祖父

    283 :スカッとする修羅場まとめ 2012/07/20(金) 02:00:40 ID:k2mJw7H10
    10代の頃、いじめを受け、精神を病み、ひきこもりになった。

    家をでることもできない状態だったけど
    祖父が入院したと聞き、がんばって新幹線に乗って病室にお見舞いに行った。
    しかし祖父は「おまえは一族の恥だ」とののしり、私だけ病室に入れてくれなかった。
    同居していた孫はかわいいようで、結婚式には豪華な派手婚をさせていた。
    私が結婚したときにはお祝いの手紙ひとつなかった。

    あれから10年。

    派手婚した従姉妹は、数年で離婚。
    唯一離婚してない従姉妹も子宝に恵まれず。

    高収入エリートに見初められ、結婚した私だけ子供を産んだ。
    祖父は唯一の跡取りに会いたがっていると聞いたけど、一生会わせないし、継がせない。

    827 :スカッとする修羅場まとめ 2018/06/23(土) 18:03:26 ID:TTXKcJjD.net
    堅物だと思ってた祖父の神経分からん話

    生前の祖父は絵に描いたような頑固軍人だった。
    質実剛健で勉強第一。
    色恋沙汰が嫌いで、娘である母たちの自由恋愛は認めずお見合い結婚させたし、孫の私に好きな人が~って話になると「ばかもん!」と一喝するような人。
    そんな祖父が数年前に亡くなり、遺品整理の際に戦時中から付けていた日記が出てきた。
    祖母や母がわくわくしながら読んでみると、結構衝撃的なことが書いてあった。

    祖父は兵学校の最後の卒業生だった。
    入隊する予定の軍が無くなってしまったので終戦と同時に無職になった彼は、地元に戻り取り敢えず教師になった。
    そこで出会った13歳の少女が祖父の初恋の相手。
    彼女は祖父のことを先生としか思ってなかったのだが、祖父は彼女の父に結婚の許しを請いに行った。
    しかし彼女は地元の名士の娘で、「たかだか教師に娘をやれるか!」と追い返されてしまったらしい。
    それが相当悔しかったらしく、祖父は上京して大学に行き、しばらくサラリーマンをした後に自衛隊に入る。
    大卒の兵学校出身者ということで祖父は幹部候補として迎えられた。
    そして下宿先の娘である祖母を見初め結婚に至った。
    ここまでは皆知っていた。

    しかし祖父、心の底ではずっと初恋を引き摺っていたらしい。
    数年に一回は相手女性.に「会いたい」と手紙を送り、遠回りにお断りされてはその悲しみを日記に綴っていた。
    かと言ってその女性.にしか気持ちがなかったかというとそうでもなく。
    財布には祖母のブロマイドを忍ばせていたし、出張先で美しい景色を目にした時には「この光景を初恋相手と妻にも見せたい。この場に二人がいればいいのに。」と書いている。
    つまり両手に花状態が理想だったと。
    日記を読んで祖母はショックで寝込んだし、子や孫はもうドン引き。
    祖母を愛していただけまだマシなのかも知れないけど、そのどっち付かずな態度が神経分からんし幻滅してしまった。
    その他にも兵学校の制服に惹かれて寄ってきた女の子をナンパしてお茶していたり、子供の恋愛を禁止していたのは何だったのかと言いたい。
    近頃祖母は体調を崩していて、きっと年内には亡くなると思う。
    もしあの世があるのなら祖父に会って思い切り問い詰めて欲しい。

    372 :スカッとする修羅場まとめ 2018/11/07(水) 14:58:21 ID:+CGL4zbU.net
    父に先妻がいたと知った時

    盆の集まりの際に伯母が祖父に関する戸籍を一セットもってきたので、暇潰しに眺めていたら違和感を感じた
    伯父1、伯父2の欄にはそれぞれ伯母たちの名前と何歳の時に結婚し除籍したのかが記されている
    父の欄には21歳の時にA子と結婚し除籍した旨が記されている
    しかし、父母が結婚したのは30を越えてからだし母の名前はA子ではない

    「先妻はタヒ別?タヒ別ならタヒ因は?病タヒ?事故?それとも離婚?離婚なら理由は?まさか父親の不倫?相手は母親?いやまさか!先妻との間に子供はいるのか?
    いるならどこにいった?養育費は払ったのか?父がタヒんだら腹違いの兄か姉が葬式にくるのか?相続でもめないか?いやいやそもそも役所の人のお茶目な記載ミスでは?」等とノンストップで一気に頭の中を駆け巡った

    父に「ここの戸籍ってさ…」と尋ねたものの「あぁ、そうか」とそっけなく用紙を没収する父の反応を見るに、あっこりゃ役所のミスじゃないわと悟った
    墓参りに親戚巡りに、親戚との歓談をしながら先妻について色々考え込んでいる時が修羅場だった

    因みにその後両親と話し合い、先妻は性.格の不一致で離婚したが息子が二人いる事や養育費は先妻が再婚するまで払っていたこと、両親が付き合いだしたのは離婚後数年してからということが分かり、何故かはわからないが取り敢えず落ち着いた

    両親の婚姻は再婚であり先妻との間には息子もいることは父方親戚は勿論母方親戚も知っていたらしいのだが、今まで親戚の誰にもそんなことを匂わされたことすらなかったので、皆が気を使って隠してくれていたのかなと思うといい親戚に恵まれたと思う

    119 :スカッとする修羅場まとめ 2018/10/22(月) 00:50:15 ID:3SLlzuvT.net
    大した事じゃないけど。
    3世帯住宅で祖父母の部屋が3階だったのね(宅配や来客が来た時に出るのがしんどいから本人達の希望で。
    真夏の昼間に祖父の部屋のドアが半分あいて空いてて大の字に斜めに寝てたのよ。
    角度的に仏壇を置くために一段上げてるんだけど、それを枕にしてる感じで。
    流石にそんなバチ当たりな事しないし、タヒんでるのかと思ったけど確認する勇気が無くて母親(毒親)に怖いから一緒についてきてとお願いして確認して貰った。
    結局寝てただけだったけど血の気引きまくって焦った…。

    732 :スカッとする修羅場まとめ 2015/11/04(水) 16:17:42 ID:RMk
    祖父が喫茶店をやってる
    手作業でピッキングし自家焙煎したコーヒーと、祖母手作りのケーキやパイに定評のある店
    20席もない小さな店だし、昔からのお客を大事にしたいというんで、マスコミお断り
    15年位前からは「小学生未満のお子様連れはお断り」も加わっている。
    (子供が騒いでも叱らない親が増えたため)
    この「小学生未満お断り」は徹底していて、祖父は孫たちも中学生になるまで店には出入りさせない。

    で、今年の春、うちの娘が中学生になったので、定休日である祝日に誕生日祝いの会を祖父の店で開いた。
    娘の仲の良い同級生も何人か呼んで、けっこう楽しいお祝い会になったんだけど……

    その数日後、着飾った老婦人が来店、コーヒーとケーキを飲食し、会計の時にこう聞かれたそうだ。
    婦人「うちの孫のお誕生会をやりたいんだけど、貸し切りはおいくらからなのかしら」
    祖母「うちは貸し切りはやっていないんですが?」
    婦人「先日、こちらでお誕生会をやっていると聞いたんですけどねえ」
    祖母「あれは孫のお祝い会で、あくまでも身内のことですので」
    婦人「ま! 自分の孫と、よその子は差別をする気なの!?」
    一気にヒートアップしたご婦人に祖母はオロオロ、祖父にバトンタッチ。
    祖父「えー…、そちらのお孫さんはおいくつでらっしゃいますか?」
    婦人「七歳。七五三のお宮参りのあとにやりたいのよ」
    祖父「当店は中学生未満のお子様のご入店はお断りさせていただいております」
    婦人「同じ未成年じゃないの! 差別は良くないわ!」
    祖父「何と申されましても、当店は中学生未満のお子様のご入店はお断りさせていただいております」
    その後、3分くらいご婦人は文句を言っていたらしいが、祖父は丁寧に「お断りします」で終わらせたらしい。

    203 :スカッとする修羅場まとめ 2013/02/21(木) 00:28:40 ID:1UAw/dHW
    父親が車を購入したことがきっかけで、親戚一同から村八分状態になってる話

    ことの発端は祖父たちがディーラーと知り合いの親類から父親の車の購入話を聞いたことから

    親類から話を聞いた祖父と祖父の義理の息子は、今まで父親から何も話がなかったことに激怒
    実際には父親が祖父たちに会いにいったとき、祖父たちは酒を飲んで寝ていたため、父親は話を伝えられなかった

    納車の日に祖父の義理の息子から電話で、車の購入には父親の住む土地の持ち主である祖父の印鑑が必要なはずと怒鳴られた
    そのとき父親は酔っていたため言い返せなかった
    それ以来、親類一同から祖父の印鑑泥棒扱いで村八分状態になった

    印鑑証明履歴を取れば実印が不正使用されたかどうかすぐに分かるのに、祖父たちはやろうとしない
    弁護士に仲介を頼みたいところだが、ボケ気味の祖母が裁判と勘違いして反対するので出来ない
    弁護士に相談したところ、こちらに法的に問題はない
    現在祖父たちから泥棒扱いされたことで名誉毀損での訴訟を検討している

    367 :スカッとする修羅場まとめ 2014/06/26(木) 12:11:32 ID:5Ysl7TjO8
    自分ではなく親父の修羅場。

    祖父は目つきや風貌が少しいかつい。
    もちろん一般の人間だけど、たまにその筋と間違われることがある。

    自分が生まれたとき、親父は息子(自分)を見せるため離れて暮らしていた祖父のもとへ。
    初孫で喜んだ祖父はその晩、親父を連れて裏路地にある行きつけの小料理屋に連れて行った。

    親父は祖母に似てコロンとした人懐こい人で、祖父とはあまり似なかった。
    その親父が「オヤジ、オヤジ」と話しながら祖父と歩くもんだから違う意味のオヤジと取られてしまったんだと思う。
    少し祖父と離れた隙に10人ほどのチンピラに囲まれボコボコにされた親父。

    どうやら"オヤジ"を勘違いしたチンピラが「どこぞの組かの人間にこの道を悠々と歩かせるか、まずは下っ端を見せしめに」としてしまったらしい。
    ケンカをしたことのない親父は即病院送りに。
    一般の人間であることを言うとチンピラは謝罪し詫びのものを支払っていった。

    親父の修羅場。
    そしていつのまにか生まれた子と父親が行方不明になった母の心の中が修羅場だったろうと思う。
    なぜ置き手紙もせず家を出るんだ親父…

       悲しい, 意気消沈した, うつ病, 悲しみ, 若いです, 人, ストレス

    206 :スカッとする修羅場まとめ 2015/08/30(日) 18:11:00 ID:wdu
    私は働くことが嫌いで、大学を出てからしばらく無職、バイトも皆無でニートとしてすごしていました。
    家事はとても得意で、高校時代から付き合っていた年上の彼氏(現旦那)も結婚したら家事だけしてくれていいよ~と言ってくれていたのでその気でいたのですが、彼は中々結婚してくれず。
    しびれを切らして問い詰めると、アルツハイマーの祖父が亡くなったら結婚したい、とのことでした。
    今思うと私に介護をさせないため、すべて私のことを思ってのことだったのですが(亡くなったら家も改築してくれるとまで言っていました)、
    当時私は自分が働けないことの焦りや、友人達はバリバリ働いていることに引け目を感じていて、ストレスでお

           写真, ネガ, レトロ, フィルム1本, 映画

    178 :スカッとする修羅場まとめ 2018/02/16(金) 12:38:11 ID:Z55MNauW.net
    凄くじゃなく、ちょっとだけ衝撃的だった話

    祖父がとある有名(らしい)特撮番組の特撮技術担当で、TVのエンディングで時々名前が載る事は有ったが
    名前で検索してもせいぜい1作品ぐらいしか出てこないぐらいの微妙な人だった
    祖父が仕事をしていた頃は、役者だけでなくスタッフも結構芸名を名乗っていたらしく、当時の作品を見ると
    確かに本名を少しだけもじった名前を使っていたらしい
    数年前、祖父が数十年前に撮った某撮影所の風景が地元新聞の片隅に載った時に、突然変な電話が掛かってきた
    「私は、○〇という作品のファンなのですが、△△(祖父の芸名)さんは名前を変えられたのですか?」
    祖父の名前を知っている人がいただけでもびっくりだが、新聞の片隅の情報だけで「自宅の電話番号」まで
    調べて電話してきた人がいて少々びっくり。
    当時は芸名使っていたスタッフも多かった事を伝え、祖父が残していた当時のその作品の脚本(ぼろぼろで読めない)
    をそういうコアなファンにプレゼントしますというとぜひ欲しいというので近所の公園でお会いして渡した
    もう60歳を超えている方だったが、特撮の大ファンだったらしく喜んでくれた
    しかし・・・コアなファン、ディープなファンの情報をかぎ取るセンスは凄いね

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/live/1449460340/
    160 :スカッとする修羅場まとめ 2015/12/13(日) 17:04:35 0.net
    義弟は、亡くなった祖父の遺品であるネクタイを大事に持ってる
    そのネクタイがほつれちゃって、義弟はどうするかしばらく考えるからおいといてと義弟嫁に言った
    ところが義弟嫁、「サプライズで直しちゃおう!」と近所のあまり評判のよろしくないお直し屋に「安いから」という理由で持っていった
    そしたらなんと店側が紛失
    一番悪いのはその店だけど、許可も取らず勝手にサプライズと盛り上がってわけのわからない店に持って行ったことに対して義弟がお怒り
    そしたら義弟嫁、うちの旦那から義弟に「そんなに怒ったら祖父が悲しむ。許してやれ」と言ってくれないかと私にメール
    もちろん断った

    このページのトップヘ