親に相談しても取り合ってくれず、祖母が「子供に道を聞くなんておかしい」と話していたがたいして問題視してくれなかった事にもプチ修羅場。

    その数週間後、マンションのビラに隣の隣町で1つ下の女の子が失踪した。
    当時は家出と騒がれたが、夕方頃に友達と遊びに行くと出て行ったきり帰ってこなくなったらしい。
    それからずっと未解決の事件として未だに県警でも捜索をしている。
    大人になって思ったけど、自転車が置ける状態の場所だったら自分が被害にあっていたのでは?とゾッとしている。
    知らない人についていかないなんて当たり前で、自分の身にまさかって出来事で具体的案でもないから現実にまさかって思っていました。

    このページのトップヘ