田舎

    352 :スカッとする修羅場まとめ 2015/09/20(日) 03:12:37 ID:2LI
    中学の頃、当時本当に嫌なみっともないいじめに合ってて、先生も知らんふりで誰も助けてくれなかった
    田舎で町内唯一の中学だから転校も出来ない、父が町役場務めだったから転勤も引っ越しも出来ない
    両親には学校でのことなんて恥ずかしくて情けなくてとても言えなかった
    どこにも逃げ場がないんだと極限まで思い詰めて、もう我慢出来ないタヒのうと思った
    台所のテーブルに遺書(迷惑をかけてすみません、探さないで下さい的なテンプレ)を置いて、家にあった太めのロープ持って自転車で一時間くらいかけて山道の入り組んだ所に行ったんだわ
    特にそこがよかったとかじゃなくて、とにかく親に見つからないよう遠くでって思って
    適当な太い木にロープかけて見よう見まねで輪っか作って首をはめようとして、そしたら走馬灯じゃないけどそれまでの人生とか一気に思い出して
    もうダメだここでタヒのうって気持ちと、何で何も悪いことしてない私ばっかりタヒななきゃいけないんだって気持ちでグチャグチャになって
    輪っかに首を通しかけたまましゃくりあげて泣いてる所を、たまたま通りがかった軽トラの農家のおじさんに見つかってしまった
    おじさんがロープ切ってくれて、自転車を軽トラの荷台に積んで「家どこか!乗せていく!」って乗せてくれた
    車中でおじさんに色々聞かれた記憶はあるけど正直何話したかはあんまり覚えてない、泣きすぎてワケわからなくなってたし
    自分では誰も来ないところを見つけたと思ってたけど、でも普通に農道の側だったんだね
    おじさんには今も本当に申し訳無く思ってる

    引用元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1261270866/
    845 :スカッとする修羅場まとめ 2009/12/25(金) 18:50:24 ID:kGZgRV+3
    この微妙な流れを豚切り書き逃げ。
    自分語り&愚痴入ってるのと、噂含めて村単位で知られてる話だけ
    にフェイク入れててつじつまが合わないかもしれませんが、ご勘弁
    ください。
    泥ママというか、泥一家の話で、直接的な金額被害は無かったんで
    すが、間接的には我が家と義実家が山ほど迷惑を被った話です。
    慣習的に違和感がある場合は、農家系のスレとか参照ください。

    まずは前提として。
    ウトと夫は、ウトの田舎の関係で季節の旬の物が手に入り、それを
    調理するのが結構得意。
    我が子もそれを誇らしげに言いふらす。
    ウトの実家は、大ウトメが鬼籍となってからは家は本家の方に維持
    管理してもらい、村の山と川の鑑札(?)というのか、村の者がここ
    ら辺の山と川なら入って採ってもいいよみたいな許可証みたいのだ
    けはお金を払って維持している事から、鮎とか筍とか山菜に別の分
    家筋と一緒に猟まで出来ちゃうくらいには里山が近いんです。
    でも、本当はうちのも含めて本家や各分家の山に入るだけで充分で、
    村や本家に色々と払っているのは、村でのウト実家の墓や立場を維
    持するためだけとのこと。
    そして、一族のどこかの山では松茸も取れるらしく、今回はこれが
    泥一家を呼びこむ羽目となりました。(私は嫁で教えて貰えない)

    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1448352038/
    486 :スカッとする修羅場まとめ 2015/12/07(月) 23:22:26 ID:6sz
    アラフォー独身BBAで、結婚する予定もない
    田舎なので、20代後半~40代までは、親戚や近所のおばちゃんおっちゃんたちに
    散々グチグチと言われまくった
    想像つくだろうが、結婚ぐらいしろ、それが女の幸せだ、とか、子供を産めとか
    普通の女はそうやって生きていくべきだとか、それに比べておまえはいつまでも
    だらだらと彼氏も作らず独り身でみっともない、かっこわるい、自立してない、
    一人前じゃない、恥ずかしい、○○さんところのXXちゃんは~などなど
    アーハイハイ、って感じで流していたんだが、40代になってから、えらい見合いの
    話が舞い込んでくる
    相手は全部そのおっちゃんおばちゃんたちの息子達(おっちゃんおばちゃんの友人
    の息子もあり)
    息子達は全員ニートorひきこもりor鬱病の40代
    だいたい学生時代は優秀で、国立大学に行ってるのが自慢みたいなかんじ

    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1443191393/
    727 :スカッとする修羅場まとめ 2015/10/20(火) 13:01:25 ID:sOo
    私が幼稚園児のときのことだから30年以上前の話。
    うちは田舎でスーパーをやってる。
    店と駐車場が横並びで比較的大きめの道路に面して立地。
    道路の反対側は民家で、その境界線としてうちが店と駐車場をぐるっと囲んだ1.3mくらいの塀を建ててた。
    地図上では民家とうちの距離は数m。
    でも、お互いが背中合わせみたいな感じで、店の入口と民家の玄関は真逆なため、
    実際にはその民家から店の距離は道路をちゃんと歩くと200mくらいになる。
    遠くなるって言っても200mだけど目の前にある店に行くのにそんなに歩くのは嫌だった駐車場の裏の民家のおばさんは
    うちの駐車場内にブロックを積んで足場を作り、自分の家の裏口から塀を越えてこれるようにしてた。
    しかもそのブロックもうちのもの。
    ダンボールが飛ばないようにするためにストックしてるのを勝手に拝借してた。
    幼稚園児の私がおばさんの仕業って言うのは知らず、
    端っことはいえ駐車場にブロックが重ねて置いてあることに気づいて
    「駐車場にブロックが!車が踏んだら危ない」っていう正義感で足場を解体してブロックを撤去。
    解体してもしばらくするとまた足場ができてるので撤去。
    それを繰り返すこと数回。
    ある日、撤去作業中にそのおばさんに見つかった。
    「あんただったのね!勝手にブロックどかして危ないでしょ!おばちゃん怪我するところだったのよ!」とキレられた。
    今だったら「勝手に人の敷地内に足場を組むな!」って言えるけど、
    幼稚園児だったのでそんだけ怒鳴られるってことは自分が悪いことをしたんだと思い
    「ごめんなさい」と謝って逃げ、その後その足場の撤去作業は怖くてできなくなった。
    おばさんがあまりにも怖くて親にも言えなかった。
    今考えると、人んちの資材で人の敷地内に勝手に自分の便利なように改造加えるおばさんの神経がわからん。
    その後、何度かおばさんが買い物持って塀を超えるところを目撃したけど、
    遠回りでも歩いた方が楽じゃ?っていうくらい手こずってた。

    このページのトップヘ