罪悪感

    580 :スカッとする修羅場まとめ 2016/05/13(金) 12:13:11 ID:cisAQVpB0.net
    強カン被害者の振りをしていること

    元彼とは私両親元彼両親の公認のお付き合い。
    元彼両親は過干渉で(過干渉にならざるを得ないような問題が彼にあった)、デートに親同伴みたいな監視付きのお付き合いをしていた。
    お陰で私はバージン。それでも好きだし、元彼両親優しかったからいいやと思ってた。
    が、元彼が浮気した。浮気相手は私の友人。
    友人は真摯に謝ってくれたけど、元彼の謝り方は別れたくないというだけで、浮気したことへの罪悪感がないように感じた。
    それでも、修羅場を経て、元彼両親からの必タヒな謝罪もあったから許してお付き合いは続けていくことになった。
    でも、ある日交尾中の犬を見て「俺と友人ちゃんみてぇw」と笑った元彼にプッツン。やっぱこいつ許せない、と思った。
    私はそのとき自分の歳でバージンであることが恥ずかしかったけど、それでも彼氏がいるんなら大切にされてるからバージン、ってことでいいかと思ってた。
    でも、浮気されてるんじゃ大切にもされてない。
    浮気騒動のほとぼりが冷めた頃、マッチング系で適当な男と会ってバージン捨てた。
    その後、強カンに遭ったとマヤった。
    飲みの帰りで酔っ払っているときに車に乗せられて、どこのホテルかもわかんない相手の顔もわかんない、という設定で(設定は結構作り込んだ)。
    警察にも連絡はしたけど、犯人の特定やなんかは難しい、ということで、私ももう思い出したくないから、と被害届などは出さず、両親も友人もまるっと騙して悲劇のヒロインになりきった。
    元彼は、私ちゃんの純潔をよくも!とかキレてたけど、男性.恐怖症になったことにして別れた
    墓場まで持ってく。今となってはそんなことせんでさっさと別れりゃよかったのに、と思う

           心配している女の子, 女性, 待っています, 座っている, 思考, 心配

    497 :スカッとする修羅場まとめ 2017/04/02(日) 12:02:49 ID:vSaVv3v4.net
    バツイチの旦那に俺の何が良くて結婚してくれたの?って聞かれるたびに、一目惚れ!って答えてるけれど、本当はバツイチなことに負い目を感じて、私にいろいろ要求してこないだろうって打算から結婚したこと。
    自分の家庭が複雑で、それが原因で破談になった経験から、まともな人とは結婚できないだろうと思って、バツイチだけど、人柄はとてもよくて…と職場のおばちゃんが話してた旦那を食い気味に紹介してもらったこと。
    それなのに、旦那の離婚原因が本当に性.格の不一致なのか、興信所まで入れたこと。
    目論見どおり、バツイチの俺のことを大切にしてくれる嫁!って、とても大事にしてくれる。
    実家のことも、何も言わない。
    今は本当に好きだから、ときどき罪悪感で嫌になる。

    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1483423717/
          女の子, 座っている, 桟橋, ドック, 悲しい, 夜, 朝, 1 つ, 屋外

    428 :スカッとする修羅場まとめ 2017/03/23(木) 09:31:21 ID:Ns3N7sz6.net
    私は我が子が小学校あがるくらいまで服とか髪型が変わると我が子であると認識できなかった
    自分に似てなさすぎるのが理由かなと思ってる
    制服で送り出したのに幼稚園で粗相して体操服で帰ってきたときには
    目の前でバスから降りてきたのにわからなくて先生に不審がられた
    そして小学校二年生になる今でも顔だけじゃ判別する自信がない
    十分に愛おしいし気にしてないつもりでも罪悪感がずっとある
    そのせいか私からの愛情表現が過剰だと親族に咎められるのが難点

    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1449785455/
          お弁当, お弁当のおかず, 韓国料理, おかず

    716 :スカッとする修羅場まとめ 2016/06/05(日) 18:54:05 ID:r4hZ6QqF.net
    5、6年前、結婚3年目に不倫をしていた

    その頃は内勤だったんだが、業務量が結構多く、土日も出勤せざるをえないことが頻繁にあった
    毎月の小遣いには土日の昼代は含まれていなかったので、最初は休日出勤の度に昼代と飲み物代として600円だか700円だかを貰っていた
    だが休日出勤の回数も多く、その出費もバカにならなくなってきたので、途中からは現金ではなく弁当と水筒も持たされることになった

    不倫相手の彼女とは当初は平日夜会っていたのだが、やはり長く一緒にいたくなり、すぐに土日も会うようになった
    平日残業を多くしてでも土日に仕事を持ち越さないようにし、嫁には休日出勤という体で彼女とのデートに出掛けた
    すると当然弁当を持たされるのだが、まさか彼女の前で嫁の手作り弁当を食べる訳にはいかない
    だから仕方なく帰りに捨ててた
    当時はラリってたんだろうね、特に罪悪感もなかった
    平日は遅くまで残業、土曜か日曜どちらかはほとんどデートしていたので、当時産まれたばかりの子供と接する時間もほとんどなかった
    弁当を持たされ始めた頃、俺がご飯は海苔弁してねといったのを嫁は忠実に守り続け、ご飯は白いご飯ではなく必ず海苔弁だった

    彼女とは一年くらいで別れて、同じタイミングで部署が移動になり、業務量も減った
    それからは毎日子供が寝る前には帰宅し、土日もほぼ休み
    今は二人目も産まれ、夫婦仲もよく、幸せな日々を送っている
    俺は善良な人間ではないので不倫をしていたこと自体にはそれほど罪悪感はないのだが、弁当を捨てていたことを思い出すと、今でも罪悪感で苦しくなる
    もうどうしようもないので、このことは墓場まで持っていく

    このページのトップヘ