676 :スカッとする修羅場まとめ 2010/09/10(金) 16:34:56 0
    解決済みのエネ夫話を一つ。

    出産後体調が悪いため夫の了解もあって5ヶ月実家で世話になった。
    実家から自宅に戻ってきたんだけど家の様子があきらかにおかしい。
    キッチン用品の置き場が変わってたり、洗濯石鹸がいつもの物じゃなかったり
    私のシャンプーやボディソープは捨てられたようで見当たらない。

    寝室やクローゼットもあきらかに物色された後があるし金庫(ごく小型のもの)は
    無理にこじ開けようとした後があった。
    私が留守の間姑が夫の世話をしてくれてたと聞いてたので姑が物色したのかとも思ったけど
    普段の姑の態度からはそんなことするとは思えない。でも、もしかしてと思いつつ口にできない日々が続きました。

    その間も姑は何かと気を使ってくれて買い物を頼まれてくれたり、食事の差し入れをくれたり
    私の体調が悪いと看病に来てくれたり本当にいい姑だった。
    そして私の体調がほぼ戻り始めたころ夫の浮気が発覚。しかも実家に帰ってる間は家に連れ込んで住まわせてた。
    物色も物を捨てたのもその女がやったことと判明。
    そのうえ姑が出産祝いの一つとして夫に渡した子の学資保険一括払いのお金を使い込んでた。

    エネ夫どころかゴミみたいな夫だったよ。

    788 :スカッとする修羅場まとめ 2018/07/21(土) 07:44:03 ID:Vvf23D9y.net
    朝7時に姑から着信
    でてみたらNHK見ろとのこと。なんだよ…と思いながらテレビつけてみたら子供の熱中症対策をやってた
    したり顔でこまめに水飲ませて~だの塩分が~だの言うからいらついて思いっ切り塩対応してやった
    速攻でテレビ消してハンズフリーで水音ばしゃばしゃ言わせながら洗い物してやった
    あら?ちゃんとテレビ見てね!息子(夫)にも伝えて!よく教えてやってね!と言われたけど、保育園の時間なので切りますね~と切ってやった
    少なくともあんたよりは熱中症の知識あるし大きなお世話。息子チャンにも自分で言えアホ
    と言いたかったけどそこはこらえた

    369 :スカッとする修羅場まとめ 2010/02/19(金) 11:53:37 0
    ありがとうございます

    相談というか、愚痴かもしれません
    誰かに聞いてほしいのです

    ◆現在の状況・家族構成・同居状況
    私たち夫婦には今5ヶ月の子どもがいます
    両実家とも初孫です
    私は3人兄弟の末っ子(兄・姉・私)実家は田舎
    主人も3人兄弟でこちらは長男(主人・弟・妹)実家は都会
    今は田舎の私実家で両親と同居しています(私の兄姉は未婚で都会に居ます)

    私両親と同居の理由は両親が歳をとっていて二人きりにしておくのは何かと不便だろうということと
    田舎の自然あふれる環境で子育てがしたいと思ったからです
    幸い私の実家は敷地内に二軒家を持っているので同居の環境も整っており
    主人も賛成の上での同居になっています

                冷, くしゃみ, くしゃみをします, 幸せ, ファッション, 女性, 女の子

    345 :スカッとする修羅場まとめ 2018/02/22(木) 19:14:07 ID:HRUsjrqv.net
    携帯に、近在の姑さんから着信アリ。昼休みに折り返したら
    「家が変だ」と、震え声で言うわけよ。どう変なのかと言うと
    「どこからともなく、人の啜り泣きが聞こえてくる。ヒッヒッって、時々なんだけど怖い」
    なにそれ、どういうオカ案件wとにかく電話じゃわからないから
    私が帰るまで姑姉の家(これも近在)に居るように言った
    んで夜。姑を迎えに行き、一緒に姑宅に行った。キッチンでお茶いただきながら耳をすませたが
    怪しい音はしない。でも姑が怖がってる(舅は鬼籍で独居)ので
    夫に電話して「コレコレこういうわけで、今夜はこっちに泊まるから来て」と話してる時に
    「ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!」
    突然、狂ったような笑い声が家中に響き渡った!私、びっくりして立ち上がろうとしたはずみで
    椅子を蹴転がし、足を取られて転倒、姑さんはと見ると、両耳を抑えて床に丸くなり、震えている
    夫も電話越しに聞こえたのだろう「なに!?変な人いるの!?」と叫んでいる
    「ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!」ゾッとする甲高い笑いが続く…
    いや、どうもおかしい。人の声に聞こえるが、妙に規則正しいし、続きすぎるし、幽霊にしちゃ元気すぎる
    逃げたい気持ちを抑えて、声の出所を探してみた。甲高い声で家中に反響していてわかり辛かったが
    出所はどうやら居間のようだ。恐る恐る行ってみると、ひときわ耳障りな笑い声が大きく響いている
    ここまでくると、人の声ではなく、何かが擦れる音?とわかる。ヒとキの中間みたいな音
    ジッと見渡すと、壁付の空気清浄機が目に入った。コンセント引っこ抜いてみたら
    「ヒヒヒヒ…ヒヒ…ヒ…ヒ… …」ってな具合に音は収まった
    のちに聞くと、舅さんはタバコ吸う人だったので、何年も前に空気清浄機を取り付け
    以来ずっとそのまま。姑さんは機械に疎い人なので手入れの必要性.とか全く思い至らず
    何年も稼働しっ放しだったらしい。回転部分に汚れが溜まって作動不良起こしたのだろう
    しかしあんな、人間の声みたいな音立てるとはね。姑さん独りの時じゃなくて良かった
    幽霊の存在をマジで信じたあの一瞬が修羅場でしたw

    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1446107332/
    506 :スカッとする修羅場まとめ 2015/11/12(木) 11:53:02 ID:YER
    下の息子の嫁が本当に謎な子。
    私の姑が悪気のない過干渉タイプの人間でそのために私が一時ち体調に異常を来してしまった事もあったから、自分はああはなるまい。と息子夫婦とは距離を置いた付き合いをしていました。
    と言っても全くの没交渉でもなく、お中元やお歳暮なんかを贈りあったりなどはしています。
    直接会う事なんて年に1~2回程度で、その時だけ気を使えばいいため私自身は楽だったのですが一昨年の三が日に息子夫婦が来た時に嫁が突然「自分の息子が可愛くないのか放置クソババア!」と怒り出し、私や主人、息子も驚きました。
    息子が嫁を宥めると「家事を手伝ったり掃除してくれたりついでに買い物して来たりおかずのおすそ分けをしないなんておかしい!
    お歳暮も油のセットとかハムじゃなくてウェッジウッドのお皿とかがいいのに!」と荒れました。
    私も主人も嫁の突然の言い分に困惑してしまい、息子が今日は帰るからと嫁を連れて帰ってくれた事でその場は落ち着きました。
    後日嫁本人から謝罪の電話があり、「先日は大変な失礼をしてしまってすみませんでした。けどお母さん達ともっと仲良くさせてほしいんです。」と言うので、
    私とは反対に姑と関わりたいという人もいるんだなと考えを改め、ちょくちょく息子夫婦の家に遊びに行ったりデパ地下に行った時にはお惣菜を買って持って行ってあげたりするようにしました。
    お歳暮やお中元も洗剤セットや油のセットはやめ、カップ付きの紅茶セットとかウェッジウッドなどのブランドのお皿セットなど、
    若い人が喜んでくれるようなオシャレな物に変えました。
    ところがつい先日です。
    嫁の同級生の母であり私の幼馴染であるA子さんから誘われお茶をしに行ったのですが、
    「お嫁さんとは上手くいってる?」と聞かれそれなりには付き合えてると思うわと答えると、
    「娘がお嫁さんからいろいろ愚痴を聞いてるらしくてね。
    家に来ては嫌味ったらしく掃除をしていくとか食器棚狭いの知ってるのにお皿を送ってくるから困るとか。
    でもそれって以前私ちゃんから聞いたお嫁さんの主張だったわよねー…と思って今日お茶に誘ったの。」
    と言われ驚いたというよりショックでした。
    掃除は嫁に頼まれた時にやったりしただけなのに…。
    この事で主人だけに相談して、「関わっても関わらなくても舅姑というものは嫁にとって目の上のこぶなのだろう。」という事で、私の持病が悪化したとしてまた距離を置く事にしました。
    これでまた平穏な日々が戻るとは思いますが一体嫁は私達とどうなりたかったのか、それだけが謎です。

    引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1323773306/
                怒り, 腹, 怒って, 悪い, 分離, 危険, 感情, 悪, 顔, 女性

    84 :スカッとする修羅場まとめ 2011/12/20(火) 00:02:37 O
    大嫌いなコトメに、コトメのお姑様が一言。
    何気なくクリスマスの話題になって…
    コトメ「子供達のプレゼント代が高くて~」グチグチ
    お姑様「(同居の)生活費入れてないんだし、その位出せるでしょ?」と鮮やかに一蹴
    グッジョブお姑様
    コトメ実家で悪トメに泣きつきw
    笑い堪えるので必タヒwあ~メシウマ

    このページのトップヘ