病気

    23 :スカッとする修羅場まとめ 2013/04/30(火) 20:31:47 ID:iv/yIMU5
    バイト先のパートさんが「気功を学んでいるので練習させて下さい。」と言ったとき。
    本人はいたって大真面目で、周りの人も茶化したり、疑問を口にする事もなく話を合わせてた。
    その人の旦那さんが病気で大変なんだよとだけ聞いていたが、その病気はかなり深刻なのだと悟った。
    最近になって病名がパーキンソン病だと知った(当時は聞ける雰囲気ではなかった)
    その人が仕事を辞めて数ヶ月経つけど、気功でも何でもいいから少しでも良くなってればいいなと思う。

    60 :スカッとする修羅場まとめ 2012/08/05(日) 22:28:04 0
    ロミオメールじゃなくてロミオファックスなんだけど。
    とりてすと。

    801 :スカッとする修羅場まとめ 2017/06/16(金) 11:37:10 ID:IGv
    毒親持ちコミュ障オタ喪女だけど、婆になった今人生が初めて楽しい。

    まず婆になったから誰も結婚しろとか出産しろとか言わなくなった。
    コミュ障も職場で知れ渡ったから、仕事さえちゃんとやってりゃ誰も何も言わなくなった。
    パワハラ上司が自然と定年でいなくなった。
    毒母が病気してめっきり弱り、凸も粘着もして来れなくなった。
    毒父は一人では何もできないのでほったらかしといても平気。
    子供の頃から物を捨てられまくってきたので物欲がなく、お金が溜まる一方。幸い収入は悪い方じゃない。
    ネットが発達してくれてON専門でもオタ趣味がやりやすくなり、
    リア友はいないけどオタ友とちょこちょこ萌え語りができている。

    誰からも干渉されず母から逃げなくても良く、お金があって居場所と定住所がある。
    今まではいつでも引っ越せるよう荷物は極力少なく身軽にしていたんだけど
    先週初めて好きキャラのキーホルダーを買った。幸福感がすごい。
    これ私の、私の!私がお金出して買ったの誰にもとられないのウキーーッってチンパンジー状態になった。
    こんなに楽な生活が自分に訪れるなんて思わなかった。
    気持ちに余裕ができて「花きれい」とか「空きれい」とか日々思っている。幸せ。

    268 :スカッとする修羅場まとめ 2013/03/12(火) 21:08:42 ID:Ppgp1nvi
    後味は悪いかもしれません

    先日、うちで一番若いAがやめることになった。
    縁の下の力持ちという言葉が似合う奴で雑用大好きPC大好き運転大好き。天然なんだけどたまに妙案を言ってくれる奴だったんだけど
    時間外労働をすごく嫌って、出来る限り時間内に帰ろうとしようとしてた(いやそれが当たり前なんだけどw
    ただそのせいか、うち一番の年上かつワーカーホリック気味のおっさんBにはとても嫌われてた。
    しょっちゅう喧嘩してたし、AがBの小言を震えながら耐えているのを何度も見た。
    (小言の内容はもっとやる気を出せとか病気なのに休むなとかそんな感じ、止めなかった俺もDQN)
    B曰く「仕事中に携帯は弄るわ失敗ばかりするわ口は悪いわで辞めて清々した」というくらい仲が悪かった。
    ちなみにAはシフトの関係で俺、またはBと一緒に仕事をする事が多かった。そりゃあ失敗はするけど当たり前だし、口が悪いのはしゃーないと思ってたが
    それ以上に働いてくれて、助けてくれるし、失敗してもすぐ報告してくれるから被害も少なくてよかったと思うが
    「あいつを客先に出すのは恥ずかしかったんだ。ずっとクビにするよう社長に直訴してた」とも言ってた。
    ちなみにBは仕事はできるし客先に受けは良かった。 長いけどこれが前提。

    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1443191393/
          薬, お金, 治療法, タブレット, 薬局, 医療, 病気, 病気になります

    265 :スカッとする修羅場まとめ 2015/10/08(木) 04:05:02 ID:CsX
    神経がわからないし許せないこと

    私は病気を抱えてる
    一日3回服薬していて、自己免疫疾患があるからエピペンと炎症を抑える塗り薬も持ち歩いてる
    時々皮膚がミミズバレのようになって腫れ上がることがあるので、そんな時は塗り薬を使い、症状が収まらず広がっていく時はエピペンを使うよう指示されていた

    私が大学生のころ大手ショッピングモールでアルバイトをしていた
    私は決まった時間にプレドニンやホルモンの薬を飲まなければならないので、土日など一日仕事がある日は薬袋まとめて持ち歩き、職場でも薬を飲んでいた
    入れ忘れを防ぐため、大体鞄には一週間分の薬を入れていた
    働きはじめて三日目にして鞄から薬がなくなった
    置き忘れたんじゃないかと休憩室も探して、周りの人にも探してもらった
    見つからないのでその日は返してもらって薬を飲んだ
    次のバイトの時、指導にあたってくれた人が「薬はある?」と聞いてきたので、目の前で薬局の袋を見せて「あります」と答えた
    しかし、それもなくなった
    忙しくてお昼休憩の時間がずれ、薬を飲むタイミングを逃してしまい、皮膚がまたミミズバレ状に腫れ上がったので塗り薬を取りに戻ったら、全部の薬がなくなっていた
    犯人は見ていた人がいたので直ぐに判明した
    パートのババアだった
    その人は宗教に狂っていた
    「薬は毒、毒を飲み続けるのはよくないこと」
    「症状が出るのは身体が毒素をだしたいるから、あなたは全身に毒素が溜まっているから毒素をどんどん出さなければ」
    「今も皮膚から毒素が出ている、どんどん出さなきゃ」
    結果、皮膚の腫れはどんどん広がり、反応を抑える飲み薬も飲み損なっていたために効果が切れ、身体中に反応が広がって救急車を呼ぶ騒ぎになった
    ババアは「毒素がいっぱい出てる、毒素がいっぱい出てる」と大喜びしていた
    病院ではプレドニンを飲めなかったことをかなり叱られた
    一日2回昼と夕方に飲んでいたので、昼を飲みそこねると危険な状態になるのは当然だと
    命に関わるものを無くすなと強く約束させられた
    その日でバイトは辞めた
    店側も理解を示してくれた
    その後病院にかかって捨てられた分の薬を処方してもらったけど、薬代がバイト代を上回って赤字だった
    でもあのババアには二度と関わりたくなかったので勉強代として諦めた
    もし家でも知られたら本当に杀殳されてたかもしれない
    それくらい苦しむ私の顔を見るババアの目は黒く輝いていた

    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1439793052/
    96 :スカッとする修羅場まとめ 2015/08/22(土) 17:06:38 ID:QP6
    わたしの夫は網膜色素変性症という病気なので、外出するときはサングラスをかけないといけません。
    出先で夫とともにあるコンビニに入ったんですが、そこでまさにスレタイな出来事がありました。
    入店してまもなく、店員さんがこちらにきて、
    「店内ではサングラスを取ってください」と言ってきました。
    防犯上の理由とか、いろいろあるのかな、と思い、目の病気の件を話しました。
    すると、その店員さんははぁ~っとため息をついて、
    「強盗犯はそうやって言い訳するんですよ、さっさと取ってください!」と語気を強めていってきたのです。
    さすがに我が耳を疑って、「失礼じゃないですか?」と言ったのですが、
    店員さんは「サングラスを取るか、退店するか、どっちか選んでください!」と強気です。
    夫が、「もうでよう」というので店を出ました。
    本社にクレームを入れ、謝罪をいただきましたが、今でもあの店には怒りが込み上げてきます。

    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1439793052/
           顔, 女性, マスク, 手, ストレス, 頭痛, 自己, 非表示, シルエット


    437 :スカッとする修羅場まとめ 2015/09/04(金) 02:23:28 ID:bVb
    学校に2人病弱キャラがいたんだけどさ、その片方がスレタイだった
    仮に2人はAとBにする。二人共女子
    Aはいつも顔が赤くて体があつかった。でも日頃は活発でキビキビ動く人だった
    Bはいつも顔色が悪くて手が冷たかった。日頃ゆっくりしか動かなくて弱々しい喘息もち
    Aは体育とか出るんだけど、アップのグランド3週でへばる体力の無さだった
    Bは頻繁に目眩だ貧血だとはなから体育見学していた
    いつもAとBの体調の悪さは重なってて、Aが体調がわるければBも悪くなるってことがしょっちゅうだった
    Aはとにかく体力がない。1階から4階の移動教室でも途中で休み休み登ってた
    移動教室のときは授業遅刻は当然だし、体が熱いせいで滅茶苦茶汗っかき
    スタミナが貧弱で殆ど動けないのに腹ペコキャラで、2時間目と3時間目の間と、6時間目が終わった後にいつも隠れてパン食ってた
    なのに太らなくて、クラス皆キモいと近づかなかった
    真冬なのに暑い暑いとシャツ一枚だったりしたから、変人扱いされてた
    Bは低血圧らしくて朝が苦手、一日ボーッとしてることもある。顔色があまりよくなくて、すぐ貧血や目眩がするから頻繁に保健室行ってた
    手も冷たいし、痩せててほっそりしてたから、見るからに病弱って感じ。真冬だと寒くて動けないって毛布みたいなの持ち込んで身体に巻いてた
    だからAとちがって皆よくBのことは心配してた
    二年のとき、体育祭前日の予行練習の日が滅茶苦茶猛暑だった
    すごい厳しい学校だったから4時間ぶっ通しで軍隊並みの揃った行進練習させられたりするんだけど、真昼のもう直ぐ休憩だってあたりでAが倒れた
    声も出ないくらい息がゼーゼーしてた
    するとそれに触発されるようにBが「あ、私ダメかも」と言いながらふらっとその場にしゃがみこんだ
    「だめ、めまいがする、頭が痛いの」と的確に症状を説明した
    皆はいつもの癖で、先生までBに駆け寄って保健室に連れて行った
    Aは先生に叱咤されて立たされた
    「お前はいつもすぐそうやってへばって、歩いてるだけだろうが!なぜ立てない!」みたいなことを体育の教師が怒鳴ってた
    でもAはどう見てもBより重症。顔が真っ赤になって腫れてるし、膝が震えて支えなしでは立てない。顔からは滝のような汗が流れて、返事ができないくらい息が荒い
    でもみんな普段からAはこんなんだと誰も何も言わない
    「先生、Aも保健室連れて行ったほうがいいと思います。いつもと違います」と勇気を出して言ってみた
    担任もBを保健室に連れて行ってすぐに戻ってきてたから、担任にも連れて行ったほうがいいと言って、担任と2人、肩をかして保健室に連れて行った
    保健室にはケロッとした顔のBがいた
    Bのことを見ていた保健室の人はAを見るなり、保健室の電話を割れる勢いで叩いて救急車を読んだ。Aは熱中症をおこしていた
    体育祭の予行練習はその後何事もなく終わった
    皆Bの心配はしてたけどAのことは大げさじゃない?と噂した
    翌日Aは学校に顔を出した。目には眼帯をして、両手はガーゼと包帯でぐるぐる巻、喉にもでっかいガーゼが貼ってあった
    「皆さん迷惑かけてごめんなさい」と頭を下げた。担任がAは病気で入院することになったと告げた。BはAのことを中二病っぽいとバカにした
    私はAのお見舞いに行った。病院が学校から徒歩15分くらいだったから
    ちょうどガーゼを変える時間だったみたいで、私はガーゼの下を見てしまった
    眼帯をしていた目は腫れ上がって紫色になってた。両手の指は全部水泡ができて敗れたりもしていた。喉は掻きむしったあとに血が滲んでいた
    服で見えなかっただけで、皮膚の柔らかい腕の内側や胸元も皮膚が赤くなって爛れたようになっていた
    「それが病気?」と聞いたら、「免疫の異常だよ、私そういう病気なの」と言われた
    当時の私には難しくてわからなかった
    バセドウ病というのと、膠原病というのにかかっていた
    しばらくしてAは学校に戻ってきたけど、眼帯と包帯はとれてなかった
    治りかけると痒くなって夜中に掻きむしってしまうんだと聞いた
    Bは大げさだ大げさだとはやし立てた
    皆もAのことを少しは心配したものの、見た目の痛々しさもあって近づく人は余計減った

    このページのトップヘ