思い出

    310 :スカッとする修羅場まとめ 2016/07/08(金) 22:00:12 ID:3mM4ptcf0.net
    20歳の時にの上司が、10年経った今でも
    私の人生全ての指針になっていること。
    今の旦那はその上司に雰囲気と名前が似ているから好きになったこと。

    その上司とは色恋沙汰になったことないけど
    家庭がクズだった私にまともな家庭と生きていく為の技術を教えてくれた。
    一人暮らしの私の家に来て、毎日ご飯を一緒に食べにきたけど
    年の離れた兄みたいで、あんな幸せでポカポカした時間はなかった。
    普通にテレビ見て二つ布団を引いてお休みって寝た。
    血は繋がってないけど、家庭を無条件で教えてくれた人だった。

    私が今家庭を築いて普通のお母さんが出来ているのは
    あのポカポカした時間があったからこそだと思ってる。
    旦那は私の事を家庭的だと思っているけど、その人と出会う前は
    荒れて酷い生活をしていたし、ご飯もまともに作れなかった。

    今でも辛いときに思い出すのは、旦那じゃなくその人だと言うこと。
    きっと浮気や不倫より深い気持ちで好きなんだろうなと思う。

    もう会えないけど、どこかで会っていつかお礼と
    渡せなかった結婚祝いをきちんと渡したいと思ってる事。
    タヒぬときに思うのはきっと家族じゃなくて、その人と過ごしたポカポカした時間だと思う。

    こう書くと黒くもないし、過去でもないけと書き捨て。
    どっかで吐き出したかったんだ。

    133 :スカッとする修羅場まとめ 2016/03/09(水) 19:00:52 ID:SRvC7qVW0.net
    初カキコ  1/2
    自分の黒い過去じゃ無いけど、誰にも言えないからコッチへ
    文章書くのは苦手なので箇条書きな感じで

    私は興味無い事は即忘れる&記憶出来ないが前提。
    小学生の頃、学校へ行く途中で体操服を持ってくるのを忘れた。
    一緒にいた友人に断って、何故か道端にランドセル置いて家に帰った。(多分早く帰る為)
    家に帰ってピンポン押しても居るはずの母は出てきてくれなかった。
    困った私は自分の家の壁と隣の家の壁を伝って、自分の家の2階のベランダへ(スルスル登れた)
    ベランダの窓のカギはかかってなかったので、そこから入った。
    体操服を持って、家に居て驚いてる母に『泥棒ではなく、私』『体操服をとりに来ただけ』『玄関から出るから鍵かけてね』
    と言って学校へ急いで向かった。
    学校が終わって家に帰るとお菓子を用意してくれてた母とお話した。
    という、なんでも無い一日なんだけども、大人になってから振り返ると母は変だった。

    245 :スカッとする修羅場まとめ 2018/09/16(日) 19:52:05 ID:M0mCpfvj.net
    優しい親に育てられ自分も結婚して子供を産んで育てた
    夫からも「お前の家に行くと親に愛された子だというのが分かる」と言われるほどだった
    そして自分も歳をとって50に近い年になったという時に急にあることを思い出した
    その1つをきっかけにどんどん記憶が湧いてきた...
    私、よく親から殴られてた
    蹴られたりもした
    何かしてから殴られるより「もしこんな事したらこうだぞ!」って殴られたり蹴られたりした
    それなのになんで「私 親から叱られたことないの」なんて言えたんだろう
    そのことを親は呆れて「覚えてないのかい?」と言ったけど本当に覚えてなかった

    記憶喪失ではない
    今まで生活してきたことを覚えてる
    だけど何となく記憶がボーッとしてる所がある
    そして最近急に1つ思い出したらズルズルと
    殴られ蹴られ罵られて「タヒねばいい」くらいまで言われたことまで思い出した
    こういうの、何か病名あるのかしらね
    まぁこんな歳だしもういいけど急に記憶が湧いてきた瞬間が衝撃的だった

    このページのトップヘ