祖父

    667 :スカッとする修羅場まとめ 2009/05/25(月) 17:41:15 ID:xFKQ2U610
    両親離婚後の私の実質の保護者で私に罵倒以外の何もしなかった元祖モンペの父方祖母
    激痛が伴うと言われる膵臓ガンに罹った
    しかもタヒ因は便秘の為に浣腸したら出血が止まらなくなってケツを出したまま失血タヒ

    頑固者という名の社会不適合者。大きくなって可愛げのなくなった孫達を無視し続けてきた父方祖父
    肺炎で入院直後に唯一の介護要員だった叔母が百日咳でダウンして誰にも介護されずに孤独タヒ

    離婚後に私を引き取り、永久歯の歯並びが悪くなった私を完全放置
    自分勝手にお菓子を与えるだけ与えて10kg太らせ(これは当時小学生だった自分も悪かったと思う)
    壮絶なイジメに遭う原因を作りあげくはギャンブルだけで合計5000万以上もの借金を作り自己破産。
    返済のための金は自分で一切工面せず、その時世話してくれた叔父夫妻の怒りは全部私へとぶつけられた
    そんな実父は糖尿病が悪化して自宅で孤独タヒ
    葬式では「タヒんで喜ばれる人もいるんだね」と小声でつぶやく人多数


    これも因果応報だよね…


    ちなみにそんな悲惨な10代を送った自分は今、気の合う人と巡り合えて結婚して元気な子供もいる
    そこそこ環境のいい都心の戸建てで金にも困らずまったりと暮らしている
    孫を通じて義母との関係も良好だし旦那の親族は絵に描いたような常識人ばかり

    近頃義父が肺癌で亡くなったけれども、病院の一番グレードの高い個室で眠るようにして息をひきとった
    義父も生前、私や子供を本当に大切にしてくれた

    人の生きざまってタヒに際に出るものなのかな
    長文本当にスマソ

    402 :スカッとする修羅場まとめ 2015/11/25(水) 11:21:41 ID:XDn
    祖父の写真を見つけて、衝撃を受けた話。

    私の祖父はモダンな人で、戦前の農村でバイオリンを習うような優男(親戚談)だった。
    手先が細かく、カメラや時計の修理や裁縫なんかも得意だったそうで、変わった人だと言われていたらしい。
    背丈はあったがぜんそく持ちで、終戦間際まで徴兵を免れていたものの、村で一番の庄屋さんの長男が
    お国のために行かないなんて、と非難されて、泣く泣く出兵。
    手先が得意だからという理由で飛行機の整備をやらされたりしていたらしい。
    その後、南の島で自分の隊が全滅し、たまたま伝令に出ていた祖父だけ生き残って捕虜に。

    が、祖父はすごく社交的な人だったので、イギリス兵とすぐに仲良くなり、服を縫ってやる代わりに
    英語を教えてもらうようになった。
    もちろん当時は非国民!と罵る人もいたそうだけど、そのうち双方から認められて
    他の日本兵捕虜とイギリス兵の間の橋渡し役として活躍したのだそう。

    日本に帰還した兵士のほとんどが、ぼろぼろの軍服でうなだれて帰ってきたそうだが、
    祖父は別れ際にイギリス兵にもらった白に金ボタンの礼服wでさっそうと佐世保港に現れ、
    迎えに来た親族の度肝を抜いたそうだw


    この前の連休に帰省した時に、祖父と同じ収容所にいた人の身内からそんな祖父の思い出話を聞いて
    その後、蔵の掃除をしたら、終戦直後の祖父のアルバムが出てきた。
    アメリカ兵が乗るハーレーのサイドカーに祖父がちょこんと乗った写真とか、例の白い礼服を着た祖父の
    得意げな写真とか、アメリカ兵に混じってビリヤードをする祖父の写真とか・・・
    英語ができるということで、終戦直後にまた色々と人脈を作って可愛がってもらっていたらしい。
    ここまで書いたら本人特定されるかな?
    この写真テレビに出したらすごく受けそうだなぁと思ったw

    542 :スカッとする修羅場まとめ 2014/09/21(日) 14:47:52 ID:???
    ちょっと違うタイプの衝撃話。

    私の祖父は昔はとても短気な人だったらしい。
    私の眉毛の上には2cmほどの傷があって(傷の位置はフェイクです)
    その傷の原因を作ったのが祖父だと言う事は聞いていたので
    (祖父が暴れて割れたガラスの破片が直撃したとか)
    よく暴れたという周囲の話は本当なんだろう。
    だけど、私の記憶にある祖父は
    たまに激高するときがあったけど
    度々ってわけじゃなかったから
    “怒ったら怖い人”と言う程度の認識だった。
    暴れる姿なんて見たことなかったし、
    普段は無口で矍鑠としてて、
    私はそんな祖父をカッコイイと思ってたし、
    その傷の事も、私自身はそれほど気にしてなかった。
    うんと小さい頃の傷だから、黒子と一緒で
    それも含めての自分の顔と思ってたし。
    だから“おじいちゃん子”というわけじゃないけど
    祖父にはそれなりに懐いてた。

    その祖父が、私が25歳の時に亡くなったんだが、
    遺言で孫娘である私に8桁単位のお金が残されていた。
    その件についての相続争いはなかった。
    生前から、両親や叔母たちには了解を得ていたらしい。
    叔母に「父さんのせいで傷つけちゃったから慰謝料のつもりかしらねw
    女の子の顔に付けちゃって気にしてたからw」って笑いながら言われたけど
    当の本人である私が気にしてないのになーと不思議な気分だった。(つづく)

    427 :スカッとする修羅場まとめ 2010/06/25(金) 14:15:58 ID:KwHvwCLr
    もう、だいぶ昔の事なんですがスレ違いだったらごめんなさい。

    現在中1の長女が小学校に入学する時の話。
    同じ歳の娘を持つ義妹から
    「ランドセルどうするの?どうせ6年間使わないんだから新品なんて買わないでしょ?」と中古のランドセルを渡された。
    お世辞にも綺麗とは言えない傷だらけでペッタンコのランドセルに絶句。
    なのに義妹夫は
    「どうせ交通安全の黄色いやつ被せるんだし、傷くらいいいでしょ」と。
    更に義妹夫に気を使ったのか姑まで「そうね」と言い出す。

    困った私が実家に相談し、元々買ってくれる気だった祖父が新品を買ってくれたので無事長女には新品を背負わすことができたが、姪っ子の方はつぶれてはいないが傷だらけのランドセルを使っていた。

    クレクレされたわけではないので金銭的な被害ではないけれど、ランドセル代ケチるのを巻き込まないで欲しかった…

    782 :スカッとする修羅場まとめ 2013/02/07(木) 10:26:53 0
    最大ではないけど祖父と病院の修羅場
    我が家の祖父は定年迎えても仕事を続けている
    そんな祖父が腰を痛め、その痛みにつられてトラックから落下した

    その時はたいしたことないと言っていたが部下に絆創膏を貼ってもらおうとしたら
    「こりゃ病院行ったほうがいい」と言われ一時帰宅、行きつけの病院に行った
    結構頑固なので病院に行ってくれて一安心の俺と祖母
    ほっと一息ついていたら祖父から電話がかかってきた
    どうやら行きつけの病院では無理と言われたらしくいくつかの病院を転々
    そのあいだ祖母は地方紙から病院を探し、俺はスマホで検索して電話
    ようやく1件見つかりそこで処置を受けた

    帰宅後、祖父はにやっと笑って俺に「勝ったぞ」と言ってきた
    実はその数週間前、俺はガラスで指先を削いで三針塗った
    それに対して十六針塗ったと笑っていた
    翌日最初に行った病院から電話で大丈夫かと連絡が来た
    どうやら骨が見えるほどの大怪我だったらしい

    そのあとも風呂に入って腕が腫れたり早めに抜糸したりと大慌て
    年のpタメいっておくと風呂に入っても大丈夫と言われていたらしい

    そんな祖父には長生きしてもらいたい
    でもまだ傷口生々しいのに仕事のために東京から名古屋まで車で行くとか無茶だよじーちゃん・・・

    741 :スカッとする修羅場まとめ 2014/07/19(土) 13:20:08 0.net
    夏休みに離島に暮らす祖父の家に遊びに行った時に、朝水揚げしたばかりの魚をお刺身にして食べさせてもらった。
    中でも一番美味しかったお刺身をパクパク食べながら祖父に

    「じーちゃん。これなんて魚なの?」

    と質問したら

    「クサフグや」

    父親と私「「・・・・・・・は? ・・・・・はあ!?」」

    その後小さい頃から知らずにクサフグを食べさせられていた父親と祖父は大喧嘩。
    私は舌の痺れと目眩が起きたので診療所に連れて行かれ、ベッドの上でこのままタヒんでしまうのではないかと恐怖で泣いてました。
    後日

    父親「あぶねぇからもう絶対食うなよ! それと他人にもすすめるな食わせるなあげるなよ!」

    祖父「あーあー早く帰れ。孫ちゃんはまた来いな」

    と言ってた祖父が亡くなった時の原因はクサフグでした。

    541 :スカッとする修羅場まとめ 2016/11/01(火) 03:55:21 ID:uS0xphpB.net
    昔、祖父と漁に出ていた時の話 
    停泊中、深夜に見張りをしていたのだけど突然、「ゴン!」と鈍い音&衝撃があった。 
    何かが船体に当たったんだろうと思って懐中電灯持って左舷中央へ。 
    で、懐中電灯で海面を照らしてみると何やら突起のついた赤さびた球形の何かが浮いてた。 

    当時の祖父との会話

    俺(;^ω^)<なぁーんだ。ただの浮遊物か。なんだろうコレ。とりあえず引き揚げて持ち帰る?

    祖父 (;゙゚'ω゚'): <.....機雷だ!触るな!爆発するぞ。

    俺 (((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブル

    そのまま船舶電話で海上保安本部へ通報。
    沖に出ていたから助けが来るまでに時間がかかって生きた心地がしなかった。

    283 :スカッとする修羅場まとめ 2012/07/20(金) 02:00:40 ID:k2mJw7H10
    10代の頃、いじめを受け、精神を病み、ひきこもりになった。

    家をでることもできない状態だったけど
    祖父が入院したと聞き、がんばって新幹線に乗って病室にお見舞いに行った。
    しかし祖父は「おまえは一族の恥だ」とののしり、私だけ病室に入れてくれなかった。
    同居していた孫はかわいいようで、結婚式には豪華な派手婚をさせていた。
    私が結婚したときにはお祝いの手紙ひとつなかった。

    あれから10年。

    派手婚した従姉妹は、数年で離婚。
    唯一離婚してない従姉妹も子宝に恵まれず。

    高収入エリートに見初められ、結婚した私だけ子供を産んだ。
    祖父は唯一の跡取りに会いたがっていると聞いたけど、一生会わせないし、継がせない。

    827 :スカッとする修羅場まとめ 2018/06/23(土) 18:03:26 ID:TTXKcJjD.net
    堅物だと思ってた祖父の神経分からん話

    生前の祖父は絵に描いたような頑固軍人だった。
    質実剛健で勉強第一。
    色恋沙汰が嫌いで、娘である母たちの自由恋愛は認めずお見合い結婚させたし、孫の私に好きな人が~って話になると「ばかもん!」と一喝するような人。
    そんな祖父が数年前に亡くなり、遺品整理の際に戦時中から付けていた日記が出てきた。
    祖母や母がわくわくしながら読んでみると、結構衝撃的なことが書いてあった。

    祖父は兵学校の最後の卒業生だった。
    入隊する予定の軍が無くなってしまったので終戦と同時に無職になった彼は、地元に戻り取り敢えず教師になった。
    そこで出会った13歳の少女が祖父の初恋の相手。
    彼女は祖父のことを先生としか思ってなかったのだが、祖父は彼女の父に結婚の許しを請いに行った。
    しかし彼女は地元の名士の娘で、「たかだか教師に娘をやれるか!」と追い返されてしまったらしい。
    それが相当悔しかったらしく、祖父は上京して大学に行き、しばらくサラリーマンをした後に自衛隊に入る。
    大卒の兵学校出身者ということで祖父は幹部候補として迎えられた。
    そして下宿先の娘である祖母を見初め結婚に至った。
    ここまでは皆知っていた。

    しかし祖父、心の底ではずっと初恋を引き摺っていたらしい。
    数年に一回は相手女性.に「会いたい」と手紙を送り、遠回りにお断りされてはその悲しみを日記に綴っていた。
    かと言ってその女性.にしか気持ちがなかったかというとそうでもなく。
    財布には祖母のブロマイドを忍ばせていたし、出張先で美しい景色を目にした時には「この光景を初恋相手と妻にも見せたい。この場に二人がいればいいのに。」と書いている。
    つまり両手に花状態が理想だったと。
    日記を読んで祖母はショックで寝込んだし、子や孫はもうドン引き。
    祖母を愛していただけまだマシなのかも知れないけど、そのどっち付かずな態度が神経分からんし幻滅してしまった。
    その他にも兵学校の制服に惹かれて寄ってきた女の子をナンパしてお茶していたり、子供の恋愛を禁止していたのは何だったのかと言いたい。
    近頃祖母は体調を崩していて、きっと年内には亡くなると思う。
    もしあの世があるのなら祖父に会って思い切り問い詰めて欲しい。

    372 :スカッとする修羅場まとめ 2018/11/07(水) 14:58:21 ID:+CGL4zbU.net
    父に先妻がいたと知った時

    盆の集まりの際に伯母が祖父に関する戸籍を一セットもってきたので、暇潰しに眺めていたら違和感を感じた
    伯父1、伯父2の欄にはそれぞれ伯母たちの名前と何歳の時に結婚し除籍したのかが記されている
    父の欄には21歳の時にA子と結婚し除籍した旨が記されている
    しかし、父母が結婚したのは30を越えてからだし母の名前はA子ではない

    「先妻はタヒ別?タヒ別ならタヒ因は?病タヒ?事故?それとも離婚?離婚なら理由は?まさか父親の不倫?相手は母親?いやまさか!先妻との間に子供はいるのか?
    いるならどこにいった?養育費は払ったのか?父がタヒんだら腹違いの兄か姉が葬式にくるのか?相続でもめないか?いやいやそもそも役所の人のお茶目な記載ミスでは?」等とノンストップで一気に頭の中を駆け巡った

    父に「ここの戸籍ってさ…」と尋ねたものの「あぁ、そうか」とそっけなく用紙を没収する父の反応を見るに、あっこりゃ役所のミスじゃないわと悟った
    墓参りに親戚巡りに、親戚との歓談をしながら先妻について色々考え込んでいる時が修羅場だった

    因みにその後両親と話し合い、先妻は性.格の不一致で離婚したが息子が二人いる事や養育費は先妻が再婚するまで払っていたこと、両親が付き合いだしたのは離婚後数年してからということが分かり、何故かはわからないが取り敢えず落ち着いた

    両親の婚姻は再婚であり先妻との間には息子もいることは父方親戚は勿論母方親戚も知っていたらしいのだが、今まで親戚の誰にもそんなことを匂わされたことすらなかったので、皆が気を使って隠してくれていたのかなと思うといい親戚に恵まれたと思う

    このページのトップヘ