879 :スカッとする修羅場まとめ 2020/11/09(月) 21:45:56 ID:fg.wm.L1
    女子大に通う娘が卒論のためにゼミの女忄生教授の家に泊まると言っています。
    教授は未婚で一人暮らしです。
    娘のゼミでは卒論の指導のためにゼミ生は必ず教授の家に泊まることになっているみたいです。
    娘の大学でも学生を家に呼ぶ先生はその先生だけらしいです。
    私は大学に行っていないので上の子(息子)が大学生になったとき、大学の先生と学生が飲み会をしたり個人的に出かけたりすることに驚きました。
    しかし、息子も先生の家にお邪魔するまではしていなかったです。
    相談ですが、大学生が同忄生の教授の自宅に泊まるのは問題ないのですか?
    息子に聞いても「田舎の大学だったから家に学生を招いて自宅でBBQをする先生はいた」「共学で異忄生の学生もいるから家に学生を泊める先生はいなかった」と言っています。30年近く前に大学生だった主人も息子と同じことを言っています。
    もし、大学のルールなどに違反する行為だったらと思うと心配です。
    私以外の家族は「心配しすぎ」と言っています。

    925 :スカッとする修羅場まとめ 2017/07/04(火) 11:21:21 ID:JAyT8TiP0.net
    ちょっと汚い話書くけどさ。
    先日中2の娘がトイレ行ったと思ったら「何あれ!ふざけんじゃねーっ!」って悲鳴上げながら戻ってきたのよ。
    前日にバリウム飲んだ俺がトイレ行った後だから、理由はそれなんだけどね。
    で、バリウム飲んだから流れないんだって説明したんだが、「んなこたぁ分かってんだよ!流れないなら流れないなりに掃除する努力しろってんだ!」って怒鳴るんだわ。
    その時は嫁が「そういうものだからしょうがない」って味方してくれて、トイレ掃除しに行った。
    なのにドア開けた瞬間「うげぇっ!」って叫んで、さらにもっとデカい声で「ギャーッ!」と叫ぶ。
    怒りの形相で戻ってきて第一声が「てめぇっ!ふざけんじゃねーっ!」。
    何にそんな怒ってるのかって言うと、俺が軽く掃除しようと思って使ったブラシがう○こだらけになってるのが気に食わんらしい。

    78 :スカッとする修羅場まとめ 2020/10/20(火) 12:52:55 ID:6X.13.L1
    高校生の娘のクラスにお昼ご飯を一緒に食べてくれとしつこい子がいたらしいです。
    その子は最初は1人で食べていたのですが、
    意地悪な女子グループがその子に聞こえるように「あの子お弁当一人で食べているね~」
    「あの子、コミュ障だもんね~。」
    とバカにしたことがあったそうです。
    (娘もそれを聞いていました)
    それ以来、その子が「お昼一緒に食べて」といろんなグループを突撃を始めたらしいのです。
    大半のグループは断るのですが
    「みんなのお喋りには絶対に入らないのでお願いします」
    「なんでもします」
    と土下座まで始めました。
    仕方なく娘のグループで受け入れることになったのですが黙々とご飯を食べるだけです。
    その子に話しかけても「その話はよく分からないからみんなで自由に喋っていいよ」
    「私に気を使って話しかけなくていいからね。」と返されるようです。
    食べ終わったら「みんなありがとう」と言って席に戻ります。
    娘に不気味すぎてどうにかしてほしいと言われました。
    「先生に相談したら?」と言ったら「先生に○○さんを引き離すようにお母さんから頼んでほしい」と言われました。
    さすがにそれはいじめと誤解されそうで嫌なのですが娘もストレスをためているのでどうしたらいいのでしょうか?

    56 :スカッとする修羅場まとめ 2016/01/14(木) 16:04:48 ID:4hM
    デブ過ぎて娘に怪我をさせてしまったことがある
    とても不甲斐ない話なんだが娘が小さい頃は身長173センチで100キロ以上あるデブだった
    会社の健康診断でちくちく注意されていたがあんまり気に留めてなかった
    娘がプーさんみたいって喜んでくれてたから調子に乗ってデブのままだった
    だがある日俺が帰ってきた時に「おとーさーん」と娘が飛びついてきた
    受け止めてやろうとしたんだが反応が遅れて娘を腹肉で弾いてしまった
    弾かれた娘は運悪く後ろにあったテーブルに頭打ち付けて流血沙汰
    びっくりするくらい出てきた血に一瞬で血の気が引いた
    嫁に泣きながら怒られ泣き喚く娘を背負って病院へ駆け込んだのが本当に修羅場だった
    本気で痩せなければとその時遅まきながら決意して数年がかりの地獄の減量生活送ったのも修羅場だった

    243 :スカッとする修羅場まとめ 2013/02/03(日) 00:08:31 ID:HByB08OB
    叔父が死ぬ間際に人を杀殳したことを俺と父に告白したことが衝撃。

    暴走族全盛期に叔父の奥さん強姦されて杀殳された。一緒にいた娘も鈍器で殴られて両眼失明。
    犯人は暴走族だというの目撃証言から分かっていたけど、誰が具体的に強姦し杀殳したのかが結局分からなかったらしい。
    当時医者だった叔父は復讐を決意。
    金を盛大にばら撒いて暴走族から情報を入手して事件に関わった奴らを特定。
    車と木製バットで武装して一週間で6人全員を杀殳すか障害が残る状態にしたそうだ。

    医者という知識をフル活用して証拠が残らないようにして、障害も一生残らるように慎重にやったらしい。
    復讐を終えたあとは辞表を提出して医師をやめ、医療系の普通の会社で病気が発覚するまで働いていた。

    叔父は棒状のものが持てない人だったのだが、その理由が頭の感触を思い出すからだったそうだ。
    金属じゃなくて木製バットだと打撃がモロに伝わるらしく、その感触も手に伝わってくると言っていた。
    撥ねた感覚が忘れられないため車も乗らず、自転車も暴走族を思い出すということで乗れなかったらしい。

    父も俺もその話を聞いたときは衝撃的だったし、警察に通報するべきか散々悩んだ。
    本当かどうかも父が新聞などで調べたけど、抗争による死亡事件などがチラホラあるだけで本当かどうか分からなかった。
    結局、事実かどうかわからないし、死に際だったし、理由があれだったので父と私も警察に届け出なかった。

    叔父が死んでから結構な時が過ぎたけど、未だに忘れることが出来ない。
    先日一人ぼっちの暴走族のようなバイクに乗った若者を見かけて、こういう奴らが人を杀殳し、杀殳されたのかと考えてしまった。

    墓まで持って行こうと思っていた話だけど、歳をとってから悩むようなってしまった。
    ただただ吐き出したくて書いた。

    叔父の復讐は正しかったのだろうか。
    俺と父が警察に届けなかったことは正しかったのか。
    今でもふとした時に考えてしまう。

    576 :スカッとする修羅場まとめ 2012/02/06(月) 22:40:33 ID:cTjWoT55
    すいません、相談事できました。
    高校一年生の娘が毎日私が作っているお弁当を家で食べていることに今日気付きました。
    理由を問いただすと、母さんの弁当残飯みたいでみんなの前で広げて食べられないと。
    私は冷食に頼らないでずっと手料理で作っていたんですけど、娘にとってはそれが重荷。
    夫に相談しても、主婦なんだから手料理しろ。お前の料理は美味しそう。娘の弁当の扱いが悪いしか言いません。

    明日から冷食にするね、と言ったら娘の喜ぶ顔に泣けてきました。みなさんは弁当どうしているんですか?

    115 :スカッとする修羅場まとめ 2018/11/06(火) 08:49:46 ID:AxR
    娘が結婚したの。
    娘と言ってもね、婆とは血が繋がってないのよ。
    娘が4歳の時、婆がママになったの。(本当の母親は1歳になる前に他界したのよ)

    爺は子供がいることで婆との結婚になかなか踏み切れなかったみたいなのね。
    婆はそんなの関係なく爺と結婚したかったのだけど。
    ある時婆と爺と娘とで買い物に出掛けた時に、爺が急用で30分ぐらい会社に行ったの。
    その間娘と一緒に本屋さんで時間潰したんだけど、とっても良い子だったから
    「一番欲しいの選んでいいよ。お姉さんがプレゼントする」って言ったのね。
    そしたら俯いて婆の手をギュッと握ってプルプル震えてるの。
    「遠慮しなくていいよ?選んでいいよ?」って言ったら更にギュッと握ってきたの。
    ちょっと出過ぎたことしちゃったかなーと思いながら、そうこうしてるうちに爺が戻ってきて。
    娘の様子がおかしいと気付いてどうしたの?って聞かれて、そのことを話してたら
    今度はしゃくりあげて泣き出したのよー。
    その日はそれでお別れして、婆すごく落ち込んだわ。
    あー娘に嫌われちゃったらもうダメかもーって。
    そしたらその日の夜に爺が「ちょっとだけ出られる?」って電話掛けてきて
    近くの公園で話したのね。
    そしたら娘が“一番欲しいの”は婆だったのよ。婆にママになってほしかったんだって。
    でも言葉にできなくて、気付いてもらえなくて、悲しくて泣いたんだって。
    それ聞いて婆の涙腺は破壊されたわ。そしてプロポーズされて結婚したの。

    式の間中その時のこと思い出して、涙が止まらなかったわよ。
    ずっとずっと良い子だったわ。妹のこともとっても可愛がってくれて一生懸命面倒見てくれて。
    ああ、あの時本屋さんで気付かなかった鈍い婆の代わりに、ちゃんと爺に気持ちを伝えてくれて良かった。
    おかげで爺と夫婦になれて、ふたりの娘の母親になれた。
    ありがとうと崖から叫びたいわ。

    871 :スカッとする修羅場まとめ 2015/02/03(火) 16:37:31 0.net
    去年社会人になった娘のことで相談です。

    夫は娘が幼い時に事故で亡くなり、その後私が女手一つで育ててきました。
    娘が独り立ちをして家を出て、一区切りついた気持ちで身辺整理を始めました。
    夫と一緒に建てて夫の私物もまだ残っていた家を手放し、一人で暮らすマンションを購入し、
    仕事もセーブして在宅メインに切り替えました(今までは在宅と出社半々くらいでした)
    前の家にあったものは古いしサイズも合わないのでほとんど処分したのですが、
    それを知った娘が激怒しています。
    思い出の品や娘の私物を勝手に処分した(ちゃんと聞きました)、
    そもそも引っ越しについてなんの相談もなかった(娘が一人暮らしを始めたら手ごろなマンションに移ると前々から言っていました)
    娘が実家に帰る時のスペースがない(広めの2LDKです)などです。

    家の維持費もただではないし、一戸建ての家に一人ではスペースも広すぎるし、
    今のマンションに全ての荷物を置けるわけもなく…
    そもそももう娘も大人なのだから、母親としての義務も終わったと思うのですが。

    話し合ってもらちが明かないのでここ数日娘からの電話に出ていません。
    娘は親戚に泣きついたらしく、親戚からも電話がかかってきました。
    娘の怒りを解く方法を教えてください。
    あまりにもわがまますぎると思います…

    478 :スカッとする修羅場まとめ 2008/08/27(水) 13:43:49 O
    長文です。

    義実家でトイレも風呂に居るとき姑にずっと無言で監視され、
    大ウトメの前では怒鳴られ、こちらからの親切も冷たくあしらわれていた。
    怖い姑だ私は嫌われてるんだと思ってた。
    姑と買い物をしていたある日、私が大柄な男に腕を掴まれ叫んでたらかけつけた姑が
    「うちの娘に何すんじゃー!」と痴/漢に体当たり→ヨーグルト投げ付けまくって撃退してくれた。
    痴/漢は知的障/害のある男性.で施設から脱走してきたらしい。
    小柄な姑の倍以上の体格の一見してわかる異常者相手に体当たりしたせいで、
    怪我した姑は大事をとって入院。

    お見舞いに行き花の水かえてたとき姑が旦那に
    「絶対に嫁を大ウトメらと二人きりにさせるな」ときつく言ってるのを盗み聞きし判明した事実。
    義実家で監視→大ウトからのセク八ラから守るため(姑も酷い目にあったらしい)
    大ウトメの前で叱責→大ウトメらが何言いだすかわからんから(下品なことらしい)
    それなら自分が怒鳴ったほうがマシ。
    私「私がそちらのお荷物(重いほう)お持ちします」
    姑「年寄りだと馬鹿にして!そんな細腕でしっかり持てるか!」
    →私が病弱なので気遣かってくれていた。
    他にも色々あるけど、私がさしあげたプレゼントは全て大事にしてくれていて、
    相当なツンデレ姑だとわかった。

    「うちの嫁」ではなく「うちの娘」と言ったのは、
    姑が流産した日と私の誕生日が一緒で、
    亡くなったその子の為にと添えていた花とお菓子が私の好きなもので、
    もしかしたら生まれ変わりなんじゃ…と内心思ってたそうな。

    960 :スカッとする修羅場まとめ 2009/06/24(水) 12:53:39 ID:tInegJc30
    どっかに書いたかもしれないが

    私の父は外面はよいがうちでは王様、しつけと称して軽くDV、
    子供は自分の見得はりのための道具、私は結婚相手までけちつけられたものの
    母が余命いくばくもなかったためどうしてもということで結婚はできた。
    そんな私にも子が産まれ、高齢となった父といやいやながら同居。
    しかし孫に傷つくような冗談(のつもりの暴言)ばかり浴びせかけ、
    もう限界!と思ったところで突然タヒ。

    というのが因果応報、なのではなくて。

    私のダンナは超できた人で、結婚の挨拶にきたときに父にひどいことを言われても
    大丈夫だからと許してくれ、引き取り同居についても、仕事であまりうちにいる時間は
    長くないんだから大丈夫と快く了承。
    そんな人なのに、なぜか娘には赤ん坊の頃から蛇蝎のように嫌われている。
    抱っこしても泣く、名前を呼んでも無視、何か頼んでも必ず「え~、今○○してるのに~」と
    一発で言うこときいてもらったことがない。
    私が父を嫌いぬいていたせいで、娘が父親であるダンナを受け付けない。
    親の因果が子に報い、とはこのことかと思う。

    このページのトップヘ