病院

    585 :スカッとする修羅場まとめ 2014/01/20(月) 00:11:48 ID:x6kHdhJD
    修羅場というか辛かった経験。

    10年程前、母親が持病で長期入院した。同居し始めたばかりの俺ら夫婦が交代で
    病院にいっている最中に父親が倒れた。
    検査結果は進行した大腸がん。一応手術はできそうなので即手術。
    母親もかなり状態が悪かったので母親には隠して同じ市民病院に入院。
    ニヤミスを恐れる毎日。父親にも本当のことを言えず重めの潰瘍みたいな説明
    をした。その後父、母の順で退院したが退院後父の病状を仮の病名のまま母に説明して
    結局両親には隠し通した。

    2年後、恐れていたんだがやはり父親が再発再入院。今度ばかりは病状を説明せずに
    治療は不可能との医師の進言で告知が決定した。

    告知前夜、母親に父親の病状を説明しなければいけなくて両親の寝室に向かおう
    とするんだが、辛くて向かえない。嫁に促されてなんとか部屋にはいっていった。

    親父の病気のことだけど、実は、、

    話しているうちに座ったままの母親がうなだれてしまってね。やっと喋ったのが
    心配する俺に 一人で寝れるからもういいよ。だった。

    次の日の午後、担当の医師の前に父親と俺が二人して座っていた。医師はゆっくりと
    病状を父に説明している。みると父の肩が震えていた。気が付いたら父の肩を
    左手で抱いていた。親父の肩を抱くなんてそれまで記憶になかった。

    告知は辛いね。

    286 :スカッとする修羅場まとめ 2018/10/30(火) 11:37:10 ID:YCzhPlkj.net
    かなり昔のことだけど、車にカヌー積みっぱで保存してたんだが
    ある日朝5時集合の仕事に車で出かけて現場に入ったら、後輩が駆け寄ってきて屋根に猫が乗ってるといわれた
    みたらブルブル震えた首輪付きの猫が泣き叫んでいた
    朝早いしほとんど止まることなく東名から首都高に乗って結構飛ばしてたんだけど、血の気が引くほど青ざめた

    動かない猫を無理やり引きはがして車に監禁、水と食べ物をやりつつ仕事
    何とか連れて帰って開放した
    犬をひいた時よりもこの時の方がきつかったな

    115 :スカッとする修羅場まとめ 2013/09/19(木) 14:25:29 ID:+f45DlGj
    親戚のおじさんなんだけど、背骨(腰の辺り)を悪くし、もう車椅子生活となるしかなくなってしまった
    入院中、いつも一緒に早朝ラジオ体操していた人が車に跳ねられて危篤となってしまった
    ゴミ出しに行こうとして車に跳ねられたそうだけど、もしおじさんが元気だったら一緒にラジオ体操行っていたからそんなことにはならない時間の話だったとか
    おじさんはすっかり自分のせいだと元気をなくしてしまった
    そこへ今度は親しい人が具合が悪いと病院で検査したら、末期の大腸ガンと判明
    おじさんは自分が悪い方に呼び寄せたと落ち込み、見舞い客にも会おうとしない
    近所の人はすでに延命装置も外し、明日あさっての命なんだとか

    3人は私にとっても親しい人でよくしてくれている
    それだけにすべては自分のせいだと苦しんで「誰にも会いたくない」と言っているおじさんが切ない
    それなのにおじさんがリーダーをしている会の人たちは、毎日見舞いに行き、「こうおじさんは言ってるから落ち着いたら来てね」と奥さんに言われて、見舞いを控えている私に
    「親戚なのに見舞いに行かないなんて!私たちはこうしたああした」
    と不義理だと非難する
    もう何か気持ちがひどくすさんでどうしようもない

    146 :スカッとする修羅場まとめ 2018/01/19(金) 18:42:23 ID:wBj
    昨年、姑が亡くなった。
    うちの夫は三男なんだけれど、長男は再婚で前妻さんのところにもう成人した子が二人いる。
    今嫁さんにも子供がいるんだけれど、盆正月は今嫁さんは実家に帰るらしく
    うちが義実家へ行くと前妻さんの子にはよく会うけれど、今嫁さんとその子には
    たまにしか会わない。

    姑の危篤状態が思いがけず長引いて、親族は出来る限り病院へ通ってはいたけれど
    仕事や学校もそうそう休んでもいられず、連日泊まり込んでいたのは舅だけ。
    実家ではペットを飼っている事もあり、舅は誰かがやってくると帰宅して
    風呂やペットの世話をしていたんだけれど、いよいよってなった頃に
    役所へ行って亡くなった後の相談とかもしていたらしく、それを長男がすごく怒ってた。
    結局、姑は家族全員に看取られて亡くなったんだけれど、
    その後、長男が酷く舅を中傷した。
    確かに舅はKY発言も多く、言わなきゃいい事も言うけど、次男や夫は聞き流すのに
    いちいち突っかかる長男とは頻繁に喧嘩になる。
    病室~葬儀社の打ち合わせ(もう舅が葬儀社を決めてた)の間、長男とその息子が
    ずっと舅に嫌みをチクチク言っていたけれど、舅は黙ってそれを聞いていた。

    翌日斎場に親族が集まったところで、また長男が嫌みを言い出した。
    そこで長男の息子が「昨日、家でお母さんに言われたんだよ」と話し始めた。
    姑はこの一年入退院を繰り返していてその世話はほとんど舅が一人でしていた。
    その負担っていうのは大変なものだし、葬儀の費用も舅もち
    何の負担もしない人(元嫁さんから見て息子)が文句を言ってはいけない。
    それに葬儀が質素と言うけれど、内容はほぼ生前の姑の希望どおり。
    長男は姑の話を覚えていないだろうけど、舅の行動は姑の希望通り。
    この一年の間、特に病院に泊まり込んでいた一週間、昏睡状態の妻を看ながら
    舅がどれだけの事を考えていたのか。
    今生きている舅さんの気持ちを考えなさい。
    と言う内容を言われて、一晩考えたらしい。
    「オヤジは文句を言うだけ。もしばーちゃんが助かっても介護なんかしないだろ」
    その一言で長男は黙り、舅は泣き、長男の今嫁さんが号泣。
    今嫁さんも祖母の介護をしていたお母さんが祖母が亡くなった時に
    親族にいろいろ責められたそうで、長男の言動に一言いいたかったけれど
    実親を亡くした直後で我慢していたらしい。

    長男夫婦は私夫婦が結婚前に離婚・再婚していので元嫁さんには会った事はないけれど
    離婚の原因は長男側なんだろうな、と思った。

    623 :スカッとする修羅場まとめ 2014/01/15(水) 08:44:02 0
    流れ豚切って箇条書き

    ・旦那単身赴任で2才娘と二人暮らし
    ・私風邪を引く
    ・私が寝てる間に娘が鍵をあけて庭に出て更に逃走
    ・警察に保護されるが身元わからず
    ・どう判明したのかわからないけど4時間後自宅判明、しかし誰も電話出ない
    ・旦那に連絡行く、旦那パニック
    ・警察が自宅に踏み込む
    ・布団で寝ていた私、体温40度超えて意識戻らず病院搬送
    ・目が覚めたら病院で親族勢揃いで4日経ってた

    娘に何かあったらと思うとぞっとするし、鍵を勝手に開けられるようになってたのはびっくりした。
    でもあのとき娘が勝手に出ていかなかったらたぶん私がタヒんでた。

    212 :スカッとする修羅場まとめ 2019/09/28(土) 21:06:51 ID:yKV
    義実家は義母とシングルマザーの義姉とその娘の3人暮らしなんだが
    義母が入院して一週間ほど義実家に行ってきた。
    義姉が出張のある仕事で、子供(小学生)をひとりに出来ないので。
    義実家との関係性.はとてもいい。
    その後義母も順調に回復して、今はもう自宅に戻ってきてるんだけど
    どうにも気になってることがあった。
    義姉、なんか様子がおかしい。
    例えば食事中、お醤油を取ろうとして手前にあったコップを倒したり
    私が洗った食器を拭いて食器棚に納めるのを義姉がやってくれてたんだが、その食器を落としたり。
    いずれも割れにくい食器だったから大丈夫だったけど。
    それ自体はよくあることだと思うけど、たった一週間ほどの間にそれぞれが3~4回もあると
    ちょっと普通じゃないと思ってしまった。
    義姉に「一度検査受けた方がいいんじゃない?」って言ったら
    「こんな程度で検査とか大袈裟だよ~」って笑ってた。
    でも気になって、帰宅後に夫に話したら「本人が大丈夫って言うなら大丈夫だろ。
    それぐらいのミス誰だってするし、お前は大袈裟だ」って。
    「でも一週間だよ?それだけの期間に3~4回も食器落とす?3~4回もコップ倒す?」
    って食い下がったら「とにかく、お袋も退院したんだし
    おかしいなら本人が病院行くだろうし、引っ掻き回すなよ」って言われた。
    それ以上は言えなかったけど、どうにも気になって仕方なくて
    義姉にメールしたんだ。
    「客観的に見て、何度も何度も物を倒したり落としたりするのって気懸りだよ。
    以前のお義姉さん、そんなことなかったし。
    検査してみて何もなければ安心だけど、もし隠れた病気があったら
    治療するなら早い方が絶対にいいし、何より〇〇ちゃんの為だよ。
    〇〇ちゃんの為にも一度検査を受けて。いつでもヘルプに行くから」って。
    いい嫁キャンペーンでも何でもなくて、私自身が気になって仕方なかったの。
    っていうのも、私は中学の時に母親を病気で亡くしてて、
    どうしても義姉の娘ちゃんの目線になってしまうのね。
    気持ちが通じたのか、義姉、病院に行ってくれた。
    結果、脳梗塞の前触れだった。
    とりあえずは投薬治療で済んだけど、手遅れになる前で良かったと思う。

    良かったんだけど、その事があってから
    夫に言われた「引っ掻き回すな」って言葉が忘れられない。
    これまで、義実家を引っ掻き回したことなんか一度もないし
    才柔めた事も無かったし、ずっと仲良くしてた。
    どういうつもりで、そんなこと言ったのか分からないけど
    もしかしたら私が何かあっても、この人は大袈裟だって一蹴するんだろうかとか。
    大袈裟に考え過ぎなのかなぁ。

    227 :スカッとする修羅場まとめ 2009/04/14(火) 21:03:08 ID:Zm75ntGA
    武勇伝というか、DQNが基地をやり込めた話なので嫌いな人はスルーしてくれ

    車椅子の祖母を連れて俺、母、叔母(母妹)の四人で病院に行った
    待合室で声をひそめて談笑していると、いきなり目の前に変なおっさんが現れた
    「今俺を見て笑っただろう!」と叔母の服を掴んで怒鳴り付けてきた
    もちろんそんなことはしていない
    祖母が「誤解です」というと、「黙れカ○ワ!」と叫んで持っていた鞄で叔母の顔を殴りつけていきなり逃げ出した
    こめかみの辺りを切ったらしく、叔母流血

    続きます

    782 :スカッとする修羅場まとめ 2013/02/07(木) 10:26:53 0
    最大ではないけど祖父と病院の修羅場
    我が家の祖父は定年迎えても仕事を続けている
    そんな祖父が腰を痛め、その痛みにつられてトラックから落下した

    その時はたいしたことないと言っていたが部下に絆創膏を貼ってもらおうとしたら
    「こりゃ病院行ったほうがいい」と言われ一時帰宅、行きつけの病院に行った
    結構頑固なので病院に行ってくれて一安心の俺と祖母
    ほっと一息ついていたら祖父から電話がかかってきた
    どうやら行きつけの病院では無理と言われたらしくいくつかの病院を転々
    そのあいだ祖母は地方紙から病院を探し、俺はスマホで検索して電話
    ようやく1件見つかりそこで処置を受けた

    帰宅後、祖父はにやっと笑って俺に「勝ったぞ」と言ってきた
    実はその数週間前、俺はガラスで指先を削いで三針塗った
    それに対して十六針塗ったと笑っていた
    翌日最初に行った病院から電話で大丈夫かと連絡が来た
    どうやら骨が見えるほどの大怪我だったらしい

    そのあとも風呂に入って腕が腫れたり早めに抜糸したりと大慌て
    年のpタメいっておくと風呂に入っても大丈夫と言われていたらしい

    そんな祖父には長生きしてもらいたい
    でもまだ傷口生々しいのに仕事のために東京から名古屋まで車で行くとか無茶だよじーちゃん・・・

    270 :スカッとする修羅場まとめ 2019/04/29(月) 19:22:41 ID:NS85HlJC.net
    今年のGWに友人数人で日帰り旅行をすることになったのですが
    ある友人の嫁が子供を連れていってもいいかな?と聞いてきました
    その子供がまだ3ヶ月で首がまだ座ったばかり、私含め他の人は全員独身で子供の扱いに不安があり
    しかも旅行先が車とフェリーを乗り継いで2時間以上かかるため
    混雑してるし病気になっても病院休みだよ?何かアクシデントが起きるかもしれないし…
    とお断りしました
    引き下がってくれたものの、後日その友人の嫁に「子育てしたことのない人に言われるとムッとするよ」
    と言われてしまいモヤモヤ
    3ヶ月の赤ちゃんを連れてくるほうがおかしいんじゃないか?と思っていますが、どうなんでしょうか
    一応お断りしたときの理由は母親に聞いてから伝えたんですけどね…

    831 :スカッとする修羅場まとめ 2015/06/10(水) 06:52:02 ID:3H5
    我が家の猫×2は、旦那の元嫁が拾ってきた猫。
    それ以前に元嫁が拾った猫がすでに2匹いたので合計3匹になったのだが、うち1匹を特に可愛がっていたそうだ。
    離婚する際、元嫁はその1匹だけを引き取り、自分に懐いていない猫×2を置いていってしまった。
    旦那はそもそも猫が嫌いだったので、連れて行かないなら新しい飼い主を探すように言ったそうなのだが、
    「そんな可愛くない猫なんて、飼い主見つからないから」と押し通して出て行ったらしい。
    さすがに4~5年も飼っていると情が移るので、猫嫌いの旦那でも保健所に連れて行くということはせず、
    自分で飼い主を探していたそうだけど、人に懐かない成猫なんて貰い手が見つかるわけがない。

    その状態が1年くらい続いた頃、私と付き合い始めたんだけど、私が猫大好き人間だったので
    「私にその子達ちょうだい!」と猫をもらうことになった。
    同時期に私の勤め先が倒産したりだとか色々あって、「どうせ猫の飼い主になってくれるなら、うちに住めば?」と
    旦那が誘ってくれて、同棲→結婚することに。

    で、猫たちと実際に暮らすようになったのだけど、確かに2匹とも懐かない。というか、むしろ暴君、
    これはどうしたもんかなーと思ってたんだけど、観察してるうちに、2匹ともえさの食べ方や水の飲み方が異常だし、
    吐くときも妙に苦しげにしてるのに気がついた。
    それでなんとか捕獲して、病院に連れて行ったら、どっちも甲状腺異常とか糖尿とかが見つかった。
    甲状腺異常があると興奮しやすいそうで、糖尿とかの体調不良も情緒不安定の原因だったそう。
    私の失業保険3か月分がまとめて飛ぶくらいの治療費がかかったけど、半年後には2匹とも健康に。
    毎日格闘しながらインシュリン注射打った甲斐がありました。

    これは本当にびっくりしたんだけど、健康になってくると、あれだけ荒れてた性.格がすごく穏やかになったんだよね。
    痛くてつらいのに誰もわかってくれないから荒れてたのかな、と思うと、本当に可哀想で・・・
    全然人に懐かないと思われてたのに、今では膝の上に2匹で争って乗ってこようとするくらい、人懐こくなった。
    そうなると猫嫌いな旦那もだんだん変わってきて、最近では自分から抱っこしたり、なでたりするようになった。
    そんな様子がほほえましくて写真を撮ってやったら、旦那はよほど嬉しかったみたいで、それをFBにアップした。
    暴君猫の話は友人間でも有名だったので、色んな人が「よかったね~」とコメントをつけてた。

    このページのトップヘ