大型スーパー

    569 :スカッとする修羅場まとめ 2007/08/21(火) 22:08:26 ID:BfJt1nf1
    数年前の郊外の大型スーパーでの事。
    駐車場から店に向かっていたらば、30前後の女性.二人が、停めてある車の窓を叩き割って
    いた。こんな昼間に車上荒らし!?と思いきや、車内から抱え出したのは何と赤ん坊。
    白目剥いて口から白い泡吹いてて赤黒くて全く動かなくて、リアルタヒ体状態。
    蘇生処理を始めた女性.達に「携帯持ってたら救急車呼んで!」と云われ、えええ119番は
    何番だったっけ!?と、動揺しながらも何とか通報。

    女性.の指示通りに店に走って車の持ち主を呼び出す放送をしてもらい、氷を貰って
    戻ったら赤ん坊は呼吸を取り戻して泣いていた。ほっとしている女性.達とギャラリー。
    そこにやっと赤ん坊の家族(両親+爺婆+ガキ1匹)が戻ってきたんだが、父親の
    第一声が「何で窓が割れてんだよ!お前たちが割ったのかよ!」だった・・・

    女性.達は「呼び出すのを待ってられる状態じゃないと判断したので窓を割った」と
    説明したが「クーラーを付けてたのに」とか「すぐに来たのに」と喚いた挙句に
    「弁償してくれるんだよな!」と言い出した。
    母親や爺婆は「助けてくれたんだよ」と諌めつつも、リアルタヒ体状態のすごさを
    見てないせいか「でも、人の車の窓を割るのは・・・」などと、態度は父親寄り。

    結局、救急車がきた後に警察を呼んだが、父親は「炎天下に放置は虐待だから!」と
    怒鳴られ、パトカーの後部座席に連れ込まれ、猛烈に説教されたようだった。
    クーラーはつけてたらしいがエンスト起こしたのか停止。車内温度が一気に上がり、
    赤ん坊は熱中症を起こした挙句、吐いたミルクで窒息してたらしい。
    ちなみに、良いコンビネーションを見せていた女性.二人はアカの他人(一人は
    医者で一人は看護婦)。

    いろんな意味で衝撃を受け、救命講習を受けに行った。

    314 :スカッとする修羅場まとめ 2016/04/10(日) 01:56:10 ID:5ob
    近所の大型スーパーのテナントにとある雑貨屋が入ってて、私は常連で店員とも顔見知りだった
    その店員の一人に山田さん(仮名)という子がいた
    山田さんは二十代前半の女の子で、すごく明るく接客態度も非常に感じが良かった
    ただ残念なことに、少し口臭がキツかった
    本人も自覚してるみたいでケアしてるっぽかったんだけど、そのケアの結果と思われる
    ミント系の香りと元の口臭が混ざって何とも恐ろしいニオイになっていた
    口臭ケアでも効果が出ていないということは、もしかすると何かの病気だったのかもしれない
    口臭以外は本当に、明るいし親切だし見た目も可愛らしいし、たまに世間話するとノリも良いし
    商品について聞くとあれこれ親身になって詳しく教えてくれるし本当に良い子なんだけど、だからこそ勿体なくて歯がゆかった

    しかし面と向かって口臭を指摘したら気まずくなってしまう
    考えた末、スーパーに設置された「お客様のご意見BOX」に投書する形で彼女の口臭を指摘した
    その時の私の最大の失敗が、非公開を希望し忘れたこと
    その店のシステムは、クレームだろうがお礼だろうが通常は専用BOXに投書された全てを店内の掲示板に張り出すんだけれども
    非公開希望を明記すれば掲示はされないらしく、私は非公開を希望して店の人が本人にコッソリ口臭のことを教えてあげてほしかったんだけど、
    非公開希望を明記し忘れたため彼女の口臭を指摘する私の投書が店内の掲示板に他のクレーム等と並べて堂々張り出される結果に…
    私の投書は他の理不尽なクレームとは違うし、山田さんのことを褒めて褒めて
    褒めまくった上(お世辞ではなく全て本心)で、口臭だけが残念なのでどうにかしてほしいというお願いに近い内容
    さすがに彼女の名前は掲示された時には消されて分からないようにはされてたものの
    彼女を知ってる人や雑貨屋で買い物をした客なら誰もがすぐにわかるのは確実

    後日、雑貨屋に買い物に行ったら、彼女はマスク姿で出勤していた
    下手に意識するのも全く触れないのも不自然と思い、何も知らないふりをし「どしたの、風邪?」と聞いた
    彼女は「喉の調子が悪くて」と答えて、その後もずっとマスク姿で出勤していたけれど、半月ほど過ぎたら姿を見なくなった
    他の店員の子に「山田さん、お休み?」と聞いたら辞めたと知らされ衝撃
    退職理由は家庭の事情らしいけど、もしや私の投書が原因になった可能性.もあるのでは…と不安がよぎった
    あと、私が投書した本人だってバレていないかも不安
    こちらの個人が特定される情報は何も書いてないしわからないと思うんだけど…

    やはり私のしたことは間違いだったんだろうか、それとも気にしすぎで、本当に家庭の事情で私の投書は無関係だったのかな
    そうならいいんだけど、というか、あの場合、私はどうするのがベストだったんだろう
    いまだに彼女のことを思い出すと、傷付けてしまっただろうかと胸の奥が痛む
    夫や友人には、山田さんも私も誰も悪くないしたまたまタイミングが悪かっただけだから気にするなと言われるけど…
    せめて山田さんが今、元気だとわかったら少しは気分も晴れるんだけど、知る手段も無い
    今いる店員の誰かにダメもとで山田さんの情報を尋ねるのはまずいかな?

    このページのトップヘ