スカッとする修羅場まとめ

2chの生活板全般、カテゴリ雑談板のスレをまとめたサイトです。 鬼女、キチママ、修羅場、復讐、DQN返し、衝撃系スレがメインです。

    空気

    494 :スカッとする修羅場まとめ 2019/09/21(土) 11:35:16 ID:xE.rg.L1
    意見が聞きたかったので投稿します。
    飲み屋の旦那に不イ侖を持ちかけられた。
    私(独身)は奥さんと顔見知り(ご近所さん)で、歳は離れてるけど
    凄く話も合うし奥さんの作る料理が好きで通い始めた。

    奥さんの料理&話が目的だからいつも一人で通ってたって
    いうのもあって自然と旦那さんとも話すようになって仲良くなった。
    お店以外でも3人で飲みに行くようになってしばらく経った時、
    奥さんが眠いからって先に帰った日があった。
    私達も今飲んでるの飲み終わったら帰ろうって言って普通に話してたんだけど
    なんか終盤あたりから空気がおかしいなと感じた。
    (うまい言い方が分からなくてすみません)
    そう感じてからすぐに切り上げて帰ると、
    向こうから
    「寂しい夜は慰めてあげるから連絡して」
    みたいなLINEが入ってた。
    (実際はもっと直接的な書き方だった)
    やっぱりあの空気は気のせいじゃなかったんだと思って
    「冗談でもそういうの言っちゃダメだと思う」
    とだけ返して、その後の謝罪はスルーした。
    なんかもう色々ショックで旦那さんから借りてたDⅤDとかは
    奥さんにすぐ返して、もうお店に行くのやめようってなった。

    それから何日か経って、おそらく察した旦那さんから
    「反省してる。こんな形で友人を失いたくない。直接会って謝りたい。」
    って連絡が来たんだけど、スルーしてる。
    もう奥さんにも会えないし、仲良かった常連さんとも会えないし、
    今まで築き上げてきた関係が全部崩れちゃったんだって思った。
    ちなみに奥さんに暴露はバッドエンドしかない気がして考えてない。
    みなさんに聞きたいのは、私がしてることって大げさすぎですか?
    もう一度会って話だけでも聞くべきですか?
    私は、もう二度と旦那さんや奥さん、お店の関係者と連絡は取らないようにしようと思ってます。

    555 :スカッとする修羅場まとめ 2010/05/10(月) 11:04:17 0
    GWに義実家へ夫だけで行かせた。

    結婚してから一度も私の実家へは行けなかった。
    夫の家では家事をさせられることは無いけれど、逆に完全に「他人」扱いで、
    こっちも正座も崩せない状況で一分たりとも気が休まらない。
    トメは夫にしか話しかけず、私が会話に入ることは一切無く、本当に空気。

    けれど、お盆や正月など、長期休暇では必ず義実家へ行く。それは常に決定で、異論をさしはさむ余地もないことになってる。
    今年とうとう「私も実家行きたい」と言ったら、夫は「行ってるじゃん」と返してきた。
    その返事を聞いた瞬間、急に何もかも面倒になって、今年は義実家の玄関先で挨拶して、私だけそのまま自分の実家へ向かった。(家─義実家─私実家の位置関係)
    夫とトメはポカーンとしてた。

    GWいっぱい実家でゆっくりしたら、今までの数年間どれだけ自分が無理していたかと思い知った。
    仕事が始まったけれど、今も実家滞在中。通勤がかなり辛いけれど、幸い車で行けば無理ではない場所なので、助かってる。
    夫とはメールで(電話だとうまく言いたいことが言えないので)、ひとまず私だけ義実家と距離を取りたいと話し合い中。
    夫はこの居心地の悪さがまったく理解できないらしく、「慣れれば大丈夫」を連呼している。
    愛情が尽きるのが先か、夫がわかってくれるのが先か。自分でもよくわからない。

    903 :スカッとする修羅場まとめ 2014/03/20(木) 22:47:52 0
    書き逃げしてく
    トメは熱心な宗教家。ウトは見事な空気。
    宗教に夢中なトメからの被害は基本的にない。
    宗教絡まなかったら良トメ。
    こないだ子供(2才)がおみくじで凶をひいた時にトメが爆発した。
    「息子と嫁子が信仰しないから孫ちゃんに不幸がくる!
    夫婦そろって力のある祈祷師(神様の声が聞けるらしい)に頼んで今後どうすればいいか聞いてらっしゃい!
    そうしないと孫ちゃんの命が危ないわ!
    今までは私が代わりに祈っていたから暮らせたんですからね!
    これからはそうはいきませんよ!」

    そこで空気ウトが珍しく声をだした
    「お前の宗教のせいでわしらの家計は明日にでもタヒにそうだ…
    宗教家ってのは自分が幸せならそれでいいんだから楽だよなぁ。
    わしなんかそのおかげで定年しても日雇いでもなんでも稼がにゃやっとれん。
    のんびり隠居したかったなぁ…
    あ、息子。わしになんかあったら老人は遠慮なく捨ててくれ。
    息子の稼ぎまで宗教に使われた日にはわしはタヒんでもタヒにきれん。
    飢えタヒにした方がマシだ。」

    旦那はわかった。嫁と子供は宗教の犠牲にはしないと深刻な顔で返事してました。
    トメは真っ赤な顔でどっか行ったので分かりません

    313 :スカッとする修羅場まとめ 2018/07/15(日) 17:53:22 ID:uNVx+iRX.net
    割り込みだったらごめん

    駅ビルでさっきの出来事なんだけど

    私が8Fの歯医者さん前からエレベータに乗って
    若い女忄生が7Fのレストラン街からエレベータに乗ってきた
    で、6Fの書店&文房具店から男忄生が1人乗ろうとしたら…
    7Fから乗ってきた女忄生が
    「なんで男が乗ってくるんですか
    女しか乗ってないから空気を読んで」
    みたいなことを言って乗せなかった
    言われたほうもびっくりしたのか、
    エレベータに乗りかけたのに黙って引き返して降りた

    いつからエレベータは女忄生専用車両になったの?
    というか…エレベータ内に監視カメラがあるし
    言っちゃ悪いけど、触る側も選ぶ権利があると思うw
    少なくとも私が男だったらそんな人お断り

    562 :スカッとする修羅場まとめ 2013/03/09(土) 11:47:25 0
    流れ豚切って悪いけど投下。
    義姉の義実家にDQN返ししてしもた。

    うちの旦那は三人姉弟。
    長女(31)、次女(29)、末弟の私旦那(26)という構成。
    次女夫婦は2人の子持ちで、私は現在妊娠6ヶ月。

    先日、長女夫婦&次女夫婦&私夫婦&長女義実家で食事をしたんだが
    長女義実家がテンプレ毒。
    「あらー、みなさんお子さんをお持ちなのね。若いのに立派。」
    「やっぱり若いうちに産むのがベスト。高齢出産はリスクが~」
    「長女なのに、なんで子どもが出来ないの?恥ずかしくないの?」
    「ご近所さんに顔向けできなくってね。うふふ。」

    長女夫婦も、次女夫婦も、義母も旦那もだんまり。
    固まってるけど、誰一人文句を言わない。
    長女は申し訳なさそうに下を向いてる。
    え、これ普通なの?いつもこんな会話なの?と一人焦る私。

    そして最後に
    「ほらぁあの芸能人も言ってたじゃない?羊水が~」
    「子どもは親を選んで生まれてくるっていうじゃない。だからできないのよ」

    330 :スカッとする修羅場まとめ 2020/08/12(水) 19:19:32 ID:EO.v1.L1

    26の時に、32歳の彼氏と付き合った。
    彼が帯状疱疹に罹ったので、一人暮らしの彼の家にレトルトのご飯や飲み物をたくさん買ってお見舞いに行った。

    しばらくすると彼母が家事の手伝いをしにきて、顔を合わせるなり「このアバズレ!!」と怒鳴り散らされ「男女が同じ部屋にいるなんてどういうことかわかってるのか!」「ふしだらだ!」と30分以上怒鳴りつけられた。

    庇ってくれず空気な彼と、ヒステリックな彼母についていけずそのまま連絡を返さずに別れた。

    そんなんだから魔法使いなんだよ。

    395 :スカッとする修羅場まとめ 2012/02/11(土) 00:07:23 ID:yBCnDs3+
    長いです
    同級生Aは別の友人Bが持ってきたお菓子を声も掛けずに開けたり半分以上食べ尽くしたり、
    人の参考書やプリントにペンでいきなり落書きする、
    人に借りたものの扱いが雑でよく壊したり人が手にしている(見ている)ものを横から無言で奪う等、ちょこちょこ配慮に欠ける所がある。
    周囲もいちいち怒ることもないかと言う雰囲気で(その子の普段の態度が大きくて言いにくいのもあって)、
    誰かがやんわり注意すれば「空気読めなくてごめんなさい!もうやだ自分」とか何とか言って次の日同じことをする。
    誰に言われたのか知らないが、ついこの間Aから
    「ずうずうしいって言われたんだけどそうなのかなあ」
    と聞いてきた。私もBもそうだとは言えずにいたら、どの辺がだろうと重ねて聞いてきたので、Bが(物凄くピンポイントだけど)
    「人が持ってきてくれたお菓子を一言もかけないで食べちゃうのはやめた方がいい」と指摘した。
    次の日のお昼、Bが持ってきたお菓子をBの「どうぞ」を待たず「いただきます」も言わず真っ先に食べたのはAだった。

    この他にもAは理不尽に機嫌悪くして物にあたったり、
    機嫌がいいといきなり抱き着いてスリスリしてきたり頭突きしてきたりする。(あんまり触られるの好きじゃない&ホントに痛いから止めてと五回程言った)

    地味だけど積み重なると結構しんどい。
    スレ汚し失礼しました。

    290 :スカッとする修羅場まとめ 2009/07/13(月) 09:44:15 0
    流れ読まずにしかもスレチかもだけどボケウトに対する暴言なんでこちらに

    もう数年前の話だが近距離別居で良い関係のウトメ(ウト70代トメ60代)
    トメはチャキチャキした人で良トメ、現在も仕事しながら家事もこなしてる
    ウトはぼんやり空気、喋らないし何もしないしただ座ってるだけのほんと空気
    だがこれが問題
    自分で考えるということをしない、行動しない、意見も言わない
    面倒なことは誰かがやってくれてる依存型空気のスタンス
    故大トメが老衰で危篤になった時もそのスタイルでスルーしようとしたので
    私が切れた

    いつ昇天してもおかしくない状態だったんで、トメがつきっきりになった
    私もトメと交代で病院に泊り込みしたりした
    その間ウトはいつものようにリビングで箪笥を背もたれに
    ぼーーーーーーっとテレビをみてた
    トメも私も仕事をもってたので限界があるしウトに協力要請した
    「やる」とも「やらない」とも言わずただパクパクするウト
    私が「ウトさんの親なんだよ?一緒にいられる最後なんだよ?
    ウトさんが自ら進んでやるべきでは?」と切に訴えてもパクパク
    寝不足の苛々もあってつい
    「パクパクしてないでちゃんと喋りなさいよ
    ハ ゲ た 金 魚 か ! 」
    と言ってしまった

    普段怒らない私が怒ったことでウト、なにかしらヲーターがあったみたい
    大トメの最期はウトが看取った
    暴言吐いたのに私は感謝され、そして今も良い関係

    ちなみに暴言に対する謝罪はしてない

    154 :スカッとする修羅場まとめ 2018/05/30(水) 08:11:05 ID:E8oV9nko.net
    自転車屋で空気入れしていたら怒鳴りながら来店するババァ

    一昨日ここで店員さんに空気入れしてもらった、それが原因でパンクした
    店員が空気を入れすぎた
    走行先でパンク修理したから弁償しろ
    そこのあんた、あんただよ、あんた覚えているかい、一昨日あんたに空気入れてもらったよ

    当該店員とは別の店員も出てきて二人とも同じように言う
    そんなことはありませんよ

    いいや、あんたの空気の入れ方が悪かったからパンクしたんだ、弁償しろ

    俺は空気入れ終わったあと立ち去ったが
    そのあとどうなったかな

    342 :スカッとする修羅場まとめ 2015/01/25(日) 00:40:37 ID:BDXtvO7I.net
    長くてスマソ

    新卒で入った職場。 
    私はとろいのと天然ぽいのとで昔からよくいじられキャラにされる。

    同期で入ったAは年齢は二つ上。
    話も面白く明るいのと、職場内で唯一年齢が近いので仲良くなった。
    Aはとてもおしゃべり。
    最初の頃は私の忘れやすいので常にしてるメモ帳携帯やふせん等、
    私の欠点対策を周囲に笑い話として広げる。
    この程度のいじりは長年で慣れていたので流していた。
    だが、いつの間にかやってもないミスが笑い話として広げられ、
    昔のミスもひっくるめてことあるごとにからかってくる。
    最近は何かとつけて「私さんはすぐ失敗するもんね」や「私さんにはできないよー」など小声で伝えてくる。
    先輩と聞こえるように話してくることもある。
    確かにミスはするが同じくらいAもミスしている。Aが隠しているだけ。
    周囲に人がいなくなると「役に立たねえ」「私さんがいると余計な仕事が増えるよね」
    そして何かしようとする度に、嘲笑う。
    たぶん様子からしてA本人は悪気は一切ない。

    職場の空気を壊すのも悪いので、表向きは仲良くしてるが少しずつFOする。
    年齢の近さから今後も組まされるのが嫌で転職も決めた。

    ずっと貸してた五万円を、上司の前で返してといい続けた苦労のおかげでAから返してもらえたので記念に。

    このページのトップヘ