777 :スカッとする修羅場まとめ 2014/07/12(土) 20:35:43 ID:G6cY19BuO
    私ではなく、兄の修羅場。当時の年齢で、
    兄:16歳
    私:14歳
    弟:14歳(二卵性.の双子)

    兄は絶望的に病弱(生まれつき心臓が大きくて負担がかかっているとのこと)
    激しい運動は絶対にダメだし、普通にしてても熱を出したり寝込んでいることのほうが多い。

    それに引き換え、私と弟は兄から健康を奪って生まれてきたのかと思われるほど健康優良児。
    弟はもとより、私も身長は当然兄より高い。
    弟はイケメン、私はブサの範疇に入る。
    弟は性.格はクズだけど、兄には優しい。反抗期まっただ中でも、兄が「お母さんのいうこと聞かなきゃダメだよ」って言ったらしぶしぶ従う。

    私達が中二のころに弟に彼女ができた。
    お金の無い中学生の恋愛だから、デートはもっぱら家で。
    彼女が家に来るたびに、ブサの私はリア充タヒねって思ってた。
    兄が寝込んでいる時にうるさくしてたら、容赦なく「うるさい!静かにしろ!!」って壁ドンしてやってた。

    あるとき、兄の看病していて冷えピタが切れたので買いに行った。兄は熟睡していた。
    弟は彼女連れ込んでいたので、出かけるけど兄が寝てるからうるさくしないようにって釘を差してコンビニに出かけた。

    コンビニに売ってなかったので、10分位歩いて薬局に行った。
    帰り道にコンビニの近くを通ったら弟にばったり会った。ジュースが切れたから買いに来たらしい。

    帰ったら、兄がリビングでぐったりしていた。泣いていた。
    何があったのか慌てて聞いたけど、呼吸が整ってなかったので話せる状況じゃなかった。
    とりあえず、部屋まで運んで眠らせた。
    弟彼女はそそくさと帰った。

    引用元:http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1467843196/
    352 :スカッとする修羅場まとめ 2016/11/04(金) 21:31:27 ID:iqz
    私も吐き出す。

    うちの親、双方連れ子有り再婚。
    私高1、兄高3の時に関係持った。
    進んでる友達多くて、相手も居ないのにバージン捨てたく焦ってた。
    当時若干残念な頭だった私は、そうだ血のつながら無い兄がいるじゃん、有りじゃんと、禁断の解決法を見つけた。
    兄は兄でDT卒業願望と受験ストレス発散目的があり、双方の合意が成立。
    ただ、最初ので止めれば良いのに、何か悪く無いなって続けてるうちに親バレ。

    父の激怒には“受験兄の気晴らしもあるし見逃して”って懇願してるうち、トーンダウンの後、退場。
    母の“何言ってるの!”には“割り切ってる”“避妊もしてる”“時期が来たらやめる”“今だけ”って力説してるうち、ため息の後、やはり退場。
    なし崩しに両親公認…ではないけど黙認になった。
    ただ、朝両親と顔会わすのはちょっと気まずかった。

    そんな過去だからだろうね、兄と合意で関係解消後、夫とは年の差10歳の出来婚なのに、両親は喜んだ。
    夫は怒鳴られなかったのを不思議がってたけど、結果オーライってことで。

    勿論托卵じゃ無く夫との子供ですよ。

    引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1342242383/
           男, 人, 暗い, シャドウ, 手, 悲しい, 泣いている, 不幸です, 絶望

    838 :スカッとする修羅場まとめ 2012/11/13(火) 12:59:39 0
    なんかぜんぜん報告が無いので、私には影響が無いのでスレ違いかもと思うけど…

    旦那の年の離れた兄(私から見て義兄)はいま40代独身、親と同居。
    ロマンスグレー系の美形中年で性格も収入もかなりよく、なんでこの人が独身なのかと疑問に思ってた。
    うちは義実家とは名古屋と大阪の距離で別居。 盆正月には私実家と交互に行くていどの距離感で、特に諍いはなくやってきた。

    ある正月、トメは「なんで長男には嫁が来ないのかねぇ」とボヤいたら…
    義兄「中学生のころから30になってまで、オレの彼女全部追い返したのはお前じゃねーか」とボソッと…
    トメは「ちょっと用事を思い出しちゃったわ~」とどっかいった。

    帰ってから旦那に聞くと
    ・中学高校時代、勉強もできて野球部のエースでかなりモテていた。
    ・トメはムチュコタンラブラブ全開で、彼女及びそれらしきものが出来そうになると「悪い虫が~」とファビョって、相手の家にまで押しかける。
    ・大学は東京に出たので彼女もできて自由で幸せだったが、卒業就職で地元に戻って「そのうち結婚使用と思う」と彼女を紹介すると
     テンプレ嫁いびり開始(まだ嫁じゃないのに) → 当然別れる → トメ勝ち誇って「あんなのじゃダメめぇ オッホッホ」
    ・その後10年、同じ事を繰り返しで、そのたびにガッツリ〆られるも変わらず。
    ・30代からは彼女(嫁候補)もつくらず、仕事と趣味に生きることに。
    ・旦那が「なんで同居してるんだ? 家出て結婚して実家に関わらなければいいんじゃないか?」と聞いたら、
     「外で結婚しても、アレは絶対邪魔しにくる。嫁になる人に無駄に迷惑かける。 もはや結婚願望はないし、自分の子じゃないけど
      甥姪をかわいがったのでもう十分。実家にいるのは両親を養ってもそのほうが生活費も抑えられるので、趣味に没頭できる」
    だそうだ…

    私はイビられたりもしなかったけど、次男の嫁でスルーされたのか、私が鈍感でイビりに気づかなかっただけなんだろうか…?

    引用元:http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/live/1369038837/
           絶望的です, 悲しい, 押し下げられました, 泣く, 損失, 懸念

    167 :スカッとする修羅場まとめ 2015/12/01(火) 18:32:07 ID:XXM
    兄が因果応報かな

    すごくデキた兄でさ
    勉強はもちろん、スポーツも水泳以外万能、顔もよかった
    しかもさわやかで優しい性格で、女子からも一部だがモテた
    彼女をとっかえひっかえ…ということもなく、何人か変遷はあったが二股もない、誠実な付き合い
    兄は小さい私の面倒もずっと見てきた
    親にとっても兄は自慢の息子だった
    すごく期待してて、親は大学も最高学府が当然と思ってたし、将来は政治家か実業家か…と

    でも兄は裏の顔があった
    周囲の期待のストレスなのかな、今思えば
    妹の私を虐待しまくった
    拷問に近い
    痕がのこらないように、私に"痛み"を与える
    それが兄のストレス解消法だったんだね

    性的な虐待とかは無かった
    というか性慾あるかどうか疑問な雰囲気の兄だった
    痛みに対する反応だけが喜びだったような感じ、想像だけど
    私が痛みを堪えると余計に酷い目にあった
    かといって大げさに痛みを演じると、「ふざけるな」と怒鳴られて長引いた
    この痛みの虐待は6年くらい続いたかな

    でも兄が高3の夏、事故でタヒんだ
    皆はなんであんないい子がと惜しんだよ
    親は茫然自失

    でもたった数年で親はもうケ□リとしてる
    最初から居ないみたいな態度で、墓参りも私が言わないと絶対に行こうとしない
    それどころか全く関心がなかった私のことを唯一の子供であるように接してきてる
    葬儀で大泣きした兄の彼女は一周忌にすら来なかった
    兄のことを嫌ってた数少ない私の幼馴染は、「ペラッペラな人だった、うそ臭くて」と言った
    不思議とそんな幼馴染や虐待されてた私の方が、むしろ兄の話題を出すことが多かった
    でも、裏の顔を知ってるのは私だけ
    だから私だけが本当の兄を覚えてるみたいな錯覚に襲われる

    そういう私も、最近優しい彼氏が出来て兄のことはほとんど思い出さなくなってきた
    件の幼馴染も遠くの大学に進学してしまった
    プロポーズもされて家を出るつもりだけど、兄の事を忘れるだろうって予感をはっきりと感じてる

    若くしてタヒんだ事が、じゃない
    あれだけデキた兄がこんな風になにも遺さず消えていく
    それが、私を虐待してたことじゃなく、私以外の誰にも本当の顔を見せなかったことに対する因果応報だと思ってる

    引用元:http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/live/1369038837/
           女性, 幸福, 日の出, シルエット, ドレス, ビーチ, 自由, 呼吸, 喜び

    78 :スカッとする修羅場まとめ 2014/12/03(水) 10:26:21 ID:ESt
    母がタヒんだ
    これでふた親とも居なくなった
    葬儀では兄がお飾りの喪主になった
    葬儀屋にいいように搾取されている兄に助言をしても、
    「女が横から口挟むな」で終了
    兄は作法も何も知らず恥ずかしい思いをしたがそれも最後
    相続については全部放棄するからと伝えると、兄は嬉しさを噛み杀殳しながら
    「いや、そんな訳にもいけん。あのXX(ガラクタ)とか○○(土地。金にならん。税金かかるだけ)とか…」
    「兄さんがお母さんを最期まで見たんだし、私は受け取るべきじゃないから」
    と固辞したら、「む、それもそうか」とご満悦
    兄はなーんもしてないんだから、「見た」だけだけどね
    丸投げされた介護に必要なことはちゃんとしたし、好きな食べ物もなるべく良い物を買ってきてあげた
    本当は旅行とかに連れて行ってあげたかったけれど、兄にめちゃくちゃにされるから断念した
    でも、それなりに使えたから遺された貯金はわずかだけど、知らないんだろうね
    まあ借金はないから、そんなにひどい状況じゃなかったよ
    もう母が長くないことは分かってたから、私はあい間に着々と引っ越し準備
    あとはとりあえず見つけた住み込みの仕事先まで、バッグひとつで逃げるだけ
    ぱっと見は分からないように、色んな物(ノートとか筆記用具とか衣類とか)が残ってるように見えるけど、全部要らない物だよ
    ニートで一度も仕事に就かず、もう40になった兄
    父親と一緒に私の婚約を2度までも壊した兄
    兄を甘やかした父親がタヒんだら畑切り売りして遊んだ兄
    そんな兄を甘やかしはしないまでも止めずに言われるままに土地を売り、お金を渡した母
    私も母と一緒で、兄に寄生されても家にお金を入れてたから同罪
    私に責める資格なんかないよ
    でも兄と一緒に落ちるつもりもない
    兄は私にこれからも面倒を見てもらえると思ってるけど、父親はともかく母は好きだったからここに居たんだよ
    母が居なくなったら一緒に住むわけない
    安定した仕事を見つけるのは厳しいかも知れないけど、ここで吸われるよりマシだろうし
    捜索されたら困るから、でもすぐにばれるのも困るから、
    「ちょっと友人の家に行ってくる。遠いのでもしかしたら泊まるかもしれない」
    と言って、ご飯の用意をして、こっそり机の中に「遠くへ行くのでさがさないで下さい」と書いた手紙を入れた
    捨てられたらと思い、電話機の下にも同じものを差し込んだ
    実際は父親と兄にいろいろされて、友人らしい友人なんてもういなかったけどね

    引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1302146099/
        女性, 絶望的です, 悲しい, 涙, 泣く, うつ病, 喪, 絶望, 損失, é ­

    407 :スカッとする修羅場まとめ 2011/05/31(火) 15:11:14 O
    コトメ(夫の姉。45歳独身)は、結婚式で会ったうちの兄(34歳独身)にロックオンしていた
    私のことは嫌いらしく、義実家に行く度にあからさまなシカトや嫌み(ブス、料理下手、性格が悪い等)を言ってくるのに、
    最終的には兄を紹介しろ兄を紹介しろとうるさい
    夫や義両親が窘めても無駄
    なので、自然と私とコトメは疎遠になっていた

    ある日、コトメがいきなり我が家に凸ってきた
    しかもタイミングが悪いことに、兄が遊びに来ていた
    玄関先で帰ってもらおうとしたが騒ぐコトメ
    「どうした?」と出てくる兄
    憧れの兄がいるとは思わなかったらしく、キョドるコトメ
    キョドりながらも、行動力はあるので告白するコトメ(ここちょっと尊敬した。私にはできない)
    兄は面食らった顔をしたあと、すごく申し訳なさそうに
    「ごめんなさい…僕、オカマさんとお付き合いはできません」
    と断った。
    ちなみにコトメはちゃんと女性。固太りでごつく、眉毛が太いのと声が低いので勘違いしたみたい
    コトメは逃げるように帰って行った
    あとで謝罪の電話をしたけどコトメは出てくれず、あれ以来会っていない(避けられてる)

    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1439793052/
    918 :スカッとする修羅場まとめ 2015/09/23(水) 12:06:40 ID:N22
    ダメ男ばかり好きになる人をだめんずうぉーかーと言うらしいが、うちの兄がその男版だった。
    兄自身のスペックはむしろ高い方だと思うのだが、
    黒光りするほど日焼けし、宇宙語のごとき言語をパンツ丸出しでウンコ座りしながら話す系の女が好みドストライクで
    最初に家に「この人と結婚したい」と連れてきたのが
    ヤマンバメイクのガングロギャル(という言葉が当時あった)。
    母が居間に通しお茶を出すと、立て膝で座り、絶えず体を小刻みに揺すって
    「だりーんだけどー」「だっる!」「うっざ!」しか発言しなかった。
    母が泣いて反対し、この縁談?は流れた。
    次に連れてきたのも似たり寄ったりの黒ギャル。
    バイトとはいえ働いていたから前のよりややマシだったが、しょっぱなから「アタシ、デキやすいんで~」と
    堕胎経験を赤ネ果々に語ってくれたため同じく婚約まで行かずに立ち消えた。

    このページのトップヘ