修学旅行

    116 :スカッとする修羅場まとめ 2019/01/11(金) 18:49:50 ID:5cygFhtH.net
    ついさっきの出来事
    高校生の息子修学旅行2日目飛行機に搭乗前→検査に引っ掛かる→キャリーバックの中に身に覚えの無いライターあり→先生達に尋問される→息子知らないと否定→先生達から停学と言われる→息子泣きながら私(父親)に電話。

    とにかく「自分のでは無い」と言っても「何故入っているのかわからない」と言っても信用してもらえない事が悔しいらしい。
    困った時などいつもなら妻の方に相談やら連絡して、私には事後報告みたいな感じなんだが今回は直で私に電話して来た。

    全く嘘をつかない子だとは言わないが、ただ一つだけ自信を持って言えるのが「私(父親)に対しては嘘は付かない」事。
    小さい時から「嘘を付いてもいつかはバレる」と教え込んで来た。
    「俺本当に知らない、持って行ってもいないし、買ってもいない」「誰かに入れられたのかなぁ?」と泣きながら話して来た
    親バカと思われるのは承知の上だが私は息子を信じている。

    停学より身に覚えが無い事で疑われ、鼻っから「嘘」と決め付けられてるのが悔しいと言っていた。
    今息子は人生初の修羅場だと思う。
    目的地に到着後に担任の先生と私とで電話にて話をする事になっている。息子の為に出来る限りの事はやる。

    924 :スカッとする修羅場まとめ 2013/06/25(火) 18:24:58 ID:FUBH0Jh4
    高校生の時の修羅場。
    私:高校生当時、身長150前半、体重40前半、Fカップ。
    母親:身長同じ、体重60後半、Aカップブラが余る、猛毒親。

    高校1年生の衣替えが終わった頃から、少し後くらいに保健室に呼ばれ校医?から指導された。
    夏服にノーブラは如何なものか?もう少し恥じらいと言うものが無いのか?と。
    中学生の時にブラを買って欲しいと頼んだら
    「いやらしい!!色気付いて気持ち悪い!!以下略」
    で、ボッコボコにされたから一枚も持って無い、と説明して帰った。
    後日、学校から直接猛毒親に指導の電話がいったらしい。

    そんな電話があったと知らずに帰宅して居間へ。
    包丁を持った猛毒が鬼の形相で怒り狂い喚き散らして襲い掛かかってきた。
    「馬鹿にされた!!」とか「笑い者にする為にわざと告げ口したんだろ!!」とか。
    で、何故か一緒に居た兄にも殴る蹴る暴言で喚き散らされる。

    次の日、登校して保健室直行。
    普段から、顔を殴られる事は無いから校医に説明してもキョトン顔。
    しょうがないから服を脱いで痣だらけの体を見せたら真っ青な顔してた。

    その後、サイズ合わせもせずにワゴンセールから適当に買ってきたと思われるブラジャーを投げつけられた。
    サイズ合わないから、結局付けれなかった。
    付けない事でまた怒り狂い喚き散らしてボッコボコにされた。

    書いてたらくだらなさ過ぎて頭痛くなってきた。

    3 :スカッとする修羅場まとめ 2012/01/18(水) 05:22:03 ID:fW45geaq
    学生の頃、三人グループだった。(私以外はAとB)
    私だけ部活に入っていたので、AとBは親密な関係っぽかった。
    クラスでの席替えもくじ引きなのに何故かAとBだけは特別待遇(目が悪いかなんだかで)でいつも一緒。
    三人グループだったけど、二人グループになるときは空気的に必ずABペアだし
    なんか疎外感があった。
    修学旅行のバスの時もそう。どうせ何も言わなくったってABペアで座るんだろうし、クラスみんなペアになる子が決まってる。
    そしてうちのクラスの女子は奇数。
    私はどうせ余って一人なんだろうなって覚悟してた。いざ修学旅行でBは余裕な顔。
    バスに乗る直前突然Aの誘いで、私はAと座る事になった。
    その時のBの焦った顔!
    さっきまで超余裕かましてたのに(どうせ私のことなんて考えもせず、当然のことながらAとペアだと思ってたんだろう)、
    必タヒでペアになる子を探してた。
    いつもは気にもしないクラスメイト(ペアの子がおらず一人になることが多い) に必タヒに話しかけてた。
    なんか…卑怯だな…って思ってしまった。
    自分が困った時だけ一人の子にペアになろうって誘うなんて。
    三人グループなのにいつも一人にさせられる私の寂しさとか疎外感なんて気にもしてなかったくせに。
    今も普通に仲良いけどこのときはこいつ自己中だなって思ってしまった
    まあ皆自分が良ければそれで良いんだよね…。

    このページのトップヘ