祖父

       悲しい, 意気消沈した, うつ病, 悲しみ, 若いです, 人, ストレス

    206 :スカッとする修羅場まとめ 2015/08/30(日) 18:11:00 ID:wdu
    私は働くことが嫌いで、大学を出てからしばらく無職、バイトも皆無でニートとしてすごしていました。
    家事はとても得意で、高校時代から付き合っていた年上の彼氏(現旦那)も結婚したら家事だけしてくれていいよ~と言ってくれていたのでその気でいたのですが、彼は中々結婚してくれず。
    しびれを切らして問い詰めると、アルツハイマーの祖父が亡くなったら結婚したい、とのことでした。
    今思うと私に介護をさせないため、すべて私のことを思ってのことだったのですが(亡くなったら家も改築してくれるとまで言っていました)、
    当時私は自分が働けないことの焦りや、友人達はバリバリ働いていることに引け目を感じていて、ストレスでお

           写真, ネガ, レトロ, フィルム1本, 映画

    178 :スカッとする修羅場まとめ 2018/02/16(金) 12:38:11 ID:Z55MNauW.net
    凄くじゃなく、ちょっとだけ衝撃的だった話

    祖父がとある有名(らしい)特撮番組の特撮技術担当で、TVのエンディングで時々名前が載る事は有ったが
    名前で検索してもせいぜい1作品ぐらいしか出てこないぐらいの微妙な人だった
    祖父が仕事をしていた頃は、役者だけでなくスタッフも結構芸名を名乗っていたらしく、当時の作品を見ると
    確かに本名を少しだけもじった名前を使っていたらしい
    数年前、祖父が数十年前に撮った某撮影所の風景が地元新聞の片隅に載った時に、突然変な電話が掛かってきた
    「私は、○〇という作品のファンなのですが、△△(祖父の芸名)さんは名前を変えられたのですか?」
    祖父の名前を知っている人がいただけでもびっくりだが、新聞の片隅の情報だけで「自宅の電話番号」まで
    調べて電話してきた人がいて少々びっくり。
    当時は芸名使っていたスタッフも多かった事を伝え、祖父が残していた当時のその作品の脚本(ぼろぼろで読めない)
    をそういうコアなファンにプレゼントしますというとぜひ欲しいというので近所の公園でお会いして渡した
    もう60歳を超えている方だったが、特撮の大ファンだったらしく喜んでくれた
    しかし・・・コアなファン、ディープなファンの情報をかぎ取るセンスは凄いね

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/live/1449460340/
    160 :スカッとする修羅場まとめ 2015/12/13(日) 17:04:35 0.net
    義弟は、亡くなった祖父の遺品であるネクタイを大事に持ってる
    そのネクタイがほつれちゃって、義弟はどうするかしばらく考えるからおいといてと義弟嫁に言った
    ところが義弟嫁、「サプライズで直しちゃおう!」と近所のあまり評判のよろしくないお直し屋に「安いから」という理由で持っていった
    そしたらなんと店側が紛失
    一番悪いのはその店だけど、許可も取らず勝手にサプライズと盛り上がってわけのわからない店に持って行ったことに対して義弟がお怒り
    そしたら義弟嫁、うちの旦那から義弟に「そんなに怒ったら祖父が悲しむ。許してやれ」と言ってくれないかと私にメール
    もちろん断った

    このページのトップヘ