包丁

    270 :スカッとする修羅場まとめ 2018/10/29(月) 14:42:04 ID:WndhQaEh.net
    20年くらい前の出来事。
    当時住んでいたアパートのお隣さんが、20代後半~30代前半くらいのお姉さん(Mちゃん)とそのお母さん(M母)の親子だった。
    Mちゃんはすごく痩せていて、いつも手が少し震えていた。
    まだ小学生だった私は、Mちゃんとシール交換をしたり、アイドルのビデオを見たり、お隣だけど文通をしたり、よく遊んでもらっていた。

    ある日の夜、両親は仕事で家に私一人だった時にMちゃんが訪ねてきた。
    目は血走り、震える手には包丁が。
    あまりの顔つきの違いと包丁にビビる私。
    内容は覚えていないけど、私の父の事をクソ親父と呼び罵るMちゃん。
    そして、「クソ親父に、私に何か言ってきたらぶっ杀殳すって伝えておいて」と言われた。
    ビビりまくった私は「うん、わかった…」としか言えず、喋り終わるとMちゃんは帰った。

    父は確かに無神経な人だし、当時母と喧嘩して感情的になる父をよく見ていたので、私から父に言うべきじゃないと判断して母に電話で報告。
    そして翌日、M母とMちゃんが謝りに来た。
    M母から、「Mは病気で…」と言われたが、なんの病気かは分からない。
    Mちゃんからも泣きながら謝られた。
    これ以降Mちゃんと遊ぶ事もなくなってしまったし、父とMちゃんの間に何があったのかも未だに分からない。

    数年後に私達一家が引越して完全にM親子との関わりがなくなってしまったが、先日あのアパートの隣にある月極駐車場に行く事があり、ふと思い出したので投下しました。

    139 :スカッとする修羅場まとめ 2018/07/24(火) 12:38:11 ID:IhGw2nQG.net
    包丁でスパーンと指を切って血が結構出た時
    とりあえず洗い流して絆創膏をと思ってたら彼氏が「切ったの?見せて!」と焦ったように来て私の手を取った
    片手だと絆創膏貼りにくいから貼ってもらおうかなーと思ってたらなんか様子が変
    「おおー…血久しぶりに見たわ…記憶より赤い…」と至近距離でにやにや傷見ながら指でぺちぺちされた
    さらに自分の指についた私の血をなめて「この味…」ってうっとりしてた
    物凄い勢いで冷めた
    中二病なのかなんなのか知らんけど傷見て心配より先に喜び始める意味がわからん
    指先にたまった血を水溜まりで遊ぶかのようにぺちぺちやる彼氏めちゃくちゃキモかった

    引用元:http://yomogi.2ch.sc/test/read.cgi/live/1429508723/
    942 :スカッとする修羅場まとめ 2015/07/04(土) 00:28:50 0.net
    3年前の修羅場。
    実弟(既婚)の不倫相手が、何故か姉である私のところに凸してきた。
    霧雨の寒い日でお腹大きいし、とりあえず家に入れた。
    部屋を暖めて一人暮らしで身近に妊婦がいない私は、とりあえず彼女が飲めるという飲み物を用意。
    ボロボロ泣き出してどうしたものかと思いながら、テーブルの下で弟に事情を説明しろとメール。
    泣きながらなので聞き取り難かったが、1年前から弟と不倫の関係。
    妊娠したので弟に離婚を迫るが、連絡を切られた。
    お姉さんのことは聞いてたので、わらをもすがる思いで来たとのこと。
    話を聞きながら受信メールを見ると「心当たりはない。それはス㋣ーカー。すぐに警察に。今向かう」とのこと。
    内心、やっちまったと思ったが、とりあえず冷静にと思った。
    言いたいことはわかった。弟に連絡を取ると席を離れようとした瞬間、背筋が凍って無意識に飛びのいた。
    後から人間の反射神経というか危険察知能力ってすげーと思ったけど、体すれすれのところを包丁がぶんって音を立てるくらいの勢いで振り下ろされた。
    彼女の言葉はもう金切り声で聞き取れないが、実姉である私がシねば弟くんが来てくれるとかなんとか。
    相手は妊婦なんて言ってられないから、椅子を蹴飛ばしてぶつけるとボコンとお腹がへこんだ。
    妊娠ってのは嘘。お腹に布で包んだプラスチックのでかい料理とかのボール入れてた。
    気づかんよ、そんなの。
    必タヒに逃げながら外に出ると、弟が連絡したらしいお巡りさんが見えて助けてって叫びながら走った。
    すぐにお巡りさんが取り押さえてくれ、弟が駆けつけてきたが姿を見ると余計に興奮するから彼女から見えないところで事情説明。
    ご近所さんたちは何事!?って出てくるし……。
    もう二度とあんな思いしたくない。
    あの焦点の合わない目と張り付いた笑顔と包丁がぶんぶん言う音は未だに夢にみる。
    なんとか最近包丁を持って料理できるようにはなった。
    ちなみに彼女がなんで実姉である私のことを知ったかと言うと、興信所に調べさせたって。
    もうなんてことするんだと思った。

    このページのトップヘ