恐怖

    150 :スカッとする修羅場まとめ 2014/10/10(金) 00:19:00 ID:Y7jRMtkL.net
    高校の頃の友やめ
    入学してすぐ同じクラスになったAと私は意気投合した。仲良くなって距離が近くなるとAはどうにかして私や他の友人の気に入られようと変に気を使ったりお金まで使うようになり、子どもながらにAの卑屈さに違和感を感じていた。
    半年後Aに生まれて初めての彼氏Bができた。Bは同い年で虚栄心と独占欲が強かった。常にAと一緒に居たがり私や他の友人とAだけで話したい時にもかならず割り込んできた。
    それだけなら恋人同士だし仕方がないと思えたが、Bは私を含め他の女子をsageないと自分の彼女Aをほめられないやつだった。
    何度かAに対してBの苦情を言ったが、いつも返事は「ごめんね…」ばかりでBには何も伝えていないようだった。
    そのうちAとB二人で「恋人もいないやつがひがむなよ」という対応になってきたので
    Aには申し訳ないが距離を置くことにした。私が距離を置き始めたら他の皆も距離を置いた。
    それが二人には気に食わなかったらしく他の友人に私を孤立させるように根回しし始めたが相手にされなかった。
    恋人同士のAとBをほほえましくかつ羨望をもって他の女子が囲んで楽しく過ごすのが二人の理想だったそうだ。
    そんなのAとB以外誰も楽しくない。

    Bは段々Aを支配するようになり、休み時間にパシリをさせたり学校で必要なものをAに買わせるようになった。
    AはBが居る時は必タヒでBのご機嫌を取り、Bが珍しく居ない時は女子の機嫌をとるのに必タヒだった。お菓子やジュースを買って皆にばらまくようなこともしていた。

    例えば他の友人の面白い行動や話をコピーするようになった。
    朝他の友人が話した内容を放課後後輩を集めて全く同じ話をして笑わせていた。
    私が話した私だけの体験談をさも自分が体験したことのように他人に話しているのを聞いてしまったときは
    なんといったらいいかわからないが、当時高校生だった自分にはそこはかとなく怖く感じられて仕方が無かった。

    BはBでうっとうしかったがAの同性.に気に入られるための労力や金の使い方が怖かった。
    クラスが変わり部活も変えたら完全にAとBと接点がなくなったのでそのままFOした

    5 :スカッとする修羅場まとめ 2018/12/09(日) 16:49:50 ID:Lcv
    >>1乙です。
    早速ですがよろしくお願いします。

    今年新社会人になったばかりの23歳です。
    先日まで同い年の彼氏がいました。彼は一浪しててまだ大学生です。
    私が今年の夏に初めてボーナスを貰ったので
    ちょっといいお店で彼氏にご馳走しました。それがいけなかったのかも知れません。
    以来、何かにつけ稼いでるんだから私が払ってみたいな態度になってきました。
    確かに彼は学費は親が出してくれているものの
    生活費は自分でバイトして賄ってていつもカツカツなので
    助けてあげたいと言う気持ちもありましたが(それまでずっと割り勘でした)
    常に全額私が払うのは何か違うと言う思いもあり、
    食事が割り勘ならお茶は私がとか、映画代などの入場料は私とか
    私が多めに出すと言うことになっていきました。
    そしてやたらと車買えよ~としつこく言ってきました。
    稼いでるんだから買えるだろー、ローンだって払えるだろー、とかって。
    私も彼も千葉の総武線沿線住みで、車の必要性.を感じず
    ローンとか好きじゃないし、大きな買い物だし、車は買ったあともお金がかかるし
    とにかく今は車を買う予定はないと言うのですが、それでもしつこかったです。
    ちなみに私は高校を卒業後に免許をとっており、実家に帰った時は
    近場でちょっと乗る程度です。彼は免許自体持っていません。
    彼が言うには、車があればデートも楽だし遠いところにもいけるからって。
    その時だけレンタカー借りるんじゃだめなの?って聞くと
    「わ」ナンバーがカッコ悪いからイヤだって。
    とにかく車買え買えと五月蠅くて、ある日あんまりしつこいからキレて
    「そんなに車が欲しいなら免許とって自分で買えば!?」
    って怒鳴ってしまいました。
    その瞬間なんとも表現のしようのない怖い表情を浮かべ
    雑踏の中を速足で先に帰って行きました。

    383 :スカッとする修羅場まとめ 2014/01/14(火) 21:37:39 ID:nMkYxRqa
    修羅場といっていいのかな?
    タヒにかけた集団リンチくらった日から今日で20年以上たつ
    某スポーツ有名底辺高校で喧嘩に弱い俺はイジメられていた
    体育授業でタヒ合いがある度に軽く手段リンチを受けていたけど
    事態を解決しようと決意したあの日、バスケタヒ合いが俺が原因でいつも通り敗北したんだが
    敗北したチームは罰ゲームとして腕立て50回とかあったのがそもそもの原因
    敗北したのは俺の責任と集団リンチくらったけどいつもと異なり反撃したんだ
    当然、リンチが苛烈になるけど反撃するからリンチが激しくなる
    気づいたら病院だったから状況はよくわからない

    入院中に体育教師や加害者両親に何度も土下座された
    そのたびに
    「試合の敗者にどうして土下座するのか?敗者に生きている価値ないよね?杀殳してくれよ」
    と包丁を渡して聞いたけど明確な回答はなかったし、当然だけど要望は受け入れてくれない
    試合の敗者は俺だからと退学届けを出したが拒否されたりといろいろ学校に迷惑かけまくった
    逆に加害者達が全員退学で俺は半年ほど入院したけど公認欠席扱いで落第しなかったし
    底辺私立校にもかかわらず授業料は全額返還と加害者両親からかなりの慰謝料を受け取った
    その事案以降、体育の授業も部活も罰ゲームが完全になくなったw

    それ以降も球技は恐怖の対象で
    会社のイベントで無理矢理バスケに参加させられたら恐怖のあまり心臓麻痺起こして病院に運び込まれた程度の後遺症がある
    会社のイベントが強制じゃなくなったのは間違いなく俺のせいw

    508 :スカッとする修羅場まとめ 2014/01/18(土) 17:01:52 ID:PfHW1LJA
    山に山菜を採りに行ったとき、後ろから「フゴっ」聞こえたので振り返ると、2.3mの距離に軽自動車の半分くらいのイノシシ。
    とっさにしゃがんで石をつかんで投げようと思うが、イノシシは自分より小さいものには向かってくるんじゃないのか?と恐怖でしゃがめず。
    そういえばイノシシに向かってジャンプ傘を開いた人が助かったとか聞いたことあると思い出すも、当然ジャンプ傘などない。
    「要は、大きく見せればいいはず」と、コートの前を開き、山菜の入ったビニールをかぶり、前衣をバタバタさせながら「おひょー!!」と高笑いをすると、イノシシが後ずさり。
    これはいける!と高笑い&バタバタをしながら追いかけると、面白いように逃げて行った。
    修羅場は、この様子を山のふもとでたまたま見ていた祖母さんに、「アレはキツネが憑いとる」と線香で燻され、数珠の大きいのでひっぱたかれたこと。

    479 :スカッとする修羅場まとめ 2014/01/17(金) 19:55:39 ID:M9lrG0b5
    昔、海外を旅してた時の体験
    ドイツで人口が数千人ぐらいの本当に片田舎町に1周間ほど宿泊した時の体験。

    その宿の隣は乗馬も出来るような大きな庭(?)の様な仕様のお家。
    馬も居るが、ロバ、ヒツジ、ヤギ、その他動物多数を飼ってるお家だった。
    毎日近所で買ってきたお菓子、ケーキ類を馬、ロバなどにあげてた。(馬は甘党でした)

    ある日の夕方、その牧場を横目で見ると高さ30cmぐらいの牧草が生えてる所に犬ぐらい
    の大きさの真っ黒い毛むくじゃらの物体が低速で動いてるのが見えた。

    よく見ようと柵に近付いたら、その物体は牧草の中を右に左に動きながら私と
    の距離を縮めてきたが、30m付近に近付いてもその物体が何の動物かは判別
    出来なかった。
    黒い動物は犬が居た記憶が有ったが大きさは近いが毛の質感が濡れたモップの
    ようで記憶と全く違う。
    そうこうしてる内にその物体が20m付近に近付いた時に、一瞬停止したと
    思った次の瞬間、今までとは全く違うハイスピードで一直線に私の方に近づいてきた。

    576 :スカッとする修羅場まとめ 2003/10/27(月) 01:22:00 ID:vReA0YSb
    今日閉店間際にご来店のお客様、
    何処かの会社の偉いさんのような感じの風貌。
    でも横柄な態度でチラシの商品(フィッシングチェア)を出せと。無いと告げるとブチ切れ。
    「ふざけるな!何でチラシに書いてある商品がないんだ!!」
    「…数量限定の商品ですので売れ行きが良くて昼には完売いたしまして…。」
    「お前は何だ!買った奴らは本当にこれが必要なのか!!」
    「…必要だからお買いあげ頂いたと理解しておりますが…。」
    「それが解ってないって言うんだよこのバカ!!」
    …もう意味不明です。
    今日中に必要だからどうにかして手配しろと仰るので市内や近隣の店舗に聞いてみるも、
    チラシの商品でそこそこ人気があったために何処にも無い。
    「ああわかったもういい!!もういい!!直接工場に取りに行くから場所を教えろ!!」
    「はい??」
    「それが一番手っ取り早いだろ!!何処なんだよ作ってる工場は!!」
    「…行かれるんですか?」
    「ああ行くよ!嫌ならお前が取りに行くか!?」
    「…あの、僕にはちょっと無理ですので…。」
    「ああそうか!(店)で夜中に工場のシャッター叩けって言われたって言うからな!何処だ!!」
    「あの…マレーシアです。」
    「おお南米か!国際問題やな!!後で吠え面かくなよこのバカ!!!」

    …入社して初めてカウンターの隅に隠れて泣きました…。もう嫌や…。

    608 :スカッとする修羅場まとめ 2003/10/30(木) 14:24:00 ID:gVMolbOc
    ドキュと言うより、単なるヘンタイさんだったのかもしれませんが、昨日遭遇したおぢさん。
    野球セールでいつもより賑わっていたスーパーの女性.下着売り場で、女性.に混じって平然と下着一式をお買い上げになってらっしゃいました。
    見たところ50前位で、特にソッチ方面な雰囲気は感じられないようなお方。
    身なりも、平凡なオトーサンの休日って格好だったし。
    顔色ひとつ変えるでなく、極々日常的なお買い物といった感じで、淡々とお選びになってました。
    あまりに日常茶飯事オーラを出しているので、逆に怖かったっす。

    59 :スカッとする修羅場まとめ 2018/05/26(土) 19:47:28 ID:l2b/zSmE.net
    今で言う限界集落みたいなところに祖父の実家があった。祖父母もその息子である私の父も皆東京に住んでいたし、普通祖父の実家なんて行くことはないんじゃないかと思う。
    私が小学3年の頃、父と祖父と、そして私と姉が一緒にその集落に行ったことがある。
    祖父の実家は資料館で見るような、昔の裕福な農家のようなつくりで、庭を囲むようにして三方に建物があり、一番大きな真ん中の建物が住居だった。母屋というのか?
    父と私と姉は、母屋ではない大きな納屋みたいな建物に泊まらされた。納屋と言ってもちょっとした一軒家分はあったと思う。半分は土間に農具やらなんやら。もう半分がちゃんとした床の部屋になっていたので、そこに。
    夜中、誰かがそこへ入ってきた。足音からして祖父ではなかったけど、音で起きた私と姉はお化けだとだと思って布団の中で手を握り合ってた。部屋の真ん中に柱があったので、父はその柱の向こうに寝ていたから少し距離があった。
    結果としては、夜/這いだったのだと思う。姉と私は1つの布団に固まってたので、掛け布団をバッと剥がされて2人まとめて真上に乗っかられた。もちろんお化けだと思った私たちは大絶叫で大暴れ。
    父も起きて引き剥がそうとしてたけど無理で、そのうち父は手近なものでそいつを殴った。多分、何度も。暗くてよく見えなかったけど、乱闘の末に放り出された私が雨戸に激突して、外れた戸板ごと庭に落ちた。

    125 :スカッとする修羅場まとめ 2013/09/02(月) 06:17:22 ID:/ih2mu2Y
    本日深夜三時ごろ、フローリングをペタペタ歩く音で目が覚めた。
    その時は隣の部屋で寝てる長男か夫がトイレにでも起きたんだろうと思ってぼんやりしてた。
    (次男が三ヶ月で夜泣きがあるから寝室分けてます)
    でもトイレを使う音がしてこない。
    真っ暗のなか明かりもつけずリビングから居間をうろついてる様子。
    怖くなって息を杀殳してた。
    今日は涼しかったからクーラーつけてない。
    寝室のドアや窓は開いてる。
    その時、うろついてるヤツが居間の電気を一瞬付けてすぐ消した。
    一瞬で後姿しか見えなかったけど


    ネ果の男だった。
    リアルに鳥肌たったよ。

    918 :スカッとする修羅場まとめ 2016/12/08(木) 20:17:04 ID:HdI
    自分もカラオケ話
    学生時代に友達三人でカラオケしてたらおじさんが二人入ってきた
    ゴーカンや変質者のニュースが多かったから皆固まった
    おじさんたちはニヤニヤして一緒に歌おうよ~って言って座ってきて怖かった
    ずずっと詰めてきて肩を触られたり
    皆あはは~って言いながらどうしようどうしようって空気で。
    ヤバいと思って私は じゃあ皆で歌いましょう!と 合唱の曲を沢山いれた。
    先に入れてた普通の歌は全部消して 
    とにかくハレルヤとかエーデルワイスとかオペラ座の怪人とか
    マイクは使わず足を肩幅に開いて後ろ手で仁王立ちして
    友達も立たせて 三人で一生懸命歌った。
    おじさんたちはわあすごいねとか最初は言ってたけどそのうち出ていった。
    すごい怖かったけど出ていってくれて本当に良かった。

    このページのトップヘ