旦那

    719 :スカッとする修羅場まとめ 2008/04/05(土) 05:43:05 O
    不正出血したから子宮ガン?と不安になった。
    それを見ていた旦那が「子宮ガンだったら子宮取っちゃえばいいんだよ!」
    と嬉しそうに言い放った。

    「心配だから」と言いながらもワクワクしながら病院に付いてきた。
    診察の結果、ストレスでホルモンバランス崩れてるだけだと分かりほっとした。

    旦那「ガンじゃなかったんだから焼き肉おごって!」私「え?!なんで?」
    旦那「だってガンだって騒いだじゃん!!違ったんだから焼き肉おごって!」

    はぁ!?逆だろ!?普通の男なら「安心したね。良かったね。お祝いに焼き肉おごってあげるよ」
    と言うだろ!!
    敵だとずーっと思ってたけど、ストレス溜まりすぎて病気にまでさせられて…。
    もう、離婚しかない!

    110 :スカッとする修羅場まとめ 2009/02/13(金) 12:45:42 ID:MxJKYpBI
    去年の地区の子供会役員の集まりのとき、会計のAさんから
    「実は通帳と印鑑が見つからなくて…」と報告があった。
    でもなんというか、話のつじつまが微妙に合わない。

    「家中探しても見つからなくて」と言うんだけど、その割には見つからなくなってから
    2ヶ月以上もそのままにしておいたとか。
    印鑑もセットでなくなってるんだから空き巣の恐れもあるんじゃないかってことで
    他の役員さんたちも「他になくなってるものとかない?」と心配しながら
    色々聞いていったんだけど、本人は「見つからない」ばかりで
    銀行に連絡もしていないし残高の確認もしていないという。

    じゃあすぐにでも銀行に連絡しなきゃと言うことになっても、まだ「見つからなくて…」
    を繰り返すばかりだったんだけど、そのときふと
    「旦那は"探したってどうせあるわけないんだから"って…」と。

    そこに食いついた他の役員さんたちが何度も「それどういうこと?」と聞いても
    「私にもわからなくて…」と言葉を濁すばかり。

    埒が明かないので会長さん他数名だけを残して他の役員さんには帰ってもらい
    色々問い詰めた結果、結局はAさんが使い込んでいたと白状した。
    そして旦那さんもそれは知っていたと。
    というか旦那さんがわがままで家計とか色々なところに無理が来ていた所に
    目の前にお金があったもんだから、と言うことらしい。

    結局使い込んだ会費は全額返してもらって終わりにしたんだけど
    それから数ヵ月後にA夫婦は離婚。
    小学生のA子ちゃんはAさんが引き取ってAさん実家に引っ越していった。

    889 :スカッとする修羅場まとめ 2014/07/01(火) 17:38:23 ID:???
    朝から旦那実家に遊びに行って晩御飯食べてから家に帰ったら知らない人達が庭でBBQしてた。
    花壇にタバコをポイ捨てされたり花火やったりしててムカついた。

    748 :スカッとする修羅場まとめ 2014/08/26(火) 09:42:39 ID:vRbBFDlL.net
    長文です
    小学生の頃から仲の良かった4人で、今でも月に1度は集まる関係(ABCとする)
    そのうちの一人Aが少し前に流産したらしい
    妊娠は私達も知っていてここ数ヶ月あまり連絡が取れていなかったのだけど、臨月間近だから大変なのかと思っていたら
    旦那さんから連絡が来て、事故に巻きこまれて流産してしまったとのことだった
    もう退院しているんだけれど家のすぐ近くでの事故だったことで外に出ることが出来なくなってしまい家で塞ぎ込んでいる、
    心配だから様子を見に来てくれないか?ってことだった
    とりあえずA以外の3人で集まって、お見舞いをどうするかとか話していたんだけど、
    その席でBが、「子どもが可哀想、Aはもっと自覚を持つべきだった」などと言い出した
    事故の状況的にAには全く否がなかったし、何を言ってるんだと咎めたんだけど、Bの言い分としては「妊娠してるのに外出したAが悪い」
    Cが「外出出来ないなら病院も行けないでしょ!今1番傷ついてるAを責めるなんて!」と怒ったら、
    B「そういう事じゃなくて自覚が足りなかったんだって言ってるの!A可哀想だけじゃなくて今回のことを教訓にしないと」と応戦
    そっから口論になったんだけど最終的にBが「A本人に言ってるわけじゃないんだし、本音を言い合える友達だと思ってたから言ったのになんなの!」とキレて席を立ってしまった
    Bは元々素直な子で思ったことを包み隠さず言うタイプで、ちょっと人より違う視点からの意見を言いたがる子だったんだけど、まさかこんな時にまでとは思わなかった
    Bとはもう付き合えないけど、Aのお見舞いにCと行ったらどうしてBがいないのか聞かれて誤魔化してしまった
    さすがにBもA本人にはあんなこと言わないとは思うけど、これから先もずっとBが集まりに来なければAも気になるだろうし気まずくてACとも疎遠になりそう

    750 :スカッとする修羅場まとめ 2019/03/17(日) 17:08:42 0.net
    金曜の夕方に旦那の勘違いから、過去最大級の夫婦喧嘩に発展しました。
    旦那の誤解を解くことはできず、旦那はそのまま家出し、現時点で未だに連絡がとれません。
    スマホも財布(現金もカードも個人の銀行のカードも入ってます)を持って出ているので、ネカフェやホテルあるいは友人宅等安全な場所にいると思いますし、
    夫婦間の喧嘩を旦那の友人に知らせる行為もどうかと思い、本人にLINEや電話以外はしていません。
    過去に喧嘩をした際には、お互いにヒートアップして収集がつかない時に近所のコンビニに出かけるということはありましたが、今回ほど長引いたのは初めてで対応に困っています。
    このような場合、どんな対応するのが良いか教えていただけると幸いです。
    ちなみに、誤解は私の兄(ここ十数年海外にいたので旦那は見たことがありません)と私が昼休みに職場近くのラーメン屋で食事していたのを目撃、丼を交換して味見したのを見て浮気と勘違い。
    あれが兄であること、両親と兄と私たちでの食事の席を近々設けるつもりでいることはLINEで連絡済みです。

    293 :スカッとする修羅場まとめ 2010/05/22(土) 19:28:39 0
    法事でしぶしぶ義実家に行ったら、クソトメに「さっさとメシ作れ」と言われた。
    いつものことなんでてきとーに作ってたら、
    使用中だった砂糖と塩の入れ物がまな板の側に置いてあることを
    「片付けない嫁!」「あるべきところにきちんと直しなさい!」と五月蝿い。
    仕方ないから、中身をちゃんと入れ替えておいてあげた。
    最初にこの入れ物を買って来た時に、トメが砂糖と塩間違えて入れてから
    ず~~~~~っとそのままだったんだもん。

    なんか楽しくなってきて、某洋菓子屋のプリンの入ってたガラスの容器が
    トメの指輪入れにされてたから、そこにプリンっぽいものを作って入れた。
    のどあめの缶にはトメのネックレスが入ってたから、そこには水飴を入れてみた。
    うめぼし用の壷にはなんか「土地うんちゃらかんちゃら」とか書いてある
    書類が入ってたんで、梅干しを入れておいた。
    仏間から声だけで「嫁子、お茶!」と言われたんで、トメのコンタクト入れにしてた湯のみに
    あっっつーいほうじ茶を入れて逃げ帰ってきた。

    帰宅してみると着信がすごいことになってるので、さくさく着信拒否。
    きちんとしなさいと言われたんで、入ってるものそのままに
    ちゃんと入るべきものを戻しておいたんだけどな。
    トメさん、なんで怒ってるんだろう?
    ひとりだと怖いんで、ついでに家の内鍵も閉めてみた。これで外からの侵入者は防げる。
    ダンナは義実家に放置してきたんで、まあ何とかなるだろう。
    さ、2ちゃんでもして遊ぶか。

    306 :スカッとする修羅場まとめ 2014/05/20(火) 23:03:38 ID:???
    前の職場の先輩の話

    入社した時は大学の時に知り合ったという旦那さんと既に結婚していた
    大学デビューでピアス開けたくて仕方なかったんだけど、今旦那当時彼氏に大反対を受け
    しぶしぶ諦めたそうだ。それから10年ぐらい経つけど、今でも開けたいと言う
    でもそれを言うと旦那さんが「お前がピアス開けるんなら俺はパンチパーマかけるぞ」と言われるそうだ
    それは絶対嫌だとやっぱりしぶしぶ諦めてた。でもいつか子供生まれたら、すぐにピアス開けるんだ!
    ちっちゃい子がピアスしてるのすごく可愛いよね!とよく話してた
    そんなの嫁がダメなら子供も許すはずないのはわかってたし、冗談だと思ってた

    そのうち先輩は妊娠してそのまま仕事を辞めた
    数年後、先輩と仲が良かった人から聞いたんだけど本当にピアスあけて離婚の危機だとか
    生まれて直後はさすがに可哀想だから、2歳の誕生日にあけた、あけたら絶対可愛いし
    それ見たら旦那も考えが変わるだろうと思ったんだそうだけど、帰ってきた旦那激怒
    最終的に虐待と罵られ、娘も取り上げられて実家に返されているとか

    その後は自分も仕事を辞めたのでどうなったかわからないが、そんな小さい子にピアスなんて衝撃だった
    先輩曰く「欧米では小さい子があけるのも当たり前なのよ!」だそうだけど、本当なのかな

    419 :スカッとする修羅場まとめ 2016/03/24(木) 11:57:55 ID:dmMreEYi.net
    過疎ってますし、私の不幸な結婚式の話でも。

    大学時代のバイト仲間を招待したのだが、内一名バイト先輩(34歳女性.)に、私が盛大にビンタされた。
    ビンタに至った経緯はこう。

    普段から「ハイスペックな男性.を紹介して(30歳越えてから 紹介しろ に変化)」が口癖となっている彼女。

    何人かを紹介したが、「全然ダメ」「こんなの私に釣り合わない」「最低でも年収××で年齢は××まで」とか無茶な要求&紹介した男性.にも失礼な態度だったためもう紹介しないことにした。

    私の結婚式に出席したところ、彼女の要求に合う男性.がいた。

    しかし私の旦那(新郎)だった。

    「なんであんたが結婚する前に私に紹介しないのよー!」と激怒

    「いやいや、自分の彼氏をフリーの男性.として紹介しないですよ」

    「だったらあいつら(旦那同僚)紹介しなさいよ!」

    「え…いや…あいつらって…」
    (過去にそれとなく「こんな女性.(先輩のこと)どうですか」って話したら男性.側からNGが出たのだもの…無理やがな…)

    ビンタ

    披露宴後のお見送りで上記の行動ーをやらかしたため、二次会で先輩が男性.に熱烈アピールしても話をする男性.はいなかった模様。

    披露宴の後でアルバム用の写真撮影があったのでビンタされた頬が腫れて残念な仕上がりに。

    二次会から来た友達にも「場の雰囲気変じゃない?披露宴で何かあったの?」とか聞かれるし。
    旦那ならびに招待客みんなに申し訳なかった。

    818 :スカッとする修羅場まとめ 2016/08/01(月) 16:00:32 ID:jo8
    結婚2年目くらいに痔になった
    恥ずかしくて旦那にバレまいと必タヒに隠してたら、不審な行動が増えすぎて浮気を疑われていたらしい
    ちょっと友達と会ってくる等の理由で頻繁に外出(通院のため)
    銀行でいつもより多めにお金を下ろす(通院のため)
    夜の生活を何かと理由をつけてやんわり回避(痛くてそれどころじゃない)
    風呂やトイレにまで携帯を持っていく(気を紛らわせたり痔の情報収集のため)
    一緒に外出したがらない(車の座席に座るのが辛かった)
    あまり笑わなくなった(痛いから)
    思い返すと確かに疑われてもおかしくない行動を重ねてしまっていたんだけど、当時は必タヒで浮気を疑われるなんて全く思いもしなかった
    医療費が一定額を越えたり家事に支障が出そうだったら打ち明けるつもりだった
    発症から数ヵ月後に健康保険の医療費通知が来た事がきっかけで旦那にバレた
    総合病院に通っていた履歴が載ってて、どこが悪いのか、何故隠したのか問い詰められた
    観念して痔で肛門科に通っていたと白状した途端に旦那は脱力して半笑い半泣きになった
    夫は浮気、重い病気など色々想像してかなり深刻に悩んでいたらしい
    次の日会社帰りに食卓用とソファ用と車用にドーナツクッションを3つ買ってきてくれて、週末は柔らかいソファ席があるカフェを調べてドライブに連れて行ってくれた
    今では笑い話だけどあの時は心配させて申し訳なかったと反省してる

    826 :スカッとする修羅場まとめ 2009/06/07(日) 04:03:31 ID:DvjUR1VWO
    登場人物
    A男→自分です。24歳会社員
    B子→職場の同僚。25歳。うえとあや似
    C夫→B子旦那様。31歳
    D美→自分の嫁。28歳。コロボックル
    年齢は当時のものです。

    数年前、いつものように出勤したら何やら不穏な空気。自分が顔出した瞬間みんなが黙る。ちらちら見ながらこそこそ話。
    なんだ??と訳わかめな俺。訳わからんままお仕事してたら上司に呼び出しくらった。
    上司「…まあそこに座れ」
    自分「…ハイ」
    眉間にシワがこれでもかってくらい出てる。これはヤバい、かなり怒っていらっしゃる。
    でも理由がさっぱりわからない。
    自分「あの、どういったご用件で…?」
    上司「お前、社内で不倫するとはどういうことだ?」
    あるひーパパとーふたりでー
    ってなぜかこの歌が頭んなか流れました。

    このページのトップヘ