連休

    500 :スカッとする修羅場まとめ 2018/05/04(金) 01:29:08 ID:onwYkzql.net
    連休前に先輩からウッキウキで「今日会社終わり、時間ある?飯行かない?奢るからさ!ちょっと話したい事があってw」
    と言われて二人で食事に行った。
    先輩「実は結婚することになったんだw」
    と言われて素直におめでとうございますと言ったんだが、
    先輩「んで、話なんだけど…w」
    俺「えっ?まだあるんですか?w」
    先輩「式挙げるのにお金足りなくてw彼女には貯金額を嘘ついててヤバイんだよねw」
    俺「えぇぇ。ちなみにどのくらい足りないんですか?」
    先輩「うーん、150…?100くらい?」
    俺「いや、無理でしょ。彼女に正直に話した方がいいすよ」

    そこからあからさまに不機嫌になり、会計の時「割り勘な。金貯めないといけないし」と人間の小ささを見た。

    146 :スカッとする修羅場まとめ 2019/04/27(土) 10:18:14 0.net
    義実家で義母、義姉、義兄嫁と4人で連休は食事の支度が面倒だという話になった
    義母「そんなもん適当でいいのよ、グラノーラに牛乳かけて出しときなさい」
    義姉「困ったらどっちかのおばあちゃん(義母と義姉の姑)のうちに行くからいいんだ」
    私「夫君が何か作ってくれるだろうし、なんならファストフードでもいいかなー」
    とのんきに構えてたら義兄嫁が
    「子供の食事を母親が真剣に考えないなんて虐待です!」
    「前から言おうと思ってたんですけど、皆さんいい加減すぎます!」
    「連休の食事だって気を抜いたら子供たちの体がおかしくなります!」
    と泣き出した
    義母が別室に連れて行ってなだめたけどちょっと怖かった
    エンゲル係数が高すぎて親に借金してるとは聞いてたけど
    毎日の食事にあそこまで気合い入れてたら連休は病むだろうなあ

    369 :スカッとする修羅場まとめ 2017/07/12(水) 00:27:54 ID:uKdDBqD+0.net
    彼氏は他県出身なんだけど、連休のたびに地元に帰って地元の友達と遊ぶのがもやもやする
    お盆休みほとんど居ないし年末年始も地元の友達と遊んで初詣行くらしい
    他の日はこっち居るからっていうけど普通そんな頻繁に地元帰るもんなの?

    326 :スカッとする修羅場まとめ 2019/05/01(水) 08:29:24 0.net
    10連休なんだから顔出せ帰ってこいコールが激しかったので、昨日一人で高速4時間運転して帰った
    実家に着いた途端、子供達を連れて来ていないと知るや否やものすごい不機嫌
    いやいやいや、3歳0歳を、予測不明の渋滞に巻き込ませたくないから帰りたくないって言ったじゃん、3歳はおしっこ我慢できないし
    昼過ぎに着いて、四時にはもう実家出てた
    事前のラインでは泊まれ泊まれとうるさかったのが、あ、もう帰るの?程度だった
    泊まる準備もしてたけど、何も言わずに帰って来たよ
    弾丸日帰りきつかったよ…

    205 :スカッとする修羅場まとめ 2019/05/13(月) 13:18:41 ID:RZUYs+7J.net
    最近の悩み聞いて欲しい
    友人は既婚子あり。私は同棲している彼氏あり、来年結婚予定。共に28歳です。

    友人が何かにつけて張り合ってきて面倒臭い。
    例えば10連休はどうするのか聞かれたから彼氏と旅行行くよーと答えたら、
    「へぇーめっちゃ混んでそう、私は混み合ってるの苦手だから、10連休はあえて旅行の予定は入れなかった。
    来月は某ねずみの国に泊まりで行く予定なんだけどねー◯◯はねずみ行かないの?好きだよね?
    彼氏がねずみの国好きじゃないから行けない感じ?
    うちは旦那も大好きだからお互いに行こうよ!ってなるんだよね」
    と言い返される。

    これは極端に書いたけど言っていることは大体こんな感じ。
    その他いろんな面で一々張り合ってくるんだよね。
    張り合っているというかは私や周りの人に羨ましい!と言われたい、言わせたい感じ。

    自分がして幸せなことよりも、誰かが幸せだと思うことをして、その人に羨ましいと言われることで幸せなことを実感したいみたいな感じなんだけど、
    結局それは他人の幸せの形であって彼女本人の幸せじゃないから多分、いつまでも本当に幸せを感じてなくて常に他人チェックしてる。

    こういう人はどうしたら他人の幸せは自分の幸せではないってわかるの??

    このページのトップヘ