写真

    683 :スカッとする修羅場まとめ 2015/06/02(火) 10:15:27 0.net
    コトメのとこの子供とうちの子供&義弟のところの子供で
    いろいろと「差」がついてきてコトメの発狂が半端ない。

    自分の実家に入り浸りのコトメ、もちろん一緒なコトメ子は、
    「お菓子・から揚げ・おばあちゃん」という「デブ子養成3種の神器」のせいで
    中3で体重80キロ越え。
    うちと義弟のところは自分の母親の好きにもさせてないし
    トメのところに預けたりしないから太ってない。
    トメは「子供に塾は可哀相」とかでコトメ子は公立底辺校も難しいらしい。

    さんざん好き放題にお菓子とか揚げ物とかコンビニ弁当(1度に2つ)とか
    やってきたくせに今になって
    「あんた自分がみっともない姿って思いなさいよ!」と言う。
    そういうコトメも70キロ近くはあると思う。

    帰省するとみんなで写真に納まるのが趣味のウトが
    この前の連休にも撮ろうとしたら、
    「コトメ子、○○(うちの娘)や○○(義弟の娘)の倍くらいあるな」と
    禁断の一言をいってしまい、コトメ子は泣きながら写真の輪から抜けて
    コトメの部屋に篭った。
    間断なくお菓子を与え続けて育てたコトメとトメが悪いと思う。

    引用元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1277374048/
    923 :スカッとする修羅場まとめ 2010/07/03(土) 17:47:42 ID:qfnJOQLP
    流れを変えるついで、まとめの特撮話見て思い出した話。
    短くまとめるのが苦手なので、長くなります。すみません。


    私の住んでいる単身用マンションはファミリーマンションに囲まれていて、犬の散歩でマンションの公園に立ち寄ると、親子連れに声をかけられることがよくある。
    毎日同じ時間帯に行くので、いつのまにか馴染みになって、一部のお母さんとは少し話をするようになり、いつも一緒にいるAさん・Bさん・Cさんの三人グループと仲良くなった。

    ある日、Bさんの息子bくんがお友達とゴセイジャーごっこをして遊んでいた。
    私は以前からヒーロータイムを毎週欠かさず観ているので、「bくん、ゴセイジャー好きなんだ?」と声をかけた。
    bくん「うん!今日もデータス買ってもらったんだよ!」
    私「そうなんだー。誰が一番好きなの?データス?」
    bくん「ブラック!」
    私「お、bくんよくわかってるな!私もブラックが好き~w」
    Aさん「私さん、ゴセイジャー好きなの?w」
    私「ゴセイジャーが好きというか特撮が好きというか…俳優目当てで」
    Aさん「俳優?知ってる人?」
    私「特撮って、私の好きな舞台出身の俳優がよく出るんですよ~。この間までやってたシンケンジャーのブルーとか」
    C「えっ!それってテニミュ!?」

    聞くと、Cさん最近テニミュにはまったそうで、でも話し相手がいなくて寂しかったらしい。
    私も友人以外でテニミュ好きな人に出会ったのが初めてで、嬉しくてすごく盛り上がった。
    Cさんは最近ファンになったので、好きな卒業キャストのグッズがなかなか手に入れられないという。私がファン歴長いのを知って、グッズ持ってるなら見せて!といわれたので、快く承諾。
    昔のキャストの写真を簡単に購入できる店があるんだけど、オタクでもないお母さんがあの店に入るのはかわいそうだな…と思って黙っていた。

    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1443191393/
    スマート フォン, 顔, 女性, 古い, 赤ちゃん, 若い, 子, 青少年

    653 :スカッとする修羅場まとめ 2015/10/17(土) 18:42:39 ID:ll3
    流れ読まずに書きますよ。
    以前同じ職場にいたアラシク女性。アラシクにもかかわらず、若いころ(20歳ごろから35歳ごろにかけて)の写真を職場で見せびらかす。
    職場は忙しい時と暇になる時の差が激しくて、暇になるとお約束のように「ねえねえ。見る?見る?」とアルバムを開いてみせる。
    正直、綺麗な人ではない。泉ピン子が何発か殴られて腫れて垂れたような顔。若いころの写真もたいして綺麗じゃない。
    どうやら周りの若い女性社員に「若いころはお綺麗だったんですね」と言わせて悦に入ってるらしい。
    なぜわざわざアルバムを職場に持って来てるのか。そしてなぜ何十年も前の自分の写真を見てもらいたがるのか。謎な人であった…。

    このページのトップヘ