浮気

    274 :スカッとする修羅場まとめ 2013/11/15(金) 16:02:06
    単身赴任で、浮気で、制裁か。俺の元嫁は自杀殳したわ。後味悪すぎ。制裁に後悔はないけど、完全に逃げ場をなくしたからな。やり過ぎも良くない。

    627 :スカッとする修羅場まとめ 2006/04/02(日) 21:54:44 0
    俺が勝手に妻が浮気してると思って、やけになってその場の勢いで浮気しちまった。
    しかも結局妻は浮気なんてしてなかったよ。
    俺の浮気の事は隠していたつもりだったんだが、ばれちまった。
    妻はわぁっと泣いて、次の瞬間離婚を言い渡された・・・
    悪いのは俺が、俺は絶対に離婚なんてしたくない!
    どうしたらいいのか解らない・・・どうしたら許してもらえるだろうか?

    111 :スカッとする修羅場まとめ 2018/10/11(木) 03:51:30 ID:32E
    ここでいいのかな?
    初めて書き込むのですが
    ちょっと愚痴 相談を聞いてください

    まず人間関係(スタート時)
    1、俺 29歳 会社員 独身
    2、彼女 33歳 会社員 ? 求職中 バツイチ 子あり

    彼女は以降は A とします。

    754 :スカッとする修羅場まとめ 2017/10/14(土) 00:18:08 ID:idE/q5mi.net
    長くなります、長文が苦手な人はスルーして
    夫が夢遊病になったこと
    深夜に車で出かけているのは知っていた
    夢遊病なんて思いもしなく浮気かと思っていた
    仕事もせず昼間からお酒を飲むような人で夫婦仲も冷めていたので
    「あっちから離婚して欲しいって言い出してくれればいいのに
    こっちから言って慰謝料でも請求されたら面倒だし」なんて思うようになっていた頃
    深夜に交通事故を起こし救急車で運ばれ私は病院に呼び出された
    夫は「記憶がないんだ、気づいたら事故ってた。
    記憶にないレシートが財布に入っている事があって変だと思ってた
    病気かもしれない、検査を受けたい」などと病院で言うから
    クサイ芝居してバカみたい、こんな滑稽な姿を見てると吐きそう、なんて思いつつ
    「いつも出かけているのは知っている、病気とか何だとか言うと
    過失割合多くなったり保険出なかったり面倒な事になったら嫌だからここでは言わないで
    後で家で話そうね」と無理矢理話を終わらせた
    退院した数日後、また深夜に出かけようとしていた
    「コイツ、懲りずにまた浮気に行くのか。根っからのバカだな」と思いながら
    「車ないのにどうやって外出するの?」と声をかけたら無表情でぼぅっとして布団に戻った
    すぐ眠ったので体を揺さぶって起こしたら失禁し叫び出した
    ここでようやく私はガチだ!と気づいた
    専門医にかかり原因とされている事柄が全て当てはまっていた
    慣れ親しんだ環境に戻そうと夫は実家に帰る事になった
    帰ったあと連絡は一切取らないでいた
    数か月後、夫の両親は多額の現金を持って「離婚して下さい」とやって来た
    あまりの金額にビビってしまった
    離婚はしますけどお金はいりません、治療に使って下さい。と言って
    離婚届にハンを押して終了した

    393 :スカッとする修羅場まとめ 2014/08/23(土) 16:41:18 0.net
    ・弟の結婚が決まる
    ・弟彼女の父と兄が警察官、「念の為に」と弟の身辺調査
    ・弟と俺嫁の浮気発覚、彼女父から俺に連絡来る
    ・俺ブチ切れ、彼女一家の了承を取りうちと彼女家族集めて証拠を披露、弟の結婚は破談、俺離婚話をすすめる
    ・俺の両親&義両親、なぜか弟と嫁を応援、俺が我慢すればいいとかマジキチwww
    ・嫁「子供はどうするの云々」とゴネる、俺と弟どっちの種かわからん子供なんか知らんわボケwww
    ・弟「破談になったのは兄貴のせい、責任取って義姉をよこせ、金払え」とキチ外発言wwwマジで杀殳そうかと思ったwww
    ・散々才柔めたが彼女父の手助けもあり慰謝料ふんだくって離婚成立、この人にはいくら感謝しても足りないわ

    その後飛行機移動の距離に引っ越して転職、実家とは絶縁状態
    この間彼女父から俺の親父がタヒんだと連絡来た
    この人にだけは連絡先教えてたんだが、恥知らずの弟&元嫁が「兄の連絡先が分からない、どうにかならないか」と連絡してきたらしい
    当然シカト、一生あいつらと会う事は無い

    291 :スカッとする修羅場まとめ 2016/03/29(火) 11:58:24 .net
    12年前に娘が1歳の時に元嫁の浮気で離婚。財産分与なし、養育費ありで月一で会ってきたが、ここ最近娘の様子がおかしかった。それで先月ついに娘に「感謝はしてるけど、本当はもう会いたくない」と言われた。
    どうやら俺の浮気が原因で離婚した事になってるっぽい。
    はらわた煮えくり返るとはまさにこの事か、と生まれて初めて思った。
    でも今本当の事を言うとあの二人の生活が成り立たなくなるかもしれないと思うと、このまま我慢するしかないのかとも思う。

    543 :スカッとする修羅場まとめ 2014/11/08(土) 11:46:56 .net
    嫁と結婚してから、なんでだろう、家族になったとたんに
    勃たなくなって、10年たつ。
    つまり結婚式か以来、ずっと清い仲。
    嫁が、せめて抱き締めてくれと言ってきても
    疲れたからって無視してきた。
    ずいぶんの間、手も握ってない。

    ここ数ヵ月、やたらとトイレにこもって、lineやメールしてるし
    携帯にロックをかけたそ、なんか綺麗になってきたし。
    休みには、いそいそと出掛けて行くよ。

    そこそこ美人で、仕事もっててよく稼いで、よく家事もして
    俺の親も大事にする、よく出来た嫁だが
    もう俺には笑顔は見せなくなった。

    こうして俺は捨てられるんだよな。なんとなく。

    126 :スカッとする修羅場まとめ 2009/02/17(火) 23:58:41 0
    DQN返し成功書き込み。

    結婚して五年、トメにはいびりにいびられ夫には浮気された挙句、
    2006年の末に、子供の身ごもれない出来そこない烙印を
    トメにも夫にも散々つかれて離婚した。
    けど自分に問題があるとはどうしても思えなかった。
    だから2007年の一年、色々人との交流を大事にして色んな人と出会った。
    運良くして良縁に恵まれ再婚。2007年中に結婚。
    で、去年の4月に出産。先人に学びやらかしたよDQN。
    親子三人+優しい新トメさんとの仲良し写真付き年賀状送付。
    間違って前の親族の方達にも送っちゃったーい☆
    親しかった方からは嫁の顔は知ってるけど旦那とトメの顔が違うよ何で?
    電話もかかってきたがそれは全てありのまま教えて謝罪。巻き込んでごめんなさいorz
    トメは半狂乱…と思いきや妊娠出来る嫁マンセーで粘着モード突入。
    だが残念、それは残像…ではなくもう別住所。
    新年早々転居だから出来た絶好のタイミングのDQN返しだと思う。
    皆さんありがとう、此処を知らなかったら今も奴隷のままだったと思う。

    356 :スカッとする修羅場まとめ 2013/01/05(土) 01:42:52 0
    解決したてほやほやの修羅場を
    去年の夏休み妹が彼氏を家に連れ込んで行為に至っていたのを親父に見つかったのが第1の修羅場
    今年の4月の中ほどにその妹の妊娠が発覚(相手は先述の彼氏とは別)したのが第2の修羅場
    土下座しに来た相手方の親父とうちのお袋が不貞関係にあったことが第3の修羅場

    今日から親父と二人暮らしが始まるので厄落とし的にカキコ

    676 :スカッとする修羅場まとめ 2010/09/10(金) 16:34:56 0
    解決済みのエネ夫話を一つ。

    出産後体調が悪いため夫の了解もあって5ヶ月実家で世話になった。
    実家から自宅に戻ってきたんだけど家の様子があきらかにおかしい。
    キッチン用品の置き場が変わってたり、洗濯石鹸がいつもの物じゃなかったり
    私のシャンプーやボディソープは捨てられたようで見当たらない。

    寝室やクローゼットもあきらかに物色された後があるし金庫(ごく小型のもの)は
    無理にこじ開けようとした後があった。
    私が留守の間姑が夫の世話をしてくれてたと聞いてたので姑が物色したのかとも思ったけど
    普段の姑の態度からはそんなことするとは思えない。でも、もしかしてと思いつつ口にできない日々が続きました。

    その間も姑は何かと気を使ってくれて買い物を頼まれてくれたり、食事の差し入れをくれたり
    私の体調が悪いと看病に来てくれたり本当にいい姑だった。
    そして私の体調がほぼ戻り始めたころ夫の浮気が発覚。しかも実家に帰ってる間は家に連れ込んで住まわせてた。
    物色も物を捨てたのもその女がやったことと判明。
    そのうえ姑が出産祝いの一つとして夫に渡した子の学資保険一括払いのお金を使い込んでた。

    エネ夫どころかゴミみたいな夫だったよ。

    このページのトップヘ