愚痴

    243 :スカッとする修羅場まとめ 2015/05/22(金) 12:59:51 ID:G5M
    中学からの付き合いで、良い友人だと思ってたA子。
    双方結婚してからも、よく電話で話したり、たまに会ったりしていた。
    でもA子は、子供が生まれてからやたらと愚痴っぽくなった。
    愚痴だけならいいんだけど、自分の旦那さんのことをとにかく貶しまくる。
    「別に好きじゃなかったけど、子供ができたから仕方なく結婚してやった」
    「子供が可愛くない、育児に疲れた、一人になりたい」
    「あの人は高卒だから年収が上がるあてがない、将来が不安」とか。
    じゃあ働けば?と言っても、「私は鬱だから働けない」。

    そして愚痴の最後に必ず「◯ちゃん(私のこと)はいいよね~ 旦那さん高学歴だもんね~
    旦那さん、収入もいいんでしょ?」と羨んだり詮索したりしてくる。
    私は夫の学歴や収入に惹かれて結婚したわけじゃないので
    そんなこと言われるのは心外だし不快だったんで、やめてくれと言ったが
    またまた~(ミャハ みたいな感じで流されてしまう

    やがて、私と夫は共働きで貯めたお金をもとに念願の一軒家を買うことになった。
    その話をした時、A子は口をへの字に曲げて黙り込み、数秒後に異様な笑顔で言った
    「なんであんたが新築の家なんか買えるのよ~ ズルくない?
    あたしなんか築何十年のアパート暮らしだよ?
    っていうか、あんたの旦那さんには、私の方がお似合いなんじゃないかな
    だってほら、あたしって頭いいじゃん。あんたより成績良かったよ。
    それに、あたしだったら子供産めるし~ 
    (私が不妊で悩んでいるのを、A子は知っていた)」

    私は唖然としてAを見つめるだけだった
    でも、それまで薄々感じていた、A子にとって自分は見下し要因だったのではという疑いが
    確信に変わった
    そういえばA子の愚痴は散々聞かされたけど、私の相談事はスルーだったなぁとか
    私がデブス藻女の時はいろんなところに引っ張り出されたけど
    ダイエットに成功して身なりも整えるようになってからは、
    少なくとも男性のいるところには一緒に行きたがらなくなったなぁ とか
    一気にいろいろな思いが湧き上がって、そのまま帰ってきてしまった。
    その後A子からしつこく言い訳と謝罪があったけど
    適当にかわして、その後は疎遠にした。

    縁に寿命があるというのは、本当だと思う。
    寿命を感じた時に、終わらせておけば
    お互いに嫌な思いをせずに済んだし、青春の美しい友情の記憶は美しいまま残ったのにと
    とても後悔した


    82 :スカッとする修羅場まとめ 2018/09/20(木) 23:26:09 0.net
    吐き出させてください。スマホからなので読みにくかったらすみません。長いです。

    土地を購入し家を建てました。義実家同居予定。
    旦那と義父でローン組みました。
    頭金に、私も独身時代の貯金を出しました。ローン支払いもまだ1年も経過してませんが私もお金出してます。
    元々住んでた家は義祖父母が住み続ける予定です。

    しかし、家完成直前に私がケガをしてしまい、日常生活に支障が出るレベル。仕事も休職。
    義母、義祖母、旦那にとてもお世話になって日中横にさせてもらってます。今は体を早く治せと言ってくれてます。

    引越し準備、負担のないよう考えてゆっくりしていかなきゃね、なんて家族で話していました。
    しかしコトメが家完成したから帰省するね!と。
    私達夫婦の誕生日が10月の頭なので、それに合わせてするんだと。
    10月の頭は旦那の仕事が繁忙期だし、早すぎませんか?と義母や旦那に話すも、あいつはサプライズとか祝うの好きだから…自分の身の回りの世話自分でやるから…と深く考えない二人。

    続きます

    15 :スカッとする修羅場まとめ 2013/09/19(木) 11:47:14 0
    1乙!!!

    義実家の後ろの家の娘さんが出産した。
    この前義実家へ行くと、義母が娘さんの旦那さんがいかに素晴らしいか
    私たちに言ってきた。
    旦那さんの名前でご近所まわりをしたらしく
    (旦那さんの名前の入った熨斗の内祝い(?)があった)
    社交的でお酒も飲めて、(あいさつ回りもして)気も効いて素敵だわ~と。
    後から旦那に聞いたけど、出産祝いで娘が嫁いだ相手が旦那さん名義で
    挨拶まわりをする風習はないそう。
    出来婚だったから結婚の挨拶まわりかもしれないけど、
    それなら私たちだって結婚式の後に別居だけどちゃんと義実家周辺にはやっている。
    (もちろん義実家周辺の人はご夫婦で結婚式に招待してある)
    もちろん子どもの出産祝いの内祝いも義実家周辺でお祝いいただいた方には
    ちゃんとしている。
    義母は自分は社交性.があると自負しているようだけど
    花火大会に1人で行って、見ず知らずで初対面の若者の集団に
    「おばちゃんも混ぜて」と強引に場所に入れてもらうのは社交的って言わないと思う。

    だいたいその旦那さんと私を比較してもしょうがない。
    だって、その人後ろの家に婿入りしたわけじゃないし。
    比べるならあんたの息子だろうよww
    社交性.は普通だけどお酒も飲めないし、嫁の実家の近所に挨拶まわりなんかしていない。
    おそらく義母的に社交的でなくお酒も飲めない嫁に対するあてつけしたつもりで
    お酒が飲めず嫁実家の周辺に挨拶まわりしなかった息子を
    下げる発言だと気付いていないんだろうねw

    自主的に嫁実家の周辺に挨拶まわりをした旦那さんは社交的だし
    偉いなーと思うけど、とりあえず嫁を悪く言いたいだけの
    義母はアホだと思う。

    972 :スカッとする修羅場まとめ 2015/03/23(月) 14:17:39 0.net
    旦那の姉が、ルーズすぎる。
    悪い人ではないんだけど、なにかあるとそのルーズさに振り回されるので、最近は辟易してしまってる。
    車のない義姉に送迎を頼まれ迎えに行けば、何故かそのタイミングでご飯を食べだしていて、待たされたり。
    我が家に昼から遊びに来るというので、待っていたら、来たのは午後4
    時。あの、うち一歳の子供の離乳食や、自分達の夕飯作りや、お風呂の準備でこれから忙しい時間なんですが。
    ひとつひとつは小さいんだけど、義姉がからむと、なんでも時間が予定よりずれこむのが、もうたまらんわ
    いい人ではあるんだしと、自分に言い聞かせてきたけど、最近はイライラしちゃって┐(´д`)┌

    217 :スカッとする修羅場まとめ 2013/06/23(日) 03:59:02 0
    話ぶったぎってごめん。
    吐き出させて。

    ウトメが泊りがけで出かける時に毎度神棚の榊の水替えや
    ペットの世話を別居の息子夫婦(私たち)に頼んでいく。
    時々だったら快く引き受けるけど、多い時は月3くらいある。
    しかも、法事でとかの用事ではなく完全プライベートの遊びだから腹立つ。
    さらによくて一週間前、ひどいと当日「出かけてるからよろしく!」と
    出先から電話がかかってきて頼まれる。
    もちろん私たちの都合を聞かれたことはない。

    去年の夏にもハワイに行くとか言って一週間泊まり込みで頼まれた。
    ハイハイが始まった娘を抱えて、子どもが安全な環境にしていない義実家での
    生活は本当に苦痛だった。

    そして、お土産は留守番していた私たちとコウト一家・コトメ一家ともすべて同じもの。
    お餞別渡したのうちだけなのに。

    しかも!
    「自分だけの力で海外旅行に行ける俺すごい!」とウトが言ってるのを知ってハラワタ煮えくり返るかと思った。
    息子夫婦が1週間も自宅あけてわざわざ泊まり込んでるのに、誰にも迷惑かけてないとかどの口が言うか!

    遊びで出かけるなら、ペットはペットホテル・神棚は出かけてる間だけ下げておけ!
    と思ってしまう私は鬼嫁なんだろうか。

    708 :スカッとする修羅場まとめ 2013/12/08(日) 04:08:26 ID:M8gAogD0
    夜中だしこっそりと流れきらない程度に……
    私は女。でも、七五三のうち七歳を経験してない。父方の親戚に金を貸したせいだ、と母親からは小さな頃から愚痴られた。
    時は経ち、両親は離婚。
    母方につき、母は半年後再婚。
    学資保険は溶けたし、養育費も父親からふんだくる。金がないと愚痴りながらも、ダックスを飼っていた。

    今。家を追い出された私は、成人式を翌月に控えてるけど、振袖も何も決めてない。
    綺麗な服を私も着たかった。犬に着せてた振袖が脳裏から離れない。バイトに奨学金生活で考えないようにしてたのに。
    そんな今の心境が、修羅場です。

    34 :スカッとする修羅場まとめ 2018/10/21(日) 01:43:22 ID:I0v6hhif.net
    最近、別れた女についての愚痴のようなもの

    元々、ものすごく繊細で傷つきやすい性.格なのは把握していた。
    よくいえばクソマジメで、どんな些細なことでも他人から非難されるような材料を作らないようにすごいエネルギー使ってるなあと。

    他人のちょっとした無神経な発言や行動にものすごく敏感でしょっちゅうイライラしてるのも、
    自分が必タヒこいて色々ちゃんとしようとしてるからこそ、他人のズボラが許せないんだろうと理解はしていた。

    俺との普段の会話で、ちょっとした言葉尻にひっかかって突然ぶんむくれるのも、
    確かに俺の言い方が誤解をまねくものだったね、と自省して謝ることで解決してきた。

    そうやって相手の立場を思いやり、相手の気持ちに寄り添う発想が俺のこれまでの人生には乏しかったと思う。
    だから今度こそは全力でそれをやろうと決めていた。
    で、できてると思っていた。なるほど他人の気持ちにシンクロすることではじめて、理屈を越えて見えてくるものがあるなと。
    彼女も「こんな優しい人には初めて出会った」みたいなこと、よく言ってた。が…

    64 :スカッとする修羅場まとめ 2013/06/25(火) 18:10:38 ID:wFQM/DGR!
    アメリカ出張からの帰りの飛行機。エコノミーで窓際(ガキ)真ん中(私)通路側(父親)の席順だった。
    この白人親子は見事なアメリカンデブ。
    小学校高学年ぐらいの子供も80キロぐらいありそうで親父は130キロぐらい。
    ギンギンに冷房効いてる機内でハアハア言ってるのがうるさい上に、贅肉が俺の席まで攻めて来ている。
    その上、オレを間に挟んで、ずーっとしゃべりっぱなしで超うるさい。
    窓の下に何か見える度に「ダディ!○○だよ」と一々報告する。その上オーバーアクションで、時々ガキの手が俺に当たる。
    更に親父が子供に10分間隔ぐらいでジュースやお菓子を与え、それが俺の上を通過する。
    やっぱり、あのデブを維持しようとしたら、努力して食い続けないといけないんだな。
    うざいことこの上ないので「席を代わるか?」って聞いたら「いや、このままでOKだよ」と抜かしやがる。
    「私がOKじゃないから代わって」って言って通路側に移った。
    そしたら父親と子供がギャレーに食い物や飲み物を取りにいったりトイレに行ったりで入れ替わり立ち替わり20分に一回は席を立つ。
    そりゃ、あれだけコーラがぶ飲みしてりゃトイレ近いわな。
    「そんなに頻繁に立つんだったら窓際と代わってくれ」って言ったら、子供が「窓際が良い!代わりたくない!」と半泣きで拒否。
    アテンダントに頼んでも満席で代わりの席はない。
    気晴らしにi-Padで漫画読んでたらガキが絡んでくる。
    親父を乗り越えて覗き込んでくる。
    それだけならまだしも日本語の吹き出しを英語に翻訳しろとぬかしやがる。
    親父に「子供をコントールしろ」って怒ったら、やっと収まる。
    やっとデブ親子が寝たと思ったら、まわりから失笑が漏れるぐらいの親父の大いびき。
    起きたらコーラと御菓子でボリボリ、ゲフッ。
    おかげで成田まで一睡も出来ず。
    日程の急な変更でキャンセル待ちのチケット取ったのが大失敗だった。
    修羅場ってほどじゃないけど。

    85 :スカッとする修羅場まとめ 2018/05/29(火) 21:26:13 ID:eUw
    職場の同僚について愚痴らせてください。

    ・私…30代前半。Z社でアルバイト勤務しながらフリーランスで活動中。
    ・Aさん…40代前半、男性.。同じくZ社でアルバイト勤務している。私の大学時代の先輩でもある。
    同業他社で仕事をしていたが、最近古巣のZ社に戻ってきた。

    二人とも良い歳してアルバイト?というのがひっかかるかと思いますが、Z社はある分野の専門性.が強いちょっと特殊な会社です。私もAさんもZ社で取り扱っている分野を専門にしています。

    私はフリーランスでの活動をメインにしつつ、週の半分くらいはZ社でアルバイト勤務。
    こなしてる業務は社員と大差なく、その分お給料は他のアルバイトより多めにもらっています。
    兼業に寛容ですし(むしろフリーランスで活躍すればそれが会社の利益になるとの社長の考え)、業界の情報も入ってくるので、非常に助かっています。
    一方のAさんは、最近まで同業他社で働いていたそうですが、人間関係でトラブルをおこして退職、古巣であるZ社に戻ってきたようです。

    困っているのが、Aさんとの微妙な関係。
    Aさんは同じ大学の先輩にあたります。
    浪人か留年かよく分からないのですが、歳は10以上離れていますが在学は少し重なっていて、顔見知り程度には知っていました。
    我々の専門分野については、Aさんの方が実力もキャリアも上です。

    しかしZ社での待遇は、時給も役職も私の方が若干上になっています。
    噂だと、Aさんは社員を希望したそうですが、社長に却下されたとのこと。
    あからさまではありませんが、Aさんからの敵意というかライバル心?を時々感じます。
    従業員名簿で、私の名前がアルバイトの筆頭に来ているのを気にしたり。(基本年齢順だけど、私とAさんだけひっくり返ってる)
    経営会議にアルバイトからは私だけ呼ばれた時、Aさんも参加したがったり(これも社長に却下されてた)
    Aさんは本当はZ社でもっと働きたいようなので、恐らく専門の被ってる私が邪魔なのだと思います。

    でも正直、それも自業自得というか。
    Aさんは腕は確かですが、自分の専門分野以外の仕事にはあからさまにモチベーションが低いです。
    しかも口を出したがりで、経営についてもあーだこーだよく言っています。
    しかしその割に労務条件などにはルーズで、シフト時間を無視して勝手に時間外に手伝ったあげく給料を要求する。

    私はキャリアも腕もAさんに劣ります。
    でもその代わり、自分の専門以外でも必要があれば勉強して覚えました。
    必要なら書類整理でもトイレ掃除でもこなします。
    社内でのコンセンサスは重視します。
    Aさんよりもお給料が多いのも、あちこち手伝っているうちに役職が増えて、その分の手当てがついているからです。

    頭が痛いのが、私は第2子の出産を検討しているのですが、産休をとったら間違いなくAさんは私の仕事を乗っ取りに来ます。
    第1子の時はAさんはまだいなくて、快く休ませていただき、いつでも戻ってきてくれと言ってもらえました。
    しかし今回はどうなるか…
    もちろんアルバイトという身分が不安定なことも承知しています。
    なので、子どもを望めば職を失う可能性.も覚悟しています。
    でもなんというか、単純に悔しい。
    私とAさんが同じ土俵で勝負するなら、私の方が会社に貢献できる自信はある。
    でも私は女で、産休育休を望めばそれは小さなうちの会社にとっては不利益になる。
    でもそろそろ出産可能な年齢の限界が近づきつつあるから、産まずに後悔もしたくない。
    まあ特殊な業種なので、また会社に必要としてもらえる自信はあるのですが。
    でも隙あらば優位に立とうとするAさんに悶々とする。

    907 :スカッとする修羅場まとめ 2015/07/26(日) 21:27:48 ID:QrB
    誰にも言えない愚痴です。
    旦那とは付き合って1年ほどで子供ができ、
    無我夢中で子育てして今日まで来ました。

    今、友人たちはちょうど適齢期ですので
    結婚式に呼ばれる機会も多々あります。
    その際に、友人の多くが婚約指輪を結婚指輪と重ねづけしたり、
    既婚ではなく婚約している友人もせっかくの席だからと婚約指輪をはめて来ています。

    私には婚約指輪はありません。
    そもそも子供ができて1カ月で入籍したのでちゃんとした婚約期間など無かったから必要ないと思ったし、
    旦那からは何の相談もありませんでした。
    お金も全然無かったですしおそらく買うことすら考えていなかったと思います。
    今までは何とも思っていなかったのに、今、彼女たちがとても羨ましいです。

    婚約指輪をつけている友人たちに共通しているのは、
    ちゃんとした期間交際して、旦那さんにある程度の経済力もあって、きちんと順序立って結婚した点です。
    反対に婚約指輪をつけていないのは、私のようにできちゃった婚だったり、お金がなかったりする友人が多いように思います。

    結局指輪よりも、その指輪を貰える背景が羨ましい、とわかっています。
    それを今更言われたって旦那も困るでしょうし、子供ができていっそう経済的にカツカツで
    数万円ですらアクセサリーなんて買える状況ではありません。そもそも子供がいるから石付きのリングなんてつけられないし。
    自分で選んだ道だし、理性.的に考えたら全然要らない、お金があったなら子供のために使いたい。
    でも、すごく羨ましくて、時々自分が惨めになります。

    もちろん、裕福でももともと指輪なんて必要ではないという方や、
    無くても充分幸せなご家庭も多くあることは承知です。
    反対に婚約指輪を貰っても、離婚したりすることはあるでしょうし…

    また2カ月後に友人の結婚式があるのが憂鬱です。
    こんなことで素直に喜べなくなる自分もすごく嫌です。

    このページのトップヘ