DQN返し

    524 :スカッとする修羅場まとめ 2008/12/24(水) 16:08:29 O
    先週、二人目が安定期になったので義実家へ報告に行った。
    ウトメは喜んで、今いる孫娘とお腹にいる孫へのお年玉を「ちょっと早いけど」ってくれた。
    だけどコトメがウトメ旦那のいない隙に「ねぇ本当に弟くんの子?今いる姪ちゃん…全然弟に似てないし」と言ってきた。
    私は「私も女の子は父親に似るって聞いてたんですけど…私そっくりですいません」と謝りつつ
    「えー、でもコトメさんってウトメさんに似てませんよね…あっ!!当たり前か~アハッ」と言ってしまった。
    コトメはウトメと血の繋がりがない養女で、ウトメが妊娠諦めて小さい頃に引き取った子。
    コトメが中学生になる頃に、弟である私の旦那をトメが妊娠した時「いらない!!杀殳して」と言い旦那も、小さい頃に意地悪されてたからコトメの事嫌いなんだ。
    コトメ自身も養女だと知ってるけど、本当に悪行挙げたらキリがない位の…コトメなので…
    でもカッとなったとは言え、本当にDQNでした…

    165 :スカッとする修羅場まとめ 2008/12/12(金) 11:51:21 0
    強引なところが男らしい、なんて勘違いして自営モラハラ男に嫁いでしまった馬鹿な私。
    外面だけはいい姑にはいびられ、こき使われて、体重は半年で10kg減。
    過労とストレスで倒れても家に連れ戻され、生理も止まりました。
    子供が産めないから出て行けと言われ、土下座してがんばりますから許してと泣きました。
    その間に夫には浮気され、姑と不倫相手と夫に囲まれ、離婚届を突きつけられました。
    おかしくなっていた私は、言われるままにサインして慰謝料なしの円満離婚。
    毒親気味の両親には、根性.が足りないと叱られました。
    友達と気丈な妹に支えられて、なんとか仕事に復帰して、頑張ることにしました。
    頑張っていれば必ず報われると信じて、毎日働きました。

    そして、報われました。
    職場で元姑と再会したんです。
    彼女は毎日怯えています、私が微笑みかける度にびくびくしています。
    私の上司に担当を替えて欲しいと願い出ているようですが、人手も足りませんし、
    私は頑張っていましたから、他の方の信頼を得ています。
    替えて欲しい理由も言えない元姑の言い分は、しばらく通りそうもありません。




    私、看護師です。

    716 :スカッとする修羅場まとめ 2008/12/09(火) 10:22:55 0
    ウトメと同居。
    旦那とは、頑張ってるけど子供が出来ない。
    毎月毎月、生理が来て一人でひっそりとトイレで泣いていました。
    お医者さんには、
    「そう言う事がストレスになるんだし、調べたら二人とも問題はないんだよ。
    ただ、旦那さん側の精/子が少なめってだけで決して妊娠できないって話じゃないよ。」
    と慰められ、それがまた逆に情けなくて申し訳ないなんともない気分に。
    夫は、
    「ゴメンよ俺のせいだわ。でもさ、うん、気楽にさ、やらないか?」
    と、頑張って私を持ち上げてくれる。
    ウトメは、「孫まだか!ちゃんとやってるか!何生理?アホカ!」攻撃。
    夫がそれを聞いて
    「ざけんな!バカ親が!同居よすか?引っ越すっぞ!」
    と、引越しの手配をしてくれたからか、直ぐに妊娠。
    ウトメ、手のひら返して
    「別居なんてよしなさい!嫁さん良くやった!孫は私が面倒見ます!」
    ときたものだ。
    夫、
    「なおさらお前らには任せられないや。3年間嫁は良くやってくれた。」
    と、一蹴。
    私は、引っ越す当日に
    「私が嫁だと孫に会えないとか行ってましたよね?その通りですよ。」
    と、意味深に笑っておいた。
    ウトメ、涙流しながらすがり付いてきたけど、夫と二人かかりで振りほどいてきた。

    あれから子供は無事小学生になるけど、1度もあわせていない。
    二人目も出来て、その子は3歳になるけど、その報告もしていない。
    緊急時用に夫の携帯番号だけを教えてあるけど、夫も絶対に口を割らないぐらい怒ってる。
    老い先短い夫婦に、孫という楽しみを取り上げてしまったけど、
    それだけのことをしたから、良いと思ってはいるよ。

    515 :スカッとする修羅場まとめ 2011/06/20(月) 08:06:33 ID:cGZQZDRa
    昨日、デパートで法事の帰りか赤ちゃん連れた夫婦がいた
    女の子の赤ちゃんは終始ご機嫌でにこにこしているので、お客から
    「可愛いわね」
    と声をかけられていた
    そこへおじさんが
    「デパートに喪服で来るな。しかも子供にまで着せて」
    と訳の分からないことを言って来た
    せっかく買い物しているのに、全身黒づくめがいたらテンションが下がるらしい
    確かにその赤ちゃんも黒い服を着ていたが、別に誰もそんなことは気にしていない
    おじさん一人の妙な理屈に周りの人も
    「妙な言い掛かりはやめなさいよ」
    と注意したが止まらない
    偉い人が来てなだめてもヒートアップ
    すると赤ちゃんのお父さんがぺろっと赤ちゃんのスカートをまくった
    「黒づくめではありません。ちゃんと別の色もありますよ」
    その赤ちゃんはオムツの上にピンクのパソツをはいていた
    確かに黒づくめじゃない
    「あ~ぁ」という納得の声が広がり、おじさんはぐぬぬ・・と言葉なし
    そこへ来た女子高生たちが
    「なに・・あのおじさん、赤ちゃんのオムツ見て興奮してるよ。きも!!」
    と騒ぐのでおじさん退散
    お父さんは赤ちゃんの頭撫でながら
    「女の子なのに恥かかせてごめんね」
    と言うと、赤ちゃんは分かっているのか嬉しそうに笑っていた

    喪服でも買い物くらいはしていいだろう

    404 :スカッとする修羅場まとめ 2014/07/08(火) 07:53:48 ID:othoQbgYm
    友人Mが、わたしの「趣味:お菓子作り」を真っ向から否定してきた
    話の流れでずっと続けてる趣味を聞かれたから答えただけなのに
    「そんなに堂々と男ウケ狙うの良くないよ。あさましいよ」って。
    でも製菓の専門学校に通おうかと思ったくらいには好きだから
    だいだいのものは普通に作れる
    そしたらMが「どうせ卵を混ぜるだけみたいな市販の粉を使ってるんでしょ。
    今度チーズケーキ作ってよ。わたしの目の前で」と言う
    「いいよ」と言って材料を一緒に買うところからスタート
    ところが帰って作ろうという時になってMに急用が入って延期になった
    その数日後、またMの予定に合わせて私の家でケーキ作り開始。
    完成後Mが味見してあげると言ったけど、少し寝かせた方がいいからと言って
    翌日みんなで食べることに。
    その翌日、他の友人たちと一緒に来たMがやけにニヤニヤしてる
    ケーキを切って出したら「みんな、これ腐ってるから食べない方がいいよ」
    「は?昨日作って冷蔵庫に入れてたの見てたでしょ?」
    「買い物に一緒に行ったの忘れた?」
    「いや忘れてないけど」
    「あの時に買った生クリームは昨日で賞味期限が切れてるはず」
    「それで?」
    「それで?じゃなくて。だからこれは腐ってるって言ってんの!」
    他の友人たちがうわあって顔してる
    それを勘違いしたMはますます調子に乗って
    「みんなに腐ったもの食べさせるなんてどういうつもり?
     いくらお菓子が作れても、そういうとこちゃんとしてない女って
     男から見てどうなのか考えた方がいいんじゃないかな?ww
     これは友人としてのアドバイスだよ。真摯に受け止めてね」
    その時、別の友人Cがアイコンタクトしてくれて
    「そっか腐ってるのか。じゃあ帰ろうよ」と一旦みんなで帰ったフリをして
    M以外の3人が戻ってきたところでケーキ食べた
    満場一致でMを切ろうってことになりました
    勝手にみんなのお姉さん的キャラを演じてアドバイスのフリして
    貶してくるMをウザく感じてたのは私だけじゃなかったんだな~
    もちろんMにもいいところはあったけど、
    今回のことでマイナスポイントが溜まりすぎた

    842 :スカッとする修羅場まとめ 2013/04/15(月) 21:32:25 ID:UB/TsXjP
    続行中の修羅場だが
    中学の時、デブだからって俺と親友Aを声と態度で虐めてくれていた
    女子グループのリーダーと腰巾着その他数名が
    40代になった今でも独身のまんま
    俺は何故か昔っから他人からの評価や嫌味や悪口など
    気に病むタイプではなかったし、当時の自分の趣味的活動にのめり込む人間だったので
    耐えれたけれど、親友Aは奴らの執拗なイジメに耐えかねて
    心を病み自杀殳した。
    その後聞いた話しだけれど
    リーダー格だった酒屋の娘 K子は、30過ぎから数々のお見合いや婚活パーティみたいなのに
    参加するも不発の果てに、過食と拒食を繰り返し
    40歳の誕生日の日に自杀殳した。
    腰巾着1号の大工の娘K代は、数度の恋愛と破局の果てに
    40歳時の同窓会の時に、口の悪い♂の同級生から
    Aの怨念が肩に付いてるぞとからかわれて、悪のりした俺が
    「真面目な話しな、Aの命日に線香上げに行った夜になAの奴が夢にでてなぁ
    K子は地獄に引きずり込んでやったよ。と笑ってたは
    んで、残るお前等も同罪だとよwwwお前等は結婚出来ねぇしタヒぬまで許さねぇって
    夢の中で俺に告げてくれたぞ。」と言うと
    全員がわ~わ~泣き始めた。
    んで、その後当てつけのように俺の実家裏手の山の中で首吊ってやがった。
    実家っても今は無人の廃屋だし発見遅れて悲惨な状態
    俺は仕事中に警察が来るは、事情聴取だの何だので
    最悪だったのは、K代の父親に【俺が杀殳した】みたいに言われて自宅前で
    暴れられたのが修羅場

    601 :スカッとする修羅場まとめ 2011/06/21(火) 21:18:48 ID:xP2IzFHx
    毎朝通勤電車の中で、大きめのバッグを肩にかけて肘を突っ張り、少しでも体が密着しようもんなら
    誰彼構わず睨む・舌打ちする・肘鉄かます・足を踏んづけてまで自分のスペースを確保しようとする
    オバサン(40代位。チビデブス・森ガール崩れの垢抜けないファッション・茶髪のボブヘア)がいた。
    ある日うっかりそのオバサンのいる車両に乗っちゃって、再び強烈な肘鉄かまされて、カッとなって
    一辺何か言ってやろうと思ってオバサンの方を見たら、当のオバサンは携帯いじりながら仏頂面。
    ああ腹立つ!!と悔しく思ってたら、女子大生っぽい綺麗な女の子が
    「…幅取ってんじゃねーよブス」とボソリ。近くにいた女子高生達もクスクス笑っていた。
    このオバサンのことだから、ここまで言われたら何かしらのアクションを起こするだろうと
    ハラハラしていたら、信じられないといった表情で目を見開き、しばらくしてパタンと携帯を閉じて
    両手を前に組んで俯きだした。それ以来そのオバサンを一切見かけなくなった。

    183 :スカッとする修羅場まとめ 2011/06/10(金) 20:26:23 ID:mc3m/2wF
    市バスに乗ってた時のこと。
    発車時刻になってバスがバスターミナルから出発したら、男が乗車場から飛び出してバスに向かって走ってきた。
    すでに発車してるバスに並走して、乗せろとばかりに後ドアをガンガン!
    そのまま国道にまでついてきて、赤信号で停車したところで男が前ドアの前へ来てまたドアを叩きはじめた。
    ここで運転手がドアを開け、マイクで「危ないでしょ!!戻ってください!」
    男「叩いてるの気付いてただろ!なのに何で乗せ…
    運「発車時刻を過ぎたから発車したんです、乗車場に戻ってください」
    男「だから叩いただろ!止めて乗せ…
    運「そんなことしてたら何のためにダイヤがあるんですか?」
    男「だから客が乗ろうと…
    運「ほら、もう乗ってください信号変わりますよー」
    と、ことごとく男の言葉を遮って運転手さん前ドアをバシン!と閉め、後ドアを開けた(この市バスは後ろ乗り)
    →続きます。

    952 :スカッとする修羅場まとめ 2008/11/26(水) 23:57:07 O
    >>945
    旦那帰宅後の報告ヨロ!

    絵に描いたような今時DQNギャルのコトメ(万引き借りパク当たり前、パラサイト、誰に対してもタメ語しか使えない等々)。
    うちの息子@乳児を見て
    「ぎゃははwチョーデブいwチョーぶっさいくwきめぇw」
    と笑うので、
    「赤ちゃんってぷくぷくでブサイクなもんよ?
    まぁ、子供生まなかったコトメちゃんには分かんないか?
    あ、生めなかったんだよねw
    次の彼氏には逃げられないといいね♪」
    と笑顔で言ってみた。
    コトメが妊娠した途端彼氏が逃亡して、コトメが中絶したの知ってるんだよねー。
    こういうナイーブな話題をネタにしたのはDQNだと思うけど、よだれ垂らす息子をキタネーキタネー言われたのでつい。

    774 :スカッとする修羅場まとめ 2008/11/24(月) 23:10:47 0
    DQNな意味で姑に一生懸命尽くせということで宜しくて?


    この円高!!海外旅行に行くわよ!!
    とお金も計画もすべて私ら夫婦に○投げしたウトメ。

    ええ、ええ。
    結婚前は貧乏一人旅でお金を貯めては旅行しておりました。
    旦那もそこで知り合い、何度か旅先で出会ううちに意気投合して結婚しました。
    ある意味、旅行のエキスパートでございますからね。お任せください。


    旦那と協議しながらウトメの行きたいところをすべて織り交ぜ、かつ低予算で計画たてましたわ。
    しかも、旅のしおり付きで。

    移動はすべて現地バス(英語)、ホテルはバックパッカー(そしてドミトリーw)


    アポなし凸も、イヤミも旦那が〆てくれたし別に気にしてなかった。
    ですが、貴方達にゴミ認定されてに捨てられた旅で知り合った人たちの書いてくれたメッセージ帳や旅の思い出の写真
    はもう戻ってこないんですよ。

    貴方の大事な息子はブチぎれましたからね。
    お二人が旅を満喫して帰られる頃には私どもは遥か遠くの雲の下に住んでおりますので。
    今回の旅は手切れ金だ。

    さらば、ウトメよ。ツアーでは味わえない旅を味わってこい!!

    このページのトップヘ