同級生

    691 :スカッとする修羅場まとめ 2013/12/06(金) 18:44:03 0
    高校時代マドンナ的な同級生がいたのだが
    何度か同窓会を開いたが一度もくることは無かった
    みな一様に
    「どこで何してんのかな?」
    という話になると有名人と結婚してるのかも
    とか政治家の愛人をしてるんじゃない?とか
    いっていた
    女子に聞いても誰もしらないと言った
    当時の担任は
    「どこかで幸せに暮らしてるはずだ」
    と言っていたがたぶんそうだろうと俺も思った

    そんな彼女に偶然再会した
    昔よりもさらに美人になっていて全く
    気がつかなかったが向こうから声をかけて来た

    家がすぐそばだからでそこで昼食を食べようと
    いう話になった

    355 :スカッとする修羅場まとめ 2015/01/21(水) 20:55:17 ID:FFWDoiwg0.net
    見なかったことにしても事実は変わらなかった

    K子とは小学校からの同級生で家族ぐるみのつきあいがあった
    中学生の頃にはいつの間にか交際
    勘違いしてたわけではなくて告白のシーンがないまま一線を超えたコース
    大学二年の時にK子が妊娠して俺は勿論大喜びさ
    両家親は休学などもさせなければならないため
    避妊失敗について俺とK子をこっぴどく叱りもしたが
    次第に孫はよ生まれんかなムードで円満結婚へ向け準備
    そんな中K子は上の空や乾いた笑いが増えていった
    付き合い長い分妙だなと気づいてはいた
    そのタイミングのそれが暗示する内容に恐れをなして口に出せなかった

    妊娠判明から二ヶ月程して学生寮にいられなくなるので二人して新居へ移った
    その頃からやたらサークルの先輩であまり話さない院生のT司さんが新居に遊びに来たいというようになり何度か招待した
    出産予定日まであと一月という頃
    サークル会長のM実さんに話があると呼び出された
    待ち合わせのカラオケボックスの大部屋には
    サークルの大半のメンバーや俺と仲良い連中が揃っていた
    「痛々しくてみてらんないから言うけど
     あんたこのまま結婚してたって幸せなんか絶対なれないよ」
    からはじまってT司とK子が関係してる事を主張する
    「そんなわけあるか余計なお世話なんだよ!」
    今思えば怒鳴るってことは聞きたくないってことだった

    生まれた子供は子供はK子似の男の子
    K子は出産後から人が変わったかのように俺との接触を露骨に避けた
    出産したら男から子供へ大事な対象が移るというやつだと言い聞かせていた
    やたらと一旦家に帰ってサークルに子供を連れてきてT司に触れさせるところも見ていた
    気づきたくないなんて逃げを打っていたのは大間違いだった
    M実を始めとした一同は手遅れになる前にと何度も時間を作っては諭そうとしてくれていた

    942 :スカッとする修羅場まとめ 2018/11/21(水) 02:56:19 ID:/7UMSslK0.net
    ちょっと3年前にあったことを簡単に書かせてもらいます

    営業周りで自宅近所に来たから少し自宅によって行こうと思って帰宅したら嫁はいなかった
    とにかく昼飯でもと思いラーメン探していて、ふとベランダ見たら
    俺の知らない嫁の派手な下着が数枚干してあった
    俺は動揺した。ラーメン食うの忘れててね、気がついたら下着を全部持って自宅を離脱していた
    会社に戻ってカバンに詰め込んだ派手な下着を眺めながら
    「俺なにしてんだろ?」と情けなくなっていた
    下着は綻びもあって卸たてではなく結構使い込んでいる感じだ
    少なくとも半年は使っているとお思われるが、俺は一度も見たことのない
    段々冷静になり「これって浮気?」と思うようになった
    その日帰宅したら嫁が不機嫌そうに出迎えてくれた
    奥歯に物を挟んだ感じで嫁が「あのね今日・・・」と言いかけてやめた
    俺は危機なおいもせずに軽く流した

    602 :スカッとする修羅場まとめ 2009/04/26(日) 01:18:49 0
    ぷちー

    夫と私は中学高校と同じ学校だった。
    といってもその頃の夫は大人しくて女子とあまり関わらない人だったので、
    私も名前と顔は一致するけど…程度の、これといった印象の無い相手だった。

    一つ年上のコトメが、
    「弟も、どうせ同級生と結婚するならAちゃんみたいな可愛くて素直な子にすればよかったのに~」
    とにやにやしながら言ってきた。

    「そーですねー、私もどうせ同級生と結婚するならK君とすればよかったのにー、って言われますミャハ☆」



    DQなのは私は学生時代に本当にKと付き合ってた事と、
    コトメがKに惚れていて、4回告って5回振られてる事

    ↑を思い出したのか、食べかけの柏餅放置して部屋に引っ込んじゃったww
    大体Aちゃんは夫とは(同級生という以外)何の関係もない相手だし。
    悔しかったらKと結婚してみろwww無理だけどなwwww

    760 :スカッとする修羅場まとめ 2016/01/07(木) 13:09:00 ID:V2X
    では私が20年ちょい前の修羅場でも語りますか。
    といっても、修羅場だったと知ったのはこの年末なんですが。

    まず20年前の話↓
    うちの中学はとんでもなく荒れてて、いじめ、暴力、カツアゲは日常。
    その中でひたすら習い事に打ち込むために酒もたばこもせず
    髪も真っ黒な私はかなり浮いた存在。
    ある日の帰り道、小学校では同じクラスだけど
    中学では別のクラスになった女子にコンビニ前で
    「○○(何かは忘れた)を買いたいけどお金が足りないから貸して」
    と言われ翌日返す約束で貸した。
    しかし翌日に彼女に返してもらおうとすると「今日は持ってない」
    じゃあ翌日、さらに翌日。となって一週間。
    その間に夜の帰り道に集団痴/漢に遭って撃退したりしてた。
    数日後、いい加減約束破られるのも腹立つし、
    いつなら返せるのかと聞いたら一週間後だというので
    ちょうどテレビで見たドラマでやってたのを真似て
    借用書を作って署名させなぜか彼女が持ってたのではんこも押させた。

    で、一週間目に行くとやっぱりない、と言うので
    借用書の通りに親に電話して
    (小学校の卒アルに各家の電話番号が載ってた時代)
    放課後に学校の側まで来てもらったら、借用書を見たとたん血相変えて
    額面通りに返してもらえた。その時には借用書もちゃんとあちらに渡した。

    ここからが昨年の年末の話↓
    そんなこともすっかり忘れてた私に小学校の同窓会の案内が届き、参加した
    借金の彼女も来てて、同じ卓で話ししてたらあの後頑張って勉強し
    中堅クラスの公立高校から私大、一般職のOLになって、今では専業主婦してるという
    それだけならへーそーかよかったねーふーんだったんだが、
    その後、彼女があのころDQNになりかけてたのを更正できたのは私のおかげだと言われた

    続く

    790 :スカッとする修羅場まとめ 2010/07/16(金) 09:05:05 ID:kMv1lNXr
    高校野球開幕のニュースで思い出した


    息子の同級生(Aとします)が野球をするから野球道具をくれと言われた。Aママに。
    Aママは
    「おたくの息子は運動音痴だから野球をするとけがをする」
    「Aは運動神経がいいから将来はスター選手になる」(これははっきり憶えてる)
    「おたくは野球道具余ってるでしょ、もらってあげる。Aにボールを提供できてありがたく思いなさい」
    「ほんとはこんなちゃちいのはAに合わないけど、今回だけ特別よ」
    といいました。

    確かに家に野球道具は置いてありますが、いらないものではありません。
    弟が学生時代に野球をしてた思い出として置いている、弟のものだから私が勝手にあげることはできない。
    野球の道具は個人によってサイズや用途が違うから、それに合わせたものを用意すべき。
    そもそも弟の道具は硬式用で、小学生に硬球は危ない。軟式用を揃えたら?というような返事をしました。

    そうしたら「私は気にしない」「大したものでもないのにもったいぶるな」と言われ、危機感を募たせた私は道具一式を農具入れに隠しました。

    それから2,3週間後に母が
    A母が私に用があって家に来た、お礼と残りを急いで持ってくるよう要求してた
    というので家のなかを点検すると、廊下に飾ってあったボールがない。
    そのボールは弟が小学生の時に憧れてた高校野球の選手がいて、その選手にサインしてもらったボール。
    学校をズル休みしてへそくりで電車に乗ってその高校まで行ったけど学校に入れてもらえなくて、深夜に選手が脱寮して買い食いをするという店で待ち構えてようやくサインを貰ったという逸品。

    急いでA母に確認すると
    「あんな汚いボールで我慢してやった」
    「ボールが悪いから息子が怪我をした」
    「綺麗なボールと残りの道具をもってこい」
    と宣うのでほんと腸煮えくり返った。
    しかも練習中にボールは川にはいったらしく戻ってこないし。
    弟はしょんぼりするし、ほんと二度と関わりたくない。

    11 :スカッとする修羅場まとめ 2012/01/18(水) 13:12:25 ID:U8Y/8ysB
    友達というか小学校~高校まで一緒だったAから久し振りに電話が来た
    なんでも同級生のお母さんが病気で亡くなった為、通夜と葬儀のお知らせだと言う
    Aはその同級生と仲が良かったみたいだが、俺は同じ高校ではあったもののほとんど面識が無く、最初誰の事か分からなかった位
    俺は、
    「そ、そうなんだ、ご冥福を…」
    と伝えたら、
    「は?いやだから〇日通夜だから、一旦夕方待ち合わせして一緒に行こう」
    いや待て
    「ちょっとあまり知らない人だし、お母さんは会った事すらない。行けないよ」
    と言ったら、
    「はぁ?母親が亡くなったの聞いて何にもしないのか?」
    「同級生てだけで、肉親まで及んで冠婚葬祭出てたら日常生活出来ないよ」
    「そ、お前なんか変わったな。東京はドライだしな。金くらいは送った方がいいと思うよ」

    FO検討中

    葬儀場、Aの住まい、同級生の住まい、これは全て福岡県
    俺の住まいは東京都
    しかも平日
    面識無い人の親の葬式に、何故仕事休んで飛行機で行かなくてはならないのか?

    724 :スカッとする修羅場まとめ 2014/10/13(月) 10:11:21 ID:elp5wbeOz
    二重生活を送っていた友達を疎遠にした話。

    A子は私の小・中学の同級生で、実家から
    少し離れた土地に進学した私と偶然再会、交流が復活した。
    A子にはB男という当時でいうバリバリのギャル男とつきあっており
    紹介されたときも半同棲状態であると聞かされていた。

    ある日、私と同じバイト先のC美が、たまたまA子のことを知ってることが発覚。
    しかし私の知っているA子とC美の話すA子はなんか違う。
    というか全くの別人!?というくらい違う。

    私の知ってるA子
    ・・・親と折り合いが良くなく親戚のいるこの土地でフリーター生活中
    C美の知ってるA子
    ・・・A子の地元に遊びに来ていたD太という男性.と昨年できちゃった結婚、
    D太の地元に引っ越し出産済み。子育て中の主婦

    なんだか気持ち悪くてモヤモヤして、結局C美が知り合いを当たって調べてくれた。
    (その土地での知り合いは私よりC美の方が圧倒的に多かったから)

    結論からいうと、私もC美もどちらも正解だった。

    A子はD太に「ママ友のE子の旦那が育児に協力してくれなくて、
    このままだとノイローゼになりそうって泣いてる。心配だから時々様子を見に行きたい」
    と言って子供連れての外泊を願い出て、
    ママ友のE子には「(A子の)旦那が育児に協力してくれない、
    このままだとノイローゼになりそう」
    と言って自分の子供を預け、B男と密会。時には泊まりがけで世話もさせていた。

    B男とはどこで知り合ったのか、「自分はフリーター。親からそろそろ自立したい。
    バイト代がたまるまででいいから同棲したい」と言っていて、B男もそれを信じていた。

    83 :スカッとする修羅場まとめ 2014/04/21(月) 08:59:47 ID:ByB79tNkX
    ・3行バージョン
    無理して豪華マンションに住んでた友人が
    仕事辞めたら家賃払えなくなった
    社宅暮らしの私が意見したらキレられて友達やめた

    ・詳細バージョン
    私は結婚と同時に地方から東京に出てきたんだけど、
    東京でパートを始めて一年目に新しく入ってきた女性.(A子とする)が
    地元の同じ中学の同級生だった。
    当時はお互い別のグループだったし仲が良いわけでも悪いわけでもなかったけど
    こんな地元から遠く離れたところで再会するなんてね~なんて言って、
    彼女も結婚して出てきたって言うから余計に仲良くなった。
    その仕事は、デパートのB1での対面販売なので立ち仕事。
    私はパートで働いてたけど、A子はフルタイムで働いていた。
    と言うのも、A子のマンションはオートロックの割と新しいマンションで
    結婚して東京で暮らすことが決まったとき、住まいの相談の段階で
    自分は田舎者だから都会の暮らしは怖い、オートロックは譲れないと条件を出したらしい。
    それに対して旦那さんの方は、自分の給料で都内のオートロックのマンションなんて
    家賃面で厳しいから無理と言ったらしいが、都会の生活に慣れるまで
    4-5年は子供を作るつもりはないし、その間は自分も働くからと説得したそうだ。
    その関係もあってフルタイムで働いていると言っていた。
    ところが元々独身時代から立ち仕事をしていた私と違って
    A子にはフルタイムの立ち仕事は相当キツかったらしい。
    私も最初はそうだったし、慣れるまでの辛抱だよって励ましてたけど
    2年目ぐらいから腰痛が辛くなったらしくて、結局辞めることになった。
    そして、この頃からA子との関係がおかしくなってきた。

    36 :スカッとする修羅場まとめ 2018/09/10(月) 22:57:19 ID:EKjW8VrW.net
    同窓会で別人?扱いされたこと

    当方アラフォーおっさんなんですが、中学校の頃の同窓会があったので参加してきた。
    21歳の時に地元を離れたからみんなと会うのは成人式以来だった。
    まだ携帯電話があまり普及してない時代だったので同級生とは連絡自体取ってなかったし、初恋の人に会える!!みたいな感じでめちゃくちゃ楽しみだった。
    いざ会場について幹事のやつに「うお!!めちゃくちゃ久しぶり!!!お前変わったなぁ!!!お互いもうおっさんやな!!」って挨拶して受付を促されたから名前を記入してると
    「いや、お前誰やねん」と幹事に言われた。
    俺「え?いや、○○やけど?」
    幹「いや、○○くんちゃうやんお前」
    俺「え?????」
    幹「○○くんちゃうやんなぁ??」と、周りに聞き出した。すると周りにいた奴らも近づいてきて揃って「○○くんと違う」と言い出した。
    みんなからお前誰やねん扱いを受けたけど免許証を出すと
    皆「「「「うわああああ!!!○○くんやあああああ!!!」」」」
    とみんな驚いてた。いや、こっちの方が驚いたわと思いながら、詳しく話しを聞くとどうやらInstagramに同姓同名の人がいたらしく(名前はこの世代によくあるけど苗字は珍しい方)勝手にその人をオレだと思ってたらしい。
    そのアカウント見せてもらうと、なるほど同世代くらいのハゲたおっさんだった。
    疑いが晴れたものの、初恋の人にもずっとオレのことをハゲたおっさんと勘違いされてたのがなんだかなぁだった。

    このページのトップヘ